カイロレン 声優。 カイロレンの吹き替え声優は誰?金曜ロードショー『スターウォーズ/最後のジェダイ』で話題!

【スターウォーズ エピソード7】「カイロ・レン」の吹き替え声優「津田健次郎」さんがイケメンだった!

カイロレン 声優

概要 [ ] 『』にて初登場したダーク・ジェダイ。 との息子で、本名は「 ベン・ソロ( Ben Solo)」。 旧3部作の悪役 にあたるキャラクターで、かつて強力なカリスマ性で銀河帝国軍を指揮したベイダー同様、帝国軍の残党が結成した組織「 」の幹部として指揮を執り、直属の戦闘部隊「レン騎士団」を従えている。 かつての暗黒卿であった祖父のベイダーを崇拝しており、彼への憧れから変声器を兼ねた黒いマスクと黒いローブを身に纏っている。 また、30年前の「エンドアの戦い」でベイダーの遺体が火葬された際に焼け残ったマスクを所有し、自室に保管している。 「ベイダーが感傷的になったために失敗したこと」をジェダイの最後の生き残りを抹殺することで成し遂げようとしていた。 経歴 [ ] 出生前 [ ] ヤヴィンの戦いの前、ロザルの反乱者たちの一員であるエズラ・ブリッジャーは惑星ロザルのジェダイ寺院から世界の狭間の世界に侵入した。 時空を超越したこの空間の中、ブリッジャーはカイロ・レンの声を聞いた。 誕生・幼少期 [ ] カイロ・レンはから5年後(5ABY)、惑星の首都ハンナ・シティで誕生した。 ラスト・ショット [ ] ジャクーの戦いから2年後、ベン・ソロはシャンドリラのハンナ・シティで父と母と共に生活していた。 父から玩具のブラスターを渡されたレンは暴力的な面を増長させ、父が取り上げようとした際には泣き出した。 ベンはに懐いており、カルリジアンのことを「ワンウォおいちゃん」と呼んでいた。 ファイゼン・ゴア捜索のため、父がカルリジアンと共に家を空けたとき、ベンは父が家を空けてから2日目に父のことを母に聞いた。 また、ベンはこの時ホログラム上の父と会話したが、父の体に触れられないことを不思議に思った。 青年期 [ ] 強いフォースを持って生まれたカイロ・レンは暗黒面に惹かれ、自身の中のベイダーの存在を大きくしていた。 そのため、レイア・オーガナは兄のジェダイ・マスター、にレンを訓練させることを決めた。 スターキラー事変の19年前、スカイウォーカーはレンの訓練を開始した。 しかし、レンはスノーク最高指導者の誘惑を受けていた。 スターキラー事変の6年前、スカイウォーカーは寝静まったレンの小屋を訪れ、フォースを伸ばしてレンの心に入り込んだ。 予感を上回る恐ろしい光景を見たスカイウォーカーはライトセーバーを起動した。 この時、レンは目を覚まし、スカイウォーカーを目にし、これから起こることを承知した。 レンはフォースで自分のライトセーバーを引き寄せ、スカイウォーカーを攻撃し、一方で空いた片手で天井の石をスカイウォーカーの頭上に落とした。 レンはダークサイドに転向し、スカイウォーカーのジェダイ寺院を破壊した。 ジェダイを滅ぼし、ジェダイ・オーダーの復活を防いだレンはファースト・オーダーの将校によって密かに「ジェダイ・キラー」と呼ばれていた。 バトルフロントII [ ] 詳細は「」を参照 カイロ・レンはルーク・スカイウォーカーの地図を持つロー・サン・テッカがにいることを知り、キャプテン・ファズマ率いるFN部隊 と共にジャクーの村トゥアナル へと侵攻した。 レンは村人達を一箇所に集めるとテッカに地図を渡すように要求したが、テッカは地図を渡そうとせず、レンはテッカをライトセーバーで殺害した。 その直後、のポー・ダメロン中佐がレンに向けてを発砲したが、レンはによってブラスター・ボルトとダメロン自身を静止させた。 ダメロンは直ちに達に取り押さえられた。 テッカがダメロンに地図を渡したと考えたレンは尋問のためダメロンをリサージェント級スター・デストロイヤー<ファイナライザー>へと連行した。 その後、レンはファズマに村人の皆殺しを命令した。 レンは旗艦の<ファイナライザー>でダメロンを尋問するが、ダメロンは沈黙を貫いていた。 レンはフォースを使ってダメロンの精神に干渉し、地図の在処はBBユニットのドロイドの中であると突き止めた。 レンはこのドロイドの捜索をアーミテイジ・ハックス将軍に一任した。 その後、ダメロンはファースト・オーダーの内部の協力者の助けを借りて<ファイナライザー>からの脱出に成功し、レンはその協力者がトゥアナルへの攻撃に参加したストームトルーパーのFN-2187であることを察知した。 ストームトルーパーから裏切り者が出たことから、レンはハックスの教育に疑問を呈し、クローン兵を使用すべきだと挑発した。 反論するハックスに対し、レンはドロイドの破壊ではなく捕獲を命じた。 ハックスは個人的な関心のためにスノークの命令に干渉するなと言い返すが、レンはハックスの身の安全のためにも地図を手に入れろと念を押すのだった。 地図を持つBBユニット、がジャクーから脱出した後、レンは部下のドフェルド・ミタカ中尉からドロイド回収の失敗の報告を受けた。 脱出にFN-2187が関わっている可能性が高いことを知ったレンは自分のを起動すると、近くのコンソールを力任せに斬り付けた。 その後、ミタカが脱出には更に若い女性が関わっているということを報告すると、レンはフォースでミタカを引き寄せ、どんな女か訊ねるのだった。 グアヴィアン・デス・ギャングのバラ=ティクからBB-8はが所有するYT-1300軽貨物船<>に乗っているとの情報を得たスノークは、レンをへと呼び出した。 スノークはフォースが覚醒し始めたと語った後、地図を持つドロイドはレンの父であるソロが所持しているという情報を与え、これまでにない試練となると言い渡した。 これに対し、レンは自分にとってソロは何の意味もないと主張した。 しかし、レンは<ファイナライザー>の自室に戻ると、かつてが使用していた仮面の前で内心を吐露するのであった。 <ファイナライザー>からスターキラー基地の超兵器によるへの攻撃を見届けた後、レンはバジーン・ネタルによってもたらされた情報を元に攻撃部隊を率いてへと侵攻した。 ドロイドは西にいるという報告を受け、レンはドロイドを探すが、ジャクーの廃品回収業者であるの攻撃を受けた。 レンはブラスターによる攻撃をライトセーバーで防御すると、レイをフォースで拘束した。 レイが地図を見たことに気づいたレンは彼女を気絶させ、ドロイドには構わず攻撃部隊を撤収させた。 レンはレイをスターキラー基地へと連行し、情報を得ようとした。 レンは彼女に「客人」として招いたと言い、要求の一部にも応じたが、彼女が情報の提供を拒んだため、レンはフォースによる尋問を開始した。 しかし、尋問の中レイとレンの間には奇妙なつながりが生まれ 、レンは逆にレイに精神を読まれ、恐怖を言い当てられた。 レンはスノークに尋問の失敗を報告した。 スノークは尋問に手こずるレンを叱責したが、レンはレイに強いフォースが備わっていると主張した。 スノークはレンにレイを連れてくるよう命じたが、レンが拷問室に戻ったときにはレイは既に脱出に成功していた。 レンは激しく動揺し、ライトセーバーを起動すると拷問室の拷問台や壁を力任せに斬り付け、衛兵を呼んだ。 レンは部下にレイを捜索するよう命令を発した。 レンが基地の格納庫の封鎖を命じた時、ハン・ソロが<ミレニアム・ファルコン>でスターキラー基地に到着し、レンはそれを察知した。 レンはスノートルーパーを率いて<ミレニアム・ファルコン>に乗り込むが、何も発見することはできずにその場を立ち去った。 レンは基地のエネルギー制御装置(サーマル・オシレーター)の内部でハン・ソロを捜索し、父親と再会する。 ソロはレンを出生名で呼びかけ、レンに両親の元へ戻るよう説得した。 レンはマスクを脱ぎ、自分の内心の一部を吐き出すとソロに向かってライトセーバーを差し出した。 しかし、レンはライトセーバーでソロの胸を突き刺し、感謝の言葉を告げるとオシレーターの深部へと突き落とした。 レンは父を殺すことで更なる強さが得られると考えていたが、レンはこの行為によって実際には弱くなったと感じていた。 バランスを欠いたレンは激昂したによる攻撃を察知出来ず 、ボウキャスターの一撃を腹部に浴びた。 チューバッカがオシレーターに仕掛けた爆弾を起動したことでオシレーターの一部が崩壊する中、レンはその場を立ち去るレイとフィンという名を得たFN-2187を睨み付けた。 レンは<ミレニアム・ファルコン>で脱出しようとするレイとフィンを追跡し、スターキラー基地の森で二人と対峙した。 レイはレンのことを「化物」と呼び、ブラスターを向けるが、レンはフォースによってレイを木に叩き付けた。 フィンは気絶するレイに駆け寄り、アナキン・スカイウォーカーが作成したライトセーバーを起動した。 レンはスカイウォーカーのライトセーバーは自分のものだと主張し、フィンと交戦した。 レンは多少の手傷を負いながらもフィンを圧倒し、斬り伏せた。 レンはフィンが使用していたライトセーバーをフォースで引き寄せるが、ライトセーバーはレンではなくレイの元へと引き寄せられ、レンは覚醒し始めたフォースはレイのものであったことを悟った。 レンはレイを追い詰め、フォースを自分の下で学ぶよう訴えたが、その言葉によってレイはマズ・カナタの教えを思い出し、フォースと調和した。 レイは逆にレンを追い詰め、レンは顔に傷を負うが、スターキラー基地の崩壊によって生じた深い裂け目によってレンとレイは断たれた。 その後、レンはスノークの命令を受けたハックスによって位置センサーを頼りに捜索され 、スターキラー基地が崩壊する前に脱出に成功し、訓練を完了させるためにスノークの元へと連れて行かれた。 スノークはレンの傷を心配するそぶりを見せるも、レンを激しく叱責し、失望をあらわにした。 スノークの謁見室を退出し、ターボリフトに乗ったレンは自身のヘルメットをターボリフトに何度も叩き付け、破壊した。 ターボリフトから出たレンは、部下にファイターの準備を命じた。 TIEサイレンサーのプロトタイプに乗りこんだレンはスターファイター特殊部隊を連れMC85スター・クルーザー<ラダス>を攻撃した。 レンは巧みな操縦で<ラダス>のハンガー・ベイを破壊し、タリサン・リントラを含むレジスタンスのパイロットや整備員を殺害した。 メガ級スター・デストロイヤー<スプレマシー> からの攻撃から味方を守るため、後部シールドを強化した<ラダス>に対し、レンは正面から攻撃し、ブリッジを照準に捉えた。 しかし、ブリッジにいた母、レイア・オーガナが自分を心配していることを察した。 レンは葛藤の末、魚雷を発射することができず、発射スイッチから手を放した。 その直後、僚機が<ラダス>のブリッジを標的に魚雷を発射し、ブリッジを破壊した。 <ラダス>が<スプレマシー>の射程を外れたことで、レンはアーミテイジ・ハックス将軍から撤退の指示を受けた。 レンはこれに反対したが、僚機が砲塔によって破壊されたことでハックスの指示に従った。 顔の傷の治療中、レンはフォースのつながりによってレジスタンスのフォース感知者であるレイの姿を見た。 二人は言葉を交わし、レンはレイが最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを見つけたことを悟ったが、つながりはその直後に断たれたのであった。 その後もレンとレイのフォースによる繋がりはしばしば生まれ、オクトーが雨の時に生まれた繋がりでは、レイが受けた雨の滴が<スプレマシー>にいるレンに伝わるなど、その度合いを増していった。 レンが自室にいるとき、望まぬタイミングで生まれた繋がりの際、レンはスカイウォーカーのジェダイを襲った夜のことを話した。 レイはこの話を否定したが、確信はなかった。 迷うレイにレンは過去を葬ることで自分の運命に従うことができると助言した。 レイがオクトーの小屋にいるときに発生した繋がりでは、孤独を感じるレイを慰め、互いに手を触れ合った。 しかし、この繋がりはスカイウォーカーの到着によって断たれたのであった。 オクトーを出発した後、レイはレンをダークサイドから引き戻せると信じて、レンのいる<スプレマシー>を目指した。 レイが乗り込んだ脱出ポッドを収容させることによって<スプレマシー>に乗り込んだレイはレンによって謁見室へ連行された。 レイはレンをベンと呼び、レンの未来、スノークの支配から転向することを見たと主張した。 しかしレンはレイの過去を見ており、転向するのはレイの方であることを予言し、更にレイの両親が分かったと発言した。 スノークの謁見室に到着したレンはスノークに跪き、スノークによるレイの尋問を見届けた。 スノークがレンにレイの始末を命じると、レンはスノークの言うとおりに「真の敵」に向かってライトセーバーを起動し、スノークを両断した。 レンとレイは最高指導者を失った復讐を果たそうとするエリート・プレトリアン・ガード達の攻撃を受けるが、連携してこれを撃退した。 レイはレンにレジスタンスへの攻撃を止めるように懇願するが、レンはこれを無視し、レイに対して銀河系の支配への協力を仰いだ。 レイは拒否するが、レンはレイが古いものに拘っていると反論し、レイの両親の正体を語ることでレンの隣以外にレイの場所はないと主張し、再度レイに協力を懇願した。 レイは手を伸ばすが、レンの手は取らずにレンの手にあったスカイウォーカーのライトセーバーをフォースで引き寄せた。 レンも同じくスカイウォーカーのライトセーバーをフォースで引き寄せ、その負荷によりライトセーバーはカイバー・クリスタルごと両断された。 そして両断とほぼ同じタイミングで<ラダス>が<スプレマシー>に特攻し、その衝撃でレンとレイは気絶した。 レンが気絶から目覚めたとき、既にレイはライトセーバーを回収した上でスノークの船を奪取して<スプレマシー>から脱出していた。 レンはハックスにレイがスノークを殺したと主張し、残されたレジスタンスを葬るべくクレイトへの部隊の展開を命じた。 ハックスは部隊はレンのものではないと命令を拒否したが、レンはハックスの首をフォースで締め、レンが新たな最高指導者であることを認めさせた。 レン率いるファースト・オーダーは惑星クレイトで全地形対応メガキャリバー6などのウォーカーによるヴィアーズ・フォーメーション を展開し、レジスタンスを追い詰めた。 レジスタンスはV-4X-Dスキー・スピーダー を用いて防衛戦を展開するが、レンは意に介さずに進軍を命じた。 しかし、レジスタンスの援軍としてYT-1300軽貨物船<ミレニアム・ファルコン>が登場するとレンは全戦闘機に<ミレニアム・ファルコン>の攻撃を命じた。 反乱軍の基地の扉をバッタリング・ラム・キャノンで破壊した後、レンは進軍を命じるが、破壊された扉からスカイウォーカーが現れたことで停止を命じた。 レンは全火力をスカイウォーカーに集中させた。 十分な砲撃の後、スカイウォーカーが無傷であることを確認したレンはシャトルの着陸を命じた。 ハックスは着陸を反対するが、レンはフォースでハックスを叩き付け、進言を無視した。 レンはスカイウォーカーと対峙し、ライトセーバーで攻撃したが攻撃は全て避けられていた。 スカイウォーカーはレンに謝罪したが、一方でレンの主張には全て反論した。 そしてスカイウォーカーはライトセーバーの光刃を収めた。 レンはスカイウォーカーに突撃し、ライトセーバーを大きく振るったが、ライトセーバーは空を切った。 レンはスカイウォーカーにライトセーバーを突き刺し、スカイウォーカーがフォースによって投影された存在であったことを察した。 スカイウォーカーは再会を示唆すると姿を消し、レンは絶叫した。 レンはスノートルーパーを率いて反乱軍の基地に潜入するが、レジスタンスは既に基地を脱出していた。 司令室の床の上にあったソロのサイコロを見つけたレンはそれを拾い上げた。 サイコロを見つめる内に再びレイとつながったレンはレイを見つめ、レイが冷静であり、憎しみも同情も持っていないことを感じ取った。 レイによってフォースのつながりが断たれた後、レンはサイコロを見つめ直すが、サイコロもまたフォースの投影であり、サイコロもレンの手の中から消え去った。 通常のと異なり、レンのセーバーから放射される光刃は燃え盛る火のような形状をしており、彼の性格と未熟さを表しているとされる。 自分は弱者を支配する権利を持つと考える など、その行動も独断専行的な傾向が強い。 自分の思い通りに物事が進まないと、ライトセーバーで周囲の物を斬り付けるなど、ヒステリックな面も散見される。 未熟故にダークサイドとライトサイドの狭間で苦悩しており、崇拝しているベイダーと同じ強さを手に入れたいと考えている一方 、自分は祖父ほど強くなれないのではと恐れている。 実際レイにそのことを指摘されたときは激しく動揺していた。 能力 [ ] カイロ・レンはジェダイとダークサイドの教えを学んだフォースの使い手であり、その矛盾する教えによって力を得ていた。 レンはフォースによって驚異的な反射神経とテレキネシス能力を手に入れ、それを戦闘に活かしていた。 しかし、ハン・ソロ殺害直後の動揺した状態ではチューバッカの一撃を察することはできなかった。 レンはテレパシーで相手の思考を読む事が得意であり、特に囚人に対してその能力が発揮された。 レンはフォースで相手の動きを封じることも得意としていた。 また、レンは恐るべきライトセーバーの腕前を持ち、それによってルーク・スカイウォーカーのジェダイを滅ぼした。 チューバッカのボウキャスターによる重傷を受けていながらもレンはフィンを圧倒することが出来たが、フォースと調和したレイには敗北した。 レンは父親であるハン・ソロの卓越した操縦技術を引き継いだ熟練のパイロットでもあった。 レンはこの才能によってTIEサイレンサーに素早さと獰猛さを持たせていた。 装備 [ ] ヘルメット [ ] カイロ・レンが祖父ダース・ベイダーの遺志を継ぐ象徴として被っていた。 防具としての役割と共にボイスチェンジャー機能も備える。 『最後のジェダイ』ではスノーク最高指導者に叱責された際に「馬鹿げたマスク」と罵られ、その帰途カイロ・レンは屈辱から自らヘルメットを破壊した。 だがその後、スノークを殺害し、自らが最高指導者に取って変わる。 最高指導者となった約1年ほど後の『スカイウォーカーの夜明け』では、復活を遂げた皇帝パルパティーンと会談、彼が密かに準備していた大軍隊ファイナル・オーダーとの同盟を結んでの銀河支配への最終決戦に望むに当たり、以前に破壊したヘルメットをアルブレクなる修理工に依頼して修繕。 アルブレクのシスの秘術を用いた技巧で、割れたヒビの部分には赤く発光する素材が用いられ、強度も以前より強化された。 修繕されたヘルメットのデザインコンセプトは日本の工芸技術「」から着想を得たとされている。 クロスガード・ライトセーバー [ ] カイロ・レンはの大戦乱の時代に起源を持つ珍しいデザインのを所持していた。 レンはライトセーバーにひび割れた赤いカイバー・クリスタルを使用しており、その為にプラズマの刃は不安定で揺らめく炎のように一定ではなかった。 レンはこのライトセーバーを使用してロー・サン・テッカやハン・ソロを殺害した。 また、大小計3本の光刃を展開する独特の形態ゆえに、ライトセーバーを手にしたフィンとの戦闘では鍔迫り合いの姿勢の状態で彼の右肩に軽傷を与えている。 ライトセーバー [ ] ルーク・スカイウォーカーの下での修行中、カイロ・レンと名乗る以前のベン・ソロであった頃は青い光刃のライトセーバーを所持していた。 このライトセーバーはスイッチをスライドさせることで起動することができ、ダイアチウム・パワー・セルが使用されていた。 スカイウォーカーがレンの寝室でライトセーバーを起動する姿を見たレンはこのライトセーバーを用いて自分の身を守った。 TIEサイレンサー [ ] カイロ・レンは帝国のTIEインターセプターやダース・ベイダーのTIEアドバンストx1を彷彿とさせる機体を所持し、レジスタンスとの戦いで使用した。 カイロ・レンのTIEサイレンサーはレーザー・キャノンとミサイル・ランチャーを装備した角形の戦闘機だった。 レンの持つ操縦性能により、TIEサイレンサーは速度と獰猛さを更に増していた。 TIEサイレンサーの様な航空機はファースト・オーダーには他に存在せず、レンのレジスタンスを滅ぼす任務において効果的な道具であった。 <ファイナライザー> [ ] ファースト・オーダーが所有するリサージェント級バトルクルーザー。 カイロ・レンはアーミテージ・ハックスと同じくこの船を旗艦としていた。 カイロ・レンのコマンド・シャトル [ ] ファースト・オーダーの高官に相当するカイロ・レンは専用のユプシロン級コマンド・シャトルを所持していた。 黒い猛禽類を思わせるこのシャトルの翼には乗客を守るための仕組みが搭載されており、高性能のセンサーやシールド・ジェネレータ、通信妨害装置などが存在した。 レンは惑星ジャクーや惑星タコダナ、惑星クレイトでもこのシャトルを使用して前線に自ら赴いた。 クレイトの戦いにおいて、このシャトルはジョバー・タヴソンによって操縦されていた。 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の

カイロ・レン

カイロレン 声優

プロフィール• 本名:津田健次郎(つだ けんじろう)• 生年月日:1971年6月11日(48歳)• 出身地:大阪府• 身長:170cm• 体重:53kg• 血液型:O型• 最終学歴:明治大学文学部文学科演劇• 職業:声優、俳優、ナレーター• 所属事務所:アミュレート 津田健次郎さんは、この道24年のベテラン声優です。 ご存じの人も多いかもしれませんが、 アニメに限らずテレビドラマや映画出演、ナレーションなど声優に限らず幅広く活動されています。 幅広い才能をお持ちということでしょう。 低くダンディ系の声をされていますが、演じるキャラの幅は広く小学生も演じることができ、演技力には定評があります。 2000年代に入ると多くのアニメで主役や準レギュラーを演じられており、さらには映画の吹き替え、舞台出演 など もされています。 あまりに多いので津田健次郎さんの代表作となるものを厳選してのせますね。 アニメ・ゲーム• 「テニスの王子様」 乾貞治• 「薄桜鬼」シリーズ 風間千景• 「NARUTO -ナルト-」山城アオバ• 「ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風」ティッツァーノ• 「テイルズ オブ ゼスティリア」ザビーダ• 「刀剣乱舞」シリーズ 日本号 吹き替え• 「ブラックパンサー」エリック・キルモンガー (担当声優) コリン・ファレル• 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 パーシバル・グレイブスなど ジェイミー・ドーナン• 「フィフティ・シェイズシリーズ」 クリスチャン・グレイなど リチャード・アーミティッジ• atmnothinglight がシェアした投稿 — 2019年 5月月28日午前7時02分PDT 海馬瀬人は物語の主人公のライバルで大企業の社長でした。 それにちなんで、津田健次郎も「社長」と呼ばれることもあるようですね。 他作品はアニメ関係から映画吹き替えまで数多くされておりベテラン声優です。 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 以降もカイロレン役を吹き替えしており、イケボイスが聞けます!.

次の

津田健次郎

カイロレン 声優

遠い昔、遥か彼方の銀河系で。 砂漠の惑星ジャクーで生きる孤独な女性レイ(デイジー・リドリー)をヒロインに迎え、新たな銀河の歴史を再び紡ぐことになった『スター・ウォーズ』シリーズ。 2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から始まる新たな三部作の続編であり、最新作となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、2017年12月15日(金)より公開されます。 今回は魅力あるキャラクターのひとり、カイロ・レン(演/アダム・ドライバー)の日本語吹替え版声優を務めた津田健次郎さんにインタビュー。 ハン・ソロの息子でありながら、祖父ダース・ベイダーの意志を継ぐ決意をし、レイの前に立ちはだかるカイロ・レンの魅力や、収録秘話、ご自身のダークサイドな一面(!? そのうえで改めて、カイロ・レン役として出演が決まった時の感想をお聞かせください。 津田健次郎さん(以下、津田):『スター・ウォーズ』シリーズは、子どものころから見ていた作品でしたので、お話を頂いた時は本当にうれしかったです。 「僕の大好きな『スター・ウォーズ』じゃないか!」って(笑)。 しかも演じさせていただくのが、ダークサイドに属するキャラクターのカイロ・レン。 僕は『スター・ウォーズ』の中でも旧3部作に出てくるダース・ベイダーという、真紅のライトセーバーで戦うダークサイドの戦士(シスの暗黒卿)が一番好きなんです。 だからカイロ・レンが真紅の十字のライトセーバーを持っているのは同じ系統という感じがして、とてもうれしかったですね。 そのぐらい僕にとって、やっぱりダース・ベイダーはかっこいい存在なんです。 最初からダークサイドに完全に落ちている悪役ではなくて、いろいろな葛藤を抱えている悩める青年と言いますか……。 感情がたまに爆発してしまったり、そんなすごく不安定なところを抱えていたりして、そこをまずはどう出していくかということがやっぱり一番のポイントでした。 その中でも特に『フォースの覚醒』の前半部分では、カイロ・レンが悪のキャラクターとして印象的に描かれていたので、割と強めに悪を出すようにしましたね。 今回の収録は順を追って演じていまして、その立ち上げの時にはディレクターの方ともカイロ・レンについて、たくさんお話をさせていただきました。 なんというか、例えば部下がたくさんいる場面の時には、カイロ・レン自身が意識して悪をより強めに出しているのではないか。 だからそういう意味ではマスクをかぶっている冒頭の方などは、強めに悪を出すようにしましたね。 もうちょっと繊細な青年でいて、ちゃんと若者なんですよね、みたいな。 マスクを被っているシーンは、当然声に加工が入ってくぐもった音になるんですけど、それでも「悪役然!」とした感じではなく、カイロ・レンが抱える不安定さを出せるよう、そこはすごく大事にしました。 そしてそれは、心情がどう向かっていくかということを、いかに理解できているかだと思うんです。 なので、カイロ・レンの心情の揺らぎをどう出していくか。 いわゆるステレオタイプな、典型的な悪役のお芝居ではなく、繊細な味付けと言いますかね。 そういう部分はすごく気を遣って、表現自体を繊細に、丁寧に丁寧に作り上げていった思いがあります。 カイロ・レンはマスクを脱ぐと、さらにまた印象が変わるキャラクターです。 だから演じるときには、その表情を糸口にしていきました。 特にアダム・ドライバーさんが演じるカイロ・レンを最初に見た時、特殊な声をされているような気がしまして……。 とても不思議な響きを持っていましたので、その部分は大事にしたいと思いましたね。 新情報に関しては、津田さんはどのような気持ちで受け止めていましたか? 津田:僕の場合はフラットな気持ちで受け止めていました。 確か春過ぎだったと思うんですけど、『最後のジェダイ』の予告編が世の中に出た時も、ツイッターか何かで僕も知って、「わー! ついに来たかー!」って単純に楽しんだぐらい(笑)。 新情報に関しては演じる前提はあるにしてもお客様と同じ感覚で、ワクワクした気持ちが一番に来ましたね。 「スター・ウォーズの季節だ! 待ってました!」という思いでいました(笑)。 20代の頃などは自分の未成熟な部分や何者でもない自分だったりとか、そういう葛藤しかなくて。 それが本当に目の前に、ずっと大きな壁のように立ちはだかっていましたね。 それに、早く何者かにならなくてはいけないみたいな、どこか焦りもあって。 他にも、早く結果が欲しいとか、早くなんかこう立場が欲しいとか。 とにかく挫折の連続でした。 ご褒美とかこう、気分転換で復活できるほどのレベルのへこみではなかったので……。 なんと言いますか、中途半端に落ちるのではなくて、「本当にダメだな」「つまらない人間だな」と、ちゃんと自分のダメなところをしっかりと味わうところまでいかないと、誤魔化していちゃいけないのかなって。 自分は本当に何者でもないとか、どうしようもないんだ、っていうところまでちゃんと落ちるのは一番苦しいです。 でもそこから這い上がれたなら気分的にもなんですけど、一番力になる。 それ以上もう下が無いんじゃないかっていうところまでやっぱり落ちちゃうと、這い上がるしかないので、それは良い経験だったなと思いますね。 今でもへこむことなんて山ほどありますし、人生は楽しいだけではなくて、苦しくてしんどいこともあるけど。 でもそれはそんなもんだろうと(笑)。 津田:『スター・ウォーズ』シリーズは、全編を通して壮大な宇宙の冒険譚となっています。 その壮大さや物語の抑揚とものすごく細かなディティール。 その細かさも含めて世界観が確立されていますし、R2-D2やC-3POのようなドロイドも含めてそれぞれのキャラクターが立っている。 そのすべてを合わせた総合力が魅力なのかな、と思います。 ちなみに僕はダース・ベイダーと、R2-D2が好きなんですけど、全キャラクターがとても活き活きとしていますし、今全編を観返しても全然古さを感じずに、むしろワクワクして見られる。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開された時には、それまでの映画界の流れを変えたような力がある作品ですから、もしまだ『スター・ウォーズ』を観たことがないという方も、観ていただいたら多分どれかのキャラクターを好きになるんじゃないかな。 その衝撃の展開の続きとして、『最後のジェダイ』が公開されます。 映画のキャッチコピーでもある「光か、闇か…」、それを受けてカイロ・レンも含めた各キャラクターたちが今後どうなっていくのか。 僕自身も今後の展開は楽しみですし、その中でもC-3POは変わらないんでしょう、という気もしています(笑)。 それからカイロ・レンは、今までに出てきたダークサイドのキャラクターの中でも、不安定さが目立つような人間味あふれるダークヒーローだな、と思います。 ダース・ベイダーの完全に出来上がっている悪に比べると、やっぱり若々しいですし、その繊細さはとても大きな魅力です。 そして、ヒロインのレイ、フィンも含めて未成熟で不安定な、まだ1人の人間として出来上がっていないキャラクターたちが、新しい『スター・ウォーズ』を引っ張っている部分も新章の魅力のひとつです。 そんな楽しみも含めて、『最後のジェダイ』は本当に楽しみだらけの作品になっているはずですので、劇場で触れていただけたら僕としてはうれしいですし、ぜひ何回でも観て楽しんでいただけたら、と思います。

次の