ファミリー リンク 機種 変更。 ファミリーリンクの設定方法と使い方~スマホの利用時間制限アプリにおすすめ!

【無料アプリ】子供のスマホをガッチリ管理!Googleファミリーリンクの使い方と設定方法【Android編】

ファミリー リンク 機種 変更

それでもいいけど、余計な時間を使わない為に準備しないとね。 最悪手続きできないってこともあるから気を付けよう。 例えば名義をお父さんorお母さんにまとめていれば委任状や同伴での手続きになります。 データ移行も電話帳やドコモメール、写真等は店頭のコピー機でできますがアプリは自己管理です。 家族名義でも証明書が揃っていれば時間がかかることはないですが、実は家族名義で手続きできないなんてこともあります。 手続きできる出来ないの判断はすぐなので時間を要することはありません。 逆に、店頭で時間のかかるやり取りは• Googleアカウント• Apple ID• LINEデータ移行 の3点です。 ドコモサービスではないので、自身での引き継ぎ作業が必要です。 「LINEってデータ移行してくれるんじゃないの?」と思う方もいると思いますが、基本出来ません。 理由は「ドコモが提供しているサービスではない為」です。 *正確には月額サービスのを契約していればセンターを通じて設定のサポートをすることは出来ます。 今回はこういった注意点を含めつつ事前準備しておきたい内容をまとめていきます。 【来店予約】待ち時間を短縮するため早めの予約が必須 ドコモショップで手続きする際は必ず予約をしましょう。 土日のみでなく、平日も混みあっていると2-3時間の待ち時間が発生する可能性があります。 予約はwebか電話で行います。 が一番早い方法ですが、不安な場合は下記記事を見ながら行ってみましょう。 【機種選定】購入する機種は決めてから来店が基本 もし、人にオススメされた機種が使いにくかったらガッカリしますよね? 最低2年は使いますし、今どきは本体価格10万以上する高額商品が圧倒的に多いです。 安い買い物ではないので、自分の意思に従って機種選定は来店前に済ませておきましょう。 どのようなデザインの機種がいいか• 重要視している機能は何か• はずせない機能は何か• 値段は予算内か あたりを意識してカタログを見たりネットのレビューをみて準備しましょう。 最後は来店して少し実機を触って決めれば完璧です。 【名義確認】家族名義の時は必要書類が増えます 機種変更の場合、来店者が契約者(名義人)本人かつ成人していれば免許証や保険証が1点あれば手続きは可能です。 *新規の場合は別途キャッシュカードやクレジットカード、補助書類が必要になる可能性があります。 契約者の確認はから確認可能です。 利用者と契約者が違う• 支払者と契約者が違う• シェアパック代表、ファミリー割引代表と契約者が違う 以上の3点はよくあるパターンなので注意しましょう。 家族名義の場合何が必要か? こちらも機種を一括購入か分割購入か、成人しているか未成年かによって異なります。 可能であれば契約者同伴での手続きが望ましいです。 どうしても無理な場合は• 契約者の証明書原本• 来店者の証明書原本• 委任状 を持参していきましょう。 未成年の場合は別途同意書も必要です。 *委任状や同意書は公式HPよりできます。 ただ、記入漏れがあると手続きできない為注意が必要です。 記入例も記載がありますが、主に記入漏れが多い個所としては• 作成日• 代理人項目 です。 どちらも事前に記入が必要であり、「代理人」項目も契約者が記入します。 委任状や同意書は契約者が全て記入するのが基本ですが、間違いが多い部分なのでしっかりと注意事項を読みましょう。 【データのバックアップ】電話帳や写真は事前にコピーしておく• 電話帳• 音楽 はドコモ純正ので移行可能です。 SD対応機種であれば一括でSDへ移行できます。 もしSD非対応機種またはSDを利用していない場合はwifiを利用して新端末へ移行することができます。 ここでのwifiとは、通常の親機を通すものではなく「Wi-Fi Direct」を利用しているのでwifi環境がなくとも旧、新端末があればどこでも利用可能です。 データコピーアプリの注意点 SDを利用した場合は、新端末で同じアプリを利用して復元の操作が必要です。 そしてwifiを利用する場合はデータ量が多いと途中で通信エラーが起きる可能性があります。 「バックアップしたデータがない!」と焦らないようにしましょう。 【アプリ引き継ぎ】LINEやゲームの引き継ぎとアカウントの確認は来店前に 新端末にLINEやゲームをインストールするにはGoogleアカウントまたはApple IDの設定を済ませてからでないと出来ません。 そしてdocomo提供外サービスになるため、店頭案内は基本実施しません。 アドレス程度であれば設定画面から開くことは出来るので、その程度は教えてくれることはあります。 しかし、パスワードは自身の管理の為スタッフ側でどうすることもできません。 アカウントの確認や引き継ぎについては検索で対処• Googleアカウント パスワード 忘れた• Apple ID パスワード 再設定• Line 引き継ぎ 等で検索をすると対処方法をまとめたサイトが沢山出てくるので、自分で利用しているサービスはしっかり確認しましょう。 【その他】利用状況によって必要になる可能性も事前確認 代表的なものとして• おサイフケータイを利用している• ファミリー割引やシェアパックに加入または変更 等の手続きが増えると別途必要になるものがあります。 機種変更のみを済ませて後で行うこともできますが、まとめて済ませてしまえば時間効率もいいので予め確認しておきましょう。 おサイフケータイ iDやモバイルスイカ、楽天edy等が代表的です。 各々のアプリで「機種変更手続き」の項目でデータの預入れをしておけば問題ありません。 もしSIMカードのサイズが変わらなければ機種変更後、自宅で行ってもOKです。 iDはドコモサービスなので、スタッフに任せる事が可能です。 ファミリー割引やシェアパックについて これらのサービスはグループが存在し、加入手続きには代表者の委任確認が必要です。 その場で電話に出てもらうか、事前に書いてもらった委任状を持参しなければなりません。 例えば家族でシェアパックを組んでいて、新たに子供のケータイを新規購入するので加入させる。 その場合の代表は来店者の父なので電話確認が必要 といった流れが多いです。 または結婚して各々のファミリー割引から抜けたり統合したりする場合に出てきます。 詳しくは下記記事より まとめ• 名義人の確認をする• データはあらかじめ整理しておく(バックアップ)• 来店予約をする 特にアプリの引き継ぎが大変なので、時間があるうちに余裕を持って行っておきましょう。

次の

子供のAndroidに無料フィルタリング『Googleファミリーリンク』が凄い!

ファミリー リンク 機種 変更

子供がアプリの購入やダウンロードをしようとすると、画像の画面が表示され、親の承認なしには進めなくなります。 Google Playのアカウントページにたどり着いたら、上部メニューの「親子向け」をタップし、「ファミリーグループ」を選択します。 子供のアカウントをタップし、「購入の承認」か「保護者による使用制限」を選択します。 「購入の承認」画面では購入に関する承認内容の設定を、「保護者による使用制限」では年齢制限等を設定します。 「保護者による使用制限」は先程のファミリーリンクの「Google Playでの使用制限」画面でも設定できます。 位置情報モードでは、「高精度(GPS、Wi-Fi、モバイルネットワークで使用可)」、「バッテリー節約(Wi-Fi、モバイルネットワークで使用可)」、「端末のみ(GPSで使用可)」の中から選べます。 子供の現在位置を確認する ファミリーリンクのメイン画面で、子供の現在地を確認できます。 ちょっとタイムラグがあるので、情報が古い場合は、更新アイコンをタップして更新しましょう。 「自宅」「塾」「児童館」など、よく行く場所を登録しておけば、パッと確認できて便利です。 子供の現在位置へのナビゲーションを開始する 親のデバイスで子供のAndroidをロックすると、このような画面が表示されます。 下の方に「保護者によるアクセス」と「緊急通報」の2つのメニューがあり、前者をタップすると、パスコードを入力すればロック解除されます。 後者をタップすると、電話をかけたり、Androidに登録されている連絡先にアクセスでき、この連絡先からWhatsappやLINEのアプリを立ち上げて、メッセージを送ることもできます。 具体的には、連絡先に登録されている名前をタップし、その人の画面の下部にあるメニュー「vCardの送信」をタップすると、LINEなどのアプリが表示され、メッセージが送れます。 ロック状態で返事が来ても通知は来ないので、そこは注意が必要ですね。 Google ファミリーリンクの気になるところ ファミリーリンクで気になるのがブラウザによるネット閲覧です。 ブラウザのGoogle Chromeは、Google側で検索を「OFF」に設定したり、露骨な性表現や暴力的な検索結果が除外されやすくなる「セーフサーチ」を有効にしたり、成人向けのサイトをブロックする以外は、手動でサイトへのアクセスを管理しないといけないのが少し面倒です。 より細かくWebサイトの閲覧を制限したい場合は、「i-フィルター」のような有料アプリを利用した方がよいかもしれません。 しかしながら、Googleファミリーリンクの機能は小4の我が子には十分すぎるくらいなので、今の所は特に問題はありません。 子供のGmailアカウントではLINEトーク履歴のバックアップができない? 最近気付いたのですが、Androidのファミリーリンクで作成した子供用のGoogleアカウントでは、LINEトーク履歴のGoogleドライブへのバックアップができないようです。 Androidの場合、LINEトーク履歴はGoogleドライブに保存して復元する仕組みなのですが、Android側で子供のGoogleアカウントが設定されていると(ファミリーリンクでスマホを管理すると必然的にそうなるのですが)、バックアップの際エラーが出てしまいました。 Android側で大人のGmailアカウントを設定しても、LINEのバックアップ画面で子供のGmialアカウントを選択するとエラーになりました。 試しに、AndroidもLINEも大人のGoogleアカウントを設定してみると、バックアップが取れました。 詳しい原因は不明なのですが、LINEトーク履歴のバックアップや復元は、一時的に子供のアカウント以外の大人のアカウントで設定して行う必要がありそうです。 ( 上記の方法で起こりうる不具合等については責任を負い兼ねますので、試す場合は自己責任にてお願いします) 無料でここまでできるGoogleファミリーリンクはすごい! 我が子も、ファミリーリンクをインストールしたアンドロイドを使っていますが、ドコモ・au・Softbankのキッズ携帯と同じような機能が、ファミリーリンク一つで実現できてしまうのは本当にすごいです。 しかも、何度も言いますが無料です!小学生の我が子の場合は、今のところ不満は特にないので、しばらく使い続けていこうと思っています。 iPhoneやiPadをお持ちの方は、こちらもチェックしてみてくださいね。 特に、ブラウザの閲覧制限が優秀です。 「i-フィルター」含むフィルタリングアプリについては、以下の記事でまとめていますので、ご参考ください。

次の

【Android】子供のスマホをアプリで制限・管理「Googleファミリーリンク」の設定と解除方法【ペアレンタルコントロール】

ファミリー リンク 機種 変更

はじめにアカウント削除と管理機能解除の違いを確認しよう Googleファミリーリンクの管理機能を停止するとき、スマホの設定画面で該当項目を探してみると、「アカウント削除」という項目にたどり着くことがあります。 「アカウント削除」は文字通り、 子ども用に作成したアカウントを削除するものです。 「管理機能解除」は、 保護者のアカウントから子ども用アカウントを管理する機能のみ解除することを意味しています。 日本では13歳以上になると、Googleアカウントを自分で作成・管理できるようになりますが、Googleファミリーリンクで作成した13歳未満の子ども用アカウントは、13歳になるまでは保護者の管理下にあることが必須条件になっています。 つまり、13歳未満の子ども用Googleアカウントの場合、そもそも管理機能の停止はできません。 13歳未満の子どもは、そもそも「ファミリーリンク」ではない通常のGoogleアカウントは作成できないため、保護者の設定画面では「アカウント削除」しか表示されないというわけです。 「アカウント削除」の項目がある。 子ども用のGoogleアカウントの管理機能を停止したいだけなのに、誤ってGoogleアカウントを削除してしまう、ということがないよう注意が必要です。 万が一、子ども用アカウントを削除してしまった場合、保護者が13歳未満の子ども用に作成したアカウントで、かつ削除した直後であれば復旧ができます。 では、ファミリーリンクの管理機能を解除する方法を確認していきましょう。 Googleファミリーリンクの管理機能を解除する方法 Googleファミリーリンクの管理機能は、 保護者用の端末から解除を行います。 具体的には、以下の手順で解除できます。 保護者用端末からGoogleファミリーリンクアプリを起動• 「メニュー」から管理機能を解除したい子どものアカウントを選択• 右上のサブメニュー(三点リーダー)から「アカウントの管理機能」を選択• 誤って管理機能を停止した場合や、停止したけれどもう一度設定したい場合は、再度ファミリーリンクの設定もできます。 子どもの成長に合わせてGoogleファミリーリンクの管理機能を調整しよう 子どもたちが自分で安全にインターネットを使えるようになるまでは、使い方について家族でルールを決め、保護者が見守るというケースが多いですよね。 13歳を過ぎても、必要であればGoogleファミリーリンクの管理機能を使用することも可能です。 成長に合わせて、子どもたちと話し合いながら管理機能を活用すれば、より安全にスマホを使わせることができそうです。

次の