太平 シロー 死因。 太平シロー

もぐら的生活毎日が日曜日

太平 シロー 死因

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 本名、 伊東 博。 、卒業。 死去時の所属は。 2人姉弟の長男。 旧芸名: 太平 シロー(読み同じ)。 また、より一時期 太平 詞郎と表記していた。 来歴 [ ] 漫才師デビューまで [ ] 時代はアカデミー児童劇団に所属していた経験があり、在阪局製作のドラマや、、、製作の映画にも多数出演していた。 とは中学の同級生。 その後ファッションモデルへの転身を経ての養成所に入り、であるトリオ・に師事し、に養成所時代に知り合ったとともに「」のコンビ名で所属の漫才コンビとしてデビュー。 シローは駆け出しからずっと相方が決まらず、複数の相方を変遷した経緯がある。 ただしこのサブローとのコンビは比較的安定していた。 吉本への移籍 [ ] その後、のテレビ番組『』出たさに吉本興業への移籍をひそかに望むが、当時は吉本と松竹との協定で相互の芸人の引き抜きは禁じられていた。 そのために悩んでいた所、師匠のレツゴー三匹から弟子の立場を破門される。 実は2人の心移りを知っていたレツゴー三匹が吉本へ行くことが可能になるように芝居を打ってのことであった(従って師匠・弟子としての関係は続いていた)。 吉本からの独立 [ ] 俄かに湧いたという時代の波に乗り、人気漫才コンビとしての地位を確立した。 には、吉本から独立して東京の芸能プロダクションに所属しテレビ番組に出演。 に漫才コンビは解散。 芸能社太平会館を立ち上げ、「 太平 詞郎」に改名。 同年にの姉妹団体・公認でから立候補するも落選。 吉本復帰後 [ ] に吉本へ復帰。 当初は放送作家としての活動が中心だったが、大平マサヒコ(現:)と漫才コンビを結成し舞台に出演。 しかし、ほどなく解消。 以降はピンで活動する。 喧嘩別れする形でのコンビ解消、サブロー単独での吉本復帰(後にシローも吉本復帰)などの要因で、かつての相方サブローとは、絶縁状態とされていたが晩年は関係修復されており、サブローがトーク番組でも「あの時シローちゃんが…」と、シローの話をすることがあった。 吉本内部で、のようにコンビ復活させる案も出たが、実現には至らなかった。 タレント業のほか、(現:)、()、、ら弟子も抱え、更に居酒屋やバー等飲食店の経営も行うマルチな活躍をした。 放送作家として本名の「伊東博」名義で『』の構成や『』でブレーンとして参加していた。 東京本社所属でありながら、東京での仕事は非常に少なかったが、2006年に映画『』に出演し、久々にスクリーンに姿を見せた。 死去 [ ] 、大阪市内の事務所で倒れ、市内の病院に緊急搬送。 難治性と診断され、治療を受けたが、に家族や弟子に見守られ死去。 55歳没。 シローの死から一夜明けた、相方のサブローが報道陣との質問で、4年前()に「サブロー・シロー」を再結成する計画を話し合っていたことを明かした。 ・告別式はに親族のみの家庭葬としての形で大阪府内で営まれた。 前日の通夜にはサブローも参列し、告別式には吉本興業会長のや、中学の同級生だったオール阪神が参列、他に()、ら芸人仲間も弔問に訪れた。 また、からの供花も供えられていた。 師匠であるレツゴーじゅんが、シローの遺影の前で「あんな漫才は出来ない。 君は天才や。 君と知り合えてありがとう」と泣きながら弔辞を読み上げた。 出棺の際、シローが眠るを抱えたオール阪神とおさむが「シロー、ありがとう! 」と絶叫しながら漫才ブームを支えた同僚に最後の別れを告げた。 は「 芸華博道信士(げいかはくどうしんじ)」。 ものまねのレパートリー [ ]• :オール阪神• :今くるよ• ::師匠• :生恵幸子• 鳳啓助・京唄子:• :2人共• 『』の• 『』シリーズの(ドクロベエ他)• 『』シリーズの(ボヤッキー他)• (笑芸作家)• (作家)• 有川寛(元プロデューサー、前館長)• 川崎宗男(元、などの担当マネジャー) 『』の『 ひょうきんベストテン』のコーナーでは、、などの当たり役も多かった。 シローが行っていたものまねの一部は、や()も行っている。 レギュラー番組 [ ] ラジオ [ ]• (、2007年3月終了) インターネット [ ]• (、) 出演していた番組 [ ] サブロー・シローとしての出演はを参照。 映画 [ ]• (1987年、東宝:天王寺屋善平)• (2006年、パンドラ:若林陽一)• テレビドラマ [ ]• いたずらエンジェル おじゃ魔天使(「」1985年)• (「」1990年8月4日放送、シロー名義)• 第16シリーズ「安浦刑事が殴った女」(2003年、・東映) - 野川誠• (「」2003年11月10日放送) - 飲み屋の客 情報番組 [ ]• (1989年、フジテレビ) バラエティ番組 [ ]• (フジテレビ)• (フジテレビ) CM [ ]•

次の

突然死・大平シロー破天荒人生

太平 シロー 死因

大平シロー(漫才コンビ名は、太平シロー)が予想外の若さ、55歳で逝った。 奇しくも、サブローが芸歴36周年のイベントを続けている時だった。 シローの芸を一言でいうと「漫才センスの新しさ」であり、掛け合いのテンポだけではなく、ものまねも独創的だった。 世間が知らないスタッフ、テレビ局の有川(寛)プロデューサーの癖を拾い上げ、漫画的なおかしさに創り上げた。 似ているかどうかではなく、仕草のとぼけぶりで笑わせるのだ。 楽屋で大ブームになったほどで、「ものまね芸の価値転換」をやり遂げた。 さらに芸人のものまねでも、いとし・こいしの漫才は端正で特徴がないと思われていたのに、こいしのしゃがれた低い声に着目。 それを大げさに誇張して爆笑をとった。 おかしいものをかぎとる嗅覚がずば抜けていた。 子供の頃は俳優志望で児童劇団に入り、中学ではモデルもしていた。 その後、松竹芸能タレント養成所に入り、そこで運命の人サブローと出会う。 敬愛していたレツゴー三匹に弟子入りし、1976年、松竹芸能の漫才師としてデビュー。 根っからの天才肌で、ネタをつくり掛け合いの息にもこだわる。 いきおい、相方への指導も厳しくなり、サブローは耐えきれず失踪。 ラーメン店で働く。 シローは仕方なく、新コンビを組むがうまくいかず、3年後ラーメン店に足を運び、コンビ復活を懇願。 わだかまりを捨て再スタートし、それを機に吉本へ移籍。 丁度その頃、漫才ブームの真っ最中で、「ザ・MANZAI」出演がきっかけで人気沸騰。 ぎりぎり漫才ブームに間に合い、最後の一角にすべりこんだ。 この頃まで、漫才はもちろん何であれシローがリードして、周囲に気配りしていた。 サブローは喜んで従った。 88年、東京の仕事が増えない不満から独立し、東京へ進出。 慰留をけって飛び出したのはいいが、半年後には仕事がなくなる。 92年、意見の食い違いからコンビを解散し、シローは参議院選挙に出馬して落選。 1年後、サブローは吉本の先輩の助力もあり、会社にわびて復帰した。 サブローは苦労を経験して、周囲とうまく合わせる大切さや、その時々の空気を読む大事さに気付いた。 そこから今の気づかいができ、任せて安心な調整役的キャラに生まれ変わった。 一方、シローは不運の連続。 でも子役あがりの人特有のプライドを捨て切れず、自信ある芸を分かってくれない世間に落胆した。 選挙の落選もこの気持ちを強めた。 年月が過ぎ、99年、シローも吉本に復帰。 放送作家として活動しながら、居酒屋やバーを経営して、順調な日々を送っていた。 漫才絶頂の頃、シローが流行らせたギャグ「好きくない」。 自分の才能の一端しか出せなかった漫才人生に向けて、ある満足感をもって愛嬌たっぷりに「好きくない」と言っているかもしれない。 ご冥福を祈る。 (演芸評論家・今村荘三).

次の

突然死・大平シロー破天荒人生

太平 シロー 死因

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 本名、 伊東 博。 、卒業。 死去時の所属は。 2人姉弟の長男。 旧芸名: 太平 シロー(読み同じ)。 また、より一時期 太平 詞郎と表記していた。 来歴 [ ] 漫才師デビューまで [ ] 時代はアカデミー児童劇団に所属していた経験があり、在阪局製作のドラマや、、、製作の映画にも多数出演していた。 とは中学の同級生。 その後ファッションモデルへの転身を経ての養成所に入り、であるトリオ・に師事し、に養成所時代に知り合ったとともに「」のコンビ名で所属の漫才コンビとしてデビュー。 シローは駆け出しからずっと相方が決まらず、複数の相方を変遷した経緯がある。 ただしこのサブローとのコンビは比較的安定していた。 吉本への移籍 [ ] その後、のテレビ番組『』出たさに吉本興業への移籍をひそかに望むが、当時は吉本と松竹との協定で相互の芸人の引き抜きは禁じられていた。 そのために悩んでいた所、師匠のレツゴー三匹から弟子の立場を破門される。 実は2人の心移りを知っていたレツゴー三匹が吉本へ行くことが可能になるように芝居を打ってのことであった(従って師匠・弟子としての関係は続いていた)。 吉本からの独立 [ ] 俄かに湧いたという時代の波に乗り、人気漫才コンビとしての地位を確立した。 には、吉本から独立して東京の芸能プロダクションに所属しテレビ番組に出演。 に漫才コンビは解散。 芸能社太平会館を立ち上げ、「 太平 詞郎」に改名。 同年にの姉妹団体・公認でから立候補するも落選。 吉本復帰後 [ ] に吉本へ復帰。 当初は放送作家としての活動が中心だったが、大平マサヒコ(現:)と漫才コンビを結成し舞台に出演。 しかし、ほどなく解消。 以降はピンで活動する。 喧嘩別れする形でのコンビ解消、サブロー単独での吉本復帰(後にシローも吉本復帰)などの要因で、かつての相方サブローとは、絶縁状態とされていたが晩年は関係修復されており、サブローがトーク番組でも「あの時シローちゃんが…」と、シローの話をすることがあった。 吉本内部で、のようにコンビ復活させる案も出たが、実現には至らなかった。 タレント業のほか、(現:)、()、、ら弟子も抱え、更に居酒屋やバー等飲食店の経営も行うマルチな活躍をした。 放送作家として本名の「伊東博」名義で『』の構成や『』でブレーンとして参加していた。 東京本社所属でありながら、東京での仕事は非常に少なかったが、2006年に映画『』に出演し、久々にスクリーンに姿を見せた。 死去 [ ] 、大阪市内の事務所で倒れ、市内の病院に緊急搬送。 難治性と診断され、治療を受けたが、に家族や弟子に見守られ死去。 55歳没。 シローの死から一夜明けた、相方のサブローが報道陣との質問で、4年前()に「サブロー・シロー」を再結成する計画を話し合っていたことを明かした。 ・告別式はに親族のみの家庭葬としての形で大阪府内で営まれた。 前日の通夜にはサブローも参列し、告別式には吉本興業会長のや、中学の同級生だったオール阪神が参列、他に()、ら芸人仲間も弔問に訪れた。 また、からの供花も供えられていた。 師匠であるレツゴーじゅんが、シローの遺影の前で「あんな漫才は出来ない。 君は天才や。 君と知り合えてありがとう」と泣きながら弔辞を読み上げた。 出棺の際、シローが眠るを抱えたオール阪神とおさむが「シロー、ありがとう! 」と絶叫しながら漫才ブームを支えた同僚に最後の別れを告げた。 は「 芸華博道信士(げいかはくどうしんじ)」。 ものまねのレパートリー [ ]• :オール阪神• :今くるよ• ::師匠• :生恵幸子• 鳳啓助・京唄子:• :2人共• 『』の• 『』シリーズの(ドクロベエ他)• 『』シリーズの(ボヤッキー他)• (笑芸作家)• (作家)• 有川寛(元プロデューサー、前館長)• 川崎宗男(元、などの担当マネジャー) 『』の『 ひょうきんベストテン』のコーナーでは、、などの当たり役も多かった。 シローが行っていたものまねの一部は、や()も行っている。 レギュラー番組 [ ] ラジオ [ ]• (、2007年3月終了) インターネット [ ]• (、) 出演していた番組 [ ] サブロー・シローとしての出演はを参照。 映画 [ ]• (1987年、東宝:天王寺屋善平)• (2006年、パンドラ:若林陽一)• テレビドラマ [ ]• いたずらエンジェル おじゃ魔天使(「」1985年)• (「」1990年8月4日放送、シロー名義)• 第16シリーズ「安浦刑事が殴った女」(2003年、・東映) - 野川誠• (「」2003年11月10日放送) - 飲み屋の客 情報番組 [ ]• (1989年、フジテレビ) バラエティ番組 [ ]• (フジテレビ)• (フジテレビ) CM [ ]•

次の