名古屋 立てこもり 放火 事件。 立てこもりの名古屋・事件・愛知県が話題

名古屋アベック殺人事件

名古屋 立てこもり 放火 事件

名古屋立てこもり放火事件とは、に発生した・事件である。 ビル爆破事件とも。 概要 の、の前ビルの4階に入居する運送会社「軽急便」本社・支店に、同社から宅配委託業務を請け負う歳の男が侵入し、内のを辺りに撒き散らして歳の支を、を手にして3か分の給与万円の支払いを迫るという、立てこもり事件が発生した。 これに対しての機動捜隊(通称: 機捜(隊)。 ・府県警本部の部に所属する執行隊で、警備部所属のとは異なる)が出動、男の説得に当たる。 気化したが充満しているため弾を撃ち込む等の制圧行動を執ることができず、事態は着化していった。 そして18分頃。 いかなる成り行きの果てかは不明であるが、待機していた救急・隊員や・近隣住民の眼前で、突如「」という音と共にが発生した後もうもうと煙を上げて、時に吹き飛んだの破片等で多くの負傷者が発生して現場は大となった。 各は放送予定を変更して事件の様子を生中継しており、の間はもちろん、同社内から吹き飛ばされた大量の書類が舞い飛ぶ中、血まみれになったやレポーターが惑いながらを行う姿や、はしごに乗った隊員がたから者を懸命に救出する様子など、生々しいがの間に届けられることとなった(後述の「関連」参照)。 火災は約1時間後に消し止められたが当階は全焼、焼け跡から容疑者と支のが発見され、説得に当たっていた機捜隊の歳の長も殉職、その他名の重軽傷者が出るとなった。 の原因が意図的なであったのか、的な引火であったのかはになっていない。 少なくとも当時の現場が、ちょっとした火でも容易に引火ししかねない危険な状況であったことは確かなようだ。 この事件が起きたには「『開業、一ヶで収入~万円』という売り文句で募った業務委託者に対し、定した業務用バンの購入を半強制的に組ませ、社員ではなく『 個人事業』としてが支払える限度の保障と業務旋しか行わない(しかも時に保等を取ったうえ2年間は解約できない)」という、いわゆる「 商法」と呼ばれる業界の悪質な雇用体制があったと言われている。 この事件後、当社は定の購入義務を撤しての持ち込みを可とする等の善は行ったようだ。 なお、等によるの購入禁止が強化される切っ掛けとなった事件であり、またの揮発性とその危険性についても一般に広く周知されることになった。 関連動画 関連項目•

次の

名古屋・立てこもり爆破事件とは【別府昇】

名古屋 立てこもり 放火 事件

: 日付 (15年) 概要 運送会社「」の賃金不払いに抗議した同社契約運転手の男が同社の本社・名古屋支店ビルに侵入して立てこもり、ガソリンを撒いて放火した。 その爆発によりビル内にいた加害者と人質の支店長・警察官の3人が死亡、ビル内外の33人が負傷した。 攻撃側人数 1人 死亡者 加害者(当時52歳)・機動捜査隊隊員(当時31歳、)・支店長(当時41歳)の計3人 負傷者 警察官3名(重傷) 警察官・消防隊員・報道陣・通行人ら38名(軽傷) 動機 軽急便の給与未払いに対する報復 対処 被疑者死亡のまま 管轄 愛知県警察刑事部捜査第一課・ 名古屋立てこもり放火事件(なごやたてこもりほうかじけん)は、(15年)に本通(町名は事件当時)で発生し3人が死亡・41人が負傷した ・・・・違反などの事件。 平成最悪の立てこもり事件として取り上げられることもある。 概要 [ ] 2003年9月16日午前10時ごろ 、運送会社「」の賃金不払いに抗議した社員の男(当時52歳)が愛知県名古屋市東区東大曽根町本通(2004年町名変更により、同区一丁目)の前に位置する「大曽根駅前ビル」4階にある軽急便名古屋支店名古屋営業事務所センター(当時女性社員22人・男性社員8人の31人在室)に出刃包丁・ポリ容器を持って侵入した。 男は男性社員と揉み合いになり軽傷を負わせた後、女性社員22人+負傷した男性社員1人を解放した一方で店内にを撒き、支店長(当時41歳)以下男性社員8人を人質に取って支店内に立てこもった。 その上で男は支店長以外の社員7人を解放した一方で午後1時ごろまでに残るポリタンクを倒して中身を撒き散らし、支店長に命じて軽急便本社(名古屋市)に電話をかけさせ「7月から9月分までの現金25万円を指定した銀行口座に振り込め」と電話させ、午後0時10分ごろに要求金額通りの現金を振り込ませた。 事件発生を受けては加害者の説得に当たった一方、では事件発生の第一報が入った直後から応援部隊を派遣する準備を始め、の刑事部捜査第一課(MAAT)に出動を準備するよう指示し、愛知県警察に待機命令を出した。 だが、現場の室内には揮発したガソリンが充満していたため、加害者の制圧に銃器やを使用することができない状況であった。 警察はさらに加害者の説得を続けたが、最終的に加害者は人質7人を解放した直後の午後1時10分ごろにでガソリンに火をつけ自爆した。 この爆発で加害者と人質の支店長が死亡し、加害者を制圧・逮捕するため現場階段付近にて待機していた愛知県警察の隊員(当時31歳、)が一酸化炭素中毒で 、ビル3階にいた警察官3名が熱風などで重傷を負い、ビルの外では爆発によって飛散したガラス片などで警察官・消防隊員・報道陣・通行人ら38名が軽傷を負った。 加害者・支店長の死因はいずれも焼死で、2人はそれぞれ出入り口から入った場所・事務所南東近くにて仰向けで倒れていた。 愛知県警は16日午後10時45分から加害者宅を家宅捜索した一方、翌17日にはに特別捜査本部を設置して現場検証をした。 この事件を・()を除く民放テレビ各局はとして生中継した。 特にとは事件発生時、それぞれ発の番組(『』、『』)放送中であったが、番組開始から数分で番組を中断、ニューススタジオに切り替え生中継を開始。 このため爆発の瞬間が中継された。 この事件以降、のポリ容器等でのガソリン販売の禁止が徹底され、法規制が強化された。 また日本警察は事件を機に立てこもり事件の専門部隊「Aチーム」を創設した。 軽急便側も、本社・名古屋支社が全焼したために同年12月をもって本社、名古屋支店、名古屋営業所、事務センターを移転することとなった。 愛知県警捜査一課・東警察署は2004年1月15日、殺人・現住建造物等放火・強盗・人質強要・銃刀法違反などの容疑で死亡した被疑者の男をへ被疑者死亡のまました。 事件から16年後の2019年2月、は事件現場で加害者と交渉し爆発により一時期意識不明の重体に陥った愛知県警捜査一課警部を取材するとともに、事件に対処する当時の警察、消防を記録した映像を入手した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2019年2月20日. の2019年2月21日時点におけるアーカイブ。 2019年2月21日閲覧。 読売新聞. 2003年9月17日 関連項目 [ ]• - 事件により現場に隣接する当路線は一時運転を見合わせた。 映像化 [ ]• 日本を変えた! あの重大事件の新事実〜衝撃事件の現場に知られざるヒーローがいた〜(、2019年12月9日) 外部リンク [ ]• PDF プレスリリース , , 2003年9月19日 , の2019年1月21日時点におけるアーカイブ。 , 2019年1月21日閲覧。 - この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

2003年に起きた名古屋立てこもり放火爆発事件とは?ネゴシエーターは誰?

名古屋 立てこもり 放火 事件

12月9日に「 日本を変えた! あの重大事件の新事実~衝撃事件の現場に知られざるヒーローがいた~」が 放送されます。 そのなかで2003年に起きた「 名古屋立てこもり放火爆発事件」が取り上げられるようです。 この事件は平成最悪の立てこもり事件ともいわれ、大勢の犠牲者を出しました。 今回はこの時のことをネゴシエーターが語るのだとか。 ネゴシエーターとは交渉人のこと。 つまり犯人と交渉して相手の要求を聞いたり説得したりする人のことですね。 当時愛知県警の捜査一課警部だった 小西靖之さんが最前線で交渉していたということなので 今回登場するのではないでしょうか? ではどのような事件だったのでしょう? 少し調べてみました。 名古屋立てこもり放火爆発事件 事件が起きたのは 2003年9月16日。 場所は愛知県名古屋市のオフィスビルです。 午前10時過ぎにビルの4階にある運送会社「軽急便」の名古屋営業事務所センターに 包丁とポリ容器を持った男(当時52歳)が入ってきました。 男はこの会社の契約ドライバーで賃金の不払いの抗議のためだったようです。 もみ合って負傷した男性社員一人と女性社員22人を解放、人質は支店長を含め 男性社員8人となります。 犯人はそのときポリ容器に入ったガソリンを部屋中にまき散らしていました。 警察が駆け付けていますが、現場を制圧できません。 それは揮発したガソリンが周囲に充満していたため、引火したら大爆発を起こすから 銃器は使えなかったのです。 午後1時、犯人の要求通り賃金を銀行に振り込むと人質は支店長を残し解放されました。 しかし、その直後 爆発 現場は大爆発を起こしてしまいます。 犯人と支店長そして捜査員の3人が死亡、警察官3人が重傷を負い 通行人や報道陣、消防隊員など38人が軽傷を負いました。 この爆発の模様はテレビで生中継されていたそうです。 爆発の原因は犯人が自爆したとも、犯人がガソリンの危険性をあまり知らずに タバコを吸うためにライターで火をつけたために爆発したともいわれています。 その後、警察は被疑者死亡のまま書類送検。 この事件によりポリ容器でのガソリン販売の禁止が徹底されるようになったそうです。 さらに宅配委託の業界体質も問題となりました。 小西靖之 事件当時、小西靖之さんは現場の最前線で犯人と交渉していました。 当時の現場は頭が痛くなってくるほどのガソリン臭だったそうです。 犯人は部屋の入り口を机などでバリケードを張り、ボウガンを向けてきて 説得してもほとんど返事はかえってきませんでした。 爆発が起きたときは小西さんも巻き込まれ、3日間生死の堺をさまようほどの大怪我を負ってしまいます。 「今となってもいい案が浮かぶということもないですけど、他にやる手はなかったのかなと、いつも思いますね」 と小西さんは語りました。

次の