カボチャ サラダ。 サラダカボチャ(コリンキー)の育て方☆種まき(4月・5月)

サラダカボチャ(コリンキー)の育て方☆種まき(4月・5月)

カボチャ サラダ

果実は鮮やかなレモン色、皮ごと食べられるサラダ用カボチャ。 特 徴• 日本では珍しい変わりカボチャです。 果実は鮮やかなレモン色、皮ごと食べられ、歯ざわり良くサラダや浅漬けに適します。 開花後10日前後、大きさは、500g~1kgくらいで収穫します。 とり遅れて大きくなりすぎたものは、ジャムにするとおいしく食べられます。 1m以上の株間で放任栽培が可能です。 オーストラリアから導入した「B625」の選抜系統を母系とし「打木赤皮栗」の選抜系統を父系とする交雑品種であり、2002年に品種登録されました。 幼果を生で食べる珍しいかぼちゃです。 レモン色の果皮と果肉が美しく、コリコリ食感が楽しいサラダかぼちゃ。 コリンキーは生のまま食べることが出来ると言うことが最大の特徴なので、まずはサラダで食べる事をお勧めします。

次の

カボチャの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

カボチャ サラダ

コリコリとした食感から、コリンキーと名付けられたようですが、 別名では、「サラダカボチャ」「フレッシュかぼちゃ」とも呼ばれています。 鮮やかなレモン色の果皮で、柔らかく皮ごと食べられるのが特徴。 発芽後は、徐々に温度を下げ徒長しないようポットで苗を育て定植します * 本葉が2~3枚になるころまでに1株に仕立てます。 <植え付け時期> 本葉が4~5枚くらいになったら、植え付けの適期です。 *栽培方法は・・ほぼカボチャと一緒。 <コリンキーの育て方ポイント> 株間を十分(1m以上)にとれば放任栽培が可能です。 つるが交差しないように一定の方向に誘引します。 <コリンキーとカボチャの育て方の違い> 一般的には 「整枝はせず」親づるの10節以降に着果させます。 w  ̄o ̄ w オオー! 左上)コリンキー雄花:つけ根がふくらんでいない 右上)コリンキー雌花:つけ根がまあるくふくらんでいる *8~9時ごろにミツバチが活発に活動してないようであれば、 人工交配をします。 <人工授粉> 雌花が咲いたら、その日の咲いた雄花の切り取り~ 雄花の花粉を雌花のメシベの先端に、 チョンチョンとなすりつけるようにして受粉をします。 *果実を大きくして収穫すると、 次の果実が生理落花して収量が減ります。 収穫が始まったら20~25日間隔で、 1株当たり30g程度を定期的に追肥します。 果肉も適度な歯ざわりでカボチャの臭みも少なく、 非常にあっさりとしたものでなので、 薄切りにすると生のまま味付けしてサラダとして食べることが出来ます。 他に一般的な食べ方は、浅漬けやぬか漬け、ピクルスなどといった漬け物や、 薄切りにしてサラダや、和え物等が多いです。

次の

サラダカボチャ(コリンキー)の育て方☆種まき(4月・5月)

カボチャ サラダ

【スポンサーリンク】 カボチャは煮物とサラダどちらが良い? カボチャはレシピが限定されがちですが、料理では煮物かサラダにする人が多いのではないでしょうか。 煮物とサラダでは、どちらの食べ方の方が良いのか気になりますよね。 煮物の場合は基本的に醤油で和風の味付けで、甘めにしてあることが多いです。 そのためカボチャの煮物を食べ過ぎると、 塩分と 糖分をとり過ぎてしまう可能性があります。 その点サラダの場合はマヨネーズを少なめにすればカボチャ本来の甘みを活かせるので、カロリーも塩分も抑えることができるのです。 毎日のように食べたい場合にはあっさりしたサラダにして、週に1〜2度ならば煮物にします。 このとき味付けは濃くなり過ぎないように、調節していきましょう。 カボチャは食べ方によって違いはある? カボチャの食べ方によって、カロリーなどの違いがあるのでしょうか。 カボチャはメイン料理というよりかは副菜で出ることが多く、ほとんどがご飯やパンとともに食べていますよね。 しかし、 カボチャのカロリーは高めなので、ご飯と一緒の食べ方ではカロリーオーバーになりやすいのです。 そこでご飯の代わりにカボチャを食べる置き換えをすることで、カロリーを抑えることができます。 カボチャに置き換える食べ方だと、ご飯を食べるよりも腹持ちがよく満腹感が得られやすいのです。 その結果食べる量を抑えることができ、カロリーを減らせるということなんですね。 この食べ方の違いを理解するだけで、ダイエット中でもカボチャを美味しく食べられるのです。 カボチャの食べ過ぎに関するまとめ カボチャを食べ過ぎるとどうなるのか、そして煮物やサラダなど食べ方による違いはあるのかをご紹介してきました。 カボチャは食べ過ぎるとどうなるのか、気になるポイントは太りやすくなることと手足が黄色くなることです。 また煮物は塩分と糖分のとりすぎになりやすい特徴があり、サラダはカロリーや塩分を抑えられます。 食べ方による違いとして、ご飯と一緒に食べるのと食べないのとではカロリーにかなり違いが出てくるのです。 カボチャは適量であれば体に良い食べ物なので、普段から食卓に取り入れていきましょう。

次の