筋 緊張 評価。 MAS 改訂版アシュワース尺度 │ リハビリDATA

深部腱反射を評価する意義、目的とは?表記方法から実際の方法まで。

筋 緊張 評価

姿勢筋緊張と筋緊張の違い 姿勢筋緊張に関して、筋緊張と対比しながら記載していく。 筋緊張とは、随意的にリラックスした状態での伸張に対する抵抗がどの程度かを示す用語として使われる。 一方で姿勢筋緊張 Postural muscle tone とは、中枢神経系の調節が加わった状態での筋の状態を示す用語として使われる。 姿勢筋緊張における「中枢神経系の調節」とは、バランスや体重移動などの姿勢反応や随意運動の際の調節機構のことであり、重心が変化する環境に対応する能力ともいえる。 正常での姿勢筋緊張が可能にしていることは以下などである。 抗重力姿勢の維持• 様々な支持面の変化への対応• 運動の獲得のための選択的な運動 つまり、姿勢筋緊張が正常でないと上記などが障害される可能性があるという事になる。 なので、動作の観察によって姿勢筋緊張を見ることで、中枢性の制御機構がどれぐらい働いているかということを推測することは重要となる。 また、姿勢筋緊張は中枢神経系の状態を反映するものであるから、、知覚のされ方 認知)などからも影響を受けるし、実際に動作を行なう際のworkerとしての筋や関節の状態からも影響を受ける。 特に、知覚のされ方として強調されるのは、フィードフォワード(Feed forward)とフィードバック(Feed back)である。 スポンサーリンク 姿勢筋緊張に影響を与える要素一覧 姿勢筋緊張に影響を与えるものは、ここまで述べたもの以外にも多岐にわたり、例えば以下などが挙げられる。 固有感覚コントロール• 覚醒注意力、自己覚醒• フィードバック• フィードフォワード、姿勢セット経験• 糖神症状、記憶(学習増強・想起 、• 温度(・室温)• 自律神経症状• 筋の粘弾性・ 短縮• バイオメカニクス• 加齢による変化• 既往歴 ・・・・・などなど。 姿勢筋緊張を考える上での基本 姿勢筋緊張を考える上で押さえておきたいポイントは以下になる。 姿勢筋緊張とは、抗重力位姿勢において、バランスや体重移動などによる姿勢反射によって随意運動の調整が加わった状態での筋緊張を表す。 姿勢筋緊張は臥位・座位・立位というそれぞれの肢位により、あるいは「かまえ」の違いによっても異なる。 もしかすると「臥位はリラックスした状態だから、姿勢筋緊張ではないのではないか」と考える人がいるかもしれない。 確かに冒頭で「筋緊張=リラックスした状態における筋の緊張、姿勢筋緊張=中枢神経系の調整が加わった状態(つまりリラックスしていない状態)」と分かり易くしたが、厳密には臥位であっても重力の影響は受けており、同じ臥位でも人によって筋緊張は異なる。 例えば膝窩部の筋緊張が高い人に対して、膝下へクッションを入れて膝を軽度屈曲位にしてあげるだけで筋緊張がゆるんだりするのは姿勢筋緊張が変化したからである。 でもって、例えば脳卒中片麻痺などは身体図式が変化した異常筋緊張を有し得いるため、背臥位であっても姿勢筋緊張を評価すると様々な事が分かってくる。 静的姿勢であっても空間で姿勢を安定させるために、姿勢筋緊張は絶え間なく変化している(例えば立位姿勢でも、一見静止しているように見えるかもしれないが、重心動揺計などで計測すると、僅かではあるが常に重心が移動している、つまりは姿勢筋緊張を変化させて立位姿勢をコントロールしているのが分かる)。 姿勢筋緊張とは内・外環境から送られてくる情報に対し、反応していくための筋の準備状態であり、重力に対して身体を支える高さと、運動をつくり出せる(例えばリーチするという行為に対する準備として姿勢筋緊張を整える、あるいは「電車の揺れ」という外力が加わる準備として姿勢筋緊張を整えるなど)。 関連記事 姿勢筋緊張の検査としては、視診・触診も併用するが被動試験(他動運動に対する応答)を基本とする。 そんな『被動性検査』に関しては以下も参照(痙直・固縮などの用語に関しても動画とともに解説してある)。 また、脳卒中片麻痺に関する、評価も含めた総論は以下の記事でしているので合わせてチェックしてみてほしい。

次の

股関節の動的安定性に関与する深層外旋6筋の概要と評価、リハビリ方法!

筋 緊張 評価

被動性検査のやり方 被動性(ひどうせい)検査は、筋肉が動かされることで生じる 抵抗感を評価します。 よって動かしている検査者の手で、筋緊張の異常を感じる必要があるんですね。 全可動域を他動で動かす 抵抗を感じ取る検査なので、関節は必ず全可動域を動かして下さい。 検査をする筋肉の起始と停止を、しっかりと引き離すように動かすのがコツです。 上腕二頭筋の検査であれば、図のように屈曲している肘関節を、完全に伸展にさせるように操作していきます。 一部の区間だけ動かしたり、途中で止めたりすると、正確な検査ができませんので、必ず全可動域動かしましょう。 抵抗感を分析する この検査で感じる筋緊張は2種類です。 まず1つ目は、抵抗感の強さです! ん、アシュワーススケール? これは、被動性検査で感じとった抵抗を、6段階に分けて評価するスケールです。 【Modifide Ashwors Scale】 グレード 判定基準 0 筋緊張の増加はなし 1 筋緊張は軽度の増加。 わずかな引っ掛かりが断続的に出現。 最終域付近で抵抗感が増加する。 1+ 筋緊張は軽度増加。 抵抗感が強くなっている範囲はその関節が動く範囲の半分以下である。 2 ほとんどの範囲で筋緊張の増加がある。 しかし関節の他動運動は簡単に行える。 3 抵抗感は著名に増加し、他動で関節運動をするのは大変なレベルである。 4 筋緊張の亢進により、他動で関節運動をするのは無理である。 そして2つ目は、抵抗感の種類です。 被動性検査の記録方法 左右差の記録 脳卒中片麻痺の場合、左右差が顕著になりますが、必ず非麻痺側も記載して下さい。 非麻痺側の筋緊張はノーマル。 麻痺側上肢は低緊張だが、肘関節伸展時にわずかな引っ掛かり感がある。 こんな感じで良いかと思います。 上下肢の差を記録 脳卒中でもパーキンソン病でも、上肢と下肢の筋緊張に、差が出ることは珍しくありません。 下肢が強い痙縮で、上肢が低緊張なんてこともありますので、左右を比較したら、上肢と下肢も比較して記録しましょう。 抵抗がある区間の記録 異常な筋緊張による抵抗感は、可動域の区間(レンジ)により変化します。 有名なのが、痙縮のジャックナイフ現象です。 関節を動かした直後は強かった抵抗感が、一定の区間を超えた瞬間、「スッ」っと軽くなることがあります。 折りたたんだナイフが、突然バチンッ!と閉まるように、抵抗感がいきなり変化するため、このような名前が付けられました。

次の

筋緊張の種類や、痙縮のメカニズム、評価、治療をわかりやすく解説!

筋 緊張 評価

目次はこちら• 頚椎の運動構造 頚椎は第7頚椎まであります。 その中でも上位と下位頚椎に分けて考えましょう。 頚椎の可動域の多くは上位頚椎が担っています。 この上位頚椎の動きが制限されることによって頸部に痛みや可動域制限を引き起こします。 さらに脊柱にはカップリングモーションという独特の動きが生じます。 頚椎のカップリングモーションとは カップリングモーションとは脊柱は側屈する時に回旋を伴うことです。 すべての脊柱にカップリングモーションが起こりますが、これがややこしい。 文献によりやや異なり細かくしていますが、とりあえずこれで覚えましょう。 そして大切なのは上位と下位で逆の動きをするということ。 これをしっかり頭に入れておきましょう。 頚椎カップリングモーションをどうやって臨床に生かす? ちょっと細かく考えてみましょう。 さらにここでカップリングモーションを考えてみる。 上位頚椎の回旋が制限されると側屈が制限されるのです。 つまり側屈の制限はもしかすると上位頚椎の回旋制限が問題かもしれないのです。 このようにしてカップリングモーションを考えてみてください。 上位頚椎・下位頚椎・胸椎の関係性 これは胸椎の変位による質量中心が与える頚椎の影響です。 例えば、胸椎が後彎すると・・頚椎の伸展は上位ではなく下位頚椎が過剰にストレスが加わります。 これは運動学的にはあまり良くないことですね。 (本来は上位頚椎がメインで動くはず) 他にも前額面上で考えると質量中心が左に変位すると・・頚椎の右側屈で下位、左側屈で上位頚椎が優位に動いてしまうのです。 つまり体幹のアライメントが与える頚椎の運動連鎖は大きいということです。 しっかりと正中線に脊柱を整えることで頚椎自体の負担も軽減します。 大まかに考える時は「肩甲骨・肋骨・骨盤」 これらの位置関係を変えた時に頚椎の動きや痛みがどのように変化するかを知ると臨床につながります! 頚椎の評価 じゃあどんな評価をするか? 頚椎は他の組織よりも慎重に扱ってください。 理由は脊髄や神経・血管・自律神経に大きな影響を与える関節だからです。 リスクを取らないように、いきなり他動運動をするよりも、視診や自動運動で評価しましょう!アライメント、動作分析、全体の関係性、たくさんの情報が転がっています。 後頭下筋群の重要性 後頭骨のすぐ下にある筋群が「後頭下筋群」 これがとても重要です。 他にも• 筋紡錘が豊富(大臀筋の約30倍)• 頭痛と関係(後頭下神経や血管を圧迫)• 眼球運動と関連 などなど。 短縮して過剰に緊張している人が多い後頭下筋群。 しっかりとアプローチしていきましょう。 頸部前面のアウターマッスル・インナーマッスル アウターマッスルはいろいろありますが、鎖骨についている広頚筋や胸鎖乳突筋が固くなると鎖骨〜肩甲骨を通して肩の動きの制限にもなります。 特に頸部前面を触ること自体が少ないので、固くなりやすい部位でもあります。 一方インナーマッスルの頭長筋、頸長筋は機能不全を起こしやすい。 上記の後頭下筋群が短縮を起こすことにより、相反神経抑制でこのインナーマッスルが効きにくくなります。 順序としては後頭下筋群を緩めた後にインナーマッスルの促通が望ましいでしょう。 (ケーズバイケースですが) 頸部のマッスルバランス 多くの頚椎の変形としてはヘッドフォワードになりやすい。 固くなって弱くなっていることもありますのでやはり個別的な評価が必要ですね! もちろんこれが頸部の問題なのか、全体のバランスの問題なのかはしっかりと考えてアプローチしましょう! 頸部の治療戦略 頸部は非常にデリケートな関節。 まずは遠位から安全に情報を拾っていきましょう。

次の