タックル ボックス 自作。 モノ作り日本のリール改造マニア:釣具のポイントのクーラーをタックルボックスとして使う

愛用竿を守ってくれるロッドケースは自作がおすすめ!作り方も簡単!

タックル ボックス 自作

あーーー!やってもた!! というわけで、魚が足元に潜り込みそうなとき、ラインを出すか、フルロックで力押しするか迷って、 だいたい失敗するMr.クロオビです。 あのバラした瞬間のなんともいえない虚無感。 つらいっすねぇ・・・。 ボクの失敗したクーラーボックスの改造・チューンナップ はい、なにかと申しますと、 ・サイドボックス(横に付ける箱)と ・ロッドスタンド(竿掛け) の取付方向です。 まぁ、使用初日から薄々感づいてはいたのですが、、、 認めたくないんですよ、若さゆえの過ちを。 そう、右投げ左巻きのボクは、この場合いちいち竿を持ちかえないといけないんです。 左手で竿を持って、右手でリールを巻いていらっしゃる方なら問題はないと思います。 左手で竿をロッドスタンドに置き、右手は魚や仕掛けを掴む。 うん、それであれば違和感はありませんね。 でもボクの場合は右手で竿を持っているので、そのまま竿を置くと体はクーラーボックスよの外側に。 つまり、左手で仕掛けを持っているのでサイドボックスがついている反対側で魚を外したり、仕掛けを替えたりエサを付け替えたり。 サイドボックス(道具箱)・クーラーボックスの反対側での作業になってしまい、 ・魚の収納性が悪くなる ・針を付け替えたり、仕掛けを変えたり、エサを付け替える作業がやりにくい 写真でご覧いただける通り、ボックスは竿を挟んで右側。 魚は入れにくい・エサはつけにくい・道具は取り出しにくい最悪。 まぁ、あれですよね、このネット社会がもたらす思い込みです。 今は諸先輩方のやってきた改造・チューンナップがネットの世界にはたくさん。 当然参考にするわけで、、、、、違和感なく同じように、、、、。 がしかし!ルアー釣りが流行り「右投げ左巻き」が増えてきて、もれずボクもその影響を受けていました。 ね、なんで気づかなかったんだろうと後悔。 ま、最近のね、クーラーボックスは両開きの蓋になっているので、蓋の向きを変えればOK!作業終了!! 楽天市場・AMAZON ですが、ボクのクーラーボックスは片開きの旧型、、、。 かといってこの違和感を引っ張ったままの釣行は非常に気持ち悪い!! てことで、修正!! ただ、向きを変えるだけなんですがパーツを外さないように蓋の向きを変えてみました。 幸いなことにデザインが正面と後ろが同じ! 少々の穴あけと付け替えでいけそうです。 デザインが違うと相当きついですこの作業。 その場合は、ロッドスタンド(竿掛け)、サイドボックス(道具入れ)を入れ替える方をおススメします。 快適な釣りに向けて さっそく作業。 見えているビスを外していきます。 ロックハンドルもはずす。 ピンクのガーニッシュ(化粧板)をはずしたら蓋はこれでフリー(自由に外れます)。 これは蓋の上面に平均的に軽い荷重をかけてビス打ちをします。 旧ビス位置が決まったしまっていたら逆らわず取付します。 はい、左右入れ替わりました!!! 実際に竿を置くとこんな感じ。 あとは正面になった裏側をどう料理するかですね。 それは失敗しないようにじっくり考えますわ~~~ ・ ・ ・ ・ ・ それでは今日はこのへんでっ またきてくださいね!!! ばいばいっっっ!!.

次の

Mr.陸王・金森隆志のタックルボックスの中身を公開!【達人のタックルボックス・プレイバック】

タックル ボックス 自作

最近クーラーボックスのネタばかりでリール改造ネタが全然ありません・・・ 長いこと陸っぱり用として使い続けた釣具のポイントオリジナルのクーラーボックスが物置に眠っています。 保冷力は推して量るとしても壁が薄い分だけ中は広くて軽くて丈夫で防水性も高くてタックルボックスとして最高だと思いませんか? そこでこれを船釣り用のタックルボックスにしてみました。 【滑り止め】 船は揺れるので滑り止めは必須。 ホームセンターに200円ぐらいのゴム足があったのでねじ止めします。 最初は突起部分に付けたけどゴムが小さいのか足が長すぎるのか安定感がなくなったので四隅ギリギリに付け替えました。 【ロッドホルダー】 ロッドホルダーを自作する度に 「面倒くせえ、買った方がいい」 って思うけど懲りずに今回も自作。 部材はいつものダイソーのまな板。 【小物入れ】 ダイソーのコップを両面テープで貼り付けました。 作業は極めて簡単ですが色、質感、形などクーラーボックスに最適な一品を探すのが一番大変でした。 歯磨き用のコップです。 【フタ】 船釣り用のタックルボックスと言えばドカット。 本来は釣り用ではないけど丈夫で座れると言うのが支持されてジギング界で人気に火が付いたそうです。 ただちょっと大き過ぎるなぁって思っていたら手頃なサイズが発売されました。 釣具屋さんの店頭で購入寸前まで行ったけど思いとどまってクーラーボックスをいじくっているわけです。 さてポイントのクーラーボックスに座ってみると壊れることはなさそうだけどフタがペコペコします。 クッション性がある発泡スチロールが詰まっているだけですからね。 クーラーボックスとして使わないんだから断熱材なんて不要です。 発泡スチロールを切り抜いて10mm 厚の板を入れました。 これでビクともしません。 ここまで来たらせっかくなので座るのを前提にしてしまいましょう。 またもダイソーで大きめのEVAクッションを切って貼ると なかなか快適なイスになりました。 本当はこんなのを買いたいんです。 残念ながら筆者はなかなか物を捨てられないのでクーラーボックスを捨ててタックルボックスを買うなど・・・出来ません。

次の

ちょっとまった!!!そのクーラーボックスのカスタム・自作!失敗・後悔しない改造・チューンナップ!

タックル ボックス 自作

おはようございます。 会長です。 以前、Daiwaのブランドである、ソルティガや紅牙、鏡牙カラーのタックルボックスの発売をご紹介しました。 記事では、形状や品番の付け方から、恐らくメイホウ社のバケットマウスのOEM品で、カスタムパーツが互換性があるのではないかとお伝えしましたが、4月発売とのことで、Amazonに売っていましたので、早速購入して本当にカスタムパーツに互換性はあるのか試してみました。 Daiwaの座れるタックルボックス「TBシリーズ」とは もう、釣具店にも並んでので目にされた方も多いと思いますが、「TBシリーズ」はメイホウ社から発売されているタックルボックス「バケットマウス」をオリジナルのブランドカラーにしたようなタックルボックスです。 品番がバケットマウスのBM-5000,BM-7000,BM-9000に対して、TB5000,TB7000,TB9000と似通っていて、サイズを確認したところ、3辺同じサイズでしたので恐らくOEM品ではないかと思われます。 気になるのは、バケットマウスのウリである、ビス無しで取り付けれる「カスタムパーツ」に互換性があるのかどうかです。 実際に購入して試してみた! 先日、Amazonから送られてきました。 カラーは紅牙カラーにしました。 ブルーのソルティガにしようか迷ったのですが、サイズがちょっと大きすぎたので、7000と中間サイズの紅牙カラーになりました。 使っている鯛ラバのロッドとリールが紅牙なのでちょうどいいです。 釣具店で、バケットバウスのカスタムパーツであるロッドスタンドBM-250Lightを購入してきました。 タックルボックスはずっとリングスター社のドカットを使ってきましたが、バケットマウスはこのようにカスタムパーツがビス無しで取り付けれるのが魅力ですね〜。 サイドポケットもいいですね〜。 BM-250 Lightにした理由はブラックが良かったからです。 ただそれだけです。 価格は釣具店で1,900円ぐらいでした。 3つのパーツで構成されていて、ビスは入っていません。 取り付け方は簡単で、まず受け側に足を差し込みます。 こんな感じ。 ロッドが風で煽られた時にタックルボックスごと倒れないようにするための転び防止の足だそうです。 バケットマウスの穴に組み立てたものを差し込みます。 うまく入るのかドキドキしましたが、「カチッ」とハマりました。 互換性は問題ないようです。 最後に、ロッドホルダー本体を斜めから差し込めば完成です。 想像以上にかなりガッチリしています。 ビス止めが必要ないので簡単ですし、遠征などで車に載せるのに邪魔になった場合など、取り外したい時にはずせるのもいいですね。 このように高さをずらして取り付けたり、サイドポケットの両脇に付けたりも出来るようです。 完成!説明書読むのに3分は掛かりましたが、もう一個付ける場合は1分ぐらいあれば出来そうです。 ロッドスタンドいいですね〜 もう一個とサイドポケット付けてみようかな。 そう言えば、Amazonで買ったので、中を見たことが無かった。。。 こんな感じです。 仕切りは無いんですね。

次の