東京 仕事 財団。 東京都シルバー人材センター連合

東京しごとセンター

東京 仕事 財団

事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 募集要項・要件等 【重要】 東京都や(公財)東京しごと財団では、事業継続緊急対策(テレワーク)助成金について申請手続きにかかる業務や相談窓口の運営等を他の団体に委託している事実はございません。 事業者の指南を受けて虚偽の申請書を提出する等、不正行為を行った場合は、不正受給を問われますので、十分ご注意ください。 申請要件や申請方法など詳細については、以下の募集要項をご確認ください。 まずはこちらをご覧ください。 常時雇用する労働者が2名以上かつ999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等• 都が実施する(外部サイトへリンク)に参加していること 現在「2020TDM推進プロジェクト」の登録については、参加申し込みをしてからホームページ上に企業名が掲載されるまで時間を要しています。 そのため、本助成金の申請提出書類としては『「2020TDM推進プロジェクト」ホームページの申請者の名称が掲載されているページを印刷したもの』に代わり、『登録申請時に自動返信されるメールの写し』を同封してください。 「2020TDM推進プロジェクト」の参加申し込み後、「アドレス認証用のURLが記載されたメール(認証メール)」が自動配信されます。 URLをクリックすると認証完了となり「 認証完了メール」が自動配信されます。 この「認証完了メール」の写しを助成金の申請書類として同封してください。 助成金の申請については、2020TDM推進プロジェクト運営事務局ではわかりかねますので、ご了承ください。 申請受付期間の延長に伴い、実施期間を延長します。 予算の範囲を超える申請があった場合等、申請受付期間内でも受付を終了することがあります。 申請受付方法 郵送による提出のみ(記録が残る簡易書留等の方法により送付してください) 申請書類提出先(郵送のみ) 公益財団法人東京しごと財団 雇用環境整備課 職場環境整備担当係 〒101-0065 東京都千代田区西神田3-2-1 住友不動産千代田ファーストビル南館5階 電話番号:03-5211-2397 電話受付時間:平日9時~17時 平日12時~13時、土日・祝日、年末年始を除きます。 支給申請様式等 申請様式 必要書類をダウンロードの上、作成してください。 申請にあたっては、様式第1-1号、様式第1-1号別紙、様式第1-2号、様式第2号のほか募集要項14頁~16頁に示す書類が必要です。 をご活用のうえ、書類をご提出ください。 額の確定後、 助成額確定通知書を郵送しますので、 その後にご提出ください (支給決定通知後の提出では ありません)。 テレワーク環境構築図 作成する際のご参考にしてください。 ( 提出が必須です) 支給要項・支給要領 PDF:1,474KB.

次の

【研修インタビュー】公益財団法人東京しごと財団

東京 仕事 財団

中小企業の特集冊子『TOKYOシャイン』 『TOKYO シャイン』とは若手求職者に中小企業を知ってもらうことを目的に発刊されました。 第20号はインコの「てるお」と「てるこ」が「設立20年以上で20代が活躍している企業特集」として10社をご紹介します。 バックナンバー• 〔女性が活躍している企業特集〕• 〔人材育成に力を入れている企業特集〕• 〔未来を創る企業特集〕• 〔くらしを支える企業特集〕• 〔チームワークを大切にしている企業特集〕• 〔これからのビジョンが明確な企業特集〕• 〔歴史のある企業特集〕• 〔新しいを生み出す企業特集〕• 〔社会に貢献している企業特集〕• 〔ライフ・ワーク・バランスを大切にしている企業特集〕• 〔東京の楽しいをつくる企業特集〕• TOKYOシャイン Vol. 08 〔チャレンジを応援する企業特集〕• TOKYOシャイン Vol. 07 〔社員に愛される企業特集〕• TOKYOシャイン Vol. 06 〔若者の成長を応援する企業特集〕• TOKYOシャイン Vol. 05 〔女性が活躍している企業特集〕• TOKYOシャイン Vol. 04 〔地元に愛される企業特集〕• TOKYOシャイン Vol. 03 〔みんなにありがとうを届ける企業特集〕• TOKYOシャイン Vol. 02 〔東京を支える企業特集〕• TOKYOシャイン Vol. 01 〔創業30年以上の老舗企業特集〕.

次の

事業継続緊急対策(テレワーク)助成金募集要項|東京しごと財団 雇用環境整備事業

東京 仕事 財団

正面より ヤングコーナー(34歳以下を対象)・ミドルコーナー(30歳から55歳までを対象)・シニアコーナー(55歳以上対象)などのコーナーがある。 ヤングコーナーおよびミドルコーナーの実際の業務(仕事紹介やセミナーなど)は、民間会社に再委託されている。 ヤングコーナーでは、がカウンセリング業務とセミナー業務を請け負っている。 ミドルコーナーでは、がカウンセリング業務と職業紹介業務、セミナー業務などを担当している。 そのほか、予約制で専門相談(職業適性検査・相談、多様な働き方相談、社会保険・年金相談、起業創業相談)を行っている。 こちらは年齢不問である。 2007年度からは、、、年長者フリーターに特化したセミナーも行っている。 設立から2005年度までは、ミドルコーナーの業務は(現ライトジャパン)とに委託されていた。 しかし2006年2月、日本マンパワーの契約職員が本センター利用者向けの求人に応募していたことが明らかになり、東京しごと財団は情報の私的利用を問題視し、同社への業務委託を2005年度限りで打ち切った。 そのため2006年度より同社に代わって、(現)に委託された。 さらに2009年3月、ライトジャパンが2007年10月頃から、求人の年齢や性別について採用側の意向を示す暗号マークを使い、求人票を区別していたことが判明した。 東京都は「やに抵触するおそれがある」とし、同社に暗号マーク使用をやめさせた。 その後、2009年7月をもってライトジャパンへの委託を打ち切った。 現在はパソナ1社のみに委託されている。 2007年度に新設された「東京しごとセンター多摩」では、全年齢に対して、がカウンセリング業務、セミナー業務を行っている。 フロア [ ] 12F 都立中央・城北職業能力開発センター高年齢者校 11F 都立中央・城北職業能力開発センター高年齢者校 10F 都立中央・城北職業能力開発センター高年齢者校 9F 東京都労働相談情報センター、東京都労働資料センター 8F 財団法人 東京しごと財団(東京都シルバー人材センター連合事務局) 7F 東京都職業能力開発協会 東京都福祉人材センター人材情報室、東京都ひとり親家庭支援センター はあと飯田橋 6F --------------------- 5F 能力開発フロア、障害者就業支援情報コーナー、緊急就職支援相談窓口、貸出施設 4F 能力開発フロア 3F ヤングコーナー、飯田橋U-35(ゆーさんじゅうご) 2F ミドルコーナー 1F 総合相談・専門相談・女性しごと応援テラス、シニアコーナー、飯田橋高齢者職業相談室 交通 [ ] 本館• (・・・・)• (東京メトロ東西線・・)• (JR中央線・) 多摩分室• (JR中央線・・) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の