マイナ ポイント。 消費者25%還元「マイナポイント」は2020年7月から!マイナンバーカードの発行手順や取り扱い方法についても詳しく紹介

マイナンバーカードを取得しておかないと損をする!7月から始まるマイナポイントとは?|@DIME アットダイム

マイナ ポイント

何歳でもポイントもらえる!って可能性も、年齢は適当ですが15歳以上からポイントもらえる!って可能性もありそう。 例えば、PayPayに自分のマイキーと子供のマイキーの2つ登録!とかは出来ないってことです。 決済を分ければ子供の分と親の分でダブルでポイントはもらえるの? 一つの決済方法に一つのマイナンバーカードのマイキーしか設定できませんが、決済方法を分ければいんじゃないの?? と思った私。 問い合わせたところ、 今の時点ではまだ決まってないそうです。 決済会社との兼ね合いも色々あるそうで。 マイナンバーカードの番号を決済方法に紐づけるのではなく、マイナンバーカードの番号を元に発行したマイキーIDを決済方法に登録するので、個人情報漏洩の心配はあまりないのかな??って思うけど・・・。 詐欺師ってめちゃくちゃ賢いから何らかの方法でデータ盗まれたりしないのかなって心配になってしまったので、ポイント使い終わったらマイキーの解除したいなって思ったんです。 その辺もまたアナウンスされそうですね! 一度PayPayに紐づけたけどやっぱり楽天ペイに変えたいなっていう理由で解除は多分無理そう。 子供がまだスマホ持ってなかったからとりあえず親のスマホ決済に紐づけたけど、スマホ買ったからやっぱり子供の方にポイント移したい!とかは不明。 一度きりの5000ポイントのためにマイナンバーカードを作るべきか? マイナポイントをもらえるのは今のところ1度きりのマックス5000円。 マイナポイントを貰うためには・・・• マイナンバーカードを作る• マイナポイントを予約する(予約受付中)• マイナポイントの申し込み(2020年7月〜2021年3月末)• マイナポイントを取得する(2020年9月〜2021年3月末) っていう4ステップがあるので、ちょっと面倒ですよねw マイナンバーカードって有効期限があるんです。 大人は発行してから10回目の誕生日まで。 20歳未満は顔が変わるので発行してから5回目の誕生日までが有効期限です。 子供のマイナンバーカードってほとんど使わないのに更新するのめんどくさい。。。 小学生の子のマイナンバーカードを作ったとしても、年頃の時に「ごめん更新して!」って親から言われたら「えーだるー!!」ってなりかねないw なので・・・もし子供にもポイントつくってなったとしてもちょっと迷いますね。 保管もちゃんとしとかないと危ないし。 コロナの影響でどうなっちゃうのか!?って感じなのでまずは成立してもらわないとですね・・・ 「マイナポイントの予約者が予算の上限に達した場合にはマイナポイントの予約を締め切る可能性があります。 発行が混み合うともっと待つことになることも。 時間が経つと情報が古くなるのでご注意ください。

次の

消費者25%還元「マイナポイント」は2020年7月から!マイナンバーカードの発行手順や取り扱い方法についても詳しく紹介

マイナ ポイント

マイナポイントとは マイナポイントとは、一定額を前払い等した人に国が付与するポイントのことです。 マイナンバーカードを活用した消費活性化策として考えられています。 民間の・などのに、マイナンバーカードを持っている人がチャージすると国がポイントを上乗せするというものです。 出典:マイナポイント 総務省 マイナポイント対象者は? 対象となるのはマイナンバーカードを取得して、マイキーIDを設定した人となります。 ポイントの購入条件や購入対象者・プレミアム率・ポイントの利用環境や使途・有効期限などの具体的な内容は検討中です。 決まれば順次お知らせされることになっています。 マイナポイントは、マイキーIDによって管理するポイントです。 マイナポイントを活用した消費者活性化策は、2019年10月の消費税率引上げに伴う需要平準化策 臨時・特別の措置 として検討されています。 2020年度から一定期間の実施が行われる予定です。 ポイント還元制度は期間限定 10月の消費税増税に伴い、キャッシュレス・消費者還元事業が2020年6月まで行われます。 消費増税対策として導入されるのが「ポイント還元制度」です。 ポイント還元制度は令和元年10月~令和2年6月30日まで、2%~5%のポイントが還元される予定となっています。 9ヶ月間だけの期間限定の制度です。 そのため、これに続くその後の景気対策として政府ではマイナポイントが検討されています。 マイナポイントの制度により、景気の落ち込みを防ぐ対策です。 マイナポイントにより消費の活性化を図りながら、マイナンバーカードの普及を促進する狙いもあるとされています。 出典:キャッシュレス・消費者還元事業 (ポイント還元事業)の概要 経済産業省 マイナポイントの仕組み マイナポイントは全国共通であり、ポイントの原資は国費でまかなわれます。 消費税増税による需要減を軽減するためでもあり、2020年度の導入を目指しています。 民間のスマートフォン決済事業者と連携し、マイナンバーカードを持っている人が入金すると国費でポイントを上乗せする仕組みとなっています。 マイナンバーカードの本人確認機能と「マイキーID」を利用して、マイナポイントを付与します。 公的認証サービス「JPKI」で本人確認 マイナンバーカードに記録されている電子証明書により、ネット上の手続きなどで本人確認ができます。 公的認証サービス「JPKI」といい、マイナンバー自体は使用しません。 JPKI対応のICカードリーダーがあれば、自宅でも登録可能です。 パソコンを接続してマイナンバーカードをセット後、マイキープラットフォームポータルサイトにて「マイキーID」を設定します。 任意の英数字8桁を入力して設定されると、マイナポイント制度の対象者になります。 マイナポイントは、全国の提携する店舗やオンラインショップでの買い物に使うことができ、「Pay」各社の還元キャンペーンと併用できるとすれば、とてもお得に買い物ができます。 マイキーIDの登録・設定方法 マイキーIDを設定する際に、マイナンバーカード取得時に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号(4ケタ)」が必要になります。 スマートフォンで登録する場合は「Google Play」から「マイキーマイページアプリ」をインストールします。 現在は、公的個人認証サービスに対応しているICカードリーダライタが必要になるなど、マイキーIDの取得が少々めんどうです。 そのため、総務省では、簡単に設定できるアプリを順次リリースすることを予定しています。 スマートフォン・パソコンどちらで登録しても手順は同じです。 マイキーIDの作成・登録ができるコーナーを設けている自治体もあります。 マイナンバーカード所持の促進 「デジタル・ガバメント閣僚会議」において、マイナポイントによって官民共同利用型キャッシュレス決済基盤の構築を目指すという指針が示されました。 政府はキャッシュレスの促進とマイナンバーカード所持の促進を同時に進めるため、これらを連動させた施策を検討していいます。 マイナンバーカードとは マイナポイントの前に、マイナンバーカードとは何だったのか今一度確認しておきましょう。 個人につけられる番号 マイナンバーカードは国内に住む全ての人に割り当てられた12桁のマイナンバー(個人番号)と、顔写真や住所・氏名・性別・生年月日が搭載されたICカードです。 税金や保険、年金などを管理するためにマイナンバーの番号が使われています。 国民一人一人に個別のナンバーを振り分けることで、行政の効率化、生活利便性の向上などのメリットがあり、マイナンバーカードの活用がデジタル社会の実現の鍵になるとして、政府は普及に向けて力を入れています。 出典:内閣府ホームページ マイナンバーカード申請方法 マイナンバーカードの申請は、パソコン・スマホ・郵便・証明写真機から行えて無料です。 マイナンバーカードの交付申請をして、市区町村からの交付通知書 市区町村がマイナンバーカード交付の準備ができた旨をお知らせするもの が発送されるまで約1ヶ月かかるため注意しましょう。 また、交付申請書等に不備などがあった場合、1ヶ月以上かかることもあるようです。 申請の際には、不備の無いよう注意しましょう。 交付通知書が届いて市区町村へ引き換えに行くと(予約が必要な市役所もあります)、マイナンバーカードが交付されます。 マイナンバーカードが便利に 2019年の7月の時点でのマイナンバーカードの交付枚数は約1772万枚で、人口に対する交付率は約13. 5%にとどまることを総務省が発表しています。 マイナンバーカードは持っているけれど、あまり役立つことが無いと思う人は多いでしょう。 しかし、今後マイナンバーカードが色々なところで役立ちます。 令和3年には健康保険証としても使えるようになる 先に紹介したポイント制度の導入のほかにも、マイナンバーカードを健康保険証として使えるようになります。 さらに、お薬手帳機能が導入され、確定申告での医療費控除も簡単に手続きができるよう検討されています。 健康保険証としての利用を普及させるための基金を設置し、全国約22万の病院や薬局にカードの読み取り端末の購入やシステム改修費用を助成するなど前向きな方針が検討されています。 健康保険証としては、令和3年3月末から本格運用を開始予定とされています。 また、令和5年3月末までに全ての医療機関などでの導入を目指す方針です。 出典:首相官邸-マイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進に関する方針(案) ほとんどの住民がマイナンバーカードを所有することを想定 市区町村における交付の円滑化や、国家公務員や地方公務員・公立学校教職員らのマイナンバーカード取得の促進なども計画されています。 国家公務員などには、被扶養者も併せて2019年度中のマイナンバーカードの取得を勧奨する考えです。 マイナンバーカードの利便性を高めることにより普及を促すことを目的としています。 菅義偉官房長官によると「22年度中にほとんどの住民が所有することを想定している」と、9月のデジタル・ガバメント閣僚会議後の記者会見で説明しています。 ほとんどの住民がマイナンバーカードを所有することを目標に、2020年度にはマイナポイントを活用した消費者活性化策の導入などを取り入れる方針です。 意外と知られていない自治体ポイント マイナンバーカードに既に導入されている「自治体ポイント」ですが、耳慣れないという人も多いでしょう。 自治体ポイントとは 自治体ポイントは、市町村・都道府県単位で導入されているものです。 地域経済応援ポイント協力会社のポイントを好きな自治体ポイントへ交換したり、自治体の活動に参加することで、自治体ポイントが付与されます。 貯めた自治体ポイントは地域や観光・オンラインで使用できますが限りがあり、日本全国での利用はできませんでした。 自治体ポイントの有効期限はポイント交換成立より300日間という期限もあります。 このような自治体ポイントとは異なり、現在検討されている「マイナポイント」の特徴は、全国共通ということです。 全国で買い物などに使える便利なポイントだといえます。 出典:自治体ポイントナビ 出典:マイキープラットホーム キャッシュレス決済のポイント還元はいつから? マイナポイントでキャッシュレス還元されるのは、2020年のポイント還元終了後からです。 令和2年10月からの制度導入が検討されています。 マイナポイントの還元率は25%だそうです。 例えば2万円入金すると、5千円分のポイントが還元されます。 かなりの高還元率ですが、入金2万円に対して5千円分(25%)の還元を一人につき一回提供する案が有力です。 マイナポイントの上限については、現時点では発表されていません。 なおポイント還元制度を利用するには、QRコード決済やクレジット決済・デビット決済・電子マネー決済などが必要となります。 マイナポイントが使えるお店は? マイナポイントについての声・口コミ 消費増税対策として高還元率が予測されているマイナポイントですが、いろいろな声が上がっています。 マイナポイントへの不安 「もしも電子マネーからマイナンバー情報が漏れた場合の保証について説明されていない」 「マイナンバーを電子管理するのは不安がある」 「スマートフォンを持っていない人は対象外なのか」 「消費税の逆進性を強めるのではないか」 など不安要素や疑問の声がありました。 」 「増税分のマイナスの影響を補填できるようなポイント還元にしてほしい」 「消費意欲の低下を防ぐ効果が期待したい」 など期待の声も多くありました。 まだ検討中の部分もあり詳細が不十分なところもありますが、政府からの分かりやすく納得のいく説明を誰もが期待しているでしょう。 決済事業者が参加する官民の検討会議を早期に立ち上げて詳細を詰めるとされているため、今後の動向にも注目です。 マイナンバーカードのセキュリティについて マイナンバーカードは個人情報が分かるものであり、そのセキュリティ性について心配なことも考えられます。 どのようなセキュリティが施されているのか見てみましょう。 セキュリティを確認しておくことで、安心してマイナンバーカードを利用することができます。 マイナンバーカードを紛失した場合 マイナンバーカードを紛失した場合、利用を一時停止することができます。 コールセンターに電話することで、365日24時間いつでも一時停止することができます。 文字の掘り方や彩文パターンなどにより、偽造防止を図っています。 複雑な造りであるため、偽造することは困難です。 ICチップにより必要最低限の情報のみ記録され、プライバシー性の高い情報は記録されません。 例えば税金や年金などの情報は記録されない仕組みです。 出典:地方公共団体情報システム機構 セキュリティが高い 不正な情報の盗取には対抗措置が取れるよう、盗取防止機能が搭載されており、不正な手法に対して、記録している情報を自動的に消去することができます。 利用するには暗証番号が必要であり、紛失などの際にも暗証番号が分からなければ悪用できません。 間違った暗証番号を一定回数入力すると、ロックがかるようになっています。 大切な個人情報だからこそ、しっかりとしたセキュリティで守られています。 もしも紛失してしまっても、慌てずにコールセンターに連絡しましょう。 マイナポイントは魅力的な制度!マイナンバーカードを準備しておこう 景気対策やマイナンバーカードの普及に向けて検討されているマイナポイントについて紹介しました。 まだ正式に決まっておらず、制度についての詳しい詳細は発表されていませんが、マイナンバーカードを使ってチャージすると、高い還元率でポイントが付与されるという新しい政策に期待が高まっています。 マイナポイントの使い方などにメリットがあれぱ、マイナンバーカードの普及にも繋がりますので、今後のマイナポイントの詳細についての発表などに注目してみましょう。 魅力的な制度であれば、利用者も増える傾向にありますので、マイナンバーカードを持っていない人や紛失してしまった人は、今から準備しておくとよいでしょう。 マイナポイントを動画で解説.

次の

【マイナポイント】2020年7月から申込開始 「最大25%還元」「マイナンバーカード提示不要」に注目 | マネーの達人

マイナ ポイント

マイナポイントとは マイナポイントとは、一定金額を前払いした者に対して、国がマイナンバーカードを活用したポイント「マイナポイント」を付与する制度です。 マイナポイントの利用用途としては「スマホによるQRコード決済」や「オンラインショップでのポイント利用」などが挙げられますが、具体的な内容については今後決まる予定となっています。 マイナポイントはいつから始まる? マイナポイントは令和2年度に実施予定です。 マイキーIDの登録が必須!マイナポイント利用のための設定とは マイナポイントを利用するためには、最初に2つの用意が必要です。 1つ目は、マイナンバーカードの発行となります。 「マイナンバー通知カード」ではマイナポイントを利用することができません。 そのため、通知カードしか持っていない場合は、まずはマイナンバーカードを作成する必要があります。 マイナンバーカードの申請は、パソコン・スマートフォン・郵送・街中にある証明写真機などを用いて無料でできるので安心してください。 2つ目は、マイナポイントを利用するための専用のIDが必要となります。 住んでいる市町村から、マイナンバーカードを取得したら、専用IDとなる「マイキーID」を設定してください。 マイキーIDの設定には、マイナンバーを取得した際に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号(4ケタ)」が求められます。 この項目では、マイナポイントを利用するために必要なマイキーIDの設定手順を解説します。 マイキーID登録方法 マイキー登録を行うためにはさまざまな方法があります。 自宅で登録を行いたい場合は、パソコンと公的個人認証サービスに対応したICカードリーダが必要です。 公的個人認証サービスとは、他人のなりすましや電子データの改ざんなどがされていないことを確認することを主体に置いた方法を、全国のどの場所に住んでいる人でも安価に提供するもの。 パソコン以外にも、公的個人認証サービスに対応したスマートフォンでも手続きできます。 もし、上記の手順ができない場合は、居住している自治体でマイキーID登録窓口を用意している場合もあり、確認が必要です。 「マイキープラットフォーム」を検索 公的個人認証サービスに対応したスマートフォン・パソコンを利用している方は、インターネットより「マイキープラットフォーム」を検索します。 サイトをクリックした後に、「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストールを行いましょう。 マイナンバーカード読み取り 「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストール完了後、ソフトを起動します。 起動後画面にある「マイキーIDの発行」をクリックし、マイナンバーカードをICカードリーダライタで読み取りを行いましょう。 マイキーIDの作成 読み取りが完了すると、マイキーIDがランダムな文字列で自動生成されます。 ひとまず8桁のマイキーIDが付与されますが、このIDは後ほど自身の好きなIDに変更が可能です。 マイキーID登録後 マイキーID登録には、マイナンバーカードを利用しますが、個人機密情報になり得るマイナンバーを利用しません。 マイナンバーカードの機能を利用して、マイキーIDを作成する点を覚えておきましょう。 マイキーIDはセキュリティ的に大丈夫なの? マイナンバーカードを利用してマイキーIDを生成することを考えると、マイナンバー流出のリスクを恐れる方も多いのではないでしょうか? 次に、マイナポイントのセキュリティ面について解説します。 マイナンバーカードはポイント情報を保持しない マイナンバーカードをかざして、マイキーIDを発行することからマイナンバーカードに情報が保持されると考える方は多いかもしれませんが、実際には、マイナポイントはマイナンバーカードに貯めるものではありません。 ポイント利用に関する情報についても、マイナンバーカードで保持しないことを覚えておきましょう。 マイナンバーカードとマイキープラットフォームの関係 それでは、マイナンバーカードをマイキーIDを発行するときにかざす理由は何なのでしょうか? マイナンバーカードには「券面に印刷されたマイナンバー」とICチップ内には「電子証明書」が格納されています。 マイキープラットフォームにログインする際には、この電子証明書を読み取っており、読み取った電子証明書にはマイナンバーは含まれていないのです。 このように、実際にはマイナンバーが利用されるわけではないことを覚えておきましょう。 マイナポイント利用にはマイキーID登録が必須!設定方法を覚えておこう 今回は、マイナンバーカードを利用したマイナポイントの参加方法について解説しました。 マイナポイントを貯めるにはマイキーIDの登録が必要です。 マイナポイント制度が始まるのは令和2年ですが、事前にマイキーID登録を行っておくと駆け込み需要などに巻き込まれずにいち早く利用可能となります。 今のうちにマイナポイントについて詳しく知り、マイキーID登録を行っておきましょう。 関連する記事•

次の