へきれき 意味。 「青天の霹靂」とは?意味や使い方を由来を含めてご紹介

「へきれきいっせん」とは?意味や漢字の書き方も整理

へきれき 意味

霹靂一閃とは四字熟語? 霹靂一閃の読み方 「 へきれきいっせん」と読みます。 四字熟語なの?意味も確認 四字熟語ではなく「霹靂」と「一閃」の造語です。 それぞれの熟語の意味を見ていきましょう。 「霹靂」はかみなりの別名です。 いかずちや雷鳴を指すこともあります。 また、雷が激しくなること。 落雷すること。 大きな音が響きわたること。 といった意味でも使います。 (デジタル大辞林より。 ) 「一閃」の意味はぴかっと光ること。 または、そのきらめきのことです。 (デジタル大辞林より。 ) ちなみに霹靂を使った四字熟語は? 青天霹靂(せいてんのへきれき) 意味:急に起こる変動、大事件。 または、突然うけた衝撃のこと。 元々は、青い空に突然走る雷のことを指す。 霹靂一声(へきれきいっせい) 意味:急に雷鳴が轟き渡ること。 または、前触れもなくいきなり大きな声で怒鳴ること。 霹靂閃電(へきれきせんでん) 意味:激しく勢いがあって非常にすばやいことのたとえ。 一閃を使った四字熟語だと… 光芒一閃(こうぼういっせん) 意味:状況がいきなり変化すること。 「光芒」は尾を引いているように見える光の筋や、光の穂先こと。 紫電一閃(しでんいっせん) 意味:刀剣などが稲妻のように一瞬きらりときらめくことから、一瞬や極めて短い時間のこと。 または、そのような少し時間で急激に変化すること。 「紫電」は刀を鋭く振るとひらめく稲妻のような光のこと。 まとめ ・霹靂一閃(へきれきいっせん)は四字熟語ではなく、霹靂と一閃を使った造語 ・霹靂はかみなりの別名 ・一閃はぴかっと光ること 参考:.

次の

霹靂一閃 (へきれきいっせん)とは【ピクシブ百科事典】

へきれき 意味

読み方: 別表記:、晴天の霹靂、、、、 生じてに人をようなな、という意味で用いられる。 なくとして、人を(あるいはを)させるような、、あるいはを受けた際ののこと。 青天の霹靂の「」は青く渡った空のことであり、「」はのことである。 すなわち、としてが生じるというが、突然のに驚くのに用いられている。 を耳にしたときなどに「青天の霹靂だ」というを用いる。 としては、もしていなかったが起こることを意味する「根耳に」が挙げられる。 「」を「」にて「晴天の霹靂」とするが用いられるもある。 「」も「」も、ともにやにはない。 ただし、は「晴天の霹靂」のは・語・の類とが多い。 「青天の霹靂」はであり、()の・が詠んだ「放翁病過秋、忽起作醉墨。 正如久、飛」というをとする。 としてに扱う、という、「」が、「」はである、としうる。 ただしのにおいて必ずしも「青天の霹靂」が「晴天の霹靂」はとされているか、。 青くた空に突然起こる。 空がだんだんに曇って、今に降るかとしていても、のはのを容易に動かない。 いし間のをあたえて、それからポツポツて来るというで、昔のような不意撃ちをない。 などはである。 (『むかし』(、(• するや大。 の奇答に ( )としていただったので、と熊城にとると、それがまさに だった。 知るはずのないあのを、この人のみはどうしての。 (『』) 由来• の「夜雞未鳴起作(鳴かず起きて)」中の句「放翁病過秋 忽起作醉墨 正如久 飛」による。 「」は、。 青くた空に、突然が出すこと。 から、「」であり「 晴」はとする、の類は多いが、もともと、「」も「」も「青くた空」を意味する近音(はる)のであり、のから元末にした禅書「続」などには、「」「」のが、、「」をとし。 「」においても、「」のにおいて、「晴天の霹靂」をしている。 英語:• : 청천벽력• : kirkkaalta taivaalta• : grom z jasnego nieba• : imprevisto• : senin•

次の

「青天の霹靂」とは?意味や使い方を由来を含めてご紹介

へきれき 意味

読み方: 別表記:、、、晴天霹靂、、 生じてに人をようなな、という意味で用いられる。 なくとして、人を(あるいはを)させるような、、あるいはを受けた際ののこと。 青天の霹靂の「」は青く渡った空のことであり、「」はのことである。 すなわち、としてが生じるというが、突然のに驚くのに用いられている。 を耳にしたときなどに「青天の霹靂だ」というを用いる。 としては、もしていなかったが起こることを意味する「根耳に」が挙げられる。 「」を「」にて「」とするが用いられるもある。 「」も「」も、ともにやにはない。 ただし、は「」のは・語・の類とが多い。 「青天の霹靂」はであり、()の・が詠んだ「放翁病過秋、忽起作醉墨。 正如久、飛」というをとする。 としてに扱う、という、「」が、「」はである、としうる。 ただしのにおいて必ずしも「青天の霹靂」が「」はとされているか、。

次の