ひだようぎしゃ。 樋田容疑者、逃走から12日… 専門家「情報収集し大都市間移動」と指摘、容疑者は「欲求不満を犯罪で解決する」 富田林署逃走事件

樋田淳也,生い立ちは家族のネグレクト? 中卒ニートでも白い改造車で危険運転,闇が凄い

ひだようぎしゃ

全国指名手配犯に 時事通信社他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 12日午後、大阪府富田林市常盤町の府警富田林署の留置場に勾留されていた容疑者の男が逃走した。 弁護士との接見後、面会室のアクリル板を壊して逃げたとみられ、府警は13日、加重逃走容疑で捜査本部を設置。 全国に指名手配し、3000人態勢で行方を捜している 逃走したのは住居不定、無職樋田淳也容疑者(30)。 府警捜査1課などが窃盗や強制性交などの容疑で5月25日以降計4回逮捕し、同署で勾留されていた。 別の警察署で捜査車両などが燃えた放火事件に関与した疑いもある。 府警によると、樋田容疑者は12日午後7時半ごろから2階の面会室で弁護士と接見していた。 同9時45分ごろ、面会時間が長いと不審に思った署員が部屋を確認し、逃走が判明した。 面会室の間仕切りにはめ込まれたアクリル板が外れかかっており、樋田容疑者は板を強く押して壊し、すき間から抜け出たとみられる。 接見は弁護士と二人きりで、手錠はしていなかった。 弁護士は午後8時ごろ接見を終え、署側に知らせず帰ったという。 府警は同容疑者が一人になった1時間半余りの間に、施錠していない弁護士が出入りするドアから逃走したとみている。 同容疑者は逃走時、隣の部屋にあった署員の白色スニーカーを盗み、履き替えて逃走したとみられ、署の駐車場にそれまで履いていたサンダルが落ちていた。 面会室は防音仕様で、容疑者が出入りするドアの前で待機していた警察官は異変に気付かず、弁護士側は夜間で署員が不在だった。 樋田容疑者は身長1メートル63センチで、黒のジャージーと灰色スエットパンツ姿。 黒い長髪で、左腕に手術痕があり、左ふくらはぎに動物の入れ墨があるという。 出典:大阪府警 名前:樋田淳也(ひだ じゅんや) 年齢:30歳 職業:無職 在住:大阪府警富田林署 身長:163cm 体型:中肉中背 服装:黒の長袖ジャージ 灰色のスエットズボン 特徴:左ふくらはぎに動物の刺青、黒い長髪、左腕に手術痕 樋田容疑者は、6月、府内のマンションで20代の女性に乱暴したなどとして、強制性交や窃盗などの疑いで逮捕され、7月に起訴されたために、勾留中だったそうですが、弁護士との接見する際に、そこから逃げ出し、現在もどのような様子がわかっていないということです。 また、同級生らの話によれば、「お調子者でひょうきんだった。 弱い者には強く出るが、リーダー格には弱かった」という印象があるそうで、近隣住民の話によれば「笑顔がかわいい子だった」のだそうです。 小学校低学年の際には、兄と一緒にボーイスカウトをするなどしており、10年以上前に父親が亡くなった際には、実家近くの祖父母の畑で農業機械を運転し、手伝う姿も見られたのだと言います。 追記:入れ墨についてはこちらのイラストだとのことです。 「前条に規定する者(裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者)又は勾引状の執行を受けた者が拘禁場若しくは拘束のための器具を損壊し、暴行若しくは脅迫をし、又は2人以上通謀して、逃走したときは、3月以上5年以下の懲役に処する」 以下のいずれかの条件を満たしているときに、この法律が適用されます。 裁判の執行により拘禁された既決若しくは未決の者又は勾引状の執行を受けた者が、• 拘禁場若しくは拘束のための器具を損壊し、• 暴行若しくは脅迫をし、又は• 2人以上通謀して逃走した場合 樋田容疑者は、1番と2番を犯していますので、加重逃走罪が適用されるのです。 樋田容疑者は、窃盗や性的暴行などの疑いで逮捕・起訴されている他、5月上旬に羽曳野署の駐車場の警察車両が燃えた事件に関与した可能性があるとみて、警察が捜査をしていたのだそうです。 窃盗 強制性交 放火 これだけの容疑がかけられている中で、さらに加重逃走という罪も加わるとなると、懲役年数がとんでも無いことになることは明白でしょう。 逃走をしているために、再犯をする可能性は低いのですが、知り合いによる犯人隠避などが無い限りは、お金が底を尽きることが予想されますので、車上荒らしなどの窃盗罪などはどんどん増えていくことでしょう。 近鉄長野線の富田林西口駅がすぐそばにあるということで、おそらくこの駅を利用して古市駅まで行き、そこから近鉄南大阪線 急行 大阪阿部野橋行に乗り換えて、大阪阿部野橋駅方面へといったのでは無いでしょうか? そのため、天王寺やなんば方面へと逃走をした可能性も十分に考えられますし、阪神本線などの乗り換えて西へ逃げた可能性も否定できません。 ネットカフェなどに滞在している可能性もありますが、防犯カメラのシステムが発達した現在では、何をするにも写ってしまいますし、駅を利用していたとするのであれば、なおさらでしょう。 さらには、所持金などが無いものと思われますので、どこかで必ず尻尾を出すことが予想されますので、警察としても辛抱強く待つことが重要であるでしょう。 2018年4月には、愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者が脱走するという事件が発生し、一般市民に多くの不安と恐怖を与えました。 この事件は逃走してからどこに潜伏をしているのかの予想が大きく外れてしまったために、長引くこととなったのですが、今回もそのようなことが無いように、迅速な逮捕を望むばかりでしょう。 逃走から1日経過していますので、どこかの空き家に潜伏している可能性もありますし、逃走があった富田林署の正面玄関と反対にある駐車場で、樋田容疑者のサンダルが見つかり、近くの塀には、署内にあったはずの脚立が置かれていたのだそうで、やはり駅方面へ逃走をした可能性が十分に考えられるでしょう。

次の

脱走男、樋田淳也容疑者まさかの女装で逃走か?女装イメージ画像あり!

ひだようぎしゃ

〔目次〕• 樋田淳也容疑者が確保?場所はどこで? 21時15分のNHKニュースによると、 まだ樋田淳也容疑者本人とは 確定していないようです。 警察によりますと、先月、大阪の富田林警察署から逃走した樋田淳也容疑者(30)とみられる男が、山口県内で身柄を確保されたということです。 警察は、本人と確認できしだい、逮捕する方針です。 *追記* 指紋や足の入れ墨が一致し、 本人と断定されました。 樋田淳也容疑者が確保された場所は、 山口県周南市の道の駅の ソレーネ周南です。 ソレーネ周南は 地元野菜や特産物の販売や レストランもあり、 立ち寄る人も多かったのでは ないかと思います。 なぜ逮捕された? 逮捕のきっかけとなったのは、 山口県周南市の道の駅の ソレーネ周南で18時30分ごろ 食料品を万引きしている所を 警備員が発見、駆け付けた警察に 現行犯逮捕されました。 逃走直後にひったくりを重ね、 4万円の所持金があると 言われていましたが、 遠くへの移動で所持金が なくなったのでしょうか。 それなら、またひったくりを 行いそうなものですよね。 山口県の人口の少ない地帯に 逃げ込んでひったくりが やりにくかったのかもしれません。 スポンサードリンク 樋田淳也容疑者の山口県までの逃走ルートは? 樋田淳也容疑者は 山口県で確保されました。 まさか山口県まで 逃げているとは思いませんでした。 大阪から山口県までは約450km。 電車で乗り継ぐとしても、 約12時間、8000円ほどかかります。 どのように逃げたのかや移動手段は これから明らかになりそうです。

次の

樋田淳也容疑者の逮捕歴と生い立ちがヤバい!現在の居場所は〇〇である可能性が

ひだようぎしゃ

逃走を続けていた樋田容疑者が、山口県周南市で万引きを働きようやく逮捕されました。 その樋田容疑者は何と大阪から山口県まで四国を経由し自転車で移動しており、その時の自転車と所持品が公開されていました。 まずこちらが自転車の全貌 自転車の専門家曰く、5万円以下程度のクロスバイクと呼ばれる種類のもので、通常は通勤などで使われているとのこと。 ギアも前に3段、後ろに6~8段ぐらいついており、重量もママチャリの半分程度。 この自転車を入手していた樋田容疑者は、自転車だけでなくその装飾品にも工夫がみられました。 この白いカゴは自転車用の商品ではないらしく、樋田容疑者は自分でつけたらしく、車輪に荷物が巻き込まれないような工夫が見られます。 恐らく自転車の長旅も初めてではなく、今回の逃走劇もかなり計画的な犯行ではと考えられます。 寝袋も持ち歩いていました。 この寝袋を使い道の駅沿いに移動していたため、周りにいた人間には「自転車で旅行する人」に映っていたことでしょう。 風貌も様変わりしていたので誰も逃走犯とは思いもいしなかったようです。 更に愛媛県からは単独行動ではなく、自分から話しかけ知り合った自転車で旅行する男と行動を共にしており、職務質問の対象からも外れうまく逃走していました。 何と釣り竿も装備 自給自足で生活していたのでしょうか。 なんとも逞しい生活力ですが、このバイタリティをなぜ日常生活で真っ当な方向に仕えなかったのか、残念な限りです。 他にも このようなカゴや カバーも自転車に備え付け、かなり自転車の移動になれていた様子が伺えます。 その他にも自転車に「日本一周」「出会い旅」「和歌山発」と書かれた看板を取り付け、周到に自転車の旅を偽装して捜査の目を潜り抜けて生活していました。 移動距離 愛媛県で男性と知り合い、半ば無理やりついて行ったそうです。 大阪から山口までの移動距離は直線にしておよそ360キロ。 ヌーの大移動のごとく西日本を横断していた樋田容疑者ですが、最後は警察ではなく民間の警備員に万引きで捕まってしまいました。 所持金と万引きした商品 山口県周南市のこちらのお店で万引き失敗した樋田容疑者 万引きしようとした商品は、餅、菓子パン、紅茶、缶コーヒー、総菜などの食料品で、逮捕時の所持金は何と280円だったということです。 逮捕時はかなり暴れていたようで、捕まえた警備員も樋田容疑者とは思いもよらなかったようで、反撃により怪我などを追わなくて何よりでした。 その後駆け付けた警察により指紋とタトゥーの照合で樋田容疑者と確認し大阪府警に連行されました。 連行される際樋田容疑者は全て黙秘だ、と語り移送される5時間あまりの時間ずっと黙っていたとのことです。 ネットの反応 大阪駅には逃走中の桶田淳也容疑者の等身大の看板があり、 それと記念写真を撮るという謎の現象が起きております。 桶田容疑者、安室ちゃんのようになっております。 もし前職が凄腕の警官で、理不尽な理由で警察を辞めさせられたとかだったら、ドラマ化決定だな。 それでも、あの状況でなければいきなり逮捕される案件ではないと思うが。

次の