が ん 保険 女性 比較。 おすすめの女性向けがん保険

女性保険の選び方【女性保険比較・人気ランキング】(2018年版)

が ん 保険 女性 比較

女性疾病特約とは、女性特有の病気の入院・手術に関する保障が上乗せされる特約です。 女性特有の病気とは• 乳がん• 子宮ガン• 卵巣嚢腫• 子宮筋腫• 帝王切開や流産手術など妊娠・出産にまつわること などです。 女性特有の病気だけでなく、がん全般や生活習慣病も含められる場合があります。 細かい部分は、保険会社によって異なるので、それぞれ保障内容を比較してみましょう。 重要なポイントは、女性疾病特約は、通常の医療保険の保障に対して上乗せされるということです。 つまり、例えば医療保険の入院保障が1日5000円だった場合、乳がんで入院すると、その金額が10000円などになるということです。 女性疾病特約をつけてなければ保障されないというわけではないので、注意しましょう。 では、そんな保障の上乗せをしてくれる 女性疾病特約の必要性について、女性のFPの方のコメントを見ていきましょう。 医療保険に加入していれば、女性疾病になっても基本の部分は給付されます。 女性疾病特約を付加することで上乗せになるということです。 20~30代は、出産というリスクがあるので付加する人もいます。 私の場合、40代で子宮腺筋症という病気になり、入院は一週間、腹腔鏡手術で子宮を全摘出していますが、女性疾病特約を付加していない医療保険で賄えました。 ただ、仕事を少し休むことにはなったので、そのことを考えると女性疾病特約を付加してもう少し保険が下りれば良かったなとは感じました。 治療の部分のみであれば医療保険の基本保障の部分だけで十分賄えます。 (下澤 純子)• もし、女性特有の病気になった場合でも、通常の医療保険で病気に対する保障は受けられますし、健康保険の公的保障も受けることができます。 なので、特につけなくてもよいかと思います。 ただ、お金の余裕があれば、女性特有の病気の場合に保険金が上乗せられるので、特約をつけてもよいでしょう。 (前佛 朋子)• ある会社の女性特約の月額保険料は、30歳女性370円、50歳女性470円です。 20年支払うと、88,800円、112,800円になりますが、たとえ1週間入院しても給付金は35,000円です。 つけなくてよいと思います。 ただし、妊娠の切迫早産等に備えて加入するという選択肢もありますが、いずれにしても医療費は貯蓄で備えることが鉄則です。 (横川 由理)• 女性疾病特約は単なる気休めだと思う。 女性疾病だからといって治療費が高くなる訳ではないので、特約保険料を支払うなら、そのお金で美味しいランチを食べに行ったり、健康維持の為に何かを取り入れる際の資金にした方が良いと思う。 (冨士野 喜子).

次の

妊娠・出産に手厚い女性保険ランキング|妊娠前・妊娠後ケース別に比較

が ん 保険 女性 比較

自分で老後に備える貯蓄型の「個人年金保険」。 国民年金や厚生年金と合わせて、老後に受け取ることができる、いわば私的保険のひとつです。 公的年金だけでは不安なため、検討している人も多いのではないでしょうか。 しかし、一口に個人年金保険といっても種類が多く、どの保険を選べばいいのか分からず迷ってしまいますよね。 そこで今回は、 第一生命・住友生命・明治安田生命・ソニー生命・日本生命など、雑誌やネットのランキングで人気上位の個人年金保険6商品を調査して、最もおすすめな個人年金保険を決定したいと思います! お金のプロであるFPに個人年金保険の選び方の監修を依頼し、それをもとにmybest編集部が 貯蓄性の高さについて比較・検証をしました。 本当によい個人年金保険はいったいどれなのでしょうか?ぜひ自分にピッタリ合った保険選びのヒントにしてくださいね! 個人年金保険に加入する大きなメリットのひとつが、 個人年金保険料控除による節税効果。 詳しくは後述しますが、いくつかの条件を満たせば、個人年金保険の保険料として支払った金額は、所得税や住民税から控除されるので、その分税金の負担が軽くなります。 この課税所得は、総所得から各種控除を差し引いた金額になるのですが、この控除のうちひとつが個人年金保険料控除です。 つまり、個人年金保険料控除は、その控除額がダイレクトに税金額から引かれるわけではなく、あくまでもそれを計算するための課税所得が軽くなるというイメージです。 具体的にいくら税金の負担が軽くなるのかというと、収入に応じて差はありますが、 330万円~695万円以下の一般的な課税所得で、かつ個人年金保険で支払う年間保険料が80,000円以上の場合、所得税が毎年8,000円安くなる計算です。 この条件で個人年金保険に 30年間加入したとしたら、24万円の節税ができたことになりますよ。 個人年金保険には、いくつかの種類がありますが、そのなかでも おすすめなのが「円建て確定型」とよばれるタイプ。 これは、保険料を円で支払い保険金を円で受け取れ、かつ将来の年金保険金額が確定しています。 他の種類の年金保険よりも安全に老後資金を確保できるタイプです。 現在、低金利時代の影響で変額型・積立利率変動型・外貨建て型などの個人年金保険も多くリリースされています。 これらのタイプは円建て確定型よりも利率が高いので魅力的に見えますが、それぞれ運用リスク・景気変動リスク・為替リスクが伴います。 場合によってはシナリオ通りに進まないこともある、投資的な保険商品です。 そのため、個人年金保険のタイプを選ぶときに 重要なのは、必要な金額を、必要な時期に、確実に受け取れるということです。 その点を考えると、個人年金保険のタイプは、円建て確定型が相応しいといえるでしょう。 有期型は5年・10年など加入時に決めた期間のみ、終身型は一生涯にわたって年金保険金を受け取れるというもの。 年金の支払期間だけを見れば終身型が安心なように思えますが、その分、毎月の保険料は割高に設定されており、平均寿命を大きく超えて長生きをしなければ「元本割れ」を起こしてしまいます。 それに対して 有期型は年金を受け取れる期間が短いものの、支払った保険料よりも多くの保険金を受け取れる可能性が高くなります。 せっかく個人年金保険に加入して老後への備えをするのであれば、安全性は確保しつつも可能なかぎり少ないコストで大きなリターンを得られたほうがよいはずです。 ただ、かなり長生きしそうなら、長期間にわたって受け取る「終身型」の方がよいでしょう。 個人年金保険で保険料の払込期間は、一時払いや10年未満の短期払いなど、さまざまなバリエーションの中から選択することができます。 基本的に短い期間で保険料を払い込めば、その分、返戻率が高くなるのでメリットが大きいように思えますが、個人年金保険の場合は必ずしもそうとはいえません。 というのも、加入した 個人年金保険の保険料を個人年金保険料控除の対象にするためには、10年以上の保険料払込期間が必要になるからです。 この記事では、雑誌やネットのランキングで人気上位の個人年金保険6商品を集めて、徹底比較を行いました!ここまで読んでいただいた方は、すでに個人年金保険を選ぶポイントをご理解いただけたのではないかと思います。 公的年金制度などが心もとなくなってきた昨今、これから老後の資金を自分の手でも準備していかなければなりません。 豊かなセカンドライフを送るためにも、個人年金保険は有力な手段のひとつになるはずです。 ぜひ、この記事のランキングを参考にしてご自身にとって最適な個人年金保険を見つけてください。

次の

【評価A】はなさく生命「はなさく医療」デメリットと評価

が ん 保険 女性 比較

気になるところから読みましょう!• 女性に人気のおすすめ医療保険ランキングを紹介! 最近では、身近な女性芸能人が乳がんになったなどというニュースが流れ、女性特有の病気を一気に現実問題として捉える女性も多いことでしょう。 そんな時あなたは「女性向けの医療保険に加入しておいた方がいいのかしら?」と考えたことはありませんか? 女性特有の病気「乳がん」や「子宮がん」などは、女性であれば誰でも一度は心配になる病気ではないでしょうか。 しかし、いざ女性向けの医療保険を選ぼうとしたときに、「何を基準に選んだらいいのか」「年齢別に違いがあるのか」「値段だけで決めていいのか」など知らないことが多くはないですか? この記事では ・女性保険の選び方やおすすめランキングの紹介 ・女性向け保険に加入する前の知識 ・妊娠前に女性向け医療保険に加入する必要性 ・女性向け保険の掛け捨てと使い捨ての意味やメリット などを解説していきます。 この記事を最後まで読んで頂くことによって、女性向けの医療保険の知識、あなたに最適な医療保険がわかります。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 自分にベストな女性向け医療保険を確実に知りたいという方は保険のプロに相談しましょう。 当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービスで、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。 何回相談しても無料なので、 損をするリスクがなく安心できます。 女性保険おすすめ人気ランキング!口コミ・評判や比較 女性保険おすすめ人気ランキングは以下になります。 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」【30代女性におすすめ】• オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」【20代女性におすすめ】• アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」• アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療《女性プラン》」【40代女性におすすめ】• コープ共済「《たすけあい》女性コース」【50代女性におすすめ】 それぞれの口コミ・評判や保障内容の比較をしていきます。 第1位:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」【30代女性におすすめ】 ご自身に万が一のことがあっても死亡保障があるため、残された家族に保険金を残すことができるため、小さいお子さんがいらっしゃることが多い30代女性におすすめです。 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「フェミニーヌ」の口コミ・評判 「一番いいプランで3年ごとに15万円の生存給付金がもらえるというのが目につきました。 私は貯金が苦手なのでそれが決めてで加入しました。 」 貯金をしようと思っても「今月は一万円浮いたから貯金しよう」という方法ではなかなか予定通りに貯まりません。 一番効率的に貯金ができるのは天引きすることです。 その点「フェミニーヌ」は平たく言えば月々の保険料に天引き貯金額が含まれている仕組みです。 そのためとても簡単に貯金ができ、その上3年ごとに満期になって還元されるのはうれしいシステムと言えます。 第2位:オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」【20代女性におすすめ】 保険料が安く、経済的負担を抑えられる新キュアレディは、給料が少ない方の多い20代女性におすすめです。 終身なので、20代で加入することで一生涯安い保険料で保障を継続することが可能です。 オリックス生命「新キュアレディ(新CURE Lady)」の口コミ・評判 「保険の商品はわかりづらいものが多いですが、新キュア・レディは保険のプランが非常にシンプルでわかりやすいので加入しました。 」 第3位:アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」 アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」の口コミ・評判 「子供に入らせていますが、入院前後の通院も保障してくれる点が助かります。 少し遠くても良い病院に行きやすくなると思います。 」 入院での手術だけでなく、日帰り入院や日帰り手術も保証対象になっているので、安心して医療機関での治療を受けることができます。 また、そのために必要な「通院」においても手厚く保障してもらえることが大きな安心に繋がります。 第4位:アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療《女性プラン》」【40代女性におすすめ】 大学など、子供の教育費のかかる40代において、短期・長期の入院保障が手厚いのは大きなメリットになるため、40代女性におすすめです。 アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」の口コミ・評判 「ちょっとした怪我や病気なんかでも相談に乗ってくれるサービスがあり、とても安心です。 」 お客様サービスの一つとしてメディカルコールサポート24が用意されているので安心です。 24時間365日医師や看護師に相談できます。 育児相談もできるのはいざという時も心強いですね 第5位:コープ共済「《たすけあい》女性コース」【50代女性におすすめ】 コープ共済「《たすけあい》女性コース」は、最低限の掛け金(保険料)で女性に必要な保障を備えることができるため、老後資金を準備したいという50代女性の方におすすめです。 コープ共済「《たすけあい》女性コース」の口コミ・評判 「女性特有の疾患に備えた保障内容なので安心できます。 保険料も安かったので加入も簡単でした。 」 残念ながらがんの保障では男性・女性とも同一の保障内容ですね。 しかしコープ共済「たすけあい」女性コースという商品があり、その中には女性特定病気入院で1日3000円の保障が付いています。 女性特有の病気に加え女性に多い病気まで保障しているので万が一の時は安心ですよ。 ランキングをみたけど、他の保険も比較してどの保険に入るか決めたい!という方は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービスで、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。 何回相談しても無料なので、 損をするリスクがなく安心できます。 不妊治療に備えたい女性におすすめな保険 不妊治療に備えたい女性におすすめなのは日本生命の不妊治療保険「シュシュ」です。 この保険の特徴は、特定不妊治療を受けた際に給付金を受け取ることができるということです。 体外受精や顕微授精といった特定不妊治療を受けた場合、1回目から6回目までは1回につき5万円、7回目から12回目までが1回につき10万円の給付金を受け取ることができます。 国の公的助成制度でもこれらの治療を受ける際には 初回のみ30万円、2回目以降は1回につき15万円の助成金が出ますが、実際にはかなりの金額がかかるため、給付金と助成金でかなり家計も助かるはずです。 シュシュに関する詳細は以下の記事をご覧ください 関連: 女性向け保険に加入する前に知っておきたいことを紹介! 女性保険と聞くと「普通の医療保険と何が違うの?」「絶対に入るべき保険なの?」といった疑問が浮かぶこともあるでしょう。 女性向けの医療保険は、必ずしも入らないといけないという保険ではありません。 しかし、女性特有の病気(乳がんや子宮がん、子宮筋腫、切迫流産など)になったとき、通常の医療保険ではカバーできない部分まで、手厚い保障が受けられるのが特徴です。 これから妊娠・出産などのライフイベントを迎える女性にとっても頼もしい医療保険といえるでしょう。 また女性特有の病気以外にも、出産に関してなら重度のつわりや帝王切開、早産なども保障の対象になるのです。 その他にも、女性向け医療保険には様々な条件のもとお祝い金が支払われるケースもあります。 女性保険は通常の医療保険にプラスして、女性特有の病気に手厚い保障をする商品なので、通常の医療保険と女性向け医療保険が全く別物というわけではないのですね。 例えば、通常の医療保険への加入で乳がんになった場合の補償が日額10,000円だとすると、女性保険の方は10,000円+5,000円で15,000円の保障が受けられることになります。 上記の例でも分かるように、通常の医療保険でも女性特有の病気への保障はあります。 では、女性疾病特約を付けることは意味があるのでしょうか? 医療保険に女性疾病特約は必要か? 医療保険自体「必要ないのでは?」「公的医療保険で足りるのでは?」という意見が飛び交っています。 そんな中、医療保険にプラスして、更に女性疾病特約を付ける必要があるのか疑問に思う方もいることでしょう。 そのことを踏まえて、女性特約疾病とは何か?、また必要なのかを解説していきます。 女性疾病特約とは 女性疾病特約とは、女性特有の病気(女性疾病)による入院や手術を受けた場合に、その他のケガや病気に比べて手厚い保障を上乗せする特約のことです。 通常の医療保険でも女性特有の病気に対する保障はついているのに、女性疾病特約は必要なのでしょうか? 女性特有の病気とは「女性の身体のみ、特定の部位がかかってしまう病気」のことです。 例えば ・乳がん ・乳腺症 ・子宮がん ・子宮筋腫 ・子宮内膜症 ・卵巣嚢腫 ・卵巣がん ・帝王切開 ・流産 ・妊娠中毒症 ・重度のつわり などが挙げられます。 また、医療保険に付属する「女性疾病特約」には、上記の病気にプラスして、腎臓の病気や、腎結石、尿管結石、胆石症、鉄欠乏症貧血、バセドウ病の甲状腺疾患など、女性に多いとされている病気に対して保障が付く場合もあります。 女性疾病特約はあくまでも上乗せとして考えるべき 上記に記載した女性特有の病気に関しては、女性疾病特約ではもちろん保障されますが、通常のケガや病気は保障されません。 その点、公的健康保険や一般の医療保険では、女性特有の病気や通常のケガや病気に対する保障もつきます。 公的健康保険の場合は自己負担額が3割で、高額療養費制度も利用できますし、一般医療保険では給付金がもらえます。 このことからもわかるように女性疾病特約とは、公的健康保険や一般医療保険の保障にプラスして保障を上乗せする形となるわけです。 その他最も気になる点としては、女性特有の病気になった場合特別に治療費が高くなるのか?ということではないでしょうか。 病気の内容にもよりますが、これに関しても、公的健康保険(3割負担や高額療養費制度)一般的な医療保険で負担額を一定額に抑えることができます。 しかし、最近の女性疾病特約には「乳房再建手術」など保険適用のない治療にも対応している事が多いです。 このような高額な費用の負担を軽くしたい、女性特有の病気に対しては特に手厚く保障に備えたいという方であれば、女性疾病特約を付けるといいでしょう。 女性疾病特約の内容はわかったけど、自分に必要なのか知りたいという方は、保険のプロに相談しましょう。 保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービスを利用するのがおすすめです。 何回相談しても無料なので、 損をするリスクがなく安心できます。 女性は妊娠前に医療保険に加入しておいた方がいいのか? 妊娠を望んでいる女性の場合、妊娠前と後ではいつ医療保険に加入した方がいいのか考えることもあるでしょう。 医療保険は母子手帳に初回診察記録をされた日から妊娠27週までであれば、妊婦であっても保険に加入することができます。 ただし、妊娠中に保険に加入すると、大抵の医療保険では「特定部位不担保」という条件付きとなってしまいます。 特定部位不担保とは、「特定の部位に関する保障をしない」という意味です。 妊娠中の場合は、妊娠中毒症や子宮外妊娠、子宮頸管無力症、帝王切開や切迫流産・早産、早期破水など妊娠を理由に「子宮に関する手術や入院をした場合には給付金を受け取れません」 このように妊娠後に医療保険に加入すると、例えば帝王切開になったとしても給付金がもらえません。 それだけではなく、その後に医療保険に加入して帝王切開になった場合、医療保険の加入時に確認される「過去5年以内に入院・手術を受けたことがあるか?」という質問に「はい」と答えないとならないのです。 そうなるともちろん給付金は貰えませんよね。 ただし、妊娠前に医療保険に加入しておけば「特定部位不担保」の条件からは外されますので、妊娠して帝王切開になった場合でも、給付金が受け取れるのです。 (普通の出産は病気ではないので保障外) 厚生労働省の「帝王切開娩出術の割合の年次推移」を見ても、年々帝王切開の件数が増えていることがわかります。 このような理由から、医療保険の加入は妊娠前がおすすめなのですが、中には保険に加入する前に妊娠が発覚してしまったという方もいると思います。 これで保険料は25~29歳で月額1920円と比較的安い保険料で加入することができます。 保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービスを利用するのがおすすめです。 何回相談しても無料なので、 損をするリスクがなく安心できます。 女性向け医療保険における掛け捨てと貯蓄の2タイプを比較 女性向け医療保険は、通常の医療保険にプラスして女性特有の病気に対して手厚い保障が特約としてついている保険となります。 この中でも、医療保障を重視した「掛け捨て型」と、医療保障とお金を貯めたり途中でボーナスがもらえたりする「貯蓄型」の2つのタイプがあります。 それぞれのメリットをみていくことにしましょう。 掛け捨て型の女性向け医療保険のメリット 掛け捨て型は貯蓄型とは違い、支払った掛け金が契約満了になった時や、途中解約したときに解約払戻金やボーナスなどの一時金などがないタイプの保険です。 中には、契約期間が決まっているものや、終了年齢が決まっていたり一生涯保障が続いたりするタイプがありますが、基本的には「医療保険+女性疾病特約」がメインとなります。 掛け捨て型の保険のメリットは「保険料が安い」「将来的に他の保険への見直しがしやすい」などがあります。 そんな時に「掛け捨て型」の安い保険料は、家計に優しい保険といえるでしょう。 貯蓄型の場合は、それまで支払ってきた保険料の貯蓄部分について元本割れの可能性を注意しないとなりません。 貯蓄型の女性向け医療保険のメリット 貯蓄型の女性向け医療保険は、通常の「医療保険+女性疾病特約」の保障にプラスしてお金を貯める機能のついた保険です。 保険の種類や会社、商品ごとに違いはありますが、数年ごとに生存ボーナスや健康お祝い金などの一時金がもらえることがあります。 医療保障の部分は掛け捨て型と同じく、病気やケガなどの入院・手術給付金や女性特有の病気に対する手厚い保障などがメインとなります。 また商品によっては、以上の医療保障の他にもガンなどの三大生活習慣病や先進医療に対する特約がついているタイプもあります。 その他、掛け捨て型と比べた場合の貯蓄型のメリットは、「解約払戻金」や「保険料一定、保障一生涯」があります。 しかし貯蓄型の場合、それまで支払った保険料の金額、期間、年数などによって解約払戻金を受け取ることが出来ます。 病気は年齢を重ねるごとにリスクが高まるので一生涯保障が続くのは安心です。 また若いうちに加入すれば一生その安さが維持できるのです。 メリット・デメリットをみてみてもどちらが自分に必要なのかわからない!という人は保険のプロに相談しましょう。 保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービスを利用するのがおすすめです。 何回相談しても無料なので、 損をするリスクがなく安心できます。 まとめ:女性に人気のおすすめ医療保険ランキング! 女性のための医療保険の選び方や、おすすめ商品についてご紹介してきました。 ・独身女性におすすめの医療保険や、年代別の既婚女性向けおすすめ商品 ・女性向け保険に加入する前に知っておきたいこと ・女性疾病特約の必要性や、妊娠前に女性保険に加入するべきか否か ・女性保険における掛け捨て型や貯蓄型について などの理解が深まったことと思います。 女性も20代などの若いうちは、体力も有り余っているし滅多なことではケガや病気をすることはないと、保険への加入を疑問視することもあるかもしれません。 しかし、年を重ねるにつれて保険料は高くなりますし、乳がんや子宮ガンといった女性特有の病気にかかる可能性も高くなります。 まだ、「医療保険に加入するのは自分には早い」と思っていても、いざ病気やケガをしたり、乳がんになってから後悔しても遅いのです。 女性むけ医療保険に入りたいと思ったら、 複数の保険を比較して自分にあった保険を見つけましょう。 保険を比較する際には、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービスで保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。 何回相談しても無料なので、 損をするリスクがなく安心できます。 今回、年代ごとにおすすめした女性保険は、比較的月々の保険料が安くなっているタイプの商品が多かったと思います。 妊娠や出産、ライフステージごとに変わっていく背景を考えても、出来るだけ女性向け医療保険への加入を視野に入れてご検討、資料請求してみてくださいね。

次の