ウーバー イーツ 配達 範囲。 ウーバーイーツ岡山県の配達エリア範囲と時間や人気の店舗はどこ?注文方法を徹底解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)仙台の細かい配達範囲、メニュー例などを紹介。

ウーバー イーツ 配達 範囲

UberEats Tokyo 対応エリア 東京エリア 23区 東京エリア23区外 八王子市 、町田市 西東京エリア 武蔵野市・調布市・三鷹市・狛江市・西東京市・東久留米市・小金井市・府中市・国分寺市・国立市 ・立川市・小平市・東村山市・日野市・東久留米市・東大和市・昭島市・羽村市、武蔵村山市・福生市 UberEats東京23区の配達可能エリア Uber Eatsの東京配達エリアは足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区と23区内のほぼすべてのエリアでサービスの展開が可能となっています。 また、配達可能エリアは市川や浦安、川崎方面にも繋がっていますので、エリア周辺でUber Eatsを利用する方にとって、とても便利になりました。 UberEats西東京の配達可能エリア 2019年8月よりUber Eats西東京の配達エリアか拡大しました。 これにより、八王子市、 武蔵野市・調布市・三鷹市・狛江市・西東京市・東 久留米市・小金井市・府中市も利用することができます。 東京エリア拡大 【2019年10月29日追記】 2019年11月1日より国分寺市・国立市・立川市・小平市・東村山市・日野市・東久留米市の一部地域でも注文可能となります。 【2020年3月26日追記】 2020年4月1日より東大和市、昭島市、羽村市、福生市、武蔵村山市の一部の地域でも注文可能となります。 2020年4月からのUber Eats(ウーバーイーツ)東京での注文可能エリア UberEats Kanagawa 対応エリア 横浜エリア 西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区・鶴見区 川崎エリア 中原区・川崎区・幸区・高津区 続いては2018年8月から横浜市、川崎市とバラバラにスタートしたUber Eats神奈川エリア。 横浜エリアと川崎エリアが繋がり1つのエリアとして拡大しました。 横浜市内は西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区・ 鶴見区の8区が配達可能エリアです。 また、川崎市内は中原区・川崎区・幸区・高津区を含む一部地域にて配達が可能です。 相模原や横須賀、茅ケ崎、鎌倉などはまだ未対応です。 エリア拡大予定はいまのところ公表されていません。 Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達エリア UberEats 埼玉 対応エリア さいたま市(浦和区、大宮区、中央区、南区) 戸田市 蕨市 川口市 草加市 新座市 和光市 朝霞市 志木市 八塩市 三郷市 越谷市 川越市 所沢市 ふじみ野市 富士見市 続いては2018年9月よりサービスの展開が開始されたUber Eatsの埼玉エリア。 埼玉はさいたま市の浦和区、大宮区、中央区、南区および戸田市、蕨市の一部地域でもご利用いただけるようになりました。 Uber Eats川口市配達エリア拡大 2019年7月10日追記:以下のエリアの他、2019年7月下旬から8月上旬にかけて 川口市(東部)も配達可能エリアに加わりました。 Uber Eats草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市配達エリア拡大 2019年10月29日追記:2019年11月1日より草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市を含む一部のエリアでUber Eatsの利用が可能になります。 Uber Eats八塩市・三郷市・越谷市・川越市・所沢市ふじみ野市・富士見市配達エリア拡大 2020年3月26日追記:2020年4月1日より新たに八塩市・三郷市・越谷市・川越市・所沢市・ふじみ野市・富士見市にて注文が可能となります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)栃木(宇都宮)の配達エリア 関東エリアでは久しぶりに新たなエリアとして栃木県が加わります。 栃木県1ヵ所めとなる宇都宮市は2020年6月2日よりUber Eats(ウーバーイーツ)で注文することができます。 UberEats 宮城 対応エリア 仙台市(青葉区、宮城野区、泉区) 仙台市以外は現在未対応エリアです。 Uber Eats仙台はいつから?との声が聞こえてきそうですが、2020年4月2日よりサービスが開始されました。 Uber Eats仙台では、まず青葉区、宮城の区、泉区を含む一部のエリアで注文が可能です。 Uber Eatsが注文できる中部・北陸エリア 中部北陸エリアでは現在では愛知県名古屋市、石川県金沢市、富山県富山市のみとなっています。 また、2020年6月に静岡県静岡市、浜松市が加わります。 現在のところ新潟、福井、山梨、長野、岐阜は未対応です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達エリア UberEats Nagoya 対応エリア 名古屋市(中区・中村区・西区・北区・中川区・東区・熱田区・千種区・昭和区・瑞穂区・北区・名東・天白・南区・港区・緑区) 名古屋市以外は現在未対応エリアです。 Uber Eatsが利用できる愛知エリアは2018年10月より愛知県名古屋市中区を中心とした範囲でサービスが展開されています。 名古屋市内の中区・中村区・西区・北区・ 中川区・東区・熱田区・千種区・昭和区を含む9区となりました。 また、テスト段階ではありますが、名古屋エリアは現金でも注文が可能なエリアです。 Uber Eats瑞穂区・中川区・北区・中村区エリア拡大 2019年11月1日より瑞穂区・中川区・北区・中村区が新たに配達可能なエリアに加わります。 これにより、現在ではこれまでの青い部分のエリアに加え、ピンクの部分でもUberEatsを利用する事ができます。 Uber Eats名東・天白・南区・港区・緑区エリア拡大 2020年4月1日より名東、天白、南区、港区、緑区が新たに配達可能なエリアに加わります。 これにより、新たにピンクの部分でもUberEatsを利用する事ができます。 Uber Eats名古屋の関連記事 >> >> Uber Eats(ウーバーイーツ)石川(金沢)の配達エリア UberEats 静岡 対応エリア 静岡市(清水区、駿河区) 浜松市(北区、中区、東区、南区、西区) Uber Eatsが注文できる関西(近畿)エリア UberEatsの関西エリアは現在、大阪府、京都府、兵庫県の一部のエリアが配達可能となっています。 滋賀、和歌山はいまのところ未対応です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪の配達エリア 大阪エリアのUberEatsは現在、大阪市内の全区(淀川区・東淀川区・西淀川区・東成区・城東区・生野区・住吉区・鶴見区・旭区・東住吉区・平野区・此花区・港区・住之江区)で利用が可能となりました。 エリア拡大のスピードも早く、配達パートナーも稼働がかなり多いようですね。 また、テスト段階ではありますが、大阪エリアは現金でも注文が可能なエリアです。 Uber Eats東大阪市・八尾市・豊中市・吹田市エリア拡大 2019年11月1日より、これまで大阪市内のみだったUber Eatsですが、新たに東大阪市・八尾市・豊中市・吹田市を含む一部の地域で配達が可能となりました。 下記画像のピンクの部分が新たにサービス開始されるエリアです。 Uber Eats堺市・松原市・藤井寺市・高石市エリア拡大 2020年4月1日より、Uber Eats大阪では新たに堺市、松原市、藤井寺市、高石市エリアにて注文が可能となります。 エリア拡大により2020年4月1日よりUber Eats大阪にて注文可能な配達エリアは以下が最新となります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪の営業時間拡大エリア また、通常Uber Eats大阪エリアの配達可能時間は朝9時から深夜0時までですが、以下のエリアに関しては朝8時から深夜1時まで営業時間が拡大されました。 大阪:北区・中央区・天王寺区・浪速区・西区を含む一部地域 UberEats兵庫 対応エリア 神戸市 芦屋市 西宮市 尼崎市 姫路市 Uber Eats関西エリア最後は神戸エリア。 神戸市内の中央区、兵庫区、灘区からスタートし、新たに長田区、須磨区、東灘区、芦屋市、西宮市、尼崎市も配達エリアに加わっています。 2020年6月下旬には姫路市が新たに加わります。 Uber Eats神戸の関連記事 >> >> Uber Eats(ウーバーイーツ)奈良の配達エリア Uber Eats関西エリアでは久しぶりに新たな県が加わります。 2020年6月下旬に関西エリア4か所目となる奈良県奈良市にて注文が可能になります。 現在、配達エリアのマップが公開されていませんので、入手次第追って更新します。 Uber Eatsが注文できる九州エリア 北九州エリアや長崎エリア、熊本エリアなど検索している方も多いですが、現在Uber Eatsの九州エリアは2018年11月よりスタートした福岡の一部のエリアとなっています。 熊本、長崎、佐賀、大分、鹿児島、沖縄は現在のところ未対応です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)糟屋郡・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市エリア 2020年4月1日より、新たにこれまで東区の箱崎、馬出、筥松、原田の周辺でしたが更に拡大し東区の大半のエリアでも注文できるようになりました。 更にこれまで市内で対応していなかった西区拡大します。 地図が小さくて見にくいですが、これまでは福重JCTよりも手前だったのに対し、姪浜、愛宕、豊浜、小戸や内浜、拾六町、壱岐団地、十郎団地など配達エリアに加わります。 その他、糟屋郡、春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市でも注文が可能になります。 地図が見にくいので、4月1日以降、アプリを起動してご確認ください。 (お得なクーポンコードの入力もお忘れなく。 ) Uber Eats(ウーバーイーツ)久留米エリア 3月31日、新たにUber Eats福岡のエリア拡大速報が入りました。 4月1日より先述したエリアが拡大されますが、更に久留米市でもUber Eatsの注文が可能となります。 配達可能エリアは、久留米駅周辺の市街地から4月7日よりスタート。 営業時間は9時~24時(加盟店レストランによって異なります。 ) 詳細並びに更にエリア拡大次第、追ってご連絡します。 Uber Eats(ウーバーイーツ)北九州(小倉)エリア 更に、4月9日よりUber Eatsの北九州エリアも新たに注文可能となります。 北九州エリア初となるUber Eatsはまず小倉北区と戸畑区。 営業時間は9時~24時(加盟店レストランによって異なります。 ) 詳細並びに更にエリア拡大次第、追ってご連絡します。 Uber Eats福岡の関連記事 >> >> Uber Eatsが注文できる中国エリア 中国では初となるUber Eatsは現在では広島県(広島市、福山市)、岡山県(岡山市)にてサービスの利用が可能です。 山口、鳥取、島根はいまのところ未対応です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)広島(広島市・福山市)の配達エリア.

次の

ウーバーイーツ広島の注文エリア・配達地域まとめ【広島市から拡大中!】

ウーバー イーツ 配達 範囲

完全図解でわかる!Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み それでは早速、ウーバーイーツがどんな仕組みで動いているのか図解で解説していきましょう。 まず、把握しておきたいのが3人の登場人物。 ユーザー(注文者)• 配達パートナー(配達員のこと)• レストランパートナー(お店の人) ユーザーは実際に食べ物を注文して食べる人で、アプリを使って注文します。 レストランパートナーはその食事を調理して提供する人。 最後の「配達パートナー」は食事をユーザーのもとに運んでお金を稼ぐ人になりますね。 ユーザーが注文する ウーバーイーツはユーザーが注文した瞬間から動き出します。 ここからすべてが始まるのです。 まずユーザーはUber Eatsのアプリを使って、自分の位置や支払い方法を登録し、Uber Eats(ウーバーイーツ)でフードを注文します。 アプリでは現在位置から近いお店のメニューを表示してくれますので、その中から選んで食事を注文します。 お金の支払いもアプリ上で完結するようになっています。 お店の人、気づく 続いて、視点はレストランパートナー(お店の人)に切り替わります。 注文が入ると、レストランパートナー用のUber Eatsアプリに通知が届く事になります。 僕はお店側の役割をやったことがないので、ここからは推測なのですが、お店の人のアプリでは注文が入ったら通知がくるので、確認して「OK」を押します。 すると、お店の近くにいる配達パートナーを自動で探して指名してくれます。 おそらく、これはタクシーのUberを使うときと一緒。 ドライバーを選べないのと同じように、自動的にウーバーイーツのアプリが配達パートナーに仕事を流してくれるようになっているのでしょう。 配達パートナー、仕事を受ける ここで配達パートナーが登場ですね。 Uber Driverというアプリを配達パートナーは使っていきます。 アプリでステータスを「オンライン」にしておくと、お店側からの依頼が飛んでくるのです。 ぱりぱりぱりぱりん という音が鳴り、案件を受けるかどうか決定する画面になります。 このフェーズではそのお店がどのくらい離れているかの到着予想時間がわかるようになっています。 仕事を引き受けるなら受けて、無理なら拒否できます。 配達パートナーとしては仕事を選べるのがいいですよね。 配達パートナー、お店を目指す 配達パートナーが仕事を受けると、現在位置からお店を目指すことになります。 Uber Driverのアプリに目的地のお店の名前が出ていますので、その下の「NAVIGATE」ボタンを押してやると、地図アプリが起動し、自動的にナビしてくれるようになります。 地図アプリのナビに導かれるまま、一心不乱に自転車や125cc以下のバイクでお店を目指すことになりますよ。 配達パートナー、受け取る 配達パートナーがお店に到着しましたら、まずお店の人から 「番号(コード)は??」 ときかれます。 これはアプリに記載されている英数字の暗号のことで、それを伝えることで、食事の取り違いを防いでくれているわけです。 その番号が一致すると、食事を渡してもらえますので、ここでようやく受け取り完了になります。 「じゃあお願いします」 「はい、よろしくお願いします」 と言うように、お店の人と配達パートナーは言葉を交わし合い、食事をバッグに収納。 この時点で、 お店の人と配達パートナーはお互いをあり・なしの2択で評価。 ここで低評価を受けるとお仕事がもらえなくなってしまう可能性がありますので、真摯に対応するようにしましょう。 食事を受け取ったら、Uber Driverアプリで食事を受け取ったことを通知してあげます。 配達パートナー、マップに現る ここで料理を注文したユーザー側の視点に立ってみましょう。 配達パートナーが食事を受け取るまでは、配達パートナーの現在地がマップ上に現れません。 が、受け取った瞬間に突如、配達パートナーの位置がマップに現れます。 そのため、 この時点で、注文時に予定されていた時刻がちょっとブレることになりますね。 注文時から、配達パートナーが地図上に出現するまでの時間は 配達パートナーが店に着くまでの時間 ということになりますね。 その時間はさすがのウーバーイーツのアプリも完璧に予測できないため、到着時刻は予定時刻は若干ぶれることになりますね。 配達パートナー、ユーザーの家を目指す さあ、食事を受け取った配達パートナー。 食事が冷えないうちに、ユーザーのもとに届けなければなりません。 食事を届ける時にも同様に、Uber Driverのアプリの「ナビゲート」というボタンを押してやると、地図アプリが立ち上がり、自動でナビしてくれます。 配達パートナーとしては、この時点で初めて 、 店からユーザーまでの距離 がわかりますので、どれくらい配達に時間がかかりそうだ、ということがこの時点で判明するのです。 配達パートナー、ユーザーの家に到着 なんとか自転車を必死に漕ぎまくってユーザーの家に着いたとしましょう。 そこでインターフォンを鳴らすなりして、 「ウーバーイーツです」 と名乗り、到着したことを告げます。 すると、無言でオートドア開けてくれるので、玄関まで食事を運んで行きましょう。 ユーザーによっては、階段の前で待ってくれている人がいますので、そこはよりけりという感じですね。 注文したユーザーからは、Uber Eatsのアプリで配達パートナーの位置がモロわかりしているので、インターホンを押す前に誰がきたか知られています。 そこはお互いに安心ですね。 配達パートナー、食事を渡す ユーザーの自宅の前に到着しましたら、運んできた食事を渡してあげましょう。 料金のやり取りはアプリ上で完結していますので、お金の受け渡しをする必要はありません。 ただ、 「ありがとうございました」 とお互いに挨拶し、笑顔で立ち去ることになります。 このユーザーと配達パートナーのコミュニケーション時間はたったの2秒。 煩わしを感じることなく配達を完了できるのはこのサービスも魅力だと思います。 僕は接客が苦手なタイプだったのですが、すぐコミュニケーションが終わるのでまったく苦痛ではありませんでしたね。 配達パートナー、配達完了させる 配達が完了しましたら、ドライバーのアプリで配達完了したことを登録。 あとは相手がちゃんとピックアップしてくれたかどうかを、あり・なしの二択で評価してこの1件の配達は終了になりますね。 また、この時点で自分の配達がどうだったのかをユーザーから評価されることになります。 この時点で1つの案件は終了。 次の仕事を受けるならば再びアプリをオンラインの状態にし、疲れてやめたいならオフラインにして帰宅すればいいです。 配達パートナーとしてはノルマもありませんし、タイムカードもありませんので、自分のペースで自由に働けるのが魅力ですね。 お金と料理の動きをまとめると・・・ ということで、注文から食事の受け渡しまでの流れを見てきました。 ここで気になってくるのがお金の流れ。 じつは、お金はこれらの登場人物たちでやり取りするわけではなく、 すべてUber経由でなされることになります。 ユーザーはUberに支払い、Uberが配達パートナーとレストランパートナーに支払うといった感じですね。 で、配達パートナーとレストランパートナーはUberに手数料を支払うのです。 初めて注文した時はこのサービスの便利さに感動し、 「一体、ウーバーイーツの仕組みはどうなっているんだろう??」 と興味が湧き、実際に自分も配達パートナーとなって食事を運んでみました。 実際に配達してみた結果、 ウーバーイーツの裏側で多くの人が動いていたことに驚きました。 注文するだけだと、配達パートナーのゴールシーンしかみえませんが、そこまでには• お店の人が調理する• 配達パートナーがお店に行く• 配達パートナーがお店からここまでやってくる というサービス提供側の労力が隠れていたことに気づきました。 このように、注文する側のユーザーとしても、配達する側の配達パートナーとしても、双方に魅力があるサービスです。 食事を注文したい方は、配達してお金を稼ぎたい方はに登録してみてくださいね。 「もっと報酬の仕組みを知りたい!」 という方は「」の記事がおすすめですよ。

次の

ウーバーイーツ広島の注文エリア・配達地域まとめ【広島市から拡大中!】

ウーバー イーツ 配達 範囲

注意紹介している情報は、2020年5月時点の情報です。 現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」を利用するためには、「アカウント登録」を完了させる必要があります。 まだ、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「アカウント登録」をしていない人は、先に「無料」の「アカウント登録」を完了させるようにして下さい。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats栃木県宇都宮市・配達エリア・配達範囲・配達員(配達パートナー)登録方法・登録バイト始め方・クーポンコード 今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「栃木県エリア」で「配達パートナー(配達員・配達クルー)」として、「配達の仕事をしたい人」のために、「栃木県エリア(宇都宮市エリア)」での、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達員(配達パートナー)登録方法」や「なり方」、「商品の頼み方」や「注文方法」について、解説していきます。 また、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」は、「アルバイト」や「パート」ではなく、企業に雇用されていない「個人事業主」という立場になりますので、そのような「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」の仕組みについても、簡単に説明していきたいと思います。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats栃木県宇都宮市エリアで配達員登録バイト 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」は「企業に雇用されている従業員」ではなく、「企業に雇用されていない個人事業主」となります。 「個人事業主」として「イメージ」しやすいのは、「個人タクシーの運転手」さんでしょうか。 「個人タクシー」の「運転手さん」も「稼ぎが大きくなって法人化している人」以外は、全て「個人事業主」となります。 ただし、「個人事業主」には「デメリット」も存在し、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」を「副業」でやる人は問題ないのですが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」を「専業」にすると、「会社の従業員」の頃は利用できた「雇用保険(失業保険)」「労災」「社会保険」などの「保障制度」が使えなくなります。 また、「会社の従業員」は、「国に納める税金」に関しては、所属している会社が、「年末調整」と「源泉徴収」で勝手に収めてくれますが、「個人事業主」は、1年に1回、「確定申告」をして、自分で「所得税」を納める必要が出てきます。 これは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」を「副業」としてやる人でも、「給与所得と退職所得以外の所得(副業で稼いだ所得)が、年間20万円以上」になると、「確定申告」をする義務が発生してきますので、注意して下さい。 つまり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」になると、「配達の仕事」をして振り込まれた「報酬」は、後で支払う「税金分」も含んだ報酬だということになるので、通常の「アルバイト代」と、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」で稼いだ「報酬」が同じ金額だった場合は、「税金」を後で支払うことになる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」の方が、「手取り収入」が少なくなるという「現実」を、よく理解しておいてください。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats配達員登録方法・始め方 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「栃木県エリア」で、「配達パートナー(配達員・配達クルー)」として「配達の仕事」をしていきたい人は、まず初めに「インターネット」から「配達パートナー登録サイト」にアクセスをして、ご自身の「配達パートナーアカウント」を作って下さい。 とりあえず、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」になりたい人は、全員が、この「配達パートナーアカウント」を作成する必要がありますので、まずは一番最初に取り掛かりましょう。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」に登録する方法は、とても簡単に出来ますので、是非、チャレンジしてみて下さい。 ただし、「インターネット」から「配達パートナーアカウント」を作っただけでは、「アカウントが無効化」状態になっているため、すぐに「配達の仕事」を開始することができません。 「インターネット」から、ご自身の「配達パートナーアカウント」が作れたら、次は「パートナーセンター」と呼ばれる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「事務所」へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」を、「パートナーセンター(事務所)」にいる「スタッフの方」にしてもらって下さい。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「パートナーセンター」は、「サービスエリア」がある「都道府県」に、設置されていることが多いので、「配達パートナーアカウント」の作成が終了したら、住んでいる「地域」から、1番近い場所にある「パートナーセンター(事務所)」へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」を「有効化」してもらって下さい。 また、「パートナーセンター(事務所)」で「配達パートナーアカウント」を「有効化」してもらう時に、「配達の業務」で使用する「配達用バッグ」の「レンタル(貸し出し)」と、「業務内容の説明(登録説明会)」が受けられますので、「配達の仕事」に対する「不安点」や「疑問点」がある場合は、「UberEatsのスタッフの人」に質問をして、「配達の仕事」を始める前に、なるべく「全て解決」しておくようにしましょう。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEatsネット登録で配達員アカウントを作成 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」になりたい人は、「インターネット」から「配達パートナーアカウント」を作った後に、「サービスエリア」がある「都道府県」の「パートナーセンター(事務所)」へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」を、「現場にいるUberEatsスタッフの方」にしてもらって下さい。 この「パートナーセンター(事務所)」での「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」が完了すると、あとは自分のタイミングで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」として「配達の業務」を開始することができるようになります。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」に登録するステップを分解すると、以下の「2ステップ」に分けることができます。 ウーバーイーツ(UberEats)の配達員(配達パートナー)登録方法• 「インターネット」から「配達パートナー登録サイト」にアクセスをして、「配達パートナーアカウント」を作成します。 1番近くにある「パートナーセンター(事務所)」へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」をしてもらうと、「配達の仕事」が開始できるようになります。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」として、「配達の仕事」をスタートする場合は、「ドライバー専用アプリ(Uber Driverアプリ」をインストールした「スマホ」と、「登録車両(自転車や原付バイクなど)」、パートナーセンターでレンタルした「配達用バッグ」を用意して、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア内」で、「ドライバー専用アプリ(Uber Driverアプリ」を起動して「オンライン状態」にすると、「注文者」からの「配達リクエスト(配達依頼)」が届くようになります。 「最初の配達」は誰もが緊張するとは思いますが、初回配達が完了すると、最初に感じていた緊張は、次第になくなっていきますので、「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」が完了したら、なるべく早めに「初回配達」を完了させるようにして下さい。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEatsパートナーセンターでの登録説明会 ここでは、「インターネット」で「配達パートナーアカウント」を作成した後に行く、「パートナーセンター(事務所)」での「登録説明会」について、少し詳しく解説していきたいと思います。 「配達パートナー登録サイト」から「配達パートナーアカウント」が作成できた人は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア」がある「都道府県」にある「パートーナーセンター(営業所)」へ行き、作成した「配達パートナーアカウント」の「有効化手続き」をしてもらって下さい。 また、「パートナーセンター(事務所)」での「アカウント有効化の手続き」の際には、「アカウント有効化」以外にも、「配達の仕事」で使用する「配達用バッグ」の「レンタル(貸し出し)」や、「業務内容の説明(登録説明会)」なども一緒に行ってくれます。 「パートナーセンター(事務所)」での、この「アカウント有効化&登録説明会」は、「予約不要」で行くことができ、「所要時間」も「約30分~40分」くらいで終了しますので、「インターネット」から「配達パートナーアカウント」が作成できた人は、なるべく早めに「パートナーセンター(事務所)」へ足を運び、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」としての「登録」を完了させるようにしてください。 この「パートナーセンター(事務所)」での「アカウント有効化&登録説明会」を受講し終わると、あとは自分のタイミングで、「配達の仕事」を始めることができるようになります。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats配達用バッグの受け渡しとデポジット料金 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」として、「配達の仕事」で使用する「配達用バッグ」は、「パートナーセンター(事務所)」での「アカウント有効化&登録説明会」の時に「レンタル(貸し出し)」をしてもらえます。 「配達用バッグ」の「レンタル(貸し出し)」に関しては、「デポジット料金(預り金)」と呼ばれる「レンタル料金」を、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「運営側」に、一旦支払う必要があります。 この「デポジット料金(預り金)」は「パートナーセンター(事務所)」で支払うのではなく、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」として稼働した後に、報酬が振り込まれるタイミング(1週間に1回)の時に、一定額ずつ複数回に渡って差し引かれる形となります。 ただし、この「デポジット料金(預り金)」に関しては、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」を辞める時に「パートナーセンター(事務所)」へ「配達用バッグ」を返却すると、支払っていた「デポジット料金」は「全額返金」してもらえますので、安心して下さい。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats配達用バッグ使い方・仕切り方・固定方法 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」が、「配達の仕事」で使用する「配達用バッグ」は、そのままの状態で使用すると、バッグの中の商品が動いて、「ぐちゃぐちゃ」になってしまう危険性もありますので、できれば、「段ボール」などで「仕切り板」を作り、配達用バッグの中に「小部屋」を作るか、「緩衝材(サバイバルシート・タオル・プチプチなど)」を、バッグの中のスキマに入れて商品が揺れないような工夫をしましょう。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats栃木県宇都宮市・配達エリア・配達範囲・配達員(配達パートナー)登録方法・登録バイト始め方・クーポンコード ここからは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」の登録方法ではなく、「注文者」として「商品を注文する方法・頼み方」について、解説していきます。 「栃木県エリア」や、その他エリアで「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」を利用して、実際に「商品を注文する方法」を、簡単に説明します。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats栃木県宇都宮市エリアで商品注文方法・頼み方 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員・配達クルー)」と「注文者」の「登録方法」は分かれていますので、まだ「注文者」としての「アカウント登録」が完了していない人は、先に「注文者」としての「アカウント登録」を済ませて下さい。 「注文者」としての「アカウント登録」が完了すると、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式サイト」や「公式アプリ」から、「マイページ」に「ログイン」することができるようになりますので、まずは「ログイン」をして、表示された「マイページ」の「検索窓」や「カテゴリー」から、注文したい「商品」を探してみて下さい。 画面に、その地域で注文ができる「店舗の一覧リスト」が表示されたら、その一覧リストの中から、気になるお店をクリックして、そのお店で注文ができる「メニュー」を表示させて下さい。 注文したいメニューをクリックして、購入したい数を入力していくと、商品が「カート」の中に入っていきますので、1度に注文したい商品は、そのままカートに追加していきましょう。 「商品」をカートの中に入れた後で、注文を確定させたくなったら、「カート」に移動して、注文を確定させて下さい。 また同時に、その「エリア」や「地域」で「アプリ」を「オンライン」にして待機している「配達パートナー(配達員)」にも、「配達リクエスト(配達依頼)」が流れ、「配達リクエスト(配達依頼)」を受けた「配達パートナー(配達員)」が、「レストランパートナー(飲食店)」へ「商品」を取りに行き、最終的に、あなたの元へ商品を配達してくれるようになります。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats注文できる時間帯・早朝・昼・深夜 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「レストランパートナー(飲食店)」には、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」の営業時間とは別の、店舗が独自に設定した「注文可能時間」があります。 「注文者」は、この店舗独自の「注文可能時間内」に、注文をしないと、その日の注文が出来なくなりますので、注意して下さい。 「注文可能時間」は、「店舗の詳細情報」で確認できますので、注文したいお店が見つかったら、必ずチェックしておきましょう。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEatsプロモーションコード クーポンコード 使い方 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」には、「プロモーションコード(クーポンコード)」と呼ばれる「割引チケット」のような「制度」があります。 この「プロモーションコード(クーポンコード)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「公式サイト」「公式アプリ」「メールマガジン」などで、誰でも「無料」で入手することができ、「商品代金」や「配送手数料」を、「割引」もしくは「無料」にすることができますので、積極的に使用していって下さい。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEatsお友達紹介コード使い方・割引方法 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プロモーションコード(クーポンコード)」の中には、「お友達紹介クーポンコード」と呼ばれる「プロモーションコード(クーポンコード)」も存在します。 「お友達紹介コード」の使い方としては、まだ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を利用したことがない「お友達」に、この「紹介コード」を紹介して、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」を初めて利用してもらうことで、「お友達の商品代金」が「割引」となり、紹介したあなたにも「割引のクーポンコード」が送られるというものです。 この「お友達紹介コード」は、何人でも送ることが出来ますので、「注文者」としての「アカウント登録」が完了したら、是非、まだ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を使ったことがない「お友達」に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」を紹介してあげて下さい。 ウーバーイーツ栃木県エリア|UberEats栃木県宇都宮市・配達エリア・配達範囲・配達員(配達パートナー)登録方法・登録バイト始め方・クーポンコード【まとめ】 今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「栃木県エリア」で「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」をしたい人と、「注文者」として「商品の注文」をしたい人に向けて、「ユーザー登録方法」と「始め方」「使い方」について、解説してきました。 まだ、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」を利用したことがない人は、是非、この機会に「アカウント登録」を済ませて、利用してみて下さい。 また、今後、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア」として追加されることが決定した「エリア」や「地域」については、「サービスエリア拡大予定」の記事に整理していますので、興味がある人は、どちらもご覧ください。

次の