伝説 の マネージャー。 【動画】大谷由里子(元吉本・伝説のマネージャー)のミヤネ屋での牧場発言が話題!

田村淳、伝説のマネージャーに疑問… 「よく言った!」と賛同の声(2019年8月1日)|BIGLOBEニュース

伝説 の マネージャー

横山やすし• 宮川大介・花子• 若井小づえ・みどり など 1990年にはフリーのプロデューサーとして活動を再開し、2000年に吉本興業と契約を締結すると、吉本に契約社員として復帰。 泥酔して出演した横山やすしさんに激怒しビンタするなど、数々の逸話で有名になり、現在でも 「吉本興業の伝説のマネージャー」として語り継がれています。 大谷由里子 元吉本・伝説のマネージャー のミヤネ屋での牧場発言とは? 今回、大谷由里子さんからは、吉本芸人へ様々な厳しい言葉が飛び出しました。 中でも批判を集めたのは、吉本興業が 「牧場」であるとする発言です。 大御所じゃない芸人と契約して、何のメリットがあるんですか• 私ら直営業とか30年前から認めてましたから• 吉本の取り分云々じゃなくて、もっと稼げるようになったらいい などの発言にも注目が集まっています。 動画がこちらです。 大谷由里子に対するネットの反応 吉本興業の上層部の人間が、どういう人間か、今回の件ではっきり伝わった。 功績は認めるよ。 でもね、それとこれとは全く別問題なんだよ。 大谷由里子?とかいうトンチンカンオバハンをみてても、「あ~こういう人が上層部に気に入られる会社」なんだ~と確信に変わった。 普段は好きじゃないけど、今日は頑張ってるように思える。 テレビで喋らせたら。 擁護してる様でいて全くの時代錯誤。 Qに対するAをしない。 岡本の記者会見と一緒の破綻感。 問題を持続させる為の「派手に炎上せず燻りを残すための燃料」の様だ。 他の芸能事務所では、若手芸人は、ノーギャラが多い中よしもとは、面白くない芸人にもギャラが出て勉強の機会を与えている優良企業です!!他の事務所は、劇場も無くチャンスもありませんね!!M-1グランプリ・R-1ぐらんぷり等若手芸人にチャンスを与えている芸能事務所なのです。 サンドウィッチマン・オードリー・ナイツ等他のお笑い事務所の芸人までチャンスを与えているす唯一のお笑い事務所ですよね。 これら全て現役員(大崎会長・岡本社長等)体制での実績ですよ。 吉本批判する前に吉本ファンとして今後の吉本経営に期待しましょう。 (毎回若手芸人がチャンスと報酬がほしくて批判してますが、残念ながら後数日で収束する予定です!!(ギャラ交渉の前に芸を磨け!!).

次の

トレーダーズショップ: DVD 伝説ファンドマネージャーの情報分析

伝説 の マネージャー

横山やすし• 宮川大介・花子• 若井小づえ・みどり など 1990年にはフリーのプロデューサーとして活動を再開し、2000年に吉本興業と契約を締結すると、吉本に契約社員として復帰。 泥酔して出演した横山やすしさんに激怒しビンタするなど、数々の逸話で有名になり、現在でも 「吉本興業の伝説のマネージャー」として語り継がれています。 大谷由里子 元吉本・伝説のマネージャー のミヤネ屋での牧場発言とは? 今回、大谷由里子さんからは、吉本芸人へ様々な厳しい言葉が飛び出しました。 中でも批判を集めたのは、吉本興業が 「牧場」であるとする発言です。 大御所じゃない芸人と契約して、何のメリットがあるんですか• 私ら直営業とか30年前から認めてましたから• 吉本の取り分云々じゃなくて、もっと稼げるようになったらいい などの発言にも注目が集まっています。 動画がこちらです。 大谷由里子に対するネットの反応 吉本興業の上層部の人間が、どういう人間か、今回の件ではっきり伝わった。 功績は認めるよ。 でもね、それとこれとは全く別問題なんだよ。 大谷由里子?とかいうトンチンカンオバハンをみてても、「あ~こういう人が上層部に気に入られる会社」なんだ~と確信に変わった。 普段は好きじゃないけど、今日は頑張ってるように思える。 テレビで喋らせたら。 擁護してる様でいて全くの時代錯誤。 Qに対するAをしない。 岡本の記者会見と一緒の破綻感。 問題を持続させる為の「派手に炎上せず燻りを残すための燃料」の様だ。 他の芸能事務所では、若手芸人は、ノーギャラが多い中よしもとは、面白くない芸人にもギャラが出て勉強の機会を与えている優良企業です!!他の事務所は、劇場も無くチャンスもありませんね!!M-1グランプリ・R-1ぐらんぷり等若手芸人にチャンスを与えている芸能事務所なのです。 サンドウィッチマン・オードリー・ナイツ等他のお笑い事務所の芸人までチャンスを与えているす唯一のお笑い事務所ですよね。 これら全て現役員(大崎会長・岡本社長等)体制での実績ですよ。 吉本批判する前に吉本ファンとして今後の吉本経営に期待しましょう。 (毎回若手芸人がチャンスと報酬がほしくて批判してますが、残念ながら後数日で収束する予定です!!(ギャラ交渉の前に芸を磨け!!).

次の

「俳優」笑福亭鶴瓶を生み出した伝説のマネージャーは清野菜名も育成していた

伝説 の マネージャー

一般常識では計れないからこそ、昭和のスターたちは魅力的だった。 それを支え、同じようにアツい情熱を持った元敏腕マネジャーが当時を語り尽くす。 40年前の芸能界はとてつもなく濃かった! 100万円のチップを配る 「最初は単なるオヤジ(勝新太郎)のファンだった。 俺は勤めていた会社の派閥争いが嫌になり、退職することにした。 その送別会をやった京都のナイトクラブで偶然オヤジを見かけて勇気を振り絞り、『大ファンです!』と声をかけたんだ。 するとオヤジは『あとで飲みに来い』と言うんだ。 しかも、『いい目しているね』と気に入られ、『会社を辞めてどうすんだい。 明後日、東京に戻るから連絡先を書け』と言ってくれた。 後日、オヤジの付き人から本当に連絡があり、マネジャーとしての日々が始まった」 '78年から6年間にわたって勝新太郎氏のマネジャーを務め、の著者でもあるアンディ松本氏はそう語る。 昨今の芸能界は事務所からの独立トラブルや不倫スキャンダルばかりが、世間を騒がせている。 松本氏はかつての芸能界は、今よりもっとおおらかだったと振り返る。 「俺は勝プロダクションに入社したが、当然、契約書なんてないよ。 給料はオヤジが決めた。 オヤジが車の中で、『これでどうだ』と片手を広げた。 当時の大卒初任給は6万円程度。 俺は『5万円か、ちょっと安いな』と思っていたら、手渡しされた給料袋が分厚い。 50万円だったんだよ。 就職先の一つとして芸能プロを選ぶヤツもいるようだけど、俺はオヤジに惚れ抜いていたからマネジャーをやった。 本来、そうあるべきじゃないのかな」 松本氏は人生を役者にかけた勝新を象徴するエピソードを紹介する。 「オヤジはいつもポケットに100万円ほどをねじ込んでいたが、3~4日でなくなる。 理由はチップとして消えてしまうから。 水を運んできたボーイさんにも『ありがとうな』と言って1万円札を渡していた。 あるとき、20万円を渡されて、『俺が忘れてしまったとき、お前が代わりにチップを渡してくれ』と頼まれた。 そこで俺は多くの人に渡せるように1万円札を5000円札に両替した。 ところが、オヤジにそれを話したら、カミナリを落とされた。 『俺はいろんなところで一生懸命生きている人たちの人生を見させてもらっているんだ。 チップは生の演技を見させてくれた人への授業料なんだよ。 それをケチってどうする!』って」.

次の