めっちゃwifi 遅い。 パソコンのWi

めっちゃWiFi遅い通信速度 速くする解決法とは

めっちゃwifi 遅い

他のWiFiと違ってデータ量の制限もないし、遅いときでもある程度は使えるから 工事がいらないWiFiの中ではソフトバンクエアーはいいほうですよ。 ちなみに、どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどの他のWiFiは、 いきなり使えなくなったりします。 上限なく使えるとか言ってても、電波環境が悪くなって回線がつながらなくなる不具合がよくあるので止めといたほうがいいです。 なので、もし契約するんだったら試しにソフトバンクエアーを契約してみるのもありだと思います。 遅いことはありますが、使う場所によってはめちゃくちゃ快適に使えます。 しかも、 8日間の完全無料のお試し期間があるので、一回お試しで使ってみるのがおすすめです。 さっきと言ってること違うやん!って思うかもしれませんが、不思議なことに使えるときはめちゃ使えるんです。 ただ回線速度は、使う場所(階数、部屋の場所)と使う地域と使う時間によって違ってきます。 これって、どこでどういう感じで使うかによって変わるんで、 実際に使ってみないと通信速度なんてわからないんですよね。 でも 契約前に通信速度を確かめる方法がないのがソフトバンクエアーのマイナスポイント。 んじゃどうしたら良いの?っていうと、逆転の1手が一つだけあります。 それは、ソフトバンクエアーの 「8日間の無料キャンセル」キャンペーンです。 この8日間の無料お試し期間は、ソフトバンクエアーを契約して機器が届いてからの8日間以内に 電話してキャンセルを伝えればすべて完全無料でキャンセルできるキャンペーンです。 やることは、 機器が届いた後8日以内に電話でキャンセルを伝えるだけ。 勧誘や引き止めなど何もありません。 この8日間で使い倒せば、自分が使う環境でソフトバンクエアーがどのくらい使えるかわかりますよ。 電波を試したいんだったら、無料お試し期間を使えば間違いなしです。 ということで、この 「8日間の無料お試し期間」を使えば自分が快適にソフトバンクエアーが使えるか すべて無料でわかります。 普通に申し込みをして、本体が到着してから8日間が対象になるので、速度に不安がある方はぜひこの「8日間の無料お試し期間」をうまく使ってみて下さい。 というよりむしろ、知らずに契約すると損するだけなので、バカ見たくないかたは必ずチェックしてください。 詳細は下のリンク先から確認してみて下さい。 ソフトバンクエアーの不満ワースト5 通信速度が遅いってのは置いといて、その他にも不満、悪い評価がありますんで、しっかりと見ていきましょう。 不満ワースト5はコチラです。 1位の通信速度が遅いのは、 契約後にしかわからないことですね。 通信速度に不満がでるのはしょうがない方と思います。 ただ逆に、2位〜5位については 契約前に分かることなんで 契約した後に文句言うなよって感じです。 安い買い物ではないのでちゃんと調べましょう。 ここからは、1位〜5位の不満について、詳しい情報と契約前にできる対処方法についてまとめていきます。 2位 通信回線の対応エリアが少ない 契約前に分かることに文句言ってるやつですね。 口コミにはこんなのがあります。 う〜ん。 ソフトバンクエアーの通信エリア外だと、使えなかったり、速度が遅くなったりするやつですね。 日本の山奥でもない限り、基本的にはソフトバンクエアーの通信エリアに入っているとは思います。 ただ離島やど田舎だと圏外になってることもありますね。 これって、事前に調べようと思えば調べられるんですよね。 それに、契約のときに対応してくれるオペレーターさんから必ずエリア内かどうか教えてもらえるはずです。 なので、契約後にエリア外って分かるとか、販売した代理店やその店員さんの対応が悪かったのかなとしか思えません。 それに、もし契約後に本体が届いた後でも 8日以内ならキャンセルできる無料キャンセル期間があります。 この無料キャンセル期間をうまく使えば、最悪圏外だったり電波が遅かったりしたら止められます。 調べてから契約するってのがいかに大切かってことですね。 あなたが嫌な思いをしたくないなら、必ず無料キャンセル期間は知っときましょう。 3位 料金が高い これは... まぁ納得して契約してるんですよねって口コミです。 言いたいことはわかります。 回線速度がそこまで出なかったのに、毎月高いお金払わせるなや!!ってことをいいたいんだと思います。 ソフトバンクエアーの基本料金って分割払いで 月額3,800円(1年目) 月額4,88 0円(2年目以降) かなと思います。 まぁちょっと高いですね。 でもまぁ、バカ高い本体を分割払いで実質無料にしてくれたり、契約するときに 最大30,000円もキャッシュバックくれたりするんで、少し高いのはしょうがないかなと思います。 キャッシュバックを考えると実質の負担はもっと少ないですしね。 キャッシュバックが大きいとろこで契約すればするほど、ソフトバンクエアーはお得に使えます。 ちなみに、キャッシュバック金額が一番多くてオススメなのは という代理店です。 この代理店なら、キャッシュバックが最大の30,000円ですし、8日感の無料キャンセルもできて、親切丁寧に接客してくれるので一番オススメです。 > 4位 契約期間が長くて、解約時に本体代がかかる これも契約前に確認しておくポイントですね。 ソフトバンクエアーは分割払いだと、 36ヶ月以内に解約したときに違約金と本体代金がかかります。 もうこれくらい知っときましょうよ。 ソフトバンクエアーの契約期間は2年間です。 つまり、 2年後に解約しない限りは契約解除料で9,500円の違約金がかかります。 そして、本体の分割払いは36ヶ月間です。 本体代金を払ってないように見えますが、実際は値引きされているだけなので36ヶ月以内の途中解約だとその分の費用が当然必要になります。 そしてこんなのもありました。 これは推測ですが、 この契約者さんたちはあまり調べずに契約しちゃったのかなと思います。 どこで契約したのかはわかりませんが、この内容ってHPにも契約書にもしっかりと書いてあると思うんですよね。 それに、契約時にも説明されるはずの内容ですし、電話なら録音もしていると思います。 さすがに詐欺はいいすぎかなと。 これで責められるソフトバンクさんが少しかわいそうです。 でも見落としがちなところではあるので、必ず確認してから申込みましょう。 法律でそうなってるんで仕方がないんです。 ちなみに別の場所で使うと、 警告が来た後に強制解約になります。 なので、別の場所では使わず、契約通りの住所で使うのが吉です。 ちなみに、引越したときは住所変更をとどければOKです。 ネットから簡単にできます。 まとめ ソフトバンクエアーの利用者が思う「不満」ワースト5は• 1位 通信速度が遅い• 2位 通信回線の対応エリアが少ない• 3位 料金が高い• 4位 契約期間が長い• 5位 契約した場所でしか使えない です。 通信速度に関しては住んでいる場所がどのくらいまで速度が対応しているのか?がポイントとなります。 結局ですが、ソフトバンクエアーも他のインターネット回線も使ってみないといいか悪いかなんてわかりません。 なので、とりあえずでもいいので悩みすぎずに契約しちゃうのがいいかと思います。 無料キャンセル期間なら、 8日以内なら完全無料でキャンセルできます。 この無料期間中に、ソフトバンクエアーの使い心地を試してみるってのが一番賢い選択かなと思いますよ。 ソフトバンクエアーNo,1の代理店のエヌズカンパニーなら、• 契約するだけでキャッシュバックが 最大30,000円• 8日間の無料お試し期間も有り• 親切丁寧 に対応してくれます。 エヌズカンパニーにしておけばソフトバンクエアーの契約で失敗しないので、いますぐ詳細をチェックしてください。

次の

【2020年版】めっちゃWiFiを選ぶポイント!料金・速度・評判をすべて解説!

めっちゃwifi 遅い

この記事の目次• 月額料金• 解約条件 などの基本情報について表にまとめました。 最大150Mbpsで全国の広いエリアで利用でき、しかも ネット使い放題です。 また、別料金はかかりますが、 申請不要で海外での使用も可能です。 なので、ネットにいくら繋いでも速度制限はかかりません。 有名なモバイルルーターにのギガ放題があります。 これは無制限に見えて実は 3日で10GBを超えた場合に速度制限がかかる といったルールがあります。 めっちゃWiFiの場合はこのような3日で10GBまでというルールもありません。 完全無制限で使うことができます。 また、他社だと 「 最初の2年間は安いけど、以降数百円値上がりしてしまうといった」 パターンがよくあります。 なので、故意や過失で端末を故障させてしまった場合に必ず 『 レンタル機器損害金』 を支払わなくてはなりません。 ただし、めっちゃWiFのレンタル機器損害金は たったの5,000円だけです。 一般的なレンタルWi-Fiの補償オプションは 月額500円です。 補償オプション未加入時に故障した場合は 20,000円ほど取られます。 結果、どっちにしても高いです。 なので、めっちゃWiFiが 補償オプションなしで機器損害金が安い 点は意外なメリットと言えます。 海外へそのままルーターを持っていき 電源を入れるだけで利用ができます。 料金は 使った日だけ加算される仕組みです。 1日1GB使用できます。 そして、これを超えた場合は 速度制限されます。 1日のリセット時間は日本時間のAM9:00です。 でも海外で1日1GBも使えれば十分な量でしょう。 ちなみに、スマホキャリアでも海外プランがあります。 海外での利用でも めっちゃWiFiのほうが安くてお得です。 発送までの期間 3営業日前後 最短即日 4営業日以内 めっちゃWiFiは申し込み手続き完了後、 3営業日前後で出荷されます。 3営業日前後なので、営業日ではない土日を挟むと結構遅くなっていまします。 出荷から到着までは1~2日かかるので、申し込みから 早ければ4~5日程度に到着します。 土日を挟んだ場合は 1週間程度到着までかかるとみたほうがいいでしょう。 競合他社では申し込み後に即日発送を行っているケースも多いです。 その為、 めっちゃWiFiの発送の遅さはデメリットと言えます。 最大通信速度 下り150Mbps 上り50Mbps 下り558Mbps 上り30Mbps 比較の結果、めっちゃWiFiは 半分以下のスピードです。 上り速度に関してはめっちゃWiFiのほうが速いです。 でも、基本的に通信速度で 重要なのは下りのほうです。 めっちゃWiFiが 最大150Mbps です。 それに対し、WiMAXは 最大558Mbps なので相当な違いです。 ただし、最大通信速度はあくまで目安であって、実測値はもっと遅くなります。 それと、WiMAXとは電波の周波数帯が違います。 どちらかと言えば高周波数帯のWiMAXは建物などの障害物に弱いです。 なので、 繋がりやすいという点に関しては めっちゃWiFiのほうが優れています。 そのため、電波の入り具合が良いめっちゃWiFiのほうが実測値は速くなることもよくあります。 本日の速度 — Zodiac ZodiacXIII 今日届いた使い放題のめっちゃwifi、なかなかいい速度出してるやん — ひろひとんとん hitotoron なるものを契約してみた。 大手3社の回線を使ってるから田舎でも使えて今まで圏外で無理だった場所でも使えるのでは?と思った為。 実際、今まで電波の悪かった場所でも普通に繋がってて凄い。 それもそのはず、トリプルキャリアのクラウドSIMです。 なので、実質 スマホキャリアの通信と速度は変わりません。 普通にスマホが使えるエリアであれば繋がるし、それなりの速度も出ます。 めっちゃwifi契約検討していて、聞きたいことあるからカスタマーセンター電話してるんだけど、もう10分くらいコールしたままで電話に出ない。 — たぁ。 @魔法的 taakun1978 サポートセンターへの電話が繋がらないといった口コミ・評判がありました。 料金設定が安い代わりに、サポート面には重きを置いていない印象を受けます。 通信速度や繋がり易さはよい評判が見られます!• 比較対象は、• モバイルルーターの中では最も有名な WiMAX• サービス内容的にはほぼ同じでコスパ最強の MUGEN WiFi です。 違うのは、 MUGEN WiFiだと 25カ月目以降の端末の返却が不要 になっているという点です。 それに、MUGEN WiFiはめっちゃWiFiよりも• 月額料金が200円安い• 契約解除料も安い 結果となっています。 3年間使った場合の月額料金合計 めっちゃWiFi 125,280円 MUGEN WiFi 118,080円 なので、単純に国内だけで利用することを考えた場合、 めっちゃWiFiよりもMUGEN WiFiのほうがコストパフォーマンスが高い です。 海外利用も考えた場合は、めっちゃWiFiのほうが 海外利用料金が若干安いです。 でも、しょっちゅう海外へ行くような人でないとそんなに差は出ません。 ただし、 端末故障時のことを考えた場合は、 めっちゃWiFiのほうがお得です。 MUGEN WiFiでは 端末保証オプションが500円 です。 これに加入した場合は めっちゃWiFiよりもトータルが高くなります。 MUGEN WiFiでは端末保証オプションに加入しないで故障が発生した場合は 20,000円 もかかってしまいます。 まず、WiMAXは 海外での利用ができません。 それと、 1日3GBまでというデータ通信量の制限もあります。 その代わり、地下などへは届きにくい性質を持っています。 エリアもドコモ・au・ソフトバンクの通信ネットワークに比べると狭いです。 WiMAXの契約期間は3年自動更新です。 なので、 更新月以外での解約は契約解除料が発生 します。 それに対し、めっちゃWiFiの場合は最低利用期間2年ですが、自動更新契約ではありません。 なので、めっちゃWiFiを 2年以上使っているなら、 いつ解約しても契約解除料は発生しない のです。 WiMAXでは高額なキャッシュバックが貰えるので、月額料金はめっちゃWiFiより高いです。 ただ、 3 年間のトータルコストで考えればWiMAXの方が少しだけ安くなっています。 3年間使った場合の月額料金合計 めっちゃWiFi 125,280円 WiMAX 120,722円.

次の

限界突破WiFi と めっちゃWiFi を徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します

めっちゃwifi 遅い

無線LAN Wi-Fi ルーターの設定を変更する まずは有線状態で十分な通信スピードがあるかをチェック 最初はルーター側の設定を見直すことから始めますが、その前に現時点でどれくらいの回線スピードが出ているのか計測しておきましょう。 インターネットスピードの計測サイトはいろいろありますが、は何もしなくても即座にインターネット回線のスピードを計測してくれます。 現時点で2Mbpsとか3Mbpsしか出ていないようだと動画の視聴、特に高画質な動画の再生は厳しいですね。 ADSL回線で基地局との距離が離れている場合は十分なスピードは期待できません。 インターネット契約が光のような高速回線なら、一度ルーターの電源を切って30分ほど放置してください。 ルーターがリセットされて通信スピードが改善されることがあります。 ルーターの電源を切って放置 リフレッシュ するのは、ネットにつながらないとか接続が不安定なとき最初に試してみる方法です。 頭の片隅にでも入れておいてくださいね。 無線LANルーターの設置場所を変更する 最も基本的かつ効果的なのが、無線LANルーターの置き場所を変えることです。 Wi-Fiの電波は放射状に広がり障害物に弱い性質なので、ルーターを障害物のない高い場所に置くほうが電波のロスが少なくなります。 またルーターとパソコンの距離は、できるだけ近づけてください。 ルーターとパソコンが別々の部屋にあったり一階と二階に離れている場合は、途中にを設置すると電波がリレーされて届きやすくなります。 価格も手ごろですので設置してみる価値はあります。 ルーターのファームウェアを更新する ここからはルーターの管理画面に入って設定をチェックしていきます。 ほとんどの場合、WebブラウザのURL欄に192. 168. 1と入れて、ユーザー名とパスワードを入力すれば管理画面に入れると思います。 管理画面に入ったら、最初にファームウェアの更新をチェックしましょう。 ルーターには機器をコントロールするファームウェアというプログラムがあります。 不具合が修正されたり新機能が使えるようになった新しいファームウェアが公開されていることがあるので、お使いのルーターのWebサイトで確認してください。 特にパソコンのOSがWindows10で、それ以前に購入したルーターでは、ファームウェアの更新で通信スピードや安定性が改善することがあります。 ルーターのメーカーサイトに最新のファームウェアがあればダウンロードして、ルーターの設定画面から適用してください。 11acについては補足的に説明させていただきます。 ルーターのオートチャンネルを無効にする ルーターの設定画面で「オートチャンネル」が有効になっている場合は、これを無効にしてチャンネルを指定します。 IEEE 802. 4GHz帯を使うので、近くで同じようなチャンネルが使われていると電波が干渉して不安定になります。 そこで空いていそうなチャンネルに指定することで通信が安定することがあります。 下の画像ではオートチャンネルを無効にしてチャンネル11を指定しました。 チャンネル数はこれが正解というわけではないので他の番号も試してください。 他の電波と干渉する場合は20MHz幅に引き下げられるので常に効果ありとはなりませんが、幅が広がった分だけ通信スピードがアップする機会が増えます。 パソコンの無線LANアダプタの設定を見直す ここからはパソコン側のWi-Fi設定を見直していきます。 無線LANのドライバを更新する 先ほどルーターのファームウェアを更新しましたが、パソコン側にも無線LAN通信を行うためのドライバというプログラムがあります。 このドライバを最新のものに更新することで通信状態が改善する場合があります。 Windows10の場合は、• デスクトップ画面左下の「Windowsメニュー」上で右クリック• 「デバイスマネージャー」から「ネットワークアダプター」を選択• 無線LANアダプタ上で右クリックして「ドライバーソフトウェアの更新」をクリック 「ドライバソフトの最新版を自動検索します」をクリックするとスキャンが開始され、新しいドライバがあった場合はインストールが行われます。 ネットワークアダプタの設定を変更する 次にパソコン側のWi-Fi設定を変更します。 ドライバの更新と同じように• 「Windowsメニュー」上で右クリック• 「デバイスマネージャー」から「ネットワークアダプター」を選択 このパソコンは「Broadcom 802. 先ほどルーター側で共存するように設定したので、こちらも「Auto」または「Enabled」で有効にします。 40MHz Intolerant 40MHz 対応不可 「40MHz Intolerant」は2. 4GHz帯を強制的に20MHz幅に下げる設定なので、「Disabled」で無効にします。 ただ、ネット上にある情報を漁ってみると「40MHz Intolerant」は「Enabled」にする、という情報も多くあります。 実際のところ、こちらの環境では「Enabled」でも「Disabled」でも変化は実感できなかったので、両方試してみてください。 Antenna Diversity アンテナ ダイバーシティ アンテナ ダイバーシティは、同じ電波が複数に分かれて送られてくるときに電波状況のいいほうを優先して受信したり、複数の電波を合成してノイズを減らします。 「Auto」や「Main」になっているとWi-Fiスピードが大きく落ちることがあるので「Aux」を指定します。 Bandwidth Capability Bandwidth Capabilityも電波の帯域幅に関する設定項目です。 WMM WMMとはWiFi Multimediaの略で、その名のとおりWi-Fi接続しているときに動画や音声を優先的に受信する設定です。 但しパソコンによっては有効にすると逆にWi-Fi接続できなくなる場合があるようです。 レノボのノートパソコンではWMMを無効にするとWi-Fiがつながるようになった、という情報がインターネット上に多く見られます。 もし同じようにWMMを有効にしたらWi-Fiが接続できなかったり不安的になった場合は拒否にしてください。 ここまで一通り設定を見直したらパソコンを再起動して、もう一度インターネットのスピードを計測してみてください。 これでもWi-Fiスピードが上がらなければ さて、どうでしょうか? Wi-Fiは前よりも速くなったでしょうか? もし全然ダメ!という場合は、あとひとつ打つ手があります。 それは、 もう少し高い無線LANルーターに買い換える 家庭向けの無線LANルーターは2,000円くらいから20,000円くらいまであり、その価格差は10倍にもなります。 では、2,000円のルーターと20,000円のルーターの違いはなんでしょうか? ひとつは対応する帯域の違いです。 2,000円~3,000円くらいのルーターはIEEE 802. 4GHz帯を使うIEEE 802. 5GHz帯を使うIEEE 802. 11 acに対応したルーターは電波の干渉をほとんど気にする必要がなく、IEEE 802. またルーターに内蔵されているプロセッサやアンテナなど、ハードウェアの性能も価格の高いルーターのほうが優れています。 よくルーターの説明で「ワンルーム向け」のような表示がありますが、これは「1部屋で数メートルくらいの距離なら使える程度の性能です」という意味で、モノは言いような表現なわけです。 パソコンも価格が高いほうが高性能なのと同じで、無線LANルーターもある程度の価格帯(と言っても1万円~2万円)の製品のほうが安定して高速なWi-Fi通信が期待できます。 さらにIEEE 802. 11 acでは、• 帯域幅が80MHz または160MHz まで使える• 複数の端末が同時にアクセスしてもスピードが落ちにくい「MU-MIMO」• もし今使っている無線LANルーターがIEEE 802. 11 ac対応ルーターに買い換えることで安定してスピードアップできる可能性は高くなります。 但しIEEE 802. 11 acはノートパソコンも対応していることが必要です。 低価格なノートパソコンは11acに対応していないものも多いのですが、その場合はUSBポートに接続できる11ac対応の子機が便利です。

次の