住友生命 口コミ。 三井住友海上あいおい生命の口コミ|評判の良い生命保険比較

[評判/口コミ]住友生命の悪い評判まで徹底解説!満足度や営業マンの評判は?

住友生命 口コミ

年に2回の… ワークライフバランス:満足 毎月一回は有給を必ず消化できるような仕組みになっており、職場の雰囲気としても非常に取りやすいです。 月… 福利厚生:どちらでもない 住宅手当や、自宅から会社までの通勤費は保証をしてくれていますが、全額ではなく一部になります。 実… ワークライフバランス:どちらでもない 朝早く、夜遅いので一人暮らしであればこなせますが、家族のいる方だと難しいかと思います。 自社商品を、任… 福利厚生:とても満足 産休育休制度、退職金制度、社会保険に関しては、とても満足していました。 し… ワークライフバランス:どちらでもない 営業職なので、実質上のノルマを達成してシフトの時間さえ出勤していれば遅めの出勤や早目の退社もできます… 福利厚生:どちらでもない 大手の企業なので、一通りの福利厚生制度が整っています。 それを承知で家庭との両立を選び今に至りますが、繁忙期に沢山業務… ワークライフバランス:満足 ワークライフバランスは、非常に良いと思います。 正職員の方でもお子さんがいらっしゃる方はそんなに遅くま… 福利厚生:満足 福利厚生は充実しており、年休も気兼ねなく取れる環境ではあります。 頑張った… ワークライフバランス:満足 残業等はなく、営業ならではのみなし労働になるので、自分がアポが取れた分自分の時間で働いていくので、振… 福利厚生:とても満足 産休育休を私は3回も使いました。 とても良い制度になっています。 残業を言い渡されるこ… 福利厚生:とても満足 前述した通り、福利厚生は他の会社さんに負けないくらいの素晴らしいものです。 ボーナスも自身の成績やお客様のご契約の継… ワークライフバランス:満足 お給料面ではとても不満ですが、その分時間をとても自由に使えるようになりました。

次の

信用できない!?住友生命の評判について

住友生命 口コミ

 ソルベンシー・マージン比率:1,463%• 【メリット】 ・分からない事がその場ですぐに確認できること ・ 勧めてくれる保険商品に入れば自分で調べなくて済むこと 【デメリット】 ・毎月の掛け金が思っていた以上に上がる可能性がある ・営業マンに丸め込まれる可能性が高いこと ・ 他の保険会社の商品と比べる事が難しいこと ・ 営業マンが加入を催促するので冷静に判断できない可能性が高いこと 営業マンは保険に加入させるためにデメリットの部分を出来るだけ省こうとします。 でも保険商品を選ぶ際に大事なのは、 「自分に合った保険商品を選ぶこと」です。 対面販売は安心できますが相手によっては合っていない商品を売られてしまうケースも多く、更新時に急激に保険料が上がったり等のトラブルも多く発生します。 ですから担当者の言いなりに保険を契約するのではなく、 複数の保険商品の中から自分に合った保険を選ぶ為の情報収集が必要になってきます。 三井住友海上あいおい生命保険。 知っているようで知らない生命保険会社。 でも大きな会社同士が出資してできたわけで、生命保険のラインナップはなかなかのものです。 積立率変動型終身保険に加入しました。 積立率変動と言うと、よく米印で「元金を保証するものではありません」なんて小さく記載されてることもあるのに、三井住友海上あいおい生命保険の積立率変動型終身保険は最低保障で確実に元本割れをしないのが魅力的です。 終身保険なのでもちろん保障は一生涯。 保険料の満期時にはただ受け取るのではなく、その時の自分の状況に応じて死亡保険や年金、介護年金に変更できます。 金利が上がればその分保障も上がるという仕組みは画期的だと思います。 元々は生命保険というよりも貯金の使い道を考え、少しでもリスクを抑えつつ増やせる方法を探していたのでこのプランは良いですね。 大事な貯金を預けるわけですから加入前にサービスセンターにコールしましたが対応もまあまあ。 今の時代、自分のお金は自分で上手く守らないといけないと思います。 比較サイトを見ながら生命保険会社のサイトをジプシーしていたら三井住友海上あいおい生命保険にたどり着きました。 サイト上にあるいわゆる「あなたに合った商品をおすすめします」というおすすめ保険サーチを使用してみました。 積立式のものなど三井住友海上あいおい生命保険が推しているであろう商品も同時に勧められましたが 本当に数種類の簡単な質問だけで私に合った保険が見つかるのか疑問。 もちろん数ある保険商品の中からある程度絞る意図でさらにその中から自分で内容を見て選んで、というのは分かりますが。 そこまでガンに対して手厚い保障は望んでいないので新医療保険Aで十分な気がしました。 というより、新医療保険Aの方がしっくりくる。 入院・手術・三大疾病・ガンの通院・介護の保障などなど組み合わせられるので。 私はそちらを選びました。 私の親戚には三大疾病で亡くなっている人がとても多く、それらの苦しさも知っています。 万一同じように病気にかかってしまったとしても、生命保険にきちんと入っておけば金銭面で苦労もしません。 私は三井住友海上あいおい生命の&LIFE 新医療保険Aを選びました。 特約としてガン診断給付特約と三大疾病入院一時金をつけています。 三大疾病入院一時金の保障範囲は上皮内がんもOKで、給付金がもらえる可能性が広がります。 上を見ればキリがないけれど、とても良い商品だと思っています。 ちなみにこの医療保険、短期入院の保障がとても厚いんです。 入院給付金が日帰り入院から5日まで一律5日分が受け取れるというもの。 私が日帰り入院した時にもちゃんと5日分の入院給付金がもらえました。 三大疾病での長期入院も安心で、三大疾病での入院は入院給付金を支払限度無制限で受け取れます。 こんなにいい保険がなぜ評価が2なのかというと、三井住友海上あいおい生命はサービスセンターの対応が本っ当によくないです。 バカにされているとしか思えないような言動がありました。 商品が良いだけに本っ当に残念です。

次の

業界初の住友生命バイタリティの評判・口コミは不安でいっぱい

住友生命 口コミ

「健康増進型保険が気になるけど、デメリットはあるの?」 「住友生命のバイタリティの保障内容や口コミが知りたい!」 という方向けの記事です。 近年各保険会社がこぞって販売しているのが運動すればするほど保険料がやすくなることが特徴の健康増進型保険です。 その中でも特に注目を集めて、人気なのが住友生命から販売されている「バイタリティ」です。 しかしその人気ぶりとは反対に、この商品には懸念されるデメリットも少なくありません。 そこでこの記事では住友生命の健康増進型保険に関して以下の内容を説明します。 住友生命「バイタリティ」のデメリット・メリット• 住友生命「バイタリティ」の評判。 口コミ• 住友生命「バイタリティ」には課題も多い どの保険が自分にとって一番いいのかわからない・・という方もいると思います。 そんな方は 保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。 無料なので、やってみて損はありません。 気になるところから読みましょう!• デメリットは?住友生命の健康増進型保険バイタリティを徹底解説! 住友生命のバイタリティは、通常の医療保険と考え方が少し異なる保険です。 通常の医療保険は病気になった時の保障を備えることを目的としていますが、バイタリティはそもそも病気にならず、できるだけ健康状態を維持・増進していこうとするものです。 健康状態を増進していくためのモチベーションとして、加入者の健康への取り組みによって4つのステータスがあり、最高30%まで保険料が割り引かれるのが特徴です。 また、バイタリティは独立した単独の保険ではなく、住友生命の「プライムフィット」と「ドクターGO」という別の保険を契約した上で、付加するスタイルとなっています。 バイタリティの4つの健康状態のステータスによって、以下のような提携先の企業の商品やサービスの割引や特典が受けられます。 提携企業 商品・サービス アディダス オンライン商品が30%オフ Hotels. com 宿泊施設が最大40%オフ Oisix へrシーフードが最大25%オフ ローソン/スターバックス スターバックスのドリンクチケット、ローソンのスムージー、Machi cafeコーヒーのいずれかと交換できるチケットがもらえる GARMIN ウエアラブルデバイスが最大40%オフ POLAR ウエアラブルデバイスが最大30%オフ ソフトバンク ウエアラブルデバイスと血液検査の無料クーポン、スマート体組成系が24,000円引き、血液検査割引・無料クーポン アップルウォッチ アップルウォッチを購入して運動すると、2年間で最大24,000円分のVitalityコインを獲得 RENAISSANCE 特別割引価格を提供 バイタリティはデメリットだらけ?高額な保険料・利用料がネックに 健康増進にも役立ち、保険料も割り引かれるという一見お得に思えるバイタリティですが、デメリットも多いようなのです。 どのようなデメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。 そもそも付与する前の保険は保険料が高額 冒頭でも述べたように、バイタリティは、住友生命の「プライムフィット」と「ドクターGO」という別の保険に付加するかたちになっており、この「プライムフィット」と「ドクターGO」の保険料が、健康状態のステータスによって割り引かれるという仕組みです。 保険料の割引と聞くと、一見お得のような気がしてしまうのですが、実は、そもそも元の「プライムフィット」と「ドクターGO」の保険料が割高に設定されているようなのです。 割引されても、同等の保障内容で他社の方が安い医療保険もありますので、保険料が割引になるというのはあまりメリットとはいえないかもしれません。 バイタリティ利用料が毎月負担となる バイタリティは「プライムフィット」と「ドクターGO」に付加する形式ですが、もちろんバイタリティそのもの利用料もかかります。 利用料は毎月880円(税込み)となっており、支払方法はクレジットカードのみとなっています。 上で述べたように、「プライムフィット」と「ドクターGO」の保険料から割引されても、もともとが高額なためにそれほどメリットはありませんし、さらに毎月の利用料の880円がプラスされるわけです。 880円の利用料のもとをとれるほど利用しないと、この880円も少し負担に感じるかもしれませんね。 保険料の払込免除後もバイタリティ利用料は支払う必要がある もともと契約している保険で保険料の払い込み免除の保障がある場合、万が一該当する状態になったときは、以降の保険料の払い込みは免除されますよね。 しかし、バイタリティの利用料は免除とならず、満期まで払っていかなければならないのです。 そもそも払い込み免除となる状態とは健康とはほど遠い状態なので、バイタリティを利用する意味がありません。 利用しないサービスに毎月880円を払い続けるのはナンセンスです。 バイタリティのメリットは?ステータスポイント制度による割引も バイタリティのデメリットを先にご紹介しましたが、バイタリティにはメリットもあります。 どのようなメリットがあるのか、下で具体的に見ていきましょう。 ステータスに応じて保険料割引が受けられる バイタリティでは、前述したように、健康状態のステータスに応じて保険料の割引が受けられます。 ステータスは、健康状態の低い順に、ブルー、ブロンズ、シルバー、ゴールドの4種類となっており、1年目ではどのステータスでも15%の割引が受けられます。 2年目以降は、ブルーは割引率が下がり、ブロンズはそのまま、シルバーとゴールドはさらに割引率が上がっていく仕組みになっています。 文字通り、健康状態が上がっていくごとに、保険料の割引率も上がっていくというわけですね。 具体的には、ブルーは2%ずつ割引率が少なくなり、仮にずっとブルーの場合は、10年目には割引率は1%となってしまいます。 ブロンズは割り引き率は15%のまま変わりません。 シルバーは1%ずつ割引率が増えていき、ゴールドの場合は2%ずつ割引率が上がっていきます。 30歳男性で保険料が15%割引で17,457円の場合、ブルーとゴールドの31歳と10年後の39歳の保険料を比較してみます。 契約年齢 ブルー ブロンズ シルバー ゴールド 30歳加入時 保険料 17,457円 17,457円 17,457円 17,457円 割引率 15% 15% 15% 15% 31歳 保険料 17,843円 17,457円 17,263円 17,069円 割引率 13% 15% 16% 17% 39歳 保険料 20,561円 14,547円 割引率 1% 30% 30歳の加入時では同じ17,457円ですが、39歳になった時には、ブルーとゴールドでは6,014円の差がついています。 毎月6,000円以上の差は家計への影響もかなりのものですね。 ステータスポイントの獲得方法 保険料の割引率を上げるには、ステータスを上げる必要があります。 ステータスを上げるには、ステータスポイントを獲得しないといけないのですが、そのためには会員ポータルサイトに以下の情報を入力します。 健康状態を把握する 健康に関する質問にこたえたり、健康診断の結果やがん検診や予防接種の内容をアップロードする• 運動をする 歩数や心拍数をアップロード、スポーツジムに入会してチェックイン、水泳やマラソンなどのスポーツイベントに参加して完走証などをアップロードする 普段あまり運動をしていない方にとっては、いきなりスポーツジムに入会したり、スポーツイベントに参加するのはハードルが高すぎるかもしれませんね。 しかし、まずは、会員ポータルサイトの質問に答えたり、会社などで受けた健康診断の結果をアップロードするなどできることから始めてみるとよいでしょう。 バイタリティの評判・口コミは?みんなの声を紹介 現在準備中です。 [参考]バイタリティの取り組みは評価できるが課題は多い バイタリティは従来の保険とは異なり、健康を増進することを目的とした保険です。 人生100年時代といわれている現在では、寿命だけではなく、健康寿命をいかに長くするかということが気になりますよね。 そのような社会背景に沿った保険としてバイタリティは、着眼点のユニークな保険といえるでしょう。 また、健康状態のステータスに応じて、保険料が割引されると説明してきましたが、この割引率は南アフリカのディスカバリーという会社が蓄積したビッグデータをもとに、ソフトバンク社が会員ポータルサイトなどのIT面を担当したという背景があります。 このように、保険に関してビッグデータなどの統計的なデータを駆使したり、会員がポータルサイトで管理していく仕組みも従来の保険とは異なり、面白い取り組みであるといえるかもしれません。 しかし、先に述べたように、最大のポイントとされている健康状態によって保険料が割引されるという点も、もともとの保険の保険料が他社と比較して割高であるため、実質的には保険料が安いとはいえない部分があります。 また、その保障内容も多岐にわたり、わかりにくいというのが実情のようです。 これからさらに平均寿命が長くなり、誰しもできるだけ健康で長生きしたいと思う傾向は続くと思われます。 目のつけどころは悪くないと思われますので、今後さらに改善していくことを期待します。 バイタリティはできるだけ健康状態を維持していくことが目的の保険• 独立した保険ではなく、「プライムフィット」と「ドクターGO」に付加するタイプの保険• 健康であるほど、保険料の割引率が高くなる• デメリットは もとの保険の保険料が高額なため、割引されても実質的にはあまり安くない バイタリティの利用料が毎月880円かかり、保険料払い込み免除後もバイタリティの利用料は免除されない• メリットは 健康のステータスに応じて保険料が割り引かれ、最大で30%の割引となる バイタリティは、病気になった時のためではなく、健康増進を目的とした新しいタイプの保険で、その取り組み自体はユニークでおもしろいものといえるでしょう。 現在では課題もありますが、それらを改善していければ、さらに多くの方に注目されるかもしれませんね。 参考:.

次の