パルミー 感想。 【感想】Palmie(パルミー)「キャラクターイラストのための人体デッサン講座」第2回を受講しました。

マンガ学校のパルミー 授業動画が見放題で加入者倍増

パルミー 感想

イラストレーターの年収や絵の相場• フォロワーを増やす為にやっている事• イラストレーターの仕事を増やす為にやっている事• イラストレーターの具体的な営業方法• ポートフォリオの具体的な作り方• オススメのイラストコンテストの紹介• オススメの仲介サイトの紹介• ソーシャルゲーム 営業先 の 探し方• イラストレーターに必要な画力 10名のイラストレーターが最初の仕事で描いた絵を紹介 主にソーシャルゲーム業界や同人業界にまつわる絵の仕事の話となっています。 絵の相場や買い叩き問題についても触れられています。 私は絵を発注する事も多いので、絵を発注する側としても参考になりました。 講座と銘打ってはありますが、生放送を録画したものなので、ラジオを聞くようなゆるい感覚で受講出来ました。 興味を持った方は無料の第1回だけでもいいので、ぜひ受講してみてはいかがでしょうか? お絵かき講座パルミー(7月20日14時までサマーセール開催中!).

次の

筋肉の名称が多すぎて覚えられない【パルミー】で練習9

パルミー 感想

腕の筋肉もきちんと色分けしてあります。 ・・・さっきのイラストと同じく何の筋肉かを書き忘れているので分かりづらいですけども。 こういうのって、大抵は自分がわかっていれば良いのだと言い張れば良いのですが、自分も全然分かっていませんよ!テヘ でもって、この後も2枚くらい練習イラストがあるのですが、さすがに今回は筋肉ということで、デッサンに服を着せるのは難しいと判断しました。 ですので、 アドセンスさんに媚びてこのブログでは裸のイラストはご法度なので、のほうにアップしておきます。 感想 いや~・・・筋肉を描くのはすごく難しかったです。 って、毎回言っているような気もしますけどね。 後から母に聞いたのですが、「いや~・・・難しい・・・」「筋肉難しい・・・」とブツブツ言いながら描いていたようです。 自分では全く自覚はありませんでした。 あと、これも今気づいたのですが、パルミーでイラレポを投稿するときに、イラストが1枚しか投稿できないと思い込んでいたのですが、まとめて何枚も投稿出来るようになっていました。 今まで気づかずに、一番最初のイラストだけしか投稿できないって不便だな~とか思っていてスミマセン・・・。 それはともかく、いつかはムキムキマッチョから細マッチョまで上手く描き分けられるようになりたいものですね。 そのわりには練習量が全然足りないというのに、なかなか毎日続けるということも出来ないサボり魔なので、それが現実になるのはいつのことやら。 それでは、また!.

次の

【感想】神絵師になりたい!お絵かき講座パルミーでイラストを6ヶ月勉強した結果!

パルミー 感想

お絵かき講座パルミーとは? お絵かき講座パルミー は、オンラインの動画でイラストやマンガの描き方が学べる講座です。 イラストと一言で言ってもキャラクターや背景、マンガといった具合でカテゴライズされているほか、講座の対象のイラストソフトも様々です(なかには、アナログイラストの講座もあります)。 カテゴリーごとでは、(やはりというべきか)キャラクターイラストが圧倒的に多いですね。 また、レベルも入門者向け、初心者向け、中級者向け、上級者向けと4段階に別れてますが、入門〜中級向けの講座が高い割合を占めており、まさに 初心者歓迎のサイトにふさわしいラインナップといえるのではないでしょうか。 イラストソフトはCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)やSAI、PhotoShopといった有名どころのソフトたちですが気持ちクリスタが多いかな、と思います。 僕はクリスタユーザーなので正直あまり気にしていないのですが、普段SAI やPhotoShopで絵を描いている人たちは、(学ぶ内容にもよりますが)少し講座選びに難儀するかもしれません。 あとは、講義によりけりではありますがPDF形式の資料が用意されており、講座の理解を深めたり復習をするのに便利です。 さらに余談ですが、 看板キャラクターのパルミー ちゃんが めちゃ可愛いです。 実際に受講してどうだったか? 今回は復習もかねて基本に回帰しようということで、入門者向けの講座を受講しました。 結論からいうと、そこそこの経験がある人間でも学ぶことの多いとても有意義な講座で、今までの自分のスタイルを見直すいいキッカケになりました。 それぞれの工程においてステップを踏んで解説されていたり、具体的な比率(や数字)を使って説明していたのでわかりやすくまとまっている印象でした。 僕(だけではなくそういう人は多いと思いますが)が苦手意識を持つ服のシワや影についても「こういうときにこうなる!」とコツや考え方を説明していたのでイメージがわきやすくなりました。 その他、設定周りや作業環境に関して丸々1パート使ったこともあり、より 初心者に優しく作られてるように感じました(まあ、このあたりは自分のやりやすいように設定するのが一番なので、最悪参考程度に思っても良いと思います)。 …と入門者向け講座でこれだけのことを学べたわけですが、 一番勉強になったと思っているのはベースカラー(イメージを決定する色)の部分ですね。 感謝です。 最後に まだ講座は一つしか受けてないのでなんとも言えない部分はありますが、パルミーの講座は興味があったら是非受けてみると良いと思います。 とは言え、公式でも言っている通り1講座あたりの受講料は決してバカにならないです。 75個以上の講座が用意されているので、(まあやる人はいないでしょうが)全講座を受けると約80万円、つまり 1講座1万円以上です。 僕は完全な独学スタイルに限界を感じたのと、現状に満足できずさらに上達したいので他の講座も受講してスキルアップに繋げていこうと思います。 あと受講するときは、実際にイラストソフトを起動して先生のやっていることを真似しながら進めるといいと思います、多分。 多分っていうのは…僕が講義を受けていたときは、Apple Pencilの替え芯が全滅してしまっていたので、資料をダウンロードした上でノートに重要な部分をメモして講義後に復習するというスタンスだったからです。 これからは一通りイラストが描けたら、下手くそでもTwitterにアップロードして、自分でも納得の行くものが描けたらPixivにも公開しようかな、と思う今日この頃です。 上達のコツはなんといっても 手を動かして練習することです。 それこそ、1週間にいっぺんに長時間やるより、毎日短時間でもコツコツ続けるほうが習慣化にも繋がって良いのではないでしょうか。 それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 間違っても怪盗団のリーダーではない 趣味はインドアではイラスト制作やYouTube視聴、たまにゲーム、アウトドアでは登山やドライブ、サイクリング(その他拡張予定)と多岐にわたるが、基本的には一人でいることを好む。 現在はそうした趣味への時間を確保したいこと、柔軟な生活を追い求めてフリーランスを志願している。 関連する記事• 2019. 08 目次 1. はじめに 2. デジ絵制作に使われる道具たち 3. なぜiPadなの? 4. まとめ はじめに 近年、CLIP STUDIO PAINT […]• 2019. 28 目次 1. はじめに 2. 前日の準備 3. 登山当日 4. まとめ はじめに 5月25日、僕は栃木県の日光という場所に登山に行ってきました。 山の名[…]• 2019. 08 目次 1. はじめに 2. 登山に必要なもの 2. 必須の装備・持ち物 2. 服装 2. 必須ではないがあると便利なもの 3. 予算はどれ[…].

次の