いいから気持ちをくするから。 春の宵

玩具にされた婦警08

いいから気持ちをくするから

暑いから脱がして? 性的に興奮すると暑くなるからそれを分かっててあえて言うといったところ。 (27歳女性) やさしくしてね。 恥ずかしいから先に脱いで(26歳女性) もう、待てない…っとか言って相手の洋服に手をかける(20歳女性) 幼児風に脱がせてーっとバンザイしてせまってみる。 (29歳女性) 脱がせてと全部脱がせてもらう。 たいてい興奮すると思う(25歳女性) とれないーとか言って甘える。 甘えた感じを出すため(25歳女性) 少し黙って男性を見つめ、「お願いします」と言う。 (20歳女性) 脱がしてーっていって両手をあげる。 あとは、脱げないふりをする。 (29歳女性) ボタンとって?とか暑い。 間接的に言う(24歳女性) 今日は気合い入れてきた旨を述べる。 勝負下着だから。 (27歳女性) なりゆきにまかせるしかないと思う…(21歳女性) そのまま脱がしてってエロく言ってお願いする(28歳女性) これからの時間はあなただけの時間で、どうぞお好きになすって(29歳女性) 恥じらいがある行動が嬉しいと思うので、脱がされるの恥ずかしいというセリフ(29歳女性) 脱がして欲しいと素直に伝える。 素直に言うのが一番(27歳女性) 熱くなってきちゃったな…(24歳女性) 脱がせてー(25歳女性) ストレートに言われた方が脱ぎやすいので、それがいい(28歳女性) もっと気持ちよくして。 お願いする感じがいいみたいです。 (27歳女性) ストレートに脱がせて?ってお願いするのが一番だと思う(25歳女性) おっぱいが舐めて欲しいって言ってる。 ちょっと甘えたい時に(27歳女性) 脱がせて、という。 そして脱がされてるときにめちゃくちゃ恥ずかしがる(23歳女性) セリフは無しで、彼の手を服のボタンとかにもっていって、脱がせてアピールします。 (28歳女性) ねぇねぇ、ボタンはずして?彼の肌を感じたいな(22歳女性) 「今日の下着は、可愛いですよ?」と敬語交りに言うと可愛いと言ってくれます。 (28歳女性) 脱がせてーと可愛く言う…(29歳女性) 自分から脱ぐのははずかしいと言う。 やってくれる(28歳女性) 脱がして!(25歳女性) 先に下着から脱がせて。 お洋服はちょっとずつ、はだけさせていって。 と言う。 お互い気分が盛り上がる。 (25歳女性) 脱がしてほしいなぁと遠回しに言うかなぁ。 (27歳女性) 「ねぇ…脱がして。 」とストレートに言う。 (21歳女性) 「今から好きなように脱がせて?酷くてエッチなことたくさんして欲しいな??」私自身の本当の願望です。 (24歳女性) 脱がしてーっとおねだりに言うのがいいのでは…(27歳女性) 『一枚ずつ少しずつ脱がしてもらうのが好きなの…本能が露わになっていくのに興奮するの)』と言う。 『彼女の喜ぶ事をして、喜ぶ様子を見たい』と思っている男心をくすぐれるからです。 (24歳女性) 一人で脱ぎたくない、など一緒に脱ぐように誘導させる(28歳女性) 脱がして、しか使ったことがないです。 (25歳女性).

次の

るむをくかわのブログ

いいから気持ちをくするから

学校から帰ってくると毎日のように母親を犯す裕介。 今日も帰ってくるなり景子を押し倒して、2時間もやりっ放し。 自分の快感をコントロールするコツと母の身体の弱いトコロがだんだんと分かってきた息子に景子は翻弄され、2時間で14回もイカされていました。 カーテンの隙間から見える外の景色はもう暗い。 リビングの空気は湿っていて、じっとりと熱を帯びていた。 本来なら家族のだんらんの場となるはずのこのリビングでもつれあう二つのからだ。 息子に犯されて2時間、景子は今日14回目の絶頂に押し上げられていた。 「あっああっ!いッ…いク…イ……ひあああああッ!!」 景子の荒い呼吸が一瞬止まり、白いからだをのけぞらせてビクビクと波打つ。 「……っはあっ、はぁっ……。 」 景子が思い出したように呼吸を始めたのを確認して、裕介は再びゆるゆると腰を振り始めた。 「はぁ…母さんのイってる時の顔…すっげ…エロい……。 」 うわ言のように呟きながら顔をよせると、景子は顔を背けて逃れようとした。 「はぁ…はぁ…ゆう…す…け……いいかげんや…止めなさい……っ。 こんなことして…お父さんに悪いと思わないの……?」 上気した顔と潤んだ瞳。 それでも景子は母親としての台詞を口にする。 息子に14回もイかされた後なのに、だ。 もちろんそう言われても裕介にはやめる気などサラサラ無い。 汗で髪の毛が張り付いた首筋をナメクジのように舐めまわして母親のからだを味わう。 「あぅん……っ…や…やめなさ…っ…あうぅっ……。 」 このからだに夢中だった。 ほんの少しの腰の動きや、撫で回す指先にいちいち敏感に応える母親の体をいじくるのが楽しくて仕方ない。 そして何より、たまらなく気持ちいい。 毎日のように罪悪感に苛まれても、それでも忘れられずまた手を伸ばしてしまうくらい気持ちいい。 だいたい家に帰るといつも手の届くところにいて、女の匂いをまき散らす母が悪いのだ。 それに……。 「母さんも…気持ちいいだろ?さっきからイキまくりだし……ホラ。 」 「あッあはああぁああ…っ、いやッいやぁッ……。 」 浅く小突いていた腰のストロークを大きくし、ゆっくりと母親の奥まで押し入っていく。 必死に母親としての体裁を繕おうとしていた景子の表情がだんだんと蕩けて女の貌になっていく。 二人とも下半身は互いの分泌液でべとべとに濡れている。 これで「やめて」と言われても説得力なんてなかった。 「こんなに乳首…コリコリしてる……。 」 「んっあんっ…あぁん…っ。 」 ぷっくり膨らんだ乳首をつまむと景子はむずがるような声をあげた。 ふだんの凛とした母親からは想像できないその声がなんとも可愛らしい気がして、いじめたくなる。 「赤ん坊の頃これ吸ってたんだね…。 」 乳輪を撫で回し、乳首をコネくる。 「やッん……うんんッ……んああ………。 」 乳首が乳房に埋まるぐらい押し込んでみる。 「んっんんんんん……っ。 」 手を放すとビョンともとに戻った乳首に母乳の雫が浮き出していた。 子供に求められると母乳が出るのは母親としての本能なのだろうか。 毎日のように母子でセックスをするようになってから、景子はまた母乳が出るようになっていた。 裕介は自分のために湧き出した母乳を嬉しそうにペロリと舐め取ると、乳首に吸い付いた。 「あッん、おっぱい…ダメェ……。 」 親子であることを改めて思い出すのか、景子は乳房に吸い付かれると抵抗する。 それでもお構い無しに舌で転がしたり甘噛みをくり返すと、景子は恥ずかしさも忘れて悶えだした。 「あはんっ…んっ…んんっ……あんっ…。 」 わざと、音がするように、ちゅうちゅうとおっぱいを吸う。 味はよくわからい、が、やさしくて幸せな味だ。 一心不乱に吸い、飲み込む。 「んあっ……はああぁあっ……うああ………っ。 」 たまらず仰け反る景子。 その間も裕介の腰は絶えず動いている。 時に小刻みに。 時に深く大きく。 下半身で繋がりながら乳首を吸われる快感から逃れようと景子はズリズリとずり上がっていくが、裕介は逃がさない。 執拗に母親のからだを味わい尽くそうとする。 「母さん…もっと…もっとおっぱい出してよ…ねえ……。 」 「そっ…んな…っ、で、出るわけ……なっ……でしょ……っ……。 」 「おっぱい飲みたいんだ。 」 「無理っ…よぉ……っ。 」 涙とよだれでグシャグシャの顔で景子は訴える。 だがそんな母親の無惨な姿も、裕介にはさらなる加虐心を煽る材料にしかならなかった。 「出せってば!」 乱暴に乳房を鷲掴む。 「ひいッ!ひいいいッ!!」 ビュッビュルッ 歯をくしばる景子に自らの乳房から搾り出された母乳が飛び散る。 「あひッ!あひッ!搾らっ……なっ…でぇ……っ!」 「は…ははっ……すげ…噴水みたい……こんなに出るじゃん……。 」 左右の乳房を交互に揉みしだかれ、その度にビュルビュルと母乳が吹き出す。 まるで新しいオモチャもらった子供のように裕介は嬉しそうだ。 乱暴に、かつリズミカルに景子の母乳を搾るのに夢中になっている。 ビュッ、ビューッ 「ひっひいいっ、あひいいいっ!」 ッピュッ、プピュッ。 自分の母乳と引き換えに、裕介の精液を搾り出そうとしているかのように収縮する。 まるで息子の射精をうながしているようだ。 」 この締め付けには裕介も耐えられそうになかった。 背筋を駆け上がってくる快感を調整できない。 腰の動きを本能にまかせるとあとはもう止まらなかった。 「あッあヒっ、あひぃッ!ダメっ!激しすぎっ…!ひいッ!ゆうすけぇ…っ!!」 ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ! 下半身同士がぶつかる湿り気を帯びた卑猥な音の間隔がせわしなくなってくる。 「あうッ!ああんッ、ゆうすけ…っ、ゆうすけぇ…っ!!」 助けを求めるように息子の名をくり返す。 「母さんっ、イクよっ、出すよぉッ!」 裕介には母乳を搾る力の加減をする余裕もない。 力まかせに揉みしだかれ、痛々しいまでに歪んだ乳房の先から一足先に射精しているかのように母乳が吹き出す。 「母さんッ!母さぁんっ!」 「ああああッ!イっちゃうッ!母さんイっちゃうっ!ゆうすけぇ…っ!イクっイクうぅうッ!!!」 15回目の母親の絶頂は、息子の5回目の射精を伴った。 (やっぱり、一緒にイクのが気持ちいいや…。 ) 真っ白な世界から徐々に戻りつつある意識の中で、裕介は自分でも意外なほど冷静に状況を探り始めた。 (父さんが帰ってくるまであと15分…。 ) 棚の上の時計を見たあと、体の下の母親に目をやる。 虚ろな瞳で余韻を味わっていたおんなが、母親の顔に戻りつつあった。 その瞳に、一瞬、恐れの色が浮かぶ。 (もう1回…。 ) 抵抗する隙は与えない。 キスで母親の口をふさいだ。 掃除する時間を考えたらイくまでできないかも、と思った。 (それでもいいか。 ) どうせ父親は食事をしたらあとは風呂に入って寝るだけだ。 そしたらまた二人だけの時間だ。 やりまくれる。 なんの疑いも無く、そう思った。 ただひとつ、迷いがあるとすれば、それは…。 「夜はオレの部屋とお風呂場、どっちがいい?」 唾液の糸がつながったままの距離で、顔を覗き込んで訪ねた。 みるみる母親の瞳に絶望の涙が溢れ出し、いやいやと首を振る。 言葉にならないらしい。 聞くだけ無駄だった。 そんなの決まってるじゃないか。 「わかった。 両方、ね。 」 母親の頬を滑り落ちた涙を舌先で舐め取る。 しょっぱくて せつなくて 母親の哀しさが伝わってくる でも ぞくぞくするほど甘美な味。 (もっと…もっと…) 沸き上がってくる感情に何か大切なものがかき消されていく。 ふたりの夜はこれからだった。 <おわり>.

次の

死んでもいいから酒は飲みたいという祖父に困っています。私の祖父は昔から...

いいから気持ちをくするから

わたしはコーヒーをあればあるだけ飲んでしまう、生粋のガブ飲み愛飲家。 夫は数年前からコーヒーを飲むようになったのですが、凝り性な性格も手伝ってハンドドリップを習得し、今では自宅で生豆焙煎 (珈琲の自家焙煎)が休日の習慣になるほど。 小さな子どもがいるわが家では、おしゃれなカフェでゆっくり……というわけにはなかなかいきません。 おしゃれなカフェに行けないならばと、おいしいコーヒーの淹れ方、空間づくりなどを工夫し、生活感あふれる自宅の中に居心地のよい「おうちカフェ」を作り出すことに成功しました。 今回はカフェのような気分を楽しむためのいくつかのポイントを、ご紹介します。 コーヒーを極めるのって難しそう……とひるんでしまう人もいるかもしれません。 でも、おうちカフェは想像よりも ずっと簡単・フリースタイルな趣味なんですよ。 わが家でハンドドリップをするときに使っているものは、 ・コーヒー粉 ・メジャースプーン ・細口のケトル ・ドリッパー ・ペーパーフィルター ・お気に入りのマグ、もしくはコーヒーサーバー (ドリップしたコーヒーを受けとめるための容器) です。 わが家流の淹れ方を紹介します。 まずは、ケトルに十分な量のお湯を沸かし、ボコボコと沸騰したら一旦火を消し、ペーパーフィルターにきっちり折り目をつけます。 ペーパーフィルターには円錐形と台形の2種類があるので、お手元のドリッパーの形状に合わせて選んでください。 台形の場合はこのように底面と側面で互い違いに折るのがコツ。 ドリッパーの形状にきっちり沿わせることができます。 地味に好きな作業です ドリッパーにフィルターをセットし、淹れたい杯数のコーヒー粉をメジャースプーンで測って入れます。 そしたらトントンと表面を軽くならして平(たいら)にします。 焦らなくても大丈夫。 ここ、「えっ……雑」って思った方もいるかもしれませんが、 「コーヒーの淹れ方なんて難しくない、のほほんとした気持ちで各々好きにすりゃーいい」という説を私たちは唱えています。 ちなみに夫は「プロに聞きに行こう」とハンドドリップコーヒーの講習を受けに行ったことがあるのですが、自分たちなりに解釈し、おうちでも面倒じゃなく毎日楽しめる流儀として、今の形になっています。 プロの講習を受けて一番の収穫は「講師の方が好きにすればいいって言ってくれたので、『なるほど、好きにするのが良いんだな』と分かったこと」だそうです。 こう見えてコーヒー豆は鮮度が命の生鮮食品。 もしもお気に入りの豆と出会えたら、ぜひ飲む直前に 「豆を挽く」という工程も覚えてほしい! 挽きたての豆で淹れるコーヒーは至高です。 味わいについては言うまでもなく、挽いた直後のコーヒー粉は香り高くフワフワで、先述のハンドドリップの工程や時間がよりいっそう楽しくなります。 すこし話が脱線しますけれど、一口に「コーヒーを淹れる」と言いますが、その工程には「こころを整える」段取りがいくつも散らばっているように感じます。 お湯が湧くのを待つ、フィルターの角をきっちり折る、お湯で500円玉サイズの円を乱れずに描く……などなど。 これらの単純な工程をおろそかにせず真正面から没頭することも、 おうちにいながらリフレッシュできる大事な過程だなと感じています。 話を戻しましょう。 次に紹介するのは、豆を挽く器具ことコーヒーミル。 手動と電動があり、すこし面倒ではありますが手動でゴリゴリ挽く、昔ながらのハンドミルも没頭要素のひとつなんです。 どこか山奥に住む部族たちの貴重な飲み物のようだ…… 豆の種類や挽き目によって変わりますが、抽出時間は8時間〜12時間くらい。 前晩から作っておけば、翌朝の朝食やブランチに間に合います。 飲む際にはドリッパー&フィルターで濾していただきます。 夫がたーーまに知らない間に仕込んでおいてくれるのですが、次の日に突如登場する水出しコーヒーはサプライズ感が大きく、株が爆上がりです。 また、熱湯を使ったハンドドリップは人数が多くなると結構大変なのですが、この水出しコーヒーの方法だとホームパーティ等のおもてなしにもスマートに対応できちゃいます。 【Step3. 】フードや空間にもひと工夫。 より居心地のいいおうちカフェを堪能 おばあちゃんちの仏壇お菓子もほれ、このとおり また、ワインでいうところのマリアージュ——フードとコーヒーが互いに高め合う、そんな食べ合わせがコーヒーの世界にもあり、「フードペアリング」と言われています。 フードペアリングの相性の見つけ方は奥が深くこれまた様々なのですが、単純明快な法則をひとつ。 「コーヒー豆は果実の種子。 似たイメージの食べ物や同じような味のものと相性がいい」のだとか。 カカオ豆から作られたチョコレート、ナッツ類がおなじみですね。 この考え方でいうと、先述のおばあちゃん御用達のあずきが入った茶菓子が合うというのも、遠からずと言えるでしょう。 (以前友人に出したら軽くディスられたので、すこしムキになって説明しています) おうちでお気に入りの場所を見つければ気分転換にピッタリ おいしいコーヒーと同じくらい大事にしたいのが 「空間づくり」。 せっかくおいしいコーヒーを淹れたのなら、リモコンや雑誌が散乱するテレビの前で、ながら飲み〜〜だなんてもったいない!! おうちの中にお気に入りの居場所を作って、自宅にいながら気分転換しちゃいましょう。 ベランダや庭、窓際は、自宅にいながらにして手っ取り早く気分を変えられるおすすめの空間です。 わが家の場合は、眺めがよく洗濯物が干しやすい広めのベランダがあるのですが、あえてそこには物干し台を置かず展望を確保し、主に窓際でおうちカフェを楽しんでいます。 ただ、なかなかスペースがないという場合もありますよね。 そういった場合、アウトドアチェアが意外と使えます。 掃除のときも片手でひょいと持ち上がるくらい軽く、しかも折り畳みができるので、使いたい時にだけ出すことができます。 通常の屋内用のイスよりもお値段はかなり安いのに、座り心地はなかなか。 家の中でも使える上質なデザインのものも増えてますので、ぜひ選択肢のひとつに加えてみてください。 また、座るスペースにクッションがあると、快適のくつろぎ空間を作り出すことができます。 わが家では最安値のクッション中材をたくさん購入し、気分によってクッションカバーを変えて楽しんでいます。 ファブリックでおしゃれ感を演出することもできますし、クッションに包まれるのって気持ちいいんです。 ここに、観葉植物(フェイクグリーンでも効果大)があれば、おうちカフェとしてはもう100点満点です! 最後に 今回紹介したのは、おうちカフェのほんの入り口。 ここから先は無限の世界が広がっています。 湯量や温度などバリスタ顔負けの品質を追求するもよし、毎日無理なく続けられるくらいのラフさで楽しむもよし、わが家のように生豆を輸入し週末自家焙煎生活もおすすめです。 最高のフードペアリングを追い求めてお菓子やサンドイッチを自作する道もあれば、ロゴやオリジナルグッズを作って妄想カフェを楽しむという方法も。 コーヒー専門店では安定した最高の味が求められますが、おうちカフェは自分の余白時間を楽しむためのもの。 「自分ならどんな方向が一番楽しめるかな?」という考え方で軸を決めたらよいかと思います。 みなさんの性分に合う方向で、ぜひ気ままにおうちカフェを楽しんでみてください。

次の