川崎 市 ハザード マップ。 神奈川県川崎市多摩区の防災ハザードマップ住所一覧

洪水ハザードマップを紹介しています

川崎 市 ハザード マップ

ページ番号1009823 更新日 平成30年10月1日 県内の洪水ハザードマップの公表状況、問い合わせ先を掲載しています。 洪水ハザードマップの公表状況 洪水ハザードマップを公表した市町村名、洪水ハザードマップを閲覧できる場所(担当部局)、公表した年月などをまとめました。 岩手県内市町村洪水ハザードマップ等公表状況(令和元年10月1日現在) 盛岡市 担当課・係:総務部危機管理防災課 電話:019-603-8031 入手方法:閲覧可 公表年月:平成30年8月• 宮古市 担当課・係:危機管理監危機管理課電話:0193-68-9111 入手方法:閲覧可 公表年月:平成20年4月• 花巻市 担当課・係:総合政策部防災危機管理課 電話:0198-24-2111 入手方法:閲覧可、手渡し可 公表年月:旧全市町 平成30年3月• 北上市 担当課・係:消防防災部消防防災課 電話:0197-72-8305・8306 入手方法:閲覧可、手渡し可 公表年月:平成26年11月• 久慈市 担当課・係:総務部消防防災課 電話:0194-52-2173 入手方法:閲覧可、手渡し可、郵送可 公表年月:平成23年10月• 遠野市 担当課・係:消防本部消防総務課 電話:0198-62-2119 入手方法:閲覧可 公表年月:平成29年8月• 一関市 担当課・係:消防本部防災課 電話:0191-25-5913 入手方法:閲覧可 更新年月:平成30年2月• 陸前高田市 担当課・係:防災局防災課 電話:0192-54-2111 入手方法:閲覧可 公表年月:平成28年3月(一部平成30年3月更新)• 釜石市 担当課・係:防災危機管理課 電話:0193-27-8441 入手方法:閲覧可 公表年月:平成25年5月• 二戸市 担当課・係:防災安全課 電話:0195-23-3117 入手方法:閲覧可 公表年月:平成28年3月• 八幡平市 担当課・係:防災安全課 消防防災係 電話:0195-74-2111 入手方法:閲覧可 公表年月:平成28年12月• 奥州市 担当課・係:危機管理課 電話:0197-24-2111(内線223) 入手方法:閲覧可、手渡し可(市民のみ) 公表年月:平成30年3月• 滝沢市 担当課・係:市民環境部防災防犯課 電話:019-656-6507 入手方法:閲覧可、手渡し可(市民のみ) 公表年月:平成25年3月• 雫石町 担当課・係:防災課 電話:019-692-6410 入手方法:閲覧可 公表年月:平成26年9月• 葛巻町 担当課・係:総務企画課 防災担当 電話:0195-66-2111 入手方法:閲覧可 公表年月:平成31年3月• 岩手町 担当課・係:総務課地域安全係 電話:0195-62-1111 入手方法:閲覧可 公表年月:平成19年3月• 紫波町 担当課・係:企画総務部消防防災課消防防災室 電話:019-672-6869 入手方法:閲覧可、手渡し可、郵送可 公表年月:平成28年3月• 矢巾町 担当課・係:総務課 電話:019-697-2111 入手方法:閲覧可、手渡し可 公表年月:平成23年3月• 西和賀町 担当課・係:総務課 電話:0197-82-3281 入手方法:閲覧可 公表年月:平成26年3月• 金ケ崎町 担当課・係:生活環境課 電話:0197-42-2111 入手方法:閲覧可、手渡し可 公表年月:平成30年3月• 平泉町 担当課・係:総務企画課 電話:0191-46-2111 入手方法:閲覧可、手渡し可、郵送可 公表年月:平成18年3月• 住田町 担当課・係:総務課 電話:0192-46-2112 入手方法:閲覧可、手渡し可 公表年月:平成28年2月• 大槌町 担当課・係:危機管理室 電話:0193-42-8781 入手方法:閲覧可、手渡し可 公表年月:平成29年8月• 岩泉町 担当課・係:危機管理課 電話:0194-22-2111 入手方法:閲覧可、手渡し可 公表年月:平成31年3月• 軽米町 担当課・係:総務課 電話:0195-46-4738 入手方法:閲覧可、手渡し可 公表年月:平成28年2月• 九戸村 担当課・係:総務企画課庶務財政班 電話:0195-42-2111(内線173) 入手方法:閲覧可、手渡し可、郵送可 公表年月:平成30年3月(HP更新日:平成30年4月2日)• 洋野町 担当課・係:総務課防災推進室 電話:0194-65-5918 入手方法:閲覧可 公表年月:平成30年3月• 浸水想定区域図の公表状況 河川改修工事の計画の基本となる降雨により河川がはん濫した場合に、浸水が想定される区域を示した図です。 支川からの氾濫・内水による氾濫・計画を超える降雨による氾濫を考慮しておりませんので、図に示されていない区域においても浸水が発生したり、想定よりも浸水深が大きくなる場合があります。 浸水想定区域図:国土交通省管理河川 公表状況(平成26年2月1日現在)• 北上川 閲覧可能場所:岩手河川国道事務所 調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成14年6月28日 雫石川 岩手河川国道事務所調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成17年12月27日 中津川 岩手河川国道事務所調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成17年12月27日 磐井川 岩手河川国道事務所調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成17年12月27日 豊沢川 岩手河川国道事務所調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成22年3月30日 和賀川 岩手河川国道事務所調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成22年3月30日 胆沢川 岩手河川国道事務所調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成22年3月30日 猿ヶ石川 岩手河川国道事務所調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成23年1月19日 人首川(奥州市) 岩手河川国道事務所調査第一課水防企画係 電話:019-624-3166 入手方法:閲覧可 公表年月日:平成23年1月19日 浸水想定区域図:岩手県管理河川 公表状況(平成27年4月1日現在)• 瀬月内川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県県北広域振興局土木部二戸土木センター道路河川環境課 電話:0195-23-9209 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成20年6月20日 猿ヶ石川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県県南広域振興局土木部遠野土木センター工務課 電話:0198-62-9938 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成26年6月24日 早瀬川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県県南広域振興局土木部遠野土木センター工務課 電話:0198-62-9938 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成26年6月24日 夏川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県県南広域振興局土木部一関土木センター道路河川環境課 電話:0191-26-1418 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成27年3月6日 砂鉄川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県県南広域振興局土木部一関土木センター道路河川環境課 電話:0191-26-1418 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成27年3月6日 気仙川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県沿岸広域振興局土木部大船渡土木センター河川港湾課 電話:0192-27-9919 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成18年9月29日 盛川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県沿岸広域振興局土木部大船渡土木センター河川港湾課 電話:0192-27-9919 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成18年9月29日 鵜住居川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県沿岸広域振興局土木部河川港湾課 電話:0193-25-2714 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成20年6月20日 大槌川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県沿岸広域振興局土木部河川港湾課 電話:0193-25-2714 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成20年6月20日 甲子川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県沿岸広域振興局土木部河川港湾課 電話:0193-25-2714 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成22年3月12日 関口川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県沿岸広域振興局土木部宮古土木センター河川港湾課 電話:0193-64-2221 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成20年8月12日 津軽石川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県沿岸広域振興局土木部宮古土木センター河川港湾課 電話:0193-64-2221 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成20年8月12日 閉伊川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県沿岸広域振興局土木部宮古土木センター河川港湾課 電話:0193-64-2221 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成18年3月24日 久慈川・長内川・夏井川 岩手県県土整備部河川課 電話:019-629-5901 岩手県県北地方振興局土木部河川港湾課 電話:0194-53-4990 入手方法:閲覧可(いわてデジタルマップ) 公表年月日:平成18年9月29日.

次の

洪水ハザードマップ 「区全域が浸水」と想定 市、14年ぶりに改定

川崎 市 ハザード マップ

神奈川県が「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(通称:土砂災害防止法)」に基づき、土砂災害警戒区域等を指定した場合、横浜市はハザードマップの作成と公表を行っています。 このハザードマップは、梅雨時期の集中豪雨や台風に伴う豪雨などにより、土砂災害が発生した場合に被害がおよぶおそれのある区域を示し、土砂災害が予想される場合や土砂災害が発生した場合に、市民の皆さまが避難などの適切な行動をとることができるように作成したものです。 また、土砂災害ハザードマップは各区区役所で配布させていただいています。 横浜市のわいわい防災マップでは現在対応に向けた準備中になりますので、最新の土砂災害特別警戒区域等を確認される場合は、神奈川県のWEBサイト の「土砂災害のおそれのある区域」からご確認下さい。 横浜市のわいわい防災マップでは現在対応に向けた準備中になりますので、最新の土砂災害特別警戒区域等を確認される場合は、神奈川県のWEBサイト の「土砂災害のおそれのある区域」からご確認下さい。 地図面の土砂災害警戒区域等は土砂災害ハザードマップ作成時点のものであり、現在の指定状況と異なる場合があります。 土砂災害警戒区域等に関する法的な図面は、の「土砂災害のおそれのある区域」の告示図書をご確認いただくか、神奈川県の横浜川崎治水事務所にお問い合わせください。 掲載範囲は、マップ上の鶴見区全図をご確認ください。 土砂災害警戒区域等の防災情報につきましては横浜市民防災情報からも確認できますので、併せてご利用ください。 また、詳細や最新の情報を確認されたい方はの「土砂災害のおそれのある区域」からご確認ください。

次の

洪水ハザードマップを紹介しています

川崎 市 ハザード マップ

川崎市の自然災害ハザードマップ 川崎市では、市民に対して万が一の自然災害に備えるよう啓蒙すべく、「洪水」「土砂災害」「津波」の3種類に関するハザードマップを作成・公表しています。 川崎市への転入を検討中の方は、宅地選びの際、これらハザードマップも参考にしておいたほうが良いでしょう。 洪水ハザードマップ 大雨で河川が氾濫した際の被害の範囲や程度を想定した地図のことを、洪水ハザードマップと言います。 洪水ハザードマップは、かねてより全国の自治体で作成・公表されていましたが、近年、想定を上回る降雨量や浸水被害が増えてきたことから、国は平成27年、水防法を改正。 この改正にともない、川崎市でも、まずは平成29年に川崎区と幸区、次いで平成30年には中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区のマップを改定しました。 水防法改正にともなう洪水ハザードマップの変更点 改正前と改正後の洪水ハザードマップは、次の点が大きく異なります。 [改正前] 改正前は、河川整備の基本となる降雨量を基準に、洪水被害を想定していました。 具体的には次の降雨量が基準です。 2日間における「多摩川」の総雨量457mm…200年に一度の確率• 2日における「鶴見川」の総雨量404mm…150年に一度の確率 [改正後] 改正後は、想定しうる最大限の降雨量を基準に、洪水被害を想定しています。 具体的には次のとおりです。 2日間における「多摩川」の総雨量588mm…1000年に一度の確率以上• 2日における「鶴見川」の総雨量792mm…1000年に一度の確率以上 洪水ハザードマップの入手方法 洪水ハザードマップは、下記の参照URLから確認することができます。 川崎市で宅地の購入を検討されている方はもとより、すでに市内に地を購入した方も、万が一の際の避難場所を確認しておきましょう。 土砂災害ハザードマップ 平成13年に施行された土砂災害防止法に基づき、神奈川県は、県内の一定規模を超える斜面やその近隣について、土砂災害警戒区域と指定しました。 土砂災害は、一般に「がけ崩れ」「土石流」「地滑り」の3種類に分類されますが、これらのうち川崎市において指定されている土砂災害警戒区域は、すべで「がけ崩れ」です。 土砂災害警戒区域の指定基準 川崎市で指定されている土砂災害警戒区域(がけ崩れ)の指定基準は、以下のとおりです。 急傾斜地の上からの水平距離が10m以内の区域• 急傾斜地の上から下までの高さの2倍以内の区域(ただし高さが50m以上の場合は1倍以内の区域) 文字で説明を受けても理解しがたいと思われるので、市内への転居をお考えの方は、事前にハザードマップを確認しておくと良いでしょう。 土砂災害ハザードマップの入手方法 土砂災害ハザードマップは、各区役所の危機管理担当窓口で手に入れることができます。 また、下記の参照URLからダウンロードして入手することも可能です。 津波ハザードマップ 平成25年、川崎市では、市内に到来するであろう最大規模の津波を想定し、1605年に発生した慶長地震をモデルに津波ハザードマップを作成・公表しました。 加えて平成29年には、神奈川県が公表した相模トラフ沿いの最大規模の地震による津波を想定し、市内の津波ハザードマップを更新しています。 一方、東日本大震災における津波被害は、専門家の想定をはるかに超える被害をもたらしたことを忘れてはいけません。 市が公表している津波ハザードマップを参考にするとともに、それ以上の規模の津波の到来も想定し、万が一の時の行動を家族とともに話し合っておくようにしましょう。 川崎市に到達する恐れのある津波の規模とは 市内に到達する津波の最大規模の基準として、市は慶長地震における津波を想定しています。 慶長地震の推定震度は4以下。 決して大きな揺れではなかったのですが、地震発生から80分後には、最大3mの津波が発生しています。 この津波をモデルにした場合、川崎港で予測される満潮時の最大津波高は約3. 71m。 市街地への被害も想定され、浅野町の一部などでは2~3mの浸水が予測されています。 3平方キロメートル。 川崎港への最大津波高の到達予想時間は、地震発生から約96分とされています。 津波ハザードマップの入手方法 川崎市の津波ハザードマップは、下記の参照URLからダウンロードすることができます。 市内への転入をお考えの方は、印刷して参考にしてください。

次の