メ テレ ニュース。 塩尻奈都子アナ 妊娠!元メ~テレのなっちゃんって誰?旦那は誰?

メ~テレなどが共同開発「忍者ヴァンパイア」アメコミ化 キービジュアルは天野喜孝氏|オリコンニュース|上毛新聞ニュース

メ テレ ニュース

メ〜テレ(名古屋テレビ)とロウタス社(東京都港区)が共同開発したオリジナルIP(知的財産)「忍者ヴァンパイア」の、アメリカンコミック『Bleed Them Dry/Ninja Vampire Tale』が、現地時間24日から全米で販売開始となった。 メ〜テレでは、今後もIPを基軸としたコンテンツビジネスを、積極的に行っていく、としている。 「忍者ヴァンパイア」は、メ〜テレとロウタス社が、徹底的に海外市場のニーズをリサーチし、世界に通用するコンテンツビジネスの展開を想定して制作。 キービジュアルは、「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザイナーとして世界的に知られる天野喜孝氏が手掛けた。 日本で開発された「忍者ヴァンパイア」をベースとして、アメコミの『Bleed Them Dry/Ninja Vampire Tale』は、オリジナルストーリーとして企画されたもの。 ロウタス社の取締役を務める「トランスフォーマー」のテレビアニメシリーズのF. Desantoプロデューサーを中心に、脚本のEliot Raha、作画担当のDike Ruanなど、米国内で著名なスタッフたちがチームを組み、現在も制作が続けられている。 クリエイティブとセールスは、コミック出版社Vault社(本社:メリーランド州)が担当。 今年3月13日に全米に向けてプレスリリースされ、6月1日から予約販売を開始したところ、初日でVault社の今年のコミック販売の新記録を更新する反響があったそうで、SNSなどでも正式販売前から話題になっていた。 米国では、Tシャツの販売も始まり、8月にはフィギュアの販売も開始される予定。 日本国内では、150年の歴史を持つ、麻原酒造(本社:埼玉県)が、天野氏のオリジナル「忍者ヴァンパイア」キービジュアルをパッケージに使用した、日本酒と梅ワインを7月から販売、11月からはアメリカでも販売し、最終的に世界中で販売する予定。 今回のアメリカンコミック化の実現を皮切りに、ハリウッドでのアニメ、実写映画、ゲーム、MDなど、世界に向けた幅広いコンテンツビジネス展開を目指していく。 未来の日本の中にあるアサイラムと呼ばれる巨大都市。 そこで起こる奇怪な事件と、それを追う女刑事ハーパー。 人間と共生する未来の吸血鬼と新種の吸血鬼、忍者ヴァンパイア、そして人間たちの複雑に絡まった暗闘はやがて思いもかけない方向へと展開していく。 SF、忍者、ヴァンパイア、アクション、ホラー、刑事ものなどアメリカ人が好む全てのテイストを網羅したスーパーストーリー。 外部サイト.

次の

メ〜テレなどが共同開発「忍者ヴァンパイア」アメコミ化 キービジュアルは天野喜孝氏

メ テレ ニュース

10万円の「特別定額給付金」。 速さの理由は… 1人10万円の「特別定額給付金」。 三重県志摩市では、6月11日までで、対象世帯2万2000世帯のうち、すでに96%への給付が済んでいます。 志摩市は、ピーク時には100人の対策チームを結成し、土日を返上して手続きにあたりました。 「申請書類をスキャンすると、AIが文字データを自動で読み取ってくれます」(記者) 通常、送られてきた書類に記された氏名などは、職員がパソコンに1件づつ手で入力しなくてはいけません。 AIの活用で、記入内容が自動で読み取られるうえ、入力もしてくれます。 これにより、通常一件あたり5分はかかる作業時間が、わずか30秒で済むことになりました。 「事務時間を短縮することが、職員の負担軽減にもつながる。 AIなどを導入しようというのも、業務改善の中で、市役所の仕事量を、コンピューターで補えるものはコンピューターで置き換える。 手入力を減らすことが目的だった」(志摩市 竹内千尋市長) (6月12日 15:40〜放送 メ〜テレ『アップ!』より).

次の

SKE48

メ テレ ニュース

10万円の「特別定額給付金」。 速さの理由は… 1人10万円の「特別定額給付金」。 三重県志摩市では、6月11日までで、対象世帯2万2000世帯のうち、すでに96%への給付が済んでいます。 志摩市は、ピーク時には100人の対策チームを結成し、土日を返上して手続きにあたりました。 「申請書類をスキャンすると、AIが文字データを自動で読み取ってくれます」(記者) 通常、送られてきた書類に記された氏名などは、職員がパソコンに1件づつ手で入力しなくてはいけません。 AIの活用で、記入内容が自動で読み取られるうえ、入力もしてくれます。 これにより、通常一件あたり5分はかかる作業時間が、わずか30秒で済むことになりました。 「事務時間を短縮することが、職員の負担軽減にもつながる。 AIなどを導入しようというのも、業務改善の中で、市役所の仕事量を、コンピューターで補えるものはコンピューターで置き換える。 手入力を減らすことが目的だった」(志摩市 竹内千尋市長) (6月12日 15:40〜放送 メ〜テレ『アップ!』より).

次の