うさぎ の 数え 方。 うさぎの数え方はなぜ「一羽」?その意外な由来と理由とは? | Rabbit,Love it!

チョウの数え方

うさぎ の 数え 方

うさぎの間違った数え方 日常生活で数える分に関しては「匹」でも「羽」でも問題ありません。 しかし間違えているのによく勘違いされがちな数え方が1つあります。 1兎2兎 それがこの 「1兎2兎」です。 この数え方は間違いです! ちょっとびっくりですね。 「二兎を追う者は一兎をも得ず」という有名なことわざでうさぎのことをしっかり「兎」で数えていますもんね! 実はこの数え方はこのことわざでしか使われていない表現であり、1 兎というのは「1羽のウサギ」というのを分かりやすく表現しただけで別に数えているわけではないんですね。 ことわざではいかに短い文章で分かりやすく人に伝えるのかが大事なのでこういった表現になってしまっただけで、日常生活でうさぎを1兎2兎と数えることはありません! 羽と数える由来は諸説あり 数え方についてご紹介しましたが、ではなぜうさぎは「羽」と数えるのでしょうか。 はっきりとした理由は分かっていないそうですが、いくつか説があるのでご紹介します。 僧侶のこじつけ説 江戸時代に「生類憐みの令」が発令され4本足の動物を食べることが禁じられました。 その際普通の人たちはなんとかごまかしながら食べていましたが、僧侶となるとそんなことは許されません。 そしてどうしたかと言うと、 跳ね回り2本足で立つうさぎを鳥の仲間だから食べてもいいとこじつけたのです!その徹底ぶりは見事なもので 数え方まで鳥に合わせて1羽2羽と数え始めます。 これがうさぎを羽で数えることの由来だという説の1つです。 耳が羽みたい説 次の説が、僧侶のこじつけ説に似ていますが うさぎが持つ長い耳が羽のようだから鳥に見立てて羽で数えたという説です。 その際に捕まえたうさぎの耳を1つに束ねていました。 束ねたものは 「把(わ、は)」とい数え方をされます。 そこから 同じ発音である「羽」に徐々に変わっていったのではないかという説もあります。 動物的には匹、日本語的には羽 結論から言うとうさぎの数え方は「匹」と「羽」の2つが正しいと言えます。 うさぎも動物ですので、動物的には「匹」が正しいでしょう。 しかし、明確な説はないものの「羽」という数え方が今まで受け継がれてきているので日本語的にはこちらが正しいと思います。 他にも変わった数え方をするもの 動物なのに「羽」という数え方もあるうさぎはかなり変わった数え方ですが、他にも面白い数え方をするものがあります。 テントの数え方 結構迷ってしまうのがテントの数え方!あれ?なんだっけ?となってしまうことありますよね! 間違った数え方と共にこちらの記事で解説しています! 花の数え方 花には非常に多くの数え方があります。 花の種類や状態によって数え方が変わります。 それぞれの使い分けやルールをFUNDOの記事でご紹介していますのでご覧ください! 箸の数え方 いくつかの数え方を持つのがこちらの箸です。 状態や種類によって数え方が変わる箸はかなり面白いです。 「本」と「膳」の使い分けも紹介していますのでこちらの記事も是非ご覧ください! タンスの数え方 タンスの数え方はかなり難しいです…。 あまり耳にしない言葉ですのでピンとくる人は多くないのではないでしょうか。 その数え方の由来も併せてご紹介していますのでご覧ください。 まとめ 動物なのに「羽」という数え方もするうさぎでしたが正しい数え方がわかりスッキリしましたね!ことわざの影響で勘違いしがちですが「兎」という数え方はしないのでこちらは注意が必要です。 数え方1つにしても長い歴史から成る由来があり面白いですね。

次の

動物の数え方は「匹」?それとも「頭」?それぞれの違いや使い分け

うさぎ の 数え 方

なぜ「一羽」?うさぎの数え方の由来と理由 うさぎの数え方が一羽二羽になった由来は諸説あります。 一番有力なのではないかと言われる説が、「うさぎを食用にするため」なのです。 うさぎ好きにとっては、ちょっと悲しい話ですが、昔はとても貴重なたんぱく源だったのです。 今はかわいいペットとして飼われるうさぎですが、昔はうさぎを狩って食べていたのです。 しかし、江戸時代になってから殺生禁止と肉食禁止令というものができて、4本足の動物の肉を食べてはいけないことになりました。 肉食禁止令といっても、鳥や魚は食べても良いというあいまいなところがあったのです。 4本足の動物を禁止するというのは簡単ですが、鳥や魚を禁止にするのは難しいのではないかと考えられたのでしょう。 当時は鳥や魚は動物として考えられていなかったという説もありますね。 うさぎは4本足の動物に入りますが、何とかして食べられないかと「うさぎを鳥にしてしまえば良いのでは」と考えたそうですよ。 うさぎは2本足で立つこともできますし、長い耳が鳥の羽のように見えなくもないですよね。 しかしこれだけでなく、うさぎを鳥に見立てる理由が他にもあったのです。 それには2つあって、鳥とうさぎの狩りの方法が似ていること、うさぎが「う」(鵜)と「さぎ」(鷺)という鳥二羽にすることができることです。 これはなるほどと思いますよね。 こうしてうさぎを鳥にしようとしたのではないかと言われています。 意外だと思いますが、こうして、うさぎを数えるのに一羽、二羽としたのです。 数え方として一匹は間違い? うさぎを「一匹」と数えるのは間違いなのでしょうか。 うさぎを一匹と数えている人に、「うさぎは一羽と数えるんだよ。 それは間違いだよ」というものなのでしょうか。 うさぎは一匹と数えても間違いではありません。 一羽と昔は数えていたこともありますが、それは食べるためにそのように数えていただけです。 本当は、一匹や正しい数え方です。 テレビのニュースや新聞などではうさぎは一匹、二匹と数えていますよね。 「一頭」という数え方もありますが、この数え方は「自分が持てるかどうか」で判断します。 馬は一頭で数えますよね。 もちろん成長した馬は持つことができません。 自分で抱えられる大きさのものは、「匹」で表します。 話が逸れましたが、これが一般的な数え方なのです。 子どもが学校でうさぎは一羽と数えると聞いてきた時、「なんで?」と疑問に思い、大人にその疑問をぶつけてくるでしょう。 その時、「うさぎを食べるためだよ」と言うのは何となく気が引けますよね。 今はうさぎはペットとして飼ったり動物園で見るものなので、食べる発想はないでしょう。 もちろん、「昔はうさぎを食べていた」ということは伝えても良いと思いますが、それは昔のことで、今は一匹二匹と数えるのが普通だよ、と言ってあげれば問題はないですよね。 うさぎの数え方のいろいろ うさぎの数え方には一羽、二羽以外にもいくつかあります。 今も使われている一匹、二匹や一兎、二兎というのもあります。 これは、「 二兎を追うものは一兎も得ず」ということわざで使われますね。 二羽のうさぎを捕まえようとする者は、結局一羽も捕まえられないという意味で、二つのことを欲張るとどちらも失敗するよ、結局中途半端に終わってしまうということです。 一兎、二兎はこのことわざ以外で使うことはありませんね。 また、少数ですが一耳、二耳と数えるところもあるそうですよ。 ただし、一羽=一耳というわけではなく、一羽=片耳、二羽=一耳と数えるそうなので、とてもややこしいですよね。 うさぎの数え方についてはとても奥が深いと言えますね。 英語だと、一匹でも一羽でもすべてoneですから、このような単位は日本だけです。 これも日本語独特の魅力と言えるのかもしれませんね。 外国人が日本語は難しいというのはこういうところなのかもしれません。 小さな子どもからうさぎはなぜ一羽、二羽と数えるの?と聞かれた時に、どのように答えるのが一番良いのか、自分なりに考えておくのも面白いでしょう。 うさぎはぴょんぴょん跳びはねて鳥と似ているから一羽と数えるという説もあるとのことです。 これなら子どもにも説明しやすいですよね。 子どももすんなり受け入れてくれるのではないでしょうか。 大人になってからうさぎを一羽と数えるというのを知ったという人も多いかもしれません。 まとめ うさぎの数え方について紹介しました。 意外な由来と理由があって驚いたのではないでしょうか。 理由と由来を知ると一匹と数えたくなるのではないでしょうか。 私も、一匹で統一した方がわかりやすいのではないかと思います。 (おわり).

次の

ウサギは鳥の一種?名前と数え方の由来の謎

うさぎ の 数え 方

動物を「匹」と数える由来は? もとはお金の数えかた 「匹」という漢字は、元々は 「疋」と書いたもの。 こちらの漢字も使いますが、現在は「匹」を使うのが一般的です。 疋は古来日本において、小銭の数え方に用いられてきた単位。 徒然草という書物では、1疋が30文だったという記述が見られます。 また、かつての皇室では、金貨の数え方として用いられてきました。 金1分が100疋、1疋が2厘5毛として記入されていたんですね。 馬の数え方 匹(疋)が動物の数え方となったのには、 「馬」が関係しています。 馬はかつてはとても身近な動物で、運搬や農耕に大活躍。 その 馬の大きなお尻と馬につけた引き綱から、「匹」という漢字が生まれました。 また、馬を育てて売り買いする機会も多く、市場などへ馬を引いて移動。 そのため「一引き、二引き…」と馬を数え、そこから同じ音の「匹」を当てたということです。 昔はすべて「匹」だった かつてはどんな動物も、数え方は「一匹・二匹」でした。 平安時代に書かれた「源氏物語」や「今昔物語集」などにも、動物の数え方として「匹」という単語が。 ネズミも熊もイノシシも「一匹」と数えたのですが、これは明治時代に入るまで続きました。 動物を「頭」と数える由来は? 英語での数え方 動物の数え方で 「頭」が使われるようになったのは、明治時代の後半になってから。 しかもこの数え方の由来は、英語にあるんですよ。 英語では動物の数え方として、 「Head」が使われています。 これは放牧した牛の数が減っていないかを確認するのに、頭の数で確認していたから。 そこから家畜を始めとした動物の数え方が、 「Head(頭)」となりました。 明治時代となり西洋文化とともに、英語の書物や書類に接する機会が多くなりました。 その中で家畜の数え方の「Head」を訳す際に、そのまま「頭」と翻訳。 それが日本でも定着し、「一頭・二頭」という数え方となったと言われています。 人が抱えられる程度の大きさまでは 「匹」• 人より大きくなると 「頭」 とします。 例えば「匹」の漢字の成り立ちで登場した馬ですが、人よりも大きい動物ですよね? そのため馬は「一匹」ではなく、「一頭」と数えます。 ちなみに羊に関しては、基本的には人より大きいため「一頭」と数えるのが正解。 ただし眠れないときに数える際は、「一匹・二匹」でも大丈夫ですよ! 状況に応じて変化も ライオンやトラの赤ちゃんは子犬程度の大きさですが、 成長すれば人よりも遥かに大きくなる動物。 こういった場合は、• 子供の頃は一匹• 大人になったら一頭 と数えます。 また盲導犬や実験用のマウスなど、 人の役に立つ動物の場合は、大きさに関係なく 「一頭」と数えることが。 更には絶滅危惧種の場合も、大きさに関係なく「一頭」と数えます。 数え方の例外 鳥類と魚類は・・ 動物の数え方は「一頭」あるいは「一匹」ですが、これは基本的に哺乳類での数え方。 鳥類は、 大きさに関係なく「一羽・二羽」• 魚類は、 「一匹」または「一尾(いちび)」 と数えます。 「こうもり」と「うさぎ」も・・ また、数え方の例外として覚えておきたいのが、 コウモリと うさぎです。 コウモリは空を飛びますが、鳥類ではなく哺乳類。 そのため一羽・二羽ではなく、一匹・二匹と数えます。 一方の うさぎは哺乳類ですが、一羽・二羽と数えます。 これは仏教の教えで獣の肉を食べてはいけなかった時代に、「長い耳は羽である」と主張したから。 羽がある動物は鳥なので、食べても良いとしたという説があるんですよ。 またうさぎを耳でくくってまとめたため、一把(わ)が訛って「一羽」なったという説もあります。 一匹でも一頭でも 動物の数え方には「匹」と「頭」があり、場合によって使い分ける必要があります。 自分で抱えられる大きさなら・・ 「匹」• それ以上の大きさなら ・・ 「頭」 と覚えておくと迷いませんよ。 かつてはすべて「匹」で数えていましたが、英語の数え方から「頭」という数え方も定着しました。 大きさでの区別はありますが、どちらを使っても間違いではないのでその点は安心してください。 様々な歴史がある動物の数え方を考えながら、寝る前のひとときを過ごしませんか?.

次の