サラウンド ヘッドホン。 サラウンドヘッドホンのおすすめ8選。映画やゲームに最適な人気オーディオ機器とは

サラウンドヘッドホンの特徴と選び方

サラウンド ヘッドホン

こちらの記事は2019年4月1日の記事を2020年5月7日に加筆修正いたしました。 加筆修正箇所 ・おすすめの7. 1chヘッドホンを2020年5月7日の情報に更新いたしました。 自宅のリビングで映画館のような迫力あるサウンドを楽しめるサラウンドシステムはAVマニアのあこがれですが、設置にはお金がかかることや、迫力あるサウンドが近所迷惑になる可能性を考えると手が出ないという人も多いでしょう。 そんな人にぜひおすすめしたいのがサラウンドヘッドホンです。 見た目はふつうのヘッドホンなのに、最新のバーチャル技術によって映画館さながらの臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。 ここでは映画鑑賞やゲームに最適の、サラウンドヘッドホンについて解説します。 サラウンドヘッドホンとはそもそもなにか サラウンドの語源は、英語で「囲む」「取り巻く」を意味する「surround」です。 映画館やホームシアターのサラウンドシステムは、視聴者を囲むように複数のスピーカーを設置することで、映画やゲームの世界に入り込んだような臨場感あふれるサウンド再生を実現しています。 サラウンドシステムに対してサラウンドヘッドホンは、「バーチャルサラウンド」という技術によって、ステレオヘッドホンでサラウンド特有の音場再生を可能にしています。 サラウンドヘッドホンの基本構造はふつうのステレオヘッドホンと変わりません。 それなのに、どうして多チャンネルのサラウンド再生ができるのでしょうか。 私たち人間は、聴覚によって音の方向や距離のちがいを知覚することができます。 人間の耳はふたつしかないのに、それで音源の方向や距離感をつかむことができるのは、音の響きや強さのちがいを聞き分けて、経験的に方向や距離を判断することができるためです。 この聴覚の特性を応用して、映画やゲームなどの音声信号に、距離や方向の差から生じる音の変化と、頭部伝達関数 音波が人の頭や肩、耳の穴などに当たって変化する度合いを関数化したもの を電気的に調号することで、ステレオヘッドホンで360度の全方向から音が聞こえてくるように感じるバーチャル 仮想現実 サラウンド効果を体験できるようになりました。 映画館やホームシアターのサラウンドシステムが多チャンネルスピーカーによるハードウエア的なサラウンドだとすれば、サラウンドヘッドホンは人に錯覚を起こさせるソフトウエア的なサラウンドだと言えるでしょう。 関連記事 チャンネル数が多いほど臨場感が増す 一般的なサラウンドシステムは、リスナーを取り囲むように複数のスピーカーを配置して、それぞれのポジションに合わせた音を出すことで、臨場感あふれる音場再生を可能にしています。 その各ポジションのスピーカーを駆動する音声信号の伝達経路を「チャンネル」といい、サラウンドシステムはチャンネル数が多いほど、臨場感あふれるリアルな音場再生が可能になります。 かつてシネマスコープと呼ばれた大作映画は5. 1チャンネル 5チャンネル+重低音専用の0. 1チャンネル のサラウンドシステムを採用していたため、DVDも5. 1チャンネルに対応しています。 一方で、ブルーレイはさらに2チャンネル多い7. 1チャンネルのサラウンドシステムに対応しています。 ブルーレイで追加された2チャンネルはリスナーの後方に配置されるスピーカー用です。 1チャンネルは5. 1チャンネルに比べてスピーカーを隙間なく配置できるので、音の臨場感と立体感が増し、音像の移動もスムーズになり、映画やゲームのリアリティを更に高めています。 1chヘッドホンの特徴は後ろの音も再現可能なこと 7. 1ch対応のサラウンドヘッドホンは、バーチャルサラウンド技術によって、後ろからの音も立体的に再生することができます。 そのため通常のステレオヘッドホンや5. 1チャンネルのサラウンドヘッドホンに比べると、音が360度全方向から聞こえるように感じられ、音源の位置もよりはっきりと認識できるようになります。 1chヘッドホンの選び方 7. 1チャンネルはサラウンドヘッドホンの主流ですが、タイプによって用途や機能がちがってきます。 ここでは選ぶポイントを接続タイプと用途にしぼって解説します。 接続タイプで選ぶ 最近のヘッドホンは無線のワイヤレスが主流になりつつありますが、条件によっては音の遅延が発生したり、通信が不安定になったりすることがあるため、ゲームには有線接続の方が有利です。 有線なら充電せずに長時間プレイできるのも魅力でしょう。 一方、無線タイプの最大のメリットはケーブルの煩わしさから解放されます。 たとえば映画を大画面テレビで視聴する場合、テレビとの距離がヘッドホンのケーブル長で決まってしまうため、好きな場所で試聴することができなくなります。 しかし、ワイヤレスなら、ケーブル長にしばられることはありません。 用途で選ぶ サラウンドヘッドホンの用途は、大きく分けてふたつに分類されます。 ひとつはテレビ番組や映画の鑑賞用。 もうひとつはfpsを中心としたゲーム用です。 映画鑑賞がメインの場合は、DVDやブルーレイで採用されている「ドルビーデジタル」をはじめ、各種のサラウンド規格に対応したモデルがおすすめです。 マイクがついているかどうかで選ぶ ヘッドホンに通話用のマイクを装備したモデルをヘッドセットと呼びます。 FPSなどのバトルゲームでは、敵の存在を物音や銃声で察知しなければなりません。 チームプレイでは味方同士と音声通話で交信するため、マイクを装備したサラウンド対応のヘッドセットがゲーム用ヘッドホンの主流になっています。 一方、マイクが付いていない通常のヘッドホンタイプは、映画や音楽鑑賞向けの高音質モデルが主流です。 ASUS ROG 7. 1 ASUS ROG 7. 1は、独立した10個のドライバーを搭載しているため、正確な定位感を実現し、臨場感のある音でゲームを楽しめるゲーミングヘッドホンです。 定位感が正確なため、一瞬の操作が命取りになるFPS系のゲームの使用に向いています。 ゲーム最中にオーディオの様々な設定を行えるUSBオーディオステーションが付属しているため、ヘッドホンを外すことなく自分好みの音に調節可能です。 また、サラウンドチャンネルの音量を個別でコントロールでき、録音方法の異なるゲームも快適に楽しめます。

次の

サラウンドヘッドホンのおすすめ人気ランキング22選【ゲーム・映画・音楽鑑賞に!】

サラウンド ヘッドホン

もくじ• サラウンドシステム(ホームシアター)の定義 サラウンド(Surround)は囲むという意味であり、 音に包まれる立体的な音響効果「立体音響」のこと。 スピーカーを増やすことで、サラウンド環境を作るわけ。 ただ、スピーカーが増やせば良いというわけでもなく、 正確にはスピーカーの数ではなく、 音の信号(Channel:チャンネル)の数。 サラウンドシステムで「チャンネル(ch)」という言葉が出てくるのもそういう事。 それぞれのスピーカーから異なる音を出すことで、臨場感のあるサウンドとなるのさ。 ホームシアターという言葉も、自宅に映画館を作るということで、 サラウンド環境を作るという意味が強い。 ステレオ(2ch)よりもチャンネルバリエーションが多い状態が、 一般的にサラウンドと呼ばれ、 ホームシアターシステムでは、5. 1ch、7. 1ch、9. 1chという構成が多い。 チャンネル表記の違い:5. 1ch、7. 1ch、9. 1ch モノラルは1つの音なので「1ch」、 ステレオは左右で違う2つの音(信号)なので「2ch」。 低音出力のサブウーファーは別カウント扱いで、ピリオド区切り。 2ch」となります。 1chは、ステレオ(フロント左右のスピーカー:2ch)に、 フロントセンタースピーカー(1ch)と、 後方左右にリアスピーカー2つ(2ch)と、サブウーファー(. 1ch)。 1chは、5. 1chに更にスピーカーが2個増える。 リアスピーカー2つの代わりに、 左右サラウンドスピーカー2つ、左右バックスピーカー2つへ。 1chは、ステレオ(フロント左右のスピーカー:2ch)に、 左右サラウンドスピーカーが更に2つ増え、左右サラウンドスピーカーが4つとなる。 また、ステレオ2. 1chにフロントスピーカーのみ追加した3. 1chや、 リアスピーカー1個のみ追加した4. 1ch。 1chに後方スピーカーを追加した6. 1chといった構成も有る。 現在、家庭向け最新サラウンド構成は、Dolby Atmosの11chですが・・・ Dolby Atmosの登場で、また話も変わってきています。 Dolby Atmosは、新たに天井のハイトスピーカー(オーバーヘッドスピーカー)に対応し、 既存の平面サラウンドに、天井スピーカー2~4つ追加で、 3次元360度サラウンドの「イマーシブオーディオ」へ。 1ch、9. 1chから、更にスピーカーを2個 or 4個増やすわけで、 従来の表記では11. 1ch、13. 1chとなるのですが・・・ ハイトスピーカーは、サブウーハー同様に別カウントになるので、 7. 4ch、9. 2chという表記になります。 例えば「7. ドルビーアトモスの必須レイアウト• 2配置• 2配置 基準となるドルビーアトモス体験• 4配置• 4配置 特に大きな部屋に適した高品質の音響効果• 従来の、チャンネルベースのサラウンドではなく、オブジェクトベースへ。 音が出ている物体の位置(座標)から、 最適なスピーカーを自動的に判断して、音が出る仕組みなのさ。 座標位置とスピーカー数から最適化(リアルタイムレンダリング)して、 音を出してくれるわけで、 スピーカーの組み合わせの自由度も増し、チャンネルという概念も無くなる。 よって、Dolby Atmos対応のブルーレイディスクは、 チャンネル表記も消えているのです。 増えすぎたDolby規格も、 Dolby Atmosに1本化できるというのも大きな利点。 Dolby Audio(ドルビーオーディオ)で一括りにされがちなんですけど、 ドルビーサウンド技術は、色々変化して複雑化してきたのさ。 ドルビー規格と歴史• Dolby Surround:4. 0ch• Dolby Digital:5. 1ch• Dolby Digital Plus:5. 1ch、7. 1ch• Dolby TrueHD:7. 1ch、9. 1ch• Dolby ProLogic IIz:ハイトスピーカー(高低差表現)• Dolby Atmos:ハイトスピーカー+オブジェクトオーディオ サラウンドシステムといえば「Dolby Degital(ドルビーデジタル)」のイメージでしたけども、 今後は、ドルビーデジタルではなく、ドルビーアトモスなんだな。 サウンドシステムの音声フォーマットには、 同じくオブジェクトベースの「DTS:X」も登場しておりますが、 「Dolby Atmos」を採用しているブルーレイディスクのが多い印象。 iTunes、Netflix、Amazonプライムビデオも、Dolby Atmosを採用していますので。 ちなみに、似たようなDolby規格で「Dolby Vision(ドルビービジョン)」も有りますが、 こちらは映像の方、HDR(ハイダイナミックレンジ)技術の規格。 HDRの中でもトップレベルがDolby Visionです。 というわけで、登場するのが「バーチャルサラウンド」。 バーチャルサラウンドには、 擬似的にチャンネル数を増やすという意味も有りますが、 ホームシアターでのバーチャルサラウンドは、 どちらかというと、 少ないスピーカーでサラウンド表現するという意味が強いかと。 フロントスピーカーだけで、サラウンドサウンドを実現する感じ。 ホームシアタースピーカーで、お手軽なサウンドバーを選ぶ人も多いハズ。 サウンドバーによるフロントサラウンドシステム。 ステレオスピーカー(2ch)で、マルチチャンネル信号や、 3Dサラウンド(Dolby Atmos、DTS:X)を表現したり、 天井に音を反射させる「イネーブルドスピーカー」を使ったり。 よりシンプルな配置で、3次元の立体音響を再現しているわけです。 ただ、バーチャルはお手軽な分、 リアルスピーカーのマルチチャンネルに比べると、臨場感は劣ります。 ホームシアターでのバーチャルサラウンドは、 基本的にフロントスピーカーで代用、どうしても 背後からの音は弱くなるし、 少ないスピーカーで、様々なオブジェクト音を出すのは無理が有るわけで、 個々の音像感が薄れがち。 音のバランスも変になりがち。 我が家のLGテレビは、Dolby Atmos対応ですが、 スピーカーは2個(2ch)なので・・・セリフが凄い聞きづらいです。 サラウンド感は有るんだけども、音量調整が難しい。 ちなみに、バーチャルサラウンドをお手軽に体験するなら、 Windows Sonic for Headphones、Dolby Atmos for Headphones。 普通のステレオイヤホンやヘッドフォンでも、 バーチャルサラウンドの立体音響を楽しむ事も可能です。 サラウンド用の音源ファイルも有りますので。 1ch、7. 1ch、9. 1ch等のサラウンドヘッドフォンも有りますが、 やはり、スピーカー設置のリアルサラウンドに比べると・・・って感じ。 サラウンドヘッドフォンにも、バーチャルとリアルがありますが、 リアルサラウンドヘッドフォンとはいえ、あくまでヘッドフォンなので、 あまり過度な期待はしないように。 ゲーム用と映画用で求める音も違うハズなので、選ぶ際は気をつけて。 Dolby Atmosの互換性 サラウンドシステムを構築する上で気になるのが、新旧システムの互換性。 Dolby Atmosは上位互換性(後方互換性)があり、 従来のDolbyサウンドシステムに対応しています。 ステレオ、5. 1ch、7. 1ch・・・と自宅の環境に合わせて出力してくれる。 従来のサラウンドシステムは、 作品と再生機器の両方が対応してないと駄目だったわけですが。 Dolby Atmosは、チャンネルではなく、オブジェクトオーディオなわけで、 作品が対応していないから、一部スピーカーから音が出ない・・・ なんてことも無くなるわけですね。 また、アップミキサー「Dolby Surround(ドルビーサラウンド)」対応製品なら、 従来のステレオ、5. 1ch、7. 1ch作品も、 自宅のサラウンド環境合わせてアップミックスしてくれる。 同様に、DTSのDTS:Xも上位互換性有り、 アップミキサー「Neural:X」にて、 DTSの従来のステレオ、5. 1ch、7. 1chコンテンツもアップミックスが可能です。 ただ、Dolby AtmosとDTS:Xに互換性はありません。 スピーカーシステムでは「Dolby Atmos」「DTS:X」の両対応している事も多いですが、 どちらかしか対応していないなら「Dolby Atmos」を選ぶかなと。 ちなみに、一口にDolby Atmosといっても、 劇場用(映画館)、家庭用(BD)、ストリーミング(VOD)で異なるらしく、 動画配信サービスで使われるDolby Atmosは、データ圧縮されているとのこと。 微妙に出てくる音も違うのでは無いかなと。 サラウンドシステムまとめ サラウンド音声で映画のイメージは大きく変わる。 スピーカー次第で臨場感は増すわけで、 個人的には、映像よりも音声の方が、作品への影響が大きいかなと。 音で体も震え、心も震えるのかと。 ただ、音はこだわるほどにキリも無く、 値段も高額になり、場所も取るので気をつけて。 実際のところ、正解が分からないのがサウンド。 音声フォーマット(Dolby Atmos、DTS-X)でも変わるし、 スピーカーの位置や、映像作品のオブジェクト設定にも依るわけで、 結局の所、どれがホントに良いかわからない。 比べるのもナンセンス。 サラウンドはあくまでサラウンド、良い音ともまた別の話。 リアルサラウンドは確かに、うぉってなるけども。 より本格的なのは映画館で体験できるから。 配線や設置の手間、場所を取る事を考えたら、 フロントスピーカーのバーチャルサラウンドで良いかなと。 最近のサウンドバーもDolby Atmosにも対応してますので。 もちろん、作品がサラウンド対応してなければ意味も無いわけで、 せっかくならDolby Atmos対応コンテンツを。 動画配信サービスだと、、、で楽しめます。 あまり深く考える必要も無いのかと。 4K対応って言ってるけども、 実際のところフルHDで十分綺麗。 4K液晶ディスプレイよりも、4K有機ELディスプレイのが綺麗だし、 HDRとかDolby Visionとかも綺麗だけど・・・ってのが所持して思う印象。 私だってお金が有れば・・・ 専用シアタールーム作って、リアルサラウンドにしますけどもね。

次の

7.1ch ヘッドホンとはなにか?映画やPS4でおすすめのモデル

サラウンド ヘッドホン

映画やゲームをまるでその空間にいるような感覚で楽しむことができるサラウンドヘッドホン。 臨場感あふれる音は、映画やゲームの時間をより充実したものにしてくれます。 たくさんのメーカーから様々な種類のサラウンドヘッドホンが発売されています。 今回は購入前にチェックしておくべき選び方のポイントと、具体的なおすすめ商品をご紹介します。 サラウンドヘッドホンの選び方ポイント!自分に合った1台をみつけよう! 数々のメーカーから様々な種類のサラウンドヘッドホンが発売されています。 はじめて購入する人はどれを選んだら良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。 ここではサラウンドヘッドホンの選び方のポイントをご紹介します。 チャンネル数をチェック!求める音質によって違う! サラウンドヘッドホンを購入する際に、まずチェックしておくべき項目に「チャンネル数」があります。 チャンネル数とは、「5. 1ch」「7. 1ch」「9. 1ch」の3種類があり、求める音質によって選び分ける必要があります。 数値が大きいほど音源間の距離が大きくなり、ヘッドホンを通して聴く音に厚みが生まれます。 音の立体感や迫力に違いが出てくるので、サラウンドヘッドホンをどのようなシーンで使うのかによって選んでみましょう。 映画DVDをみたり、PS3、PS4のゲームを楽しんだりしたいなら、5. 1chのサラウンドヘッドホンで十分に楽しむことができます。 ブルーレイディスクや3D映像には7. 1ch、映画館のようなリアリティ溢れる音質を楽しみたいなら9. 1chがおすすめです。 このようにサラウンドヘッドホンを購入する目的と照らし合わせながらチャンネル数を選んでみてください。 有線かワイヤレスか?使いやすさは人それぞれ! サラウンドヘッドホンには有線タイプとワイヤレスタイプがあります。 使いやすさや使い心地は人それぞれなので、どのようなシーンで使いたいかをイメージしながら選んでみましょう。 有線タイプは一般的に有線タイプの方が音切れがなく、音質が良いと言われています。 とにかく音質にこだわりたい人は有線タイプのサラウンドヘッドホンがおすすめです。 コードの長さは様々ですが限度があるため、サラウンドヘッドホンを利用する環境をイメージしておきましょう。 ワイヤレスヘッドホンは、コードがないため気軽に使えるメリットがあります。 家族や知人と同時に複数台のヘッドホンを接続して使いたい人、複数人で同じ映画を楽しみたい人などにおすすめです。 使い心地を左右するイヤータイプを選ぼう イヤータイプはサラウンドヘッドホンの使い心地を左右するポイントとなります。 オープン型とクローズド型があり、それぞれに特徴がありますので自分に合ったイヤータイプを選んでみましょう。 オープン型は耳への負担が少なく、長時間にわたり使用していても比較的疲れにくいというメリットがあります。 締め付け感が少ないため、耳をヘッドホンで圧迫されるのが苦手な人に特におすすめです。 オープン型という名の通り、音が外部に漏れてしまう可能性があるため、室内での使用がメインの人はオープン型のヘッドホンを選んでみましょう。 クローズド型は外部への音漏れがないため、深夜や移動中も臨場感溢れる音を大音量で楽しみたい人におすすめです。 耳への負担を軽減!耳に触れる部分の素材をチェック! サラウンドヘッドホンを装着して映画やゲームを長時間楽しんでいると、耳が疲れてしまったり圧迫感を感じたりしてしまう人もいます。 耳への負担が気になる人は、耳に触れる部分の素材をチェックしてみてください。 イヤーパッド部分に低反発性のクッションが使用されているタイプのヘッドホンは、耳を包み込むような装着感が特徴です。 また、耳全体を覆うようなイヤーカップが採用されているサラウンドヘッドホンもあります。 それらのヘッドホンは長時間にわたり使用していても、比較的耳の疲労感を軽減してくれます。 加えて、耳だけでなく頭部への負担が気になる人は、柔らかい素材のヘッドバンドが使用されたタイプを選んでみてください。 おすすめのサラウンドヘッドホン10選!お気に入りを見つけよう ここからは具体的におすすめのサラウンドヘッドホンをご紹介します。 前述した選び方のポイントと合わせてチェックして、自分に合ったアイテムを見つけてみてください。 映画におすすめ!「ソニー 9. 1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 MDR-HW700DS」.

次の