肺炎 球菌 ワクチン の 効果。 死因にもなる「肺炎」 原因や症状、予防法、後遺症、かぜとの違い

死因にもなる「肺炎」 原因や症状、予防法、後遺症、かぜとの違い

肺炎 球菌 ワクチン の 効果

私たちは白血球の働きにより病気にならずに生活が出来ています。 しかし、肺炎球菌は通常の最近とは違い、莢膜(きょうまく)という強力なバリアを持ち、白血球に食べられるのを阻止してきます。 この莢膜というのが肺炎球菌の極力な武器で、且つ毒性の強い菌にしています。 肺炎球菌は肺以外にも侵入します。 侵入したところで発症すると肺炎球菌による合併症を引き起こすため、高齢者の方で特に基礎疾患を持っている方は注意が必要です。 肺炎球菌の合併症とは 肺炎球菌感染症の種類には大きく分けて3つあります。 肺炎球菌性肺炎 ・高齢者に多いとされている【誤嚥】が原因とされています。 日本人の高齢者の約3~5%に喉や鼻に肺炎球菌は常在しており、食べ物や飲み物、唾液などと一緒に肺炎球菌が誤って気管に入ることで、肺炎球菌性肺炎を引き起こします。 この肺炎は飲み込む力が低下している高齢者に多く、感染すると強い胸の痛みや血が混じった咳をします。 咳をするごとに痛みが増強します。 ただ、肺炎の症状は風邪の症状と似ているため、様子見をしていると最悪の場合死に至ることがあります。 「辛そう」と判断した際には、直ぐに病院を受診してください。 肺炎球菌性髄膜炎 ・日本で毎年1,000人の小児が罹っている病気です。 肺炎球菌が原因で発症する確率は20~30%と言われていますが、高齢者もかかります。 症状は【風邪に似た症状・発熱・頭痛・全身倦怠感】で、重症化すると後遺症を残すことがあります。 肺炎球菌性中耳炎 ・こちらも小児に起こりやすく、症状は【耳の痛み・鼓膜の奥に膿が溜まる・鼓膜が赤く膨らむ】。 これらの中で高齢者の方は、肺炎球菌性肺炎が最もかかりやすいので誤嚥には注意が必要です。 肺炎球菌ワクチンの必要性 肺炎球菌(肺炎球菌感染症)に感染しやすい年齢は、5歳以下と65歳以上の高齢者です。 ただ、健康で体力がある状態であれば肺炎球菌感染症を引き起こすことはありません。 しかし、体調不良などが原因で免疫力が低下すると、大人しくしていた肺炎球菌が活動をし始め、重篤な肺炎球菌感染症を引き起こします。 さらに【敗血症、副鼻腔炎、中耳炎、気管支炎、髄膜炎など】といった重い合併症を引き起こす場合があります。 こうした重い肺炎や合併症にかからないためにも、高齢者の方は肺炎球菌ワクチンの予防接種が推奨されています。 肺炎球菌ワクチンはどんな種類があるのか? 肺炎球菌ワクチンには【ニューモバックスNP】・【プレベナー13】の2種類があります。 ワクチンを作る過程で「元となる細菌からワクチンを作っているから危ないのでは?」と思われがちですが、これらのワクチンは細菌が含まれていないワクチンのため、ワクチン接種をしたことで感染することはありません。 補足として、日本呼吸器学会等ではより高い予防効果を発揮させるために、65歳以上の高齢者の方(過去にいずれもワクチン接種なし)に、プレベナー13を接種後(6~12カ月後)、ニューモバックスNP を接種。 もしくは、過去にニューモバックスNPを接種した方で、ニューモバックスNPを接種後(1年以上空けて)、プレベナー13を接種することを推奨しています。 ワクチンの効力は如何ほど?? インフルエンザなどでもそうですが、ワクチンが効く人と効かない人がいますよね。 残念ながら、肺炎球菌感染症もワクチンの予防接種を打っても100%罹らないということはありません。 また、肺炎球菌による肺炎を減らしたという研究結果はいくつかありましたが、明確な予防効果はまだ示されていないのも事実です。 ただ、予防接種をしたことで発症率や死亡率が低下したという報告もあるので、一定の効果はあると考えても良いと思います。 肺炎球菌ワクチンの費用について 予防接種にはお金がかかりますが、制度などを利用すれば公費で賄える場合があります。 結合型ワクチン 多糖体ワクチン ワクチン名 プレベナー13 ニューモバックスNP 血清型抗原の種類 ・13価 ・13種類の肺炎球菌の血清型抗原を含む。 ・約60~70%の肺炎球菌をカバーする。 ・23価 ・23種類の肺炎球菌の血清型抗原含む。 ・約80%の肺炎球菌をカバーする。 ただ、いつでもに受けられる訳ではなく、期間や対象者といった条件があります。 対象者 ・令和元年度に【65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳・101歳以上】になった方、もしくは接種日現在60歳以上65歳未満の高齢移行期の方で【心臓・腎臓・呼吸器・免疫機能に重度の障害(身障手帳1級程度)】のどちらかに該当する方で、過去に肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことが無い方が 定期接種として公費助成が受けられます。 自己負担金額 ・4,000円(生活保護受給世帯は免除)。 新宿区では接種費用の半分程度を公費で助成。 補足として、13価のワクチンについては平成26年6月20日付けで、65歳以上の高齢者に対する肺炎球菌感染症の予防の効能・効果が承認されていますが、現時点では定期接種に使用することはできないとのことです。 ここでは新宿区の対応について紹介しましたが、住んでいる地域で若干変わりますのでお住まいの自治体に直接確認すると良いでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 記事で紹介した通り、高齢になればなるほど免疫力が低下し肺炎球菌に感染するリスクが高まります。 「なぜ、高齢は感染しやすいの?」と思った方に簡単に説明しますと、高齢者になると体力の低下などで免疫の質が下がり、若い頃は数%ほどの免疫で病原菌を対処出来たのが、質の低下により大量に使わなくてはいけなくなります。 仮に健康を保つのに80%ほど近い免疫を常時使っているとすれば、新たに入ってくる病原菌に使える免疫は20%しかありません。 つまり、高齢者は病原菌と戦う免疫の数が若者より少ないため、強い病原菌が侵入した場合、対抗出来ずやられてしまうのです。 この例えは極端過ぎますが、使える免疫には限りがあり、高齢者は免疫の質が若者より悪くなっています。 限りある免疫を有効活用するには、普段から免疫力を下げないよう規則正しい生活をした上で、ここで紹介したワクチン接種を行い、感染リスクを少しでも下げる心がけが必要となります。

次の

肺炎球菌ワクチンの効果や持続期間はどれぐらい?副作用はあるの?

肺炎 球菌 ワクチン の 効果

私たちは白血球の働きにより病気にならずに生活が出来ています。 しかし、肺炎球菌は通常の最近とは違い、莢膜(きょうまく)という強力なバリアを持ち、白血球に食べられるのを阻止してきます。 この莢膜というのが肺炎球菌の極力な武器で、且つ毒性の強い菌にしています。 肺炎球菌は肺以外にも侵入します。 侵入したところで発症すると肺炎球菌による合併症を引き起こすため、高齢者の方で特に基礎疾患を持っている方は注意が必要です。 肺炎球菌の合併症とは 肺炎球菌感染症の種類には大きく分けて3つあります。 肺炎球菌性肺炎 ・高齢者に多いとされている【誤嚥】が原因とされています。 日本人の高齢者の約3~5%に喉や鼻に肺炎球菌は常在しており、食べ物や飲み物、唾液などと一緒に肺炎球菌が誤って気管に入ることで、肺炎球菌性肺炎を引き起こします。 この肺炎は飲み込む力が低下している高齢者に多く、感染すると強い胸の痛みや血が混じった咳をします。 咳をするごとに痛みが増強します。 ただ、肺炎の症状は風邪の症状と似ているため、様子見をしていると最悪の場合死に至ることがあります。 「辛そう」と判断した際には、直ぐに病院を受診してください。 肺炎球菌性髄膜炎 ・日本で毎年1,000人の小児が罹っている病気です。 肺炎球菌が原因で発症する確率は20~30%と言われていますが、高齢者もかかります。 症状は【風邪に似た症状・発熱・頭痛・全身倦怠感】で、重症化すると後遺症を残すことがあります。 肺炎球菌性中耳炎 ・こちらも小児に起こりやすく、症状は【耳の痛み・鼓膜の奥に膿が溜まる・鼓膜が赤く膨らむ】。 これらの中で高齢者の方は、肺炎球菌性肺炎が最もかかりやすいので誤嚥には注意が必要です。 肺炎球菌ワクチンの必要性 肺炎球菌(肺炎球菌感染症)に感染しやすい年齢は、5歳以下と65歳以上の高齢者です。 ただ、健康で体力がある状態であれば肺炎球菌感染症を引き起こすことはありません。 しかし、体調不良などが原因で免疫力が低下すると、大人しくしていた肺炎球菌が活動をし始め、重篤な肺炎球菌感染症を引き起こします。 さらに【敗血症、副鼻腔炎、中耳炎、気管支炎、髄膜炎など】といった重い合併症を引き起こす場合があります。 こうした重い肺炎や合併症にかからないためにも、高齢者の方は肺炎球菌ワクチンの予防接種が推奨されています。 肺炎球菌ワクチンはどんな種類があるのか? 肺炎球菌ワクチンには【ニューモバックスNP】・【プレベナー13】の2種類があります。 ワクチンを作る過程で「元となる細菌からワクチンを作っているから危ないのでは?」と思われがちですが、これらのワクチンは細菌が含まれていないワクチンのため、ワクチン接種をしたことで感染することはありません。 補足として、日本呼吸器学会等ではより高い予防効果を発揮させるために、65歳以上の高齢者の方(過去にいずれもワクチン接種なし)に、プレベナー13を接種後(6~12カ月後)、ニューモバックスNP を接種。 もしくは、過去にニューモバックスNPを接種した方で、ニューモバックスNPを接種後(1年以上空けて)、プレベナー13を接種することを推奨しています。 ワクチンの効力は如何ほど?? インフルエンザなどでもそうですが、ワクチンが効く人と効かない人がいますよね。 残念ながら、肺炎球菌感染症もワクチンの予防接種を打っても100%罹らないということはありません。 また、肺炎球菌による肺炎を減らしたという研究結果はいくつかありましたが、明確な予防効果はまだ示されていないのも事実です。 ただ、予防接種をしたことで発症率や死亡率が低下したという報告もあるので、一定の効果はあると考えても良いと思います。 肺炎球菌ワクチンの費用について 予防接種にはお金がかかりますが、制度などを利用すれば公費で賄える場合があります。 結合型ワクチン 多糖体ワクチン ワクチン名 プレベナー13 ニューモバックスNP 血清型抗原の種類 ・13価 ・13種類の肺炎球菌の血清型抗原を含む。 ・約60~70%の肺炎球菌をカバーする。 ・23価 ・23種類の肺炎球菌の血清型抗原含む。 ・約80%の肺炎球菌をカバーする。 ただ、いつでもに受けられる訳ではなく、期間や対象者といった条件があります。 対象者 ・令和元年度に【65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳・101歳以上】になった方、もしくは接種日現在60歳以上65歳未満の高齢移行期の方で【心臓・腎臓・呼吸器・免疫機能に重度の障害(身障手帳1級程度)】のどちらかに該当する方で、過去に肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことが無い方が 定期接種として公費助成が受けられます。 自己負担金額 ・4,000円(生活保護受給世帯は免除)。 新宿区では接種費用の半分程度を公費で助成。 補足として、13価のワクチンについては平成26年6月20日付けで、65歳以上の高齢者に対する肺炎球菌感染症の予防の効能・効果が承認されていますが、現時点では定期接種に使用することはできないとのことです。 ここでは新宿区の対応について紹介しましたが、住んでいる地域で若干変わりますのでお住まいの自治体に直接確認すると良いでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 記事で紹介した通り、高齢になればなるほど免疫力が低下し肺炎球菌に感染するリスクが高まります。 「なぜ、高齢は感染しやすいの?」と思った方に簡単に説明しますと、高齢者になると体力の低下などで免疫の質が下がり、若い頃は数%ほどの免疫で病原菌を対処出来たのが、質の低下により大量に使わなくてはいけなくなります。 仮に健康を保つのに80%ほど近い免疫を常時使っているとすれば、新たに入ってくる病原菌に使える免疫は20%しかありません。 つまり、高齢者は病原菌と戦う免疫の数が若者より少ないため、強い病原菌が侵入した場合、対抗出来ずやられてしまうのです。 この例えは極端過ぎますが、使える免疫には限りがあり、高齢者は免疫の質が若者より悪くなっています。 限りある免疫を有効活用するには、普段から免疫力を下げないよう規則正しい生活をした上で、ここで紹介したワクチン接種を行い、感染リスクを少しでも下げる心がけが必要となります。

次の

肺炎球菌ワクチンの接種は副作用を恐れている高齢者が多い

肺炎 球菌 ワクチン の 効果

新型コロナウイルス 新型コロナウイルスが猛威を振るっています。 東京オリンピックが無事開催されるのかどうかという不安も出てきました。 しかし、感染しても無症状の人もおり、インフルエンザと比べての重症度はどうなのか?という話も出てくるくらい、全ての人が重篤な転帰に至るわけでは無い。 ただ、このシーズンはただでさえインフルエンザにピリピリする受験生の家族を抱えた人々の生活が、新たな脅威にさらされるわけなので、気が気ではない。 死亡者数もすでにSARSを超えたとのことなので、免疫機能の低い、高齢者が多数いる介護施設の従事者なども、これから日本で感染が広がってくると、対応に追われることになる。 そんな中、治療薬や予防薬、ワクチンなどに関する情報も出てきた。 新型インフルエンザのときは、抗インフルエンザ薬があったので、それで対応することはできた。 しかし、コロナウイルスに関しては、抗コロナウイルス薬などなく、抗HIV薬を使用しているという報道もありました。 新型コロナウイルスとワクチン 新型コロナウイルスでは肺炎症状を起こすため、「肺炎球菌ワクチンは効きますか?」という相談があった。 新型コロナウイルスはウイルスで、肺炎球菌は細菌なので、まったく別物です。 ただ、新型コロナウイルスに感染した後に、二次的に細菌性肺炎を発症して亡くなっている方もいるので、予防的に肺炎球菌ワクチンを打っておくもいいだろう。 インフルエンザワクチンも打っておいたほうがいいという話だ。 これからパンデミックが日本でも起こると想定すると、自分たちが今準備できることは、流行した際に、なるべく医療機関に行かないということだ。 そのためには、同じような症状を呈する風邪、インフルエンザになるべくかからないようにすること。 また、定期的に通院している人においては、受診間隔を延ばしてもらうことなどが挙げられる。 681• 183• 257• 188• 251• 104• 283• 249• 127• 113• 240• 127• 177• 188• 116•

次の