ご無沙汰しております。 「ご無沙汰しております」の意味と使い方!ビジネスや目上への例文

ビジネスでの「ご無沙汰しております」の最適な使い方〜「お世話になっております」との併用の仕方

ご無沙汰しております

【スポンサードリンク】 「ご無沙汰しております」 日常生活でも頻繁に使う一言です。 勿論、ビジネスシーンでも使われます。 口頭でも、手紙でも、メールでも 久しぶりに会う相手への挨拶の言葉です。 使う機会が多い言葉なので、 「ご無沙汰」の意味や正しい使い方は、 是非、押さえておきたいところです。 「ご無沙汰しております」 はどんな意味があるのか? また、どんな場面で使えば良いのか? 「ご無沙汰しております」 の意味や使い方例文などを 記事にしてみました。 「ご無沙汰しております」の意味 始めに「ご無沙汰しております」とは どのような意味なのでしょう。 まず、ご無沙汰しておりますの 「沙汰」からみていくことにします。 「沙汰」には「便り」や「知らせ」 との意味があります。 「無」は言うまでもありません。 「ない」という意味です。 つまり、 「便りや知らせがなかったですが、お久しぶりです」 このような意味になります。 しかし、「便りも知らせもなく、お久しぶりです」 との言葉は長くて使いづらい。 それで、 「ご無沙汰」という言葉が 生まれたと言われています。 それと、 ご無沙汰の「ご」は相手を敬う謙譲語。 そのため、相手を立てて、 自分を下にしている 表現にもなっています。 挨拶として「ご無沙汰」を使う場合は、 相手に対して長く連絡をしなかった、 顔を出さなかった 「無沙汰」を申し訳ないと 詫びる意味になります。 ビジネスシーンでは目上や相手や上司、 クライアントに対しても使えます。 特に会話や電話をはじめビジネスメールや 手紙など使える幅が広いため 使い勝手の良いフレーズの ひとつと言えるでしょう。 「ご無沙汰」の使い方 「ご無沙汰」は久しく会っていない、 連絡していない相手に使う言葉です。 では、久しく会っていないとは どのくらいの期間を指すのでしょうか? 人それぞれかとは思いますが 一般的には2~3ヶ月以上を 目安に使うと自然な表現となります。 逆に、数日、2~3週間など、 短い期間で使うと 不自然な印象になります。 また、 半年から一年以上期間が開いた場合は、 「大変ご無沙汰しております」 というように、「大変」を付け加えると より自然な表現になります。 先にもお伝えしましたが 「ご無沙汰しております」は 「ご」が付いているため自分をへりくだり 相手を敬う意味合いがあります。 ですから、上司や取引先、目上の人にも 適した挨拶として使うことが出来ます。 相手から 「ご無沙汰しております」と言われた場合 「こちらこそご無沙汰しております」 と返しましょう。 自分よりも目上の人から言われた場合でも 同じように返して問題はありません。 その際、 「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」 このようにお詫びの言葉を入れると 印象が良くなります。 目上の方から 「お久しぶり」と言われた時も 「ご無沙汰しております」 と返すのがベターです。 「ご無沙汰しております」のお勧め文例20選 「ご無沙汰しております」の お勧め文例をあげておきます。 1、「大変 ご無沙汰しておりましたが、お変わりありませんか。 」 2、「こちらこそ大変 ご無沙汰しておりますが。 お元気ですか。 」 3、「大変 ご無沙汰しております。 〇〇の件でお世話になった長谷川です。 」 4、「久しく連絡しておらず、 ご無沙汰して大変申し訳ございませんでした。 」 5、「 ご無沙汰しております、本来ならこちらがお伺いするところ、大変に申し訳ございません。 」 6、「大変 ご無沙汰しております。 」 7、「すっかり ご無沙汰いたしまして申し訳ありません。 」 8、「大変 ご無沙汰しております。 寒い日が続いておりますがお変わりございませんでしょうか。 その節は誠にありがとうございました。 あれから大変 ご無沙汰しており申し訳ありません。 」 10、「 ご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず大変失礼いたしました。 」 11、「 ご無沙汰しておりましたが、吹石様におかれましてはお元気そうで何よりです。 」 12、「本当に長らく ご無沙汰してしまいました。 その後いかがお過ごしですか。 」 13、「久しく ご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず失礼いたしました。 」 14、「大変 ご無沙汰しており、本当に申し訳ございません。 生命保険でお世話になっております和田です。 」 15、「本当に長い間 ご無沙汰しております。 一昨年東京本社出張の際にお世話になりました森と申します。 」 16、「しばらく ご無沙汰しておりましたが、その後お変わりありませんか。 私はおかげさまで元気に過ごしております。 」 17、「先生とは昨年のセミナーでお会いして以来となります。 長らく ご無沙汰しておりまして恐縮です。 」 18、「忙しいを言い訳に ご無沙汰しており、本当に申し訳ございません。 」 19、「大変 ご無沙汰しております。 平素の疎遠をお詫び申し上げます。 」 20、「旧年中はとかく多忙にまぎれ、大変に ご無沙汰をして申し訳なく思っております。 」 「ご無沙汰しております」には 長い間連絡をしないで申し訳ない。 そんな謝罪の気持ちも含まれます。 例えば 「ご無沙汰しておりまして申し訳ありません」 のように謝罪の言葉が 続くことも不自然ではありません。 「ご無沙汰しております。 〇〇会社の岡崎です」 「6月の取引を最後に連絡が滞っており申し訳ありませんでした」 このように、 後に謝罪が入ることも自然です。 ビジネスは、 お互いに連絡を取り合い 協力関係を築いていきます。 その間しばらく連絡を しなかったことに対し 申し訳なく思うからこそ 「ご無沙汰しております」 の表現を使うわけです。 「ご無沙汰しております」メールでの使い方 昨今、ビジネスシーンではメールで 相手に連絡をすることが 多い傾向にあります。 ここでは「ご無沙汰しております」の メールでの使い方を紹介しておきます。 上司に送る場合 転勤などでしばらく会っていない 上司などに連絡する場合があります。 そのような際にも 「ご無沙汰しております」を使います。 一例をあげると、 「大変ご無沙汰しております」 「〇〇支店でお世話になっておりました島崎と申します」 このように使用します。 自分が出張等で 元上司や知り合いに会う場合は、 このような挨拶メールを入れて 挨拶に行くのが良いでしょう。 取引先に送る場合 取引先に久しぶりに 連絡を取りたい場合にも 「ご無沙汰しております」とのフレーズを 使うことが出来ます。 「ご無沙汰しております」 「以前〇〇のイベントでお世話になりました〇〇会社の中野と申します」 以前会った際に あまり話す機会がなかった場合などは、 その時の詳細などを合わせて記載すると 相手も思い出しやすいでしょう。 拝啓 さらに畏まった使い方をしたい場合 「拝啓」をセットにします。 例えばですが、 「拝啓 ご無沙汰しております」 このように使います。 「拝啓」は、 フォーマルな手紙の最初に使う言葉ですが 結びには「敬具」を使うのがルールで 意味としては 「謹んで申し上げました」です。 また、手紙で 「ご無沙汰しております」を使う場合 後に申し訳ありません、 とかお元気でしょうか、 などのフレーズが続くことが多いです。 一例をあげておきましょう。 「拝啓 晩秋の候、斎藤様におかれましては、益々清栄のこととお慶び申し上げます。 長い間ご無沙汰しておりましたこと、まことに申し訳ありません。 私は、日々業務に忙しい毎日を送っております。 」 「ご無沙汰しております」のNG例 メールや手紙の「ご無沙汰」の注意点 メールや手紙でよく使われる 「ご無沙汰しております」 しかし、 以下のような表現は間違いですから 注意が必要です。 「大変ご無沙汰ですが、連絡いただきありがとうございます」 「 ご無沙汰のため、申し訳ないです」 「 ご無沙汰でしたが、お元気でしたでしょうか」 なぜこれらが間違いなのかと言うと 「ご無沙汰する」だと、 自分が自分が連絡すべきところを 連絡しなかったとの意味になります。 ですが「ご無沙汰だ」と言い切ることは、 どちらかがということなく 表現しているので、 相手も連絡をくれなかった という意味にもとられるからです。 また「ご無沙汰しております」 というフレーズは丁寧な表現方法で、 ビジネスでは目上の人や取引先との やりとりに使うフレーズです。 「ご無沙汰しております」と 似たような表現があります。 たとえば、 「お久しぶりです」 「しばらくぶりです」。 意味としては同じなのですが 相手を敬うという点において ビジネスメールでは 使うべきではありません。 「ご無沙汰しております」ビジネスシーンで使うには 最後に「ご無沙汰しております」を ビジネスシーンで効果的に使うコツを お伝えして記事を閉めたいと思います。 一例をあげましょう。 「長い間、ご無沙汰しております」 「この度は、貴重なお時間を作っていただきありがとうございます」 先にもお伝えしましたが、このように、 「ご無沙汰しております」は 単に挨拶だけでなく 相手への謝罪の気持ちが 込められた表現です。 「ご無沙汰しております」を口にするとき 心から相手への尊重や敬意の 気持ちが持てているのか。 ここが大きなポイントになります。 ビジネスで久しぶりに連絡を取る場合、 久しぶりに会う場合、 コミュニケーションをスムーズに 進めるのは難しいときもあるでしょう。 そんなときに役に立つのが この「ご無沙汰しております」です。 そして、この言葉のバックボーンに 久しぶりに時間をとってくださの 「感謝」の気持ちがあれば会話も進み、 ビジネスの流れも 円滑に進んでいくことでしょう。 是非、「ご無沙汰しております」を 上手に活用してみて下さい。 【スポンサードリンク】 覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典119選.

次の

ご無沙汰しております。:新車の軽自動車に月々定額で・・・

ご無沙汰しております

「ご無沙汰」の意味 「ご無沙汰」の「沙汰」とは「便り・知らせ」を意味する言葉です。 よって 「無沙汰」は「便りや知らせがない」という意味になります。 さらに「ご無沙汰」と、頭に「ご」をつけることで相手に対する敬いの気持ちを表しています。 挨拶として「ご無沙汰」を使う場合は、相手に対して長く相手に連絡をしなかった・顔を出さなかった「無沙汰」を申し訳ないと詫びる意味になります。 ビジネスシーンでは目上の相手や上司、クライアントに対しても使うことができます。 会話や電話をはじめビジネスメールや手紙などにも幅広く使えるため、覚えておくと非常に便利なフレーズです。 「ご無沙汰」の使い方 「ご無沙汰」は久しく会っていない・連絡していない相手に使う言葉です。 ですが久しくといっても、どの程度期間が開くと「ご無沙汰」していることになるかは人それぞれです。 またいくら「ご」がついていても「ご無沙汰」や「ご無沙汰です」では、目上の人に挨拶として使うのは失礼にあたるのでNGです。 「ご無沙汰」を実際に会話やビジネスメールで使うには、どのような言い回しや注意点があるのでしょうか。 ここからは、例文をご紹介しながら解説していくのでチェックしてみましょう。 相手「 ご無沙汰しております」 自分「こちらこそ ご無沙汰しております」 基本的に「ご無沙汰しております」といわれた場合は、メール・会話のどちらでも 「こちらこそご無沙汰しております」と返すのが最もスタンダードな返事の仕方です。 そのまま返すのが気になるという場合は「こちらこそご無沙汰しており申し訳ありません」「こちらこそご無沙汰してしまい失礼いたしました」など、語尾に変化を付けてもよいでしょう。 状況に応じて「お変わりありませんか」と相手の近況を気遣ったり、「その説はお世話になりありががとうございました」などお礼の言葉を添えると、より丁寧な印象を与えられるでしょう。 「ご無沙汰」の類語 「ご無沙汰」以外にも、似た意味の言葉はいくつかあります。 シチュエーションや相手に応じて言い換えられるよう、チェックしてみましょう。

次の

「ご無沙汰」は目上の人に使える敬語?意味・会話やメールの例文・類語・英語表現を解説

ご無沙汰しております

ご無沙汰しておりますの意味とは? ご無沙汰しておりますの意味 ご無沙汰しておりますの「ご無沙汰」というのは、「便りが無い、暫く会う機会がなかった」という、「お久しぶりです」という意味です。 つまり「暫く連絡を取れておりませんでした」ということを表す言葉です。 ご無沙汰しておりますの「ご」は相手への敬語、「おります」は謙譲語です。 目上の方へ使用する丁寧な意味の言葉です。 メールの返信の際にも最初に付けることが出来ます。 ご無沙汰しておりますを使う場面 「ご無沙汰しております」というのは、ビジネスシーンで使われるものでしょう。 上司や取引先に使う言葉です。 それは、上司や取引先が敬うべき重要な相手であるからです。 堅苦しい挨拶ではありますが、ビジネスシーンでは使わざるを得ない言葉ですね。 実はビジネスシーン以外にも幾つか「ご無沙汰しております」を使う機会があります。 それが義実家へご挨拶をする場合、または恩師へのご挨拶の場合です。 年にお盆と正月のみの帰省であるなら、出てくる言葉です。 恩師も目上の方に当たるので会った時や、手紙の際は使いましょう。 「ご無沙汰しております」を使うのは良いですが、新商品のPRのメールの場合など返信は要らないという場面があります。 しかし、「返信不要」という敬語はぱっと思い浮かびますか?以下の記事ではその疑問にお答えしています。 「ご無沙汰しております」の方が丁寧な敬語です。 しかし「ご無沙汰しています」というのも少し崩した柔らかな敬語として目上の方にも使えるでしょう。 こちらの上司には「ご無沙汰しております」というのは堅苦しくなりすぎないだろうか?と感じた場合、「ご無沙汰しています」と言っても良いでしょう。 大事になるのは距離感です。 ビジネスにおける距離感というのはとても重要な点になってきますので、言葉の使い方には注意を払いましょう。 「息災」とは健康なことの意味です。 つまり、「お元気でしたか」ということです。 無病息災とは病気にならず健康に過ごせますようにということです。 こちらの「息災でしたか」ですが、メールなど文章でよく使われる言葉です。 会って話す際に「息災でしたか?」と聞くことはあまりないでしょう。 会って会話する際は「ご無沙汰しております」や先ほどのように「ご無沙汰しています」を使うのが妥当でしょう。 したがって、「ご連絡も差し上げず申し訳ありません」といった言葉に言い換えることができます。 「ご無沙汰しております」が形式張った言い方になります。 少しやわらかな聞こえになるのが「ご連絡も差し上げず申し訳ありません」です。 ここで注意しておきたいことがあります。 ついうっかり「ご無沙汰しております。 ご連絡も差し上げず申し訳ありません」と言ってしまうケースがあります。 二度同じ事を繰り返して言ってしまっていますね。 どちらか一方を使うようにしましょう。 「ご無沙汰しており、申し訳ありません」などにしましょう。 しかし、自らの立場からして近い立場であれば少し崩して「お久しぶりです」と言うこともあります。 この相手では「ご無沙汰しております」が堅苦しいと感じたときは、「お久しぶりです」で良いでしょう。 この相手とは今後も親交を深めていきたいと思っても、自らの立場と相手の立場についてはよく考えるようにしましょう。 「お久しぶりです」と言っても良い相手なのか、「ご無沙汰しております」が適切ではないかと色々考えます。 とても疲れることですが、それがあなたにとって最善の道となるのは確かです。 ビジネスシーンでのメールの中でも、社内メールはどの役職の方でも届くメールですね。 目上の方から下の役職の方にも同じように届きます。 この場合も形式が違ってくるのでしょうか?気になりますね。 以下の記事に答えが載っています。 「お久しぶりです」は距離感が掴みやすい言葉ですが、「久方ぶりです」は距離感が分かりにくいです。 親しくもなく、遠い距離感の相手でもない場合に使用すると良い言葉です。 親しい方に久しく会っていなかった時には「お久しぶりです」と言うでしょう。 それは歳や立場が近いとよく使用します。 「久方ぶりです」を使う相手を考えてみると、歳が離れており立場が近い方ではないでしょうか。 年齢を考慮してその分を敬った言葉となります。 ビジネスにおいては年齢だけでは上下関係が構築されません。 若くして目上の立場にある方もいれば、長年同じ役職をされる方も居られます。 「ご無沙汰しております」の類似語にも複数あることからしてもその場に見合った言葉がたくさんあるということです。 ご無沙汰しておりますのビジネスでの使い方・メール例文も ご無沙汰しておりますのビジネスでの使い方 ビジネスシーンでよく登場する「ご無沙汰しております」ですが、どのくらい会っていなければ使えるものでしょうか。 使い時は、2~3ヶ月以上会っていない、または連絡を取っていない場合です。 1年以上となってくれば、「大変ご無沙汰しております」と「大変」を付けても良いでしょう。 状況に応じて適切に使いましょう。 「ご無沙汰しております」に一言添えると丁寧さが増すことがあります。 ワンランク上の敬語ができる人物だと思われる一言を幾つかリストにまとめましたので、参考にしてみましょう。 ポイントは相手を敬う気持ちです。 ご無沙汰しておりますに付け加える一言• ・ご無沙汰しております。 いかがお過ごしですか?• ・ご無沙汰しております。 お変わりありませんか?• ・大変ご無沙汰しており、失礼致しました。 ・大変ご無沙汰しております。 件名を書き、本文の書き出しは上司の部署と名前を記載します。 その後、「お疲れ様です。 以前アドバイスを頂いた時はありがとうございました。 あれからご無沙汰しており、失礼致しました。 今回もアドバイスを頂きたくメールを送らせて頂きました」という具合に書き始めます。 重要なのは、前回の話題を持ち出すことです。 「あなたにしてもらったことがとても助けになりました」ということが伝わってくれば嬉しいものです。 そして目上の方への敬いの気持ちも表すことが出来ます。 「今回もアドバイス頂きたく」を「今回も助力頂ければ幸いです」というのも良いでしょう。 この場合にも「ご無沙汰しております」が使えますね。 以下が上司への伺いを立てる際の例文です。 失礼の無いように、自分の伝えたいことを押していくことが重要です。 件名には用件を短く書きます。 書き出しは部署と名前もしくは別の職場になっていた場合会社名を記入します。 その後、「ご無沙汰しており申し訳ありません。 取引先へのメール文も「ご無沙汰しております」を使用しましょう。 取引先への対応は職場のイメージを変える可能性のあることです。 慎重に言葉を選びましょう。 以下が取引先への営業のメールの例文です。 件名には用件を短く書き、自分の会社名と部署、名前を記入します。 本文の書き出しは、取引先の会社名と取引相手の名前を書きます。 その後、「大変ご無沙汰しております。 その節は大変お世話になりました。 今回ご連絡させて頂いたのは、弊社の新商品についてご連絡させて頂きました」などです。 以下の記事はビジネスメールの例文をまとめた記事です。 なかなか難しくて考え込んでしまうのがビジネスメールです。 とても参考になるのでチェックしてみましょう! ご無沙汰しておりますへの返事は? ご無沙汰しておりますと届いたメールへの返事 上司など目上の方から「ご無沙汰しております」と届いた場合、返事に困ったことはありませんか?この場合は特に難しく考えず、「こちらこそご無沙汰しております」と書き出し返事をすれば大丈夫です。 返事に限らず、相手の言葉に一言足して返すというのは会話において良い手法です。 文章に暖かみを出すことができます。 もっと丁寧に返事をしたいということであれば、いくつか定型文という訳ではありませんがご紹介できます。 ほとんどが先ほど言ったとおり一言付け加える形になります。 「ご無沙汰しております」に一言付け足して、次のように返事をしてみましょう。 ご無沙汰しておりますの返信• ・こちらこそご無沙汰しております。 お変わりありませんか?• ・こちらこそご連絡も差し上げず申し訳ありません。 ・本来ならこちらからご連絡すべきところを申し訳ありません。 目上の方からご無沙汰しておりますと届いた時に気をつけるべき敬語 まず、上司など目上の方への連絡はこちらからすべき事です。 それを目上の方からさせてしまった事への謝罪の言葉を付けます。 それに加えて、相手への気遣いの一言も付け加えると良いでしょう。 「お変わりありませんか?」や「息災でしたか?」などです。 このように書き始め、本題へ移りましょう。 上記に挙げた言葉で例文とすると、「本来ならこちらからご連絡すべきところを申し訳ありません。 息災でしたか?」が良い返事です。 「こちらこそご無沙汰しております。 ご連絡頂き誠にありがとうございます」という書き始めも適切です。 相手に敬意を払いましょう。 以下の記事の題材である「役職名の後に様や殿は付けるの?」という疑問は誰もが抱くものではないでしょうか。 敬称や宛名というのは難しいですね。 以下の記事がとても役に立ちます。 是非チェックしましょう!.

次の