当たる 競馬 新聞。 日経新聞の競馬予想は当たる?予想家一覧と的中率

競馬新聞は当たるのか?的中はするが、儲かるかはまた別のお話!

当たる 競馬 新聞

高い競馬専門新聞とスポーツ新聞の競馬欄ってどう違うのか? 当たり前だと思うけど 情報量がぜんぜん違う。 競馬だけでぎっしり書かれた新聞とスポーツ新聞の競馬欄では収容できる情報の量が大きく異なり競馬専門新聞は非常に多くの情報が書かれている。 なので本当に情報を使いこなして一着の馬を導き出すことのできる人にとっては専門紙の500円という値段は 高く感じない値段で十分に投資費用を取り戻せる額。 とても安いと感じる人もいるだろう。 他には 紙質がスポーツ新聞よりちょっといい新聞があったり 見開きで3レースだったら中山と京都とか見ることが出来たりするのでいちいちページを捲らなくてもいいとか色んな特長があるが一番大きいのは 記者がどれだけ情報を持っているか。 だが実は情報量に関しては午前中のレースなどは圧倒的に専門紙がスポーツ紙を上回っているものの 10レース目からはあまり変わらない情報量となっている。 メインレースしか買わない人はスポーツ紙で十分事足りると言える。 私が専門誌を必要とするのは 「新馬戦のデータが欲しい」という点。 新馬戦は調教のデータが全てでありそれが無いと何もわからないので買えない。 一応スポーツ紙も 初戦向きとか書いてあるがそれだけでは判断しづらい場合がある。 なので新馬戦を買いたいなら専門誌がないと厳しいだろう。 競馬新聞通り買えば儲かるのか? 新聞の本命通りに買い続けたからといって大儲けできるわけではない。 新聞に書いてあるのはあくまで 情報という買うための材料なので料理できる腕が無ければ的中は出来ない。 丸が多い馬を買っておけば当たるんじゃないか?と思うだろうが結局丸が多いということは人気になるので中々高配当は得られず当たって損をすることも考えられる。 結局情報を読み解いて高配当を予測できなければダメ。 そういうわけで 初心者には専門紙はいらないと私は感じる。 初心者は見づらいスポーツ新聞の競馬欄をよく読んで予想をすることでちょっとづつ競馬新聞の読み方を勉強して競馬新聞の情報を使いこなせるようになってから競馬ブックや競馬エイトなどの専門紙を買ってみればいい。 多分感動的に専門紙のありがたさがわかるから。 ということで本当は専門新聞の方がオススメだけど情報を使いこなせない人間には何でも一緒ってこと。 あと、全レース買おうと思うと情報を読み解いているうちに時間が来ちゃうので情報量の多さは仇になる場合がある。 答えを導き出せても締め切りが終わってからでは馬券は買えない。 競馬新聞の使い方 私は競馬新聞を使いこなしていない。 競馬新聞はあくまで補足情報として使っている。 私の場合はパドックやその日のレース傾向を最重要視して 現場を大事にしている。 それでも 競馬新聞は絶対必要だと思うのでその使い方を少し紹介しておく。 丸とか三角とかはざっと眺めるだけ。 丸が多い馬はなんでそんなに丸が多いのかが重要。 前レースはどういう成績であったのか?今回の調教の状況はどうなのか?が大事。 前走大きく負けていても理由が書かれている場合があるのでそこをチェック。 コーナーで前が塞がって実力が出せなかったかも知れないし騎手が下手くそで足を余したかも知れないので大きく負けていても買える馬はいる。 私の場合穴馬を探すために 敢えて丸が一つもついていない馬に注目する。 本当に絶対買えない馬なのか?もしかしたら買えるんじゃないか?と探してみると意外な穴馬が見つかったりする。 そういう馬が馬券に絡むと大抵美味しい思いができる。 関係者のコメントを確認 関係者のコメントはいいことしか書かないことが多い。 「馬体は十分見栄えがするようになった」とか書かれていても見た目だけで実際は程遠い出来かもしれない。 信用できるコメントは「 ここで優先出走権を獲得したい」とか「 ここで賞金を加算させたい」とか言うコメント。 そのレースにかける気合が違うのでちゃんと仕上がっている場合が多い。 基本的にプラス思考のことが書かれているよりもマイナス思考のことが書かれているぐらいの方が自信ありの場合がある。 「ベスト距離に戻してみたのでここは好レースを期待」とかのプラス思考は無理してる事がある。 逆に「昇級でメンバーが強いのでここは一度様子をみたい」ぐらいの全然自信なさげのコメントの馬が圧勝したりする。 日本人は謙虚なので自信がある時程控えめなコメントをするのかもw レース展開を確認 スローペースなら前残りが考えられるし、 ハイペースなら追い込み勢が買える。 良い新聞にはちゃんとペースとかまで書かれているが書いてない新聞は先行馬の有無で予測できる。 前に行きたがる馬が数頭いれば当然競り合ってハイペースになるし、一頭が気持ちよく逃げれるレースなら前の馬がペースを握ってそのまま 行った行ったの競馬になる可能性がある。 その他 チェックしておきたいポイントを少しピックアップしておくと、• 騎手が乗り変わってないか?• 馬体重は増えているのか?減っているのか?• 昇級戦なのか降級なのか?• 休養明けかどうか?• 前走は芝かダートか?• 斤量は何キロか? などとなる。 これ以外にもコースや成績など重要な事はたくさんある。 これは競馬を覚えてから自分だけの重要情報を見つけていけばいい。 私は 前走で一番人気になっていたかどうかをかなり重視している。 前走1番人気になったのには必ず理由があり、前走は負けたけど力のある馬なので今走条件が変わって巻き返す可能性が高いからである。 競馬新聞の違いと見方のまとめ 競馬新聞ははっきり言って競馬を楽しむ上でかなり大事な武器(丸めて殴るわけではない)であり必須アイテムだと言える。 読みやすい新聞はどの新聞か?をいろいろ試してみて自分に合った競馬新聞を探してみるのがいいだろう。 ちなみに私は競馬場で一日楽しむ日は競馬エイトで10レース以降を楽しむ日はサンスポにしている。 (関東にいた頃は「勝馬」が好きだった) あと最後に競馬新聞を丸めてG1ファンファーレの時にメガホンみたいにして叩くのにも競馬新聞はちょうどいい。

次の

「一番当たる競馬新聞って何よ?」皆さんはネット派ですか?

当たる 競馬 新聞

日本で発売されている競馬新聞は 朝刊のスポーツ新聞、夕刊のスポーツ新聞、競馬専門紙という3つのジャンルに分けられます。 朝刊・夕刊のスポーツ新聞は1部140円程度の相場なので、気軽な気持ちで買える点が魅力であるものの、情報量がやや劣っている点が弱点となっています。 一方、競馬専門紙はスポーツ新聞を圧倒する情報量を武器としていますが、値段の相場が1部500円程度、と値段がスポーツ新聞の3倍以上するという弱点を抱えています。 ジャンルごとにメリットとデメリットがある競馬新聞ですが、特徴がどうであれ、よく当たる競馬新聞を優先的に買っていきたいですよね。 ここでは、 よく当たると話題になっているおすすめの競馬新聞を1紙ご紹介します! よく当たる競馬新聞は競馬ブック! よく当たる競馬新聞として推したいのは、敏腕トラックマンばかりが所属している競馬専門紙『』です。 競馬ブックは「 競馬予想の最高峰」というキャッチコピーで知られていて、馬券の買い方をマスターしたい!とお考えの 競馬初心者の皆さんにもおすすめできる競馬新聞です。 競馬ブックの武器は調教タイムや関係者コメントなど、予想に使える基本的な情報を完璧にフォローしているところにあります。 競馬ブックさえ買っておけば問題ない!というくらい圧倒的な情報量を誇っていて、1部500円という値段設定以上の満足感を得られるのは間違いないと思います。 予想力抜群なトラックマンを一挙紹介! 競馬ブックは優秀なトラックマンしかいない競馬新聞なのですが、その中でも特に優秀な成績を残しているトラックマンを一挙にご紹介します! 長岡利幸(関西) KBS京都制作の競馬中継『うまDOKI』のレース・パドック解説でおなじみの長岡利幸記者。 2016年の長岡利幸記者は予想好調で、年間的中率43. 35%、年間回収率89. 5%をマーク! この的中率と回収率は 競馬ブックのトラックマンの中でトップの成績になります。 堅めの予想をするケースが多いので、上位人気馬の取捨選択に悩んでいる時は長岡利幸記者の予想を参考にしてみるのはいかがでしょうか。 松本憲二(関東) ラジオNIKKEI第1の競馬中継でメイン解説を務めている松本憲二記者。 関東の本紙予想を担当している競馬ブックの 看板トラックマンです。 長岡利幸記者と同じく堅実な予想をすることが基本線となっていますが、 混戦模様のレースや波乱の可能性が高いハンデ戦のレースになると、思い切った穴予想を披露することがあります。 まとめ 数ある競馬新聞の中から、よく当たる競馬新聞として 競馬ブックを取り上げました。 腕利きの予想家がそろっている競馬ブックの中でも、 信頼度の高い予想を披露する、長岡利幸記者、松本憲二記者の2人がつける印に注目です。 競馬ブックをまだ読んだことがない方は、ぜひ一度競馬ブックを手に取ってみてください。 当たる穴党と話題の木南記者の予想は必見! 日刊スポーツは穴党予想で有名ですが、その中でも 木南記者の穴予想は当たると話題です。 そんな木南記者の穴予想は 日刊スポーツで見ることができます。 さらに競馬ファンから使えると人気の指数、 日刊コンピ指数も見ることができますので、この機会にぜひ参考にしてみてください。

次の

競馬新聞&スピード指数(無料)

当たる 競馬 新聞

Contents• どの競馬新聞を買おうかな〜 競馬新聞といってもスポーツ新聞から専門誌まで様々な種類がありますよね。 競馬ブックは、 初心者にもオススメできる基本から学ぶ事のできる競馬新聞になります。 1部500円とスポーツ新聞よりは高めですが、しっかり満足のできる情報量と内容構成になっています。 そんな競馬ブックについて詳しく解説していきましょう。 1-1:競馬ブックの的中率と特徴• 競馬ブック• 的中率:25. 価格:¥500• 特徴:膨大なデータ量・横書きタイプ馬柱 競馬ブックは競馬新聞の中でも、圧倒的に情報量の多い競馬新聞です。 勝馬検討に役立つ競走馬の過去成績、レースの特徴と傾向など綿密に取材された各馬の情報が記載されています。 また競馬新聞の中でも唯一 横組みタイプ馬柱を採用しているのです。 また、各競争ごとに成績欄も記載されているので他馬との比較もしやすくなっています。 堅調の予想が基本的なので、穴馬狙いの場合には向いていませんが、馬の状態や調教などの情報が満載で予想の基本から学ぶことが可能です。 基本的な競馬予想を学びたい、何よりも情報量が多い方が良い! そんな場合には是非おすすめしたい競馬新聞になります。 2:3つの競馬予想新聞の的中率と内容比較• 競馬ブック以外の、競馬新聞はどんな内容構成されているの?• 的中率はどのくらい変わってくるの? 競馬新聞の中にも様々な種類があり、新聞にって構成や的中率なども大きく変わってきます。 今回は、数多く存在する競馬新聞の中でも競馬ファンに根強く人気のある3つの競馬新聞を比較していきましょう。 競馬エイト• 研究ニュース• 優馬 上記3つの競馬新聞の的中率と内容について詳しく比較していきます。 2-1:競馬エイト• 競馬エイト• 的中率:23. 価格:¥500• 特徴:回収率重視・穴馬情報 競馬エイトは回収率重視の予想をするトラックマンが数多く在籍している競馬新聞です。 紙面はカラーで印刷されている見やすくなっており、アプリ版も存在しているので携帯やタブレットでも競馬エイトを読む事が出来ます。 また、的中率よりも 回収率を重視している新聞なので 穴馬や特注馬の選別が最も優れている新聞です。 穴馬を知りたい!そんな時には競馬エイトが良いでしょう。 2-2:研究ニュース• 研究ニュース• 的中率:23. 価格:¥500• 特徴:回収率1位・研究好き向け 研究ニュースは情報量が多く、 レース展望が分かりやすい競馬新聞になっています。 まさに名前の通り、 研究好き向けの競馬新聞で多くの競馬ファンから根強い支持を受けています。 また専門紙内での回収率が一位という実績があり、 回収率重視なら研究ニュースがオススメです。 しかし発行部数が少なく、どこにでも売っているわけでは無い点が大きなマイナスポイントになります。 2-3:優馬• 的中率:22. 価格:¥500• 特徴:穴馬狙い向け 優馬は、穴党向けの競馬新聞です。 他の競馬新聞のように、紙面みっちりに文字が埋められていないので 読みやすい紙面構成になっています。 情報量が多くても決められない…そんな方には優馬がオススメです。 3:スポーツ新聞がオススメでは無い理由と内容構成 競馬新聞には大きく分けて、スポーツ新聞と専門紙があります。 競馬新聞を購入するのであれば、専門紙がオススメと紹介してきましたが何故スポーツ新聞がオススメでは無いのか説明しましょう。 スポーツ新聞は、朝刊と夕刊の2つの種類があります。 どちらも140円と安く手に入れる事ができ、競馬場から離れたコンビニや売店でも手に入れることが可能です。 しかし、スポーツ新聞の場合は レースの情報量が専門紙に比べてかなり劣っています。 いち早く競馬新聞を安く手に入れたい、そんな場合にはスポーツ新聞が良いですが情報量が多くより専門的な情報を得たいのであれば専門誌の方が断然オトクなのです。 スポーツ新聞が140円に比べて、専門紙は500円ですが値段以上の情報量を提供してくれるのは専門紙になります。 そんなスポーツ新聞は、どのような内容構成なのか新聞ごとに紹介していきます。 3-1:朝刊5つのスポーツ新聞 朝刊で発売される5つのスポーツ新聞について紹介していきましょう。 5つのスポーツ新聞の中でも精度の高い情報を提供している サンケイスポーツがオススメです。 サンケイスポーツは有名な予想家が多く在籍し、使える予想を得ることが出来る以外にも紙面の見やすさがトップクラスなスポーツ新聞になります。 また、コラムも充実しており 他のスポーツ新聞よりも精度の高い予想を提供しています。 色々な角度から楽しむことができるスポーツ新聞です。 また万哲と呼ばれるスポニチ競馬記者の小田哲也の鋭い的中に、ファンから熱い支持を受けています。 また、 構成自体が楽しめる内容になっているので初心者からベテランさんまで多くのファンから熱い支持のあるスポーツ新聞です。 コンピ指数という独自の指数を出しており、予想する際にとても役立つ情報を提供しているのです。 インターネット上でコンピ指数を見ることもでき、役立つ情報が盛りだくさんのスポーツ新聞になっています。 また、独自の指数で予想するコーナーや有名トラックマンたちの予想も記載されています。 競馬に対して厳しい意見で批判する、競馬専属記者の野元賢一さんの予想を読む事ができます。 本命狙いスタンスの野元さんの予想を読みたい!そんな場合には、日本経済新聞が良いでしょう。 3-2:夕刊3つのスポーツ新聞 夕刊で発売される3つのスポーツ新聞について紹介していきましょう。 また有名な予想家、虎石晃さんの予想を読むことが出来るので注目度の高い新聞でしょう。 実績のある有名予想家たちの予想を読むことが出来るので、夕刊スポーツ新聞の中なら東京スポーツを群を抜いてオススメします。 また陣営コメントも多く、人気のある夕刊スポーツ新聞です。 また、有名トラックマンのコラムも掲載されている興味深いスポーツ新聞です。 まとめ 予想が当たる競馬新聞について詳しく紹介してきました。 競馬新聞はスポーツ新聞と専門紙の2種類がありますが、オススメは専門紙です。 やはり専門紙の方が情報量が多く、クオリティの高い予想を読む事ができます。 スポーツ新聞の料金が140円に対して、競馬ブックは500円になります。 スポーツ新聞の約3倍の値段を出してでも満足のいく内容となっているので、競馬新聞を買うのであれば専門誌がオススメです。 ぜひ参考にしてみてください。

次の