渋谷 ローストビーフ。 【限定プランも】渋谷のローストビーフが美味しい店のディナーを予約

ローストビーフ専門店 Meet Mountain 渋谷店の配達

渋谷 ローストビーフ

もくじ• ローストビーフ大野@渋谷店 場所的には、いわゆる飲食を中心とした雑居ビル的な感じの地下1Fにあり、目立たないロケーション。 ビルの外にあるインフォメーション看板だけが目印だ。 今年2016年4月にオープンしてたようだが、いつも通ってる道なのにマジ全然気づかなかった。。 まずは、細い階段を下りお店に向かってみた。 階段を下るとデカデカとした看板が見えてくる。 左がイカセンター、右手がローストビーフ大野みたいだ。 早速入店してみた。 店内は木を使ったオサレな感じで、テーブル席がメイン。 厨房に面したカウンター席も何席か準備されてる。 まずは、メニューを見てみた。 メニュー• 和牛ローストビーフ丼定食 1500円• ローストビーフ丼定食 1000円 (どちらも税別) 御飯の大盛りは無料はウレシイなぁ 和牛にするかフツーのもの(輸入?)にするか悩むところだが、ここはやはりワシの大和魂に勢いを任せ(?) 和牛ローストビーフ丼定食をお願いしてみた。 もちろん、大盛り無料の御飯は追加で!。。 店内はオサレな感じの佇まいで、ランチタイムを過ぎてたからかサラリーマンやOLさんの姿は少なく、意外と若い人が多いかな。 まぁ、渋谷らしいといえばらしいな。 ローストビーフというと、薄くスライスされたアレをビールやワインのおつまみ的に食べる印象が強いが、まさかドンブリにて御飯の相棒として頂けるなんてテンション上がりまくりだなぁ。 うほっ! どことなく高級食材の位置づけ感漂うローストビーフ。。 普段はツマミの一品としてローストビーフを食べることはあるのだが、あまり狙って食べることもないのが正直なところだ。 でも丼となれば話は別だ!あ゛ー早く食べたい。。 ローストビーフ大野といえば、秋葉原店を皮切りに吉祥寺、そしてここ渋谷店と都内でもジワジワきてるローストビーフ専門店。 最近は原宿なんかにも店舗が出来てるみたいだ。 そして5分ほどで和牛ローストビーフ丼が供された。 和牛ローストビーフ丼@大盛り 大量のローストビーフが積み重ねられた上には生玉子が鎮座され、横にはマヨネーズがタラリと流れてる。 ドンブリなのに御飯の姿は一切見えない。 はじめはそのままの味で、あとはお好みで薬味や塩などでお楽しみください。。 とのことだ。 まずはお肉を一枚頂いてみた。 うおっ!ナニコレ超うまっ! ローストビーフという概念を見事に打ち砕いてくれるというか、非常に柔らかいお肉で、溶けるような柔らかさだ。 量もかなりタップリ目で、薄くスライスされた肉が何層にも重ねられてて、テンコ盛り状態になるまで盛られてる。 和牛だからなのか脂のサシも適度に乗ってて、これが何気にうまい。 料理名どおり確かにローストビーフなのだが、どことなく生肉に近いレベルのお肉で、そこにローストビーフのソース、マヨネーズ、などお好みの味付けで食べる感じだ。 まさに生肉に近いのだが、やはり肉の鮮度がいいのかな。 ワシワシとかきこめるお肉は、そのまま食べても脂も乗ってメチャうま! 最初かかってるソースはシンプルなローストビーフソースという味わいで、これはこれで、お肉の味をそのまま味わえる感じでナカナカいい。 マヨネーズを絡めてみるものオツだ。 酸味が若干抑えめのマヨなんで、マヨのコクと肉のウマミでいい塩梅にかきこめる。 そして、頂上にある生玉子をクラッシュさせる!! うりゃー! 生玉子の絡んだお肉もコレマタいい感じで、脂の乗ったお肉を生玉子の黄身が包み込んでくれる。 でもローストビーフを3分の1ぐらいかき分けないと姿を表さない。 それほどローストビーフ感がものすごい。。 初めはローストビーフにしか集中できずに食べ進めてたのだが、途中から御飯の存在に気づき、後半戦はローストビーフ&御飯とのマッチングを楽しむ。 御飯にも若干タレが絡めてあるようで、若干味のついたライスとローストビーフの合わせ技でかきこむ。 単体で食べるローストビーフもいいのだが、やはり肉+御飯のコンビネーションは肉&メシ派の常識とでも言うべきか、口の中でお互いの持ち味が絡み合い超絶にウマシ。 お店オススメの薬味、クリームチーズと山ワサビ、岩塩も試してみたが、個人的には山ワサビがいい感じだなぁ。 脂の乗った肉には、ツンと辛さが効きすぎずサッパリ目に仕上げてくれるワサビ一択だろうな。 付け合せのスープはテールスープっぽい感じで、あっさり目ながらローストビーフに合うなぁ。 丼も汁物も「牛」でまとめる感じが、なんともニクいねぇ! 最後まで御飯をかき込んでしまうと、やはり圧巻のローストビーフに大盛り御飯なんでかなりの満腹感だ。 食べてみると、 てんこ盛りに盛られたローストビーフ丼。 圧巻の量のローストビーフは超柔らかく肉のウマミが上々で、途中までドンブリであったことを忘れてしまうほど集中して食べ続けてしまうローストビーフだった。 マジで丼にしなくてもローストビーフそのものでビールなんかで流し込むのも良いかもしれないなぁ。 特筆すべきは、ローストビーフ専門店たる大野さんの存在だ。 そもそもローストビーフとは、高級な方の食材かと思うのだが、惜しげも無く丼として提供するスタイルはステキとしか言い様がない。 丼というと、本来庶民に優しい料理提供方式かと思うし、しかもリーズナブルに食べられるのが本来のドンブリスタイルかと思う。 今回食べたローストビーフ丼は、ローストビーフという高級食材をドンブリというゴハンに組み合わせた一品であったが、組み合わせ的にはアリな一品だった。 ローストビーフ単体では若干敷居の高い食材であるのだが、ドンブリに組み合わせることで俄然フレンドリーな存在となり、身近な存在になってくれる。 今回食べた「和牛ローストビーフ」は1500円で、丼の価格帯としては若干高い気がしないでもないが、これだけ圧巻の和牛ローストビーフが食べられれば、むしろ安いのではないかと思われた。 普通のローストビーフ丼なら1000円の選択肢もあるので、お財布とお腹の空き具合に合わせてチョイスできるのもありたがいな。 渋谷あたりでヒジョーに肉が恋しくて丼気分な方は、ぜひ試してみてはいかがだろうか。 なにげに肉テンコ盛りで感動もんなんで。。 次回はフツーの1000円のローストビーフ丼も試してみたいなぁ。 御飯はもちろん大盛りで。。

次の

渋谷ローストビーフ丼専門店『鬼ビーフ』へ行ってきたので口コミ書くよ

渋谷 ローストビーフ

毎日、デカ盛り、大盛り、おかわり自由、食べ放題のお店を探しています。 同じ仕事をしているライバルに勝つためには、作業量で上回るしかありません。 今回は、 渋谷デカ盛りランチ、鬼盛りのローストビーフ丼が食べられるお店「 鬼ビーフ 渋谷店」へ進撃しました。 渋谷デカ盛りランチ!「鬼ビーフ」で鬼盛りローストビーフ丼・ご飯大盛り! テレビや 雑誌、 ネットニュースは、かなり 影響力があります。 最近だと、有名な ユーチューバーや ブロガーに紹介してもらう方がより 影響力があるかもしれません。 しかし、そのほとんどに お金が発生します。 これは、当然のことです。 オープンしたばかりのお店で、 資金力があれば、 宣伝費をかけられます。 資金力がなければ、 宣伝費をかけられません。 オープンした時の人の集まり具合は、確実に 宣伝した方が良いです。 味が確かで、 値段も程よくあれば、長い目で見ると繁盛するかもしれません。 しかし、余程の 魅力がない限りは、 口コミなどでは広まりにくく、苦戦してしまいます。 いろんな飲食店の人が 集客に悩んでいるはずです。 売り上げを上げないと身動きが取れなくなってしまいます。 そうなる前に 対策をしましょう。 私はもちろん、 飲食店の 経営をしたことがないため、飲食店経営の 本質的な悩みはわかりませんが、毎日の食べ歩きでいろいろ考えていますので、ここで少し書きます。 売り上げや 集客に悩んだ時は、 魅力的なメニューを用意するのが良いと思います。 魅力的なメニューは、 流行りもの系グルメ、 まかない系グルメ、 デカ盛り・メガ盛り系グルメがいいです。 その 魅力的なメニューを全面に押し出します。 綺麗に写真を撮って、 ポスターや 看板などで、 お客さんや お店の前を歩く人に知ってもらいます。 そうすると、中には看板やポスターの写真を撮って、 SNSにアップします。 また、実際に食べた人も SNSにアップします。 世の中、美味しいものを食べに来たのか、 SNSにアップするために食べに来たのか、わからなくなってきています。 私が食べ歩いているのも、 美味しいものでお腹を満たしたいという思いよりも、 魅力的なお店・メニューの情報をブログでより多くの人に届けたいという思いの方が強い気がします。 魅力的で話題になったメニューに人が集まってくる時代です。 まずは、 話題になってより多くの人にお店を知ってもらうことが大切です。 今回は、 渋谷を歩いていた時に、気になったお店を紹介します。 お店のことなど一切知らない私が、 看板を見て気になり、後日調査しに行きました。 このお店は、私と同じように 看板を見て知った人の方が多いと思います。 飲食店に関わっている人は、いろいろな参考になるかもしれません。 調査結果を報告します。 渋谷駅から徒歩7分、「 鬼ビーフ 渋谷店」に到着です。 「 鬼ビーフ 渋谷店」は、この建物の3階にあります。 「 鬼ビーフ」の店舗は、 渋谷と 原宿にあります。 平日の13時30分頃に来店です。 なぜ私がこのお店を知ったのかというと、お店の周りに 看板がたくさんあったからです。 これは、調査するしかありません。 これは、お店の前を通ったら誰でも気になります。 よかったら、ご覧ください。 <> ローストビーフ丼だけでなく、 パクチービーフ丼もあります。 限られてたスペースを最大限に使って宣伝しています。 いろんなお店が入っている建物です。 奥に進むと エレベーターと 階段があります。 本当にお店はあるのでしょうか。 いかがわしいです。 エレベーター乗り、3階に到着です。 無事、「 鬼ビーフ 渋谷店」に到着です。 入店します。 店内は、こんな感じです。 夜は、「 CGB」という バーになります。 いかにもって雰囲気です。 前払い制のため、カウンターで先に注文します。 メニューは、 ローストビーフ丼と パクチービーフ丼、 ドリンク、 汁物などがあります。 サイズは、 普通、 肉増し、 得盛り、 鬼盛りがあります。 今回は、一番大きい「 ローストビーフ丼・鬼盛り(1980円)」の「 ご飯大盛り(100円)」にしました。 鬼盛りは、 ご飯の量400g、 肉の量250gです。 さらに ご飯大盛りにしたため、 ご飯の量は 400g以上になります。 ローストビーフは、 特選もも肉です。 会計を済ませ、空いている席に座ります。 テーブルの上の様子です。 水はおそらくセルフサービスです。 灰皿があり、 喫煙可能です。 空いていたため、私の時は店員さんが 水を持ってきてくれました。 店内に サインが飾られています。 テーブルの上にもメニューが置かれています。 カテゴリー• 171• 126• 146• 183• 248• 858• 380• 412• 465• 268• 256• 1,184• 143• 1,791• 281• 465• 57 アーカイブ• 108•

次の

渋谷西武店|牛肉・黒毛和牛の肉匠もりやす

渋谷 ローストビーフ

東京都 銀座・日比谷・有楽町• 銀座駅• 銀座一丁目駅• 東銀座駅• 日比谷駅• 有楽町駅 東京・丸の内・日本橋• 東京駅• 大手町駅• 二重橋前駅• 日本橋駅• 水天宮前駅• 八丁堀駅• 宝町駅• 京橋駅• 人形町駅• 新日本橋駅• 三越前駅• 浜町駅• 茅場町駅• 竹橋駅 渋谷• 渋谷駅• 神泉駅 原宿・表参道・青山• 原宿駅• 明治神宮前駅• 代々木八幡駅• 代々木上原駅• 代々木公園駅• 表参道駅• 外苑前駅• 青山一丁目駅 赤坂・虎ノ門• 赤坂駅• 赤坂見附駅• 永田町駅• 国会議事堂前駅• 半蔵門駅• 霞ケ関駅• 虎ノ門駅• 虎ノ門ヒルズ駅• 溜池山王駅• 神谷町駅 六本木・麻布十番・乃木坂• 六本木駅• 六本木一丁目駅• 麻布十番駅• 乃木坂駅 恵比寿・広尾・白金台• 恵比寿駅• 広尾駅• 白金台駅• 白金高輪駅 代官山・中目黒• 代官山駅• 中目黒駅• 祐天寺駅 新宿・代々木• 北参道駅• 参宮橋駅• 新宿駅• 新大久保駅• 西武新宿駅• 大久保駅• 新宿西口駅• 西新宿駅• 都庁前駅• 初台駅• 笹塚駅• 南新宿駅• 新宿三丁目駅• 代々木駅• 国立競技場駅• 千駄ケ谷駅• 信濃町駅• 新宿御苑前駅• 東新宿駅 四ツ谷・市ヶ谷• 四ツ谷駅• 四谷三丁目駅• 曙橋駅• 市ケ谷駅• 麹町駅• 牛込神楽坂駅 飯田橋・神楽坂• 飯田橋駅• 九段下駅• 神楽坂駅 御茶ノ水・神保町・水道橋• 御茶ノ水駅• 新御茶ノ水駅• 小川町駅• 淡路町駅• 神保町駅• 水道橋駅• 本郷三丁目駅• 後楽園駅• 春日駅• 東大前駅 神田・秋葉原• 秋葉原駅• 神田駅• 岩本町駅• 小伝馬町駅• 馬喰町駅• 馬喰横山駅• 東日本橋駅 池袋・目白• 千石駅• 池袋駅• 目白駅• 要町駅• 大塚駅• 巣鴨駅• 大塚駅前駅• 向原駅• 新大塚駅• 東池袋駅• 東池袋四丁目駅• 雑司ケ谷駅• 学習院下駅• 護国寺駅• 江戸川橋駅• 駒込駅 高田馬場・早稲田• 高田馬場駅• 西早稲田駅• 早稲田駅• 早稲田(都電)駅 練馬・石神井・大泉学園• 豊島園駅• 練馬駅 汐留・新橋・浜松町• 汐留駅• 新橋駅• 浜松町駅• 竹芝駅• 内幸町駅• 御成門駅• 赤羽橋駅• 芝公園駅• 大門駅• 日の出駅• 芝浦ふ頭駅 お台場・湾岸エリア• お台場海浜公園駅• 台場駅• 東京国際クルーズターミナル駅• 青海駅• 国際展示場駅• 有明駅• 東京ビッグサイト駅• 東京テレポート駅• 豊洲駅 品川・田町・天王洲• 品川駅• 品川シーサイド駅• 三田駅• 田町駅• 天王洲アイル駅• 北品川駅• 新馬場駅• 高輪台駅• 大井町駅• 大森駅 目黒• 目黒駅•

次の