ダンガン ロンパ v3。 ダンガンロンパ カテゴリの最新SS一覧

ダンガンロンパ カテゴリの最新SS一覧

ダンガン ロンパ v3

クリア後、2週目で追加される要素まとめ クリア後に追加されるゲームモード ゲームモード 内容 超高校級の才能育成計画 高校3年間をボードゲームで体験する育成ゲーム 絶望のダンジョン モノクマの試練 ドラクエ風のRPG。 地下50階のダンジョンに挑戦する カードデスマシーン 絶望のダンジョンモノクマの試練で手に入れたお金を使って カードを買って、使えるキャラクターをふやしていく 宇宙一周バラエティ だんがん紅鮭団 ニューダンガンロンパV3のキャラクターと仲良くなる ギャラリーモード追加 アートワークギャラリーが追加される ゲーム本編全6章をクリアすると、新たなモードが5つ追加される。 どれもやりごたえ十分で、特に「超高校級の才能育成計画」や、「絶望のダンジョンモノクマの試練」などは長く遊べるだろう。 クリア後に追加されるアイテム 名前 内容 チームダンガンロンパ社員証 6章を完結させた記念。 黒幕の遺品。 チームダンガンロンパの社員が身につけているピンバッジ。 バラエティクッション 「宇宙一周バラエティ だんがん紅鮭団」がプレイできるようになる。 命の奪い合いより人間関係模様を観察したい。 そんな外の人間の意思を表す平和なクッション。 十人十色ルーレット 「超高校級の育成計画」がプレイできるようになる。 山あり谷あり人それぞれ、人生を左右する幸運のルーレット。 モノのつるぎ 「絶望のダンジョン モノクマの試練」がプレイできるようになる。 かつて世界を覆い尽くした絶望を切り裂いたとされる伝説のつるぎ。 イースターエッグ エピローグを終えた記念。 ダンガンロンパシリーズのエンディングでおなじみとなっているアイテム。 ゲームをクリアすると、上のアイテムが追加される。 主に、ゲームクリアの記念アイテムと、新しいゲームモードのアンロック用アイテムとなっている。 超高校級の才能育成計画 ・ボードゲーム ・期間は3年間 ・前作の「希望が峰学園」が舞台 ・前作「ダンガンロンパ1・2」のキャラが登場する ・前作のキャラも、条件をみたすことで使用可能 ・育てたキャラは「絶望のダンジョンモノクマの試練」で使用可能 ・青いマスにとまるとレベルアップ ・黄色のマスにとまると「才能のかけら」を入手 ・才能のかけらは「絶望のダンジョンモノクマの試練」で役立つスキルの習得、強化が可能 超高校級の才能育成計画は、3年間の高校生活をボードゲームで体験するゲームだ。 主人公などV3のキャラクターたちが、前作「ダンガンロンパ1・2」の舞台となる希望が峰学園に入学して、前作に登場したキャラたちと交流しながら、成長させて、ゴールを目指す。 次で紹介する「絶望のダンジョンモノクマの試練」で使うキャラを育てることができる。 絶望のダンジョン モノクマの試練 ・ダンジョンRPG ・ダンジョンは、50階まである ・パーティ人数は、最大4人 ・パーティのキャラ育成は「超高校級の才能育成計画」で行う ・ダンジョンでは、キャラクターは成長しない ・ダンジョンでモンスターをたおすと、素材や資金が手に入る ・素材を使って、武器が防具が作れる ・資金は「カードデス」で使える 絶望のダンジョン モノクマの試練は、ドラクエ風のトルネコ型ダンジョンRPGだ。 上で紹介した「超高校級の才能育成計画」で育成したキャラクターを使って、全50階のダンジョンのクリアを目指す。 ダンジョンにはボスがいる。 手にれた"資金"は、次で紹介する「カードデスマシーン」で使用できる。 カードデスマシーン ・絶望のダンジョンで手に入れた資金でカードが引ける ・カードを集めると新しいキャラクターが使えるようになる ・カードにはノーマル、スーパー、ウルトラの3種類のレアリティがある ・レアリティが高いほど「超高校級の育成計画」の成長スピードが上がる ・絶望のダンジョンモノクマの試練で、ダンジョンの奥に進んでいくと、カードデスマシーンがランクアップし、レアリティが高いカードが手に入るようになる カードデスマシーンでは、絶望のダンジョンモノクマの試練で手に入れた"資金"を使って、カードを引く事ができる。 カードを集めると、超高校級の才能育成計画で使えるキャラクターが増えていく。 赤松楓や、天海ランタロウなど、ゲーム内でいなくなってしまうキャラたちと仲良くなって、友好度最大のスキルやアイテムを手に入れる事が可能だ。 ここでセーブしたデータは、本編でも使えるので、こちらで育成も可能となっている。 宇宙一周バラエティ だんがん紅鮭団の攻略 好感度5以上になると、デートにさそわれる そのキャラが好きな場所に行くと、好感度が上がる カジノで手に入る「デートチケット」を使う事でも上げられる モノモノマシーン ・ゲーム内で手に入る「モノクマメダル」とアイテムを交換できる ・手に入れたアイテムは、他のキャラにプレゼントする事が可能 ・プレゼントすると親密度が上がる ・親密度が上がると、そのキャラクターの新たな一面が見れる ・一度に多くのメダルを投入するほど、同じアイテムが出る確率が下がる モノモノマシーンは、ゲーム内で手に入る「モノクマメダル」とプレゼントを交換できるモードだ。 モノクマメダルは、次で紹介するカジノでも使うので、どちらで使うか考えてから使おう。 カジノ ・ゲーム内で手に入る「モノクマメダル」をカジノメダルと交換して遊ぶ ・スロットマシンと、サケノツカミドリが遊べる ・コインが稼げる ・コインは、プレゼントできるアイテムやスキルと交換可能だ カジノで遊べるゲームは2種類。 スロットは割と本格的で、サケノツカミドリは、モノクマになって鮭(シャケ)をつかむミニゲームとなっている。 *クリア後、2週目の追加要素について、新たな情報が入り次第、このサイトですぐにお知らせします。 気になってるのは、ギャラリーモードが追加されるか、真エンドの存在などです。

次の

【ニューダンガンロンパV3】ネタバレ完全情報まとめ!生存者・死亡者・犯人・黒幕・性別など│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ダンガン ロンパ v3

才囚学園 物語の舞台。 窓は有刺鉄線で封じられているが、正門から外に中庭に出ることはできる。 ただし、敷地をぐるっと高い壁に囲まれており、脱出は不可能。 また学園ではあるがカジノなどの教育施設らしからぬ設備も整えられている他、屋内でも至る所に植物が生えている。 曰く、16人のメンバーのために作られた学校であり、それぞれに合わせた「研究教室」が設けられている。 エグイサル 学園内を徘徊する高性能警備ロボット。 全部で5体存在しており、それぞれの機体にモノクマーズが搭乗、操作する。 名目上は学園の風紀を守るためではあるがその実態は校則違反を犯した生徒を殺処分するためのロボット。 ギフテッド制度 政府が実施している、天才を育成する特別な奨励制度。 "超高校級"と認定された将来有望な高校生は、奨励金などの様々な特権が与えられる。

次の

ニューダンガンロンパV3攻略 クリア後、2週目の追加要素まとめ!超高校級の才能育成計画、絶望のダンジョン、モノクマの試練、カードデスマシーン

ダンガン ロンパ v3

これはニューV3をクリアした人向けの記事です 公式から追加情報が出たので追記しました(2017. 25) ネタバレしかありません クリアしてない人は引き返せ 6章で、これまでのシリーズも含めすべてフィクションだったとぶち込まれたダンロンV3ですが 矛盾点が多いのでラスボス白銀つむぎに言われたこと すべて鵜呑みにはできない状況です。 いろいろ整理していきます。 コロシアイの16人は自らコロシアイに参加してきたのか?• プロローグを確認したところ、オーディションの記憶がなく16人は無理矢理さらわれた一般高校生。 白銀つむぎによる 「ダンロンは人気視聴番組で自主的に16人が参加してきた」という発言は大嘘。 嘘でないとプロローグでわざわざ偽の記憶を埋め込んで茶番を一度演じさせたという無駄な段取りを経たことになる。 プロローグを疑うのは現状難しい。 (小高氏により、クリア後でプロローグに注視せよとの言) ダンロンV3はフィクションなのか?現実なのか?• プロローグでキーボがロボットの顔ではなく普通の人間の顔。 元々は普通の人間(顔に線がない)• ダンロンV3上ではキーボが飛行したり戦闘を行っており、生身の人間ではない。 元の人格は生身の人間であるが、バーチャルの世界であることが示唆される状況。 公式の設定資料集により、 小高氏より「キーボはプロローグ時点でロボである」「ロボの装甲の上に学ランを着てロボだとバレないように振舞っている」という趣旨の発言が出ているようです。 (現物の記述そのものはまだ目視確認できてません)ただ この話を認めた場合は、 プロローグでのキーボにロボに見える演出を施し忘れたというミスが発生 したことになります。 どう見てもロボの装甲着てたら、下記画像のようにスマートなスタイルになってないですしね。 ダンロンV3は見た目通りに受け取ればフィクション(バーチャル)である。 の言い分を公式情報として受け取るならば、ダンロンV3はリアル、フィクション(バーチャル)どちらもありうる状況になります。 プロローグを見る通り、最原たちは無理矢理さらわれてきたので人気視聴番組だと矛盾する。 フィクション(バーチャル)ではある可能性があるが、視聴率100%の人気視聴番組ではない。 ダンロンV3は結局なんなのか?• 何者かが一般高校生を拉致し、バーチャル世界でコロシアイをさせているプロジェクトとみなせる可能性。 53回行われているというのもおそらく嘘ではない。 (そこで嘘をつく理由が薄いため)• 誰がやっているかははっきりしない。 白銀つむぎに対しても張本人なのか記憶を埋め込まれている被害者なのかはっきりしない。 目的は「やコロシアイの模倣」なのは間違いなさそう。 パターン1:ダンロン1、2がフィクションであり、それを模倣している。 パターン2:やコロシアイの模倣、実験を繰り返している。 キーボの内なる声はなんなのか?• 人気視聴者番組であることは否定できるが、 見ている第三者の存在を示唆している。 それ以上のことは 決め手がない。 白銀つむぎの「リアル変装するとブツブツが出る」設定はどうなるのか?• パターン1:ダンロンV3の16人は元々リアルの存在であるという示唆。 パターン2:16人に対してのみ、そうなるように設定された記憶の埋め込み。 結局どうとでも変えられる都合の良い設定でしかない。 白銀つむぎは張本人なのか?被害者なのか?• プロローグに最初からいる(いないとプレイヤーが気付いてしまうので外せない)• 決め手となる情報が足りないため、張本人、被害者どちらもありえる。 ダンロン2の七海のようにバーチャル上にしか存在しない可能性も出てくる。 ダンロン1、2はフィクションなのか?繋がっていないのか?• プロローグで赤松がーズという名称に反応している。 他の人は「ヌイグルミが動いている」と発言しており、反応が。 完全にフィクションかつ人気視聴番組だとすると、ーズという名称に反応する人間としない人間に分かれるのは不自然。 少なくとも人気視聴番組ではないことの裏付けができる。 しかしフィクションではない、繋がっていることの証明はできていない。 赤松が「ーズ」の名称に反応していた理由もわかっていない。 ダンロン1、2が繋がっていた場合、ダンロンV3はいつの時代なのか?• The End of希望ヶ峰学園の後の出来事。 希望ヶ峰学園の資料から時系列を確認できる(再興し、現在はスカウトでのみ生徒を集めている)• ダンロン3以降なのは言えるが どれぐらい後なのかは不明。 確認できていること• 16人は 拉致されている。 16人は超高校級ではなく 一般高校生である。 16人は自分の意思ではなく 強制的にコロシアイに参加させられている。 ダンロンV3はダンロン2と同じく バーチャル世界上での出来事の可能性が非常に高い(キーボの存在の説明ができなくなる)• キーボの存在を最初からロボであるという小高氏の言い分を認める場合には、バーチャル世界上もありえるし、すべてが白銀の言うようにフィクションであることもありえることになる• ダンロンV3は 実は人気視聴番組ではない(プロローグと完全に矛盾するため)• 白銀はすべて真実を語ってるわけではない、また同時にどこまでが嘘なのかの境界線も明確でない。 見ている第三者は存在する。 主催者と見ている第三者が何者かははっきりしない。 目的は「やコロシアイの模倣」。 ダンロン1、2と繋がっているかは現時点でははっきりできない。 絶望、希望に興味のある人間が一般人を拉致し、複数回に渡ってバーチャルコロシアイを実施。 絶望、希望どちらが勝つのかを観測している。 ダンロンシリーズの既存人物において、その可能性が高いのは「狛枝」「モナカ」あたり。 狛枝はダンロン3で洗脳が解けており、執着していなければ可能性は薄まる。 モナカは改心してるわけではなく、苗木に興味を持つ、を模倣するなど、動機面を満たしている。 ダンロン1、2と繋がっていても、ダンロンシリーズの既存人物の仕業とは限らない。 ダンロン1、2と繋がっている場合は、絶望、希望の行く末に興味のあるモナカが一般人を拉致し、 バーチャル上でコロシアイを行わせる実験を繰り返していたというのが筋道を立てやすい。 ダンロンシリーズを続けたいのか、希望ヶ峰と同じ世界・歴史から続けたいのか、は製作陣が後から選択できる状況(どうとでもなる、どれも選べる)• そして、 小高氏の言い分(キーボはプロローグからロボである設定)を通すならば絶体絶命少女2でもダンロンシリーズ続編でも出すなりして、その作品内でV3はフィクションの話だったよねーと描写・証明する必要がある。 小高氏が後出しで何を言おうとそれが公式設定であるかどうかはまた別の話になります。 (小高氏個人が言っているだけ思っているだけという余地が残るため) というわけでなんらかの形で続編が出ることを期待しましょう。 flowerking.

次の