スター ベース 東京。 【ミューロン180Cのイメージサークル】Φ8mmまでは十分実用可能?

スターベース東京

スター ベース 東京

ミューロン180C、210は量産に向いたDall-Kirkham型で、中心像のシャープさが魅力ですが、周辺像が乱れるのがデメリットとしてさまざまな場所で語られてきました。 しかし本当に、ミューロンは中心像「しか」使えないような鏡筒なのでしょうか? 本記事では実写画像をもとに「中心から何mmくらいで像が乱れ始めるか」を確認していきます。 本画像はZWO ASI174MMで8枚モザイクしていますが、そのうちの1枚(スタック後)はこちらです。 これにシャープ処理をやや強めにかけたものが下の1枚目、それにスケールを入れたものが2枚目です。 ミューロンは「中心像は点だが少しでも外側ではコマ収差が出始める」と言われ、実際たしかにその通りではあります。 本撮影に使用したASI174MMはセンサーサイズ5. 0mm、後者は6. 4mmですから、こうしたカメラではセンサー全面にわたりシャープな画像が得られることと思います。 冷却モデルのASI290MC-Coolなどでは、(Fの暗さやミラーロック機構がないことがネックではありますが)補正レンズなしでも惑星状星雲などの撮影に好適です。 starbase.

次の

【ミューロン180Cのイメージサークル】Φ8mmまでは十分実用可能?

スター ベース 東京

取り付ける鏡筒に応じて「CAリング」というスペーサーリングを変えることで補正効果を最適化する仕組みの、いわばマルチレデューサーです。 2枚玉のスタンダード眼視用望遠鏡のを大幅に明るくし、画角の拡大と露光時間短縮ができるという意味で、同じく汎用補正レンズである昨夏発売の「」とはまた別の魅力があります。 (を併用)との組み合わせではを740mm F7. 8 へ短縮し、かつ35mmフルサイズの周辺まで星が円形を保つように画質向上できます。 直焦点やマルチフラットナー併用時にくらべて2倍以上の夜空の範囲を一度に撮影することができるのが大きな強みです。 8となるのでFSQシリーズの直焦点よりも明るいのも魅力です。 この鏡筒は眼視メインの設計で900mm()ですが、このレデューサーを併用すると590mm(F5. 9)に短縮でき、また星像は35mmフルサイズの全域でかなりシャープになります。 直焦点のでは長い露光時間が必要なので銀河や星雲の撮影を諦めていたという方も、F5. 9ならば現代のデジカメやカメラを使って気軽に撮影をお楽しみいただけます! 「を短縮し画角を2倍以上に広げる」「が明るくなるので短い露光時間で天体撮影を楽しめる」という長所を活かした星空の撮影に、FC-35レデューサー0. 最新の情報はをご確認ください。 この度の新型コロナウィルスの拡大防止に向け、当店では当面の間、次のとおり営業時間を短縮させていただきます。 営業日にはスタッフは店頭におりますが、都内は人が密集しますので、お問い合わせは可能な限り、お電話またはネットショップ右上の「お問い合せ」ボタンからメールをご利用ください。 starbase タイトルが長くてすみません…。 でも、まさにその通りのアイテムなのです。 今回はちょっとマニアックな内容です。 赤矢印の先が「M47-M55. ただ、今までは「カメラ回転装置(SKY90)」を取り付ける方法が無く、すでに「カメラ回転装置(FC-50)」をお持ちの方しかこれを使うことができませんでした。 9変換リングでは形状の制約からカメラ回転装置(SKY90)の回転機構が機能せず、一方これを使えるようにするために間に「ドロチューブ延長筒(FS-60C)」を挟むと今度はにピントが出ない…という問題がありました。 そこで、FC-50のM47ドロチューブからM55. 9(M56)の「カメラ回転装置(SKY90)」にネジ径を変換するアダプターで ・光路長が十分に短い ・M47ネジには内側にストッパー部を持つ ・外径が回転装置と干渉しない程度に小さい ・取外しやすいように外側にローレット加工がある を同時に満たすリングがあるといいな…ということで製作いたしました。 それがこの「」です! こんな形をしています FC-50鏡筒をお持ちの皆さん!これ(とカメラ回転装置(SKY90))を使って天体撮影はいかがでしょうか! starbase 昨年末にネットショップにてご紹介を開始していました、当店としてはユニークな「これだけあれば一通りの星空観察が楽しめる」という完全フルセット 【】 の販売が開始となりました! セット内容=FS-60CB鏡筒、鏡筒バンド、アリガタ、NEW KDSマウントII、マスタークラシックカイ三脚(雲台部分は除く)、屈折用バッグM(専用中仕切り付き)、天頂プリズム31. 2mm、収納用きんちゃくとケース 頑丈な三脚と式微動マウント、天頂プリズムと、それらの収納ケース一式のセットです。 このまま気軽に持ち出して天体の観察が楽しめます。 FS-60CBは小型で扱いやすい2枚玉ながらフローライト対物レンズを採用したシャープな見え味が特長で、今では夕方に西の空に明るい金星の満ち欠けや、明け方のの縞模様など、高倍率の月惑星の観察にも好適です! 使用時のイメージ マウント部分の在庫がなくなり次第終了となります。 の変更などのご希望にも柔軟に対応しますので、この機会にぜひ小型でずっと使えるタカハシのFS-60CBをご検討ください! starbase 背景が引き締まったストの高い像が魅力のブランドン。 天頂ミラー&プリズム、ファインダーの展示もたくさん! 双眼装置の見比べも可能です。 ビノテクノさんのEZM(正立天頂ミラー)です。 本日は店舗入り口から向かって右側の展示棚の整頓と並び替えを行いました。 ショーケース本体も中の製品たちもピカピカです! 合わせてビノテクノさんのEZM(正立天頂ミラー)の展示も開始しました。 2枚のミラーを使って正立像と90度視を同時に実現する製品で、像の劣化が起こりにくいのが魅力です。 店頭のさまざまな鏡筒や等に加えて、こちらも実際に試していただけます!お手元の鏡筒やアクセサリーを持ち込んでのチェックも大歓迎です。 ぜひスターベースへお越しください! starbase.

次の

ログイン合言葉(リスクベース認証)

スター ベース 東京

6分の1)にトリミングしています。 ミューロン(-CRSではない)は眼視や月惑星撮影専用と思われがちですが、実は本フラットナーレデューサーの併用で、銀河や星団への適性の高い、天体写真用の望遠鏡としても活かせるようになります! 本記事ではなかなか知られていないミューロンの良いところを紹介したいので、いつもより長めの構成となります。 気流の「悪くない」日。 EOS6D -SP4 ISO-3200 600秒 撮って出し 気流の「とても悪い」日。 カメラなど条件は同じ。 ただしフラット補正済み これまでテストしてきた小口径屈折とは異なり、長焦点撮影時の星像の大きさは気流の影響をもろに受けます。 星像そのものが常に細かく揺れ動いているために、その時間の結果として星像が大きくなるだけでなく、オートガイダーが気流の影響を拾うことでの(オートガイド込みの)追尾精度が落ちることも星像肥大に影響します。 一般に「気流の不安定な冬場」+「大口径・長焦点」の組み合わせは星像がボテボテになってしまう最悪のパターンなのですが、それが功を奏して(?)今回は35mmフルサイズの周辺まであまり変わらない星像を得られました。 ですが周辺光量はゼロではないので、上の撮って出し画像2枚目のように、フラット補正を行うことでフルサイズ周辺部の一応の救済が可能です。 フラット補正にかんしては、これまでテストしてきた小口径屈折と同様に、PC白色画面を撮影する方法が使えました。 小口径屈折ではピッタリあうのですが、今回は過補正気味となってしまいました。 この方法はいずれ紹介したいと思います。 銀河や星団の写真では、背景はあまり強調処理をかけず、暗めに仕上げることが多いと思います。 トップ画像のトリミングなしバージョン。 今回は等倍切り出し画像は(切り出した領域にほとんど星がなかったので)割愛します。 なんとこの6本の光条は「ピント合わせ時にバーティノフマスクと同じはたらきをする」ので、ピント合わせがたいへん楽です!これは3本スパイダーのメリットのひとつですね。 画像左上の青い線をはじめ、よく見るといくつかのゴーストが確認できます。 迷光を受ける環境では何らかの対策があったほうがよいでしょう。 一方でM51の画像(近くに光源なし)ではゴーストは全く確認できません。 本体の追尾精度だけでなく、三脚の地面に対する沈み込み、極軸合わせの精度、鏡筒や各種ケーブルが風に振られること、各部の自重によるたわみ、各種ケーブルの自重のかかりかたの時間変動など、ほんとうにさまざまな要因が重なり合って、星が「流れた」という症状になります。 オフアキシスガイドは有効な解決策のひとつですが、今回の組み合わせでは周辺光量が足りないのと長焦点ゆえにガイド星が見つからないと困ると思い、「アリガタを長いものに交換」して親子亀ならぬ「コバンザメ方式」でオートガイドに挑戦しました。 「コバンザメ方式」。 架台はEM-200、ガイド鏡はGT-40、オートガイダーはM-GENを使いました その結果が上の画像です。 10分間の露光に対して星はほとんど点像を保っています。 わずかなズレは「長アリガタのたわみ」「オートガイダーケーブルが風に吹かれたこと」などに起因すると思われますが、それでもオートガイドしないのとでは雲泥の差です。 また、上の画像で確認できるように、露光中にミラーが傾いて星像が動く等といった現象は見られませんでした。 実際、ノータッチのほうの星像の「流れ」に対して垂直な方向の「振れ」は約3. 5秒角と僅かです。

次の