フィリピン バス ジャック 事件。 マニラのバス乗っ取り、人質8人死亡 犯人射殺 写真28枚 国際ニュース:AFPBB News

<続報><バスジャック>フィリピン警察の不手際、不謹慎な態度に香港市民の怒りが爆発|レコードチャイナ

フィリピン バス ジャック 事件

ストリートチルドレンだったサンドロ(写真:フジテレビ) リオデジャネイロの市内に立つカンデラリア教会は、ストリートチルドレンたちに敷地を開放し、多くの子どもたちがここで寝泊りをしていた。 この教会で子どもたちの世話をしていたのが、ストリートチルドレンの母、イボーネ。 そしてイボーネが心を通わせた1人が、まだ幼いサンドロだった。 生まれてまもなく父は蒸発、母の手で育てられたが9歳の時、母はサンドロの目の前で暴漢に刺し殺された。 ストリートチルドレンとなったサンドロを母親代わりとなって育てたのがイボーネだった。 1993年7月23日に悲劇は起きる。 今も語り継がれる「カンデラリア教会虐殺事件」だ。 パトカーに投石したストリートチルドレンへの報復行為として、深夜、教会で寝ている子どもたちに対し、車で乗り付けた2人の警察官が無差別に発砲。 8人を殺害した。 その現場にサンドロはいた。 サンドロも警察の標的にされた1人だったのだ。 バスジャック犯と人質の「迫真の演技」 その後、成長したサンドロは、教会を飛び出し「生きるための犯罪」に手を染めていく。 窃盗や強盗、違法薬物の売買などを繰り返し、刑務所に2度収監された。 威嚇の発砲をし、人質の頭に銃を突き付けるサンドロだったが、事件発生直後、意外な行動に出ていた。 人質たちに「誰も殺さないし、傷つけない」と告げていたのだ。

次の

フィリピンバスジャック事件の悲劇の背景について教えてください。 【OKWAVE】

フィリピン バス ジャック 事件

2010年8月23日午前、フィリピン・マニラ市内で香港人観光客22人、フィリピン人3人を乗せたバスが、武装した元警官に乗っ取られる事件が発生した。 24日、中国新聞網が伝えた。 観光客は2泊3日のフィリピンツアーの途中だった。 バスを乗っ取ったメンドーサ容疑者は昨年、麻薬犯罪と恐喝にかかわった容疑で懲戒免職となった元警官。 観光客などを人質にバス内に立てこもり、処分取り下げや復職を要求した。 警察との交渉の結果、子供や老人など一部が解放されたが、最終的には人質15人を残したまま、フィリピン警察は強行突入。 犯人が射殺されたほか、人質8人が死亡、2人が重傷を負った。 24日、中国外交部の馬朝旭(マー・チャオシュー)報道官は事件の談話を発表した。 犯人の暴挙を強く批判し、亡くなった犠牲者を悼むとコメント。 また対策班のフィリピン派遣が決定したという。 フィリピン政府、香港特区政府と密接に連携を取り、負傷者の支援や事後処理を行うことになる。

次の

西鉄バスジャック事件 犯人(17歳少年)のその後は?社会復帰している!?

フィリピン バス ジャック 事件

【8月23日 AFP】(一部更新、写真追加)フィリピン首都マニラ()で23日、香港からのツアー客を乗せた観光バスが武装した元警察官に乗っ取られていた事件で、警官隊は同日夜、車内に突入した。 7人が救出されたものの、人質8人が死亡、犯人は射殺された。 この様子は、現地の国営テレビで放映された。 人質解放に向けた交渉が続けられてきたが、犯人は夜になって無差別に発砲を始めたため、警官隊が突入。 事件発生から12時間後にバスを制圧した。 警察の発表によると、人質たちを「人間の盾」にしていた犯人はその場で射殺された。 運転手は、警官隊が突入する直前に窓から脱出した。 ベニグノ・アキノ()大統領は、観光客8人の死亡が確認されたと発表した。 赤十字社()によると、7人が負傷し病院に搬送された。 15人の観光客が乗っていたと見られるバスは、市内有数の観光地リザル公園()に停車中だった。 警察署からは数ブロックしか離れていなかった。 警官隊が包囲する前にラジオ局に対し、警官隊が撤退しなければ人質を殺すと述べていた。 「中国人2人を撃った。 やつら(警察)が止めなければ、全員殺す。 SWATがいるのが見える。 おれを殺すのはわかっている。 おれを殺すのであれば、ここで同じことをやってやる」 同容疑者は、1986年に「フィリピンで最も優秀な10人の警察官」の1人として、警察署長から表彰されたことがある。 だが2008年、麻薬関連犯罪と恐喝の容疑がかかり、解雇された。 容疑者はこれに不満を持っており、自らの復職を要求していた。

次の