股関節柔らかく メリット。 ぐにゃぐにゃ柔らかくなる「股関節ストレッチ」

股関節を柔らかくする方法!簡単に壁で?名医のTHE太鼓判!

股関節柔らかく メリット

股関節は様々な部位と関連している 股関節は、背骨を支える土台であり、体の中心である骨盤と結合し、大腿骨へと繋がっています。 上半身と下半身を結ぶ役割を担っているのが股関節であり、下半身の始まりともいえる、重要な関節です。 この股関節の動きが悪くなると、私たちの体には様々な影響があります。 股関節の動きが悪くなる原因はいくつか考えられますが、最も多く誰にでも起こりやすい原因は関節まわりの筋肉の強張りです。 股関節の動きを安定させるためには、様々な筋肉が関わっています。 骨盤底筋群、臀部の筋肉、など深層筋などです。 これらの筋肉と連携しながら股関節は様々な動きを行います。 よって、筋肉が強張っている状態では股関節の動きも悪くなってしまうというわけです。 体は繋がり合いながら形成されているため、ひとつのパーツに違和感が出たからといってそこだけを修正すればいいのではありません。 股関節にフォーカスしてみるだけでも、股関節と骨盤の繋がり、股関節と大腿骨の繋がりといった影響し合っていることがわかるかと思います。 そのため、股関節を柔らかくしたいと感じたら、関連する部位もほぐしてあげることが大切です。 股関節だけをほぐそうとこれまで股関節のストレッチを頑張ってきても変化がなかった方は、もしかすると関連部位をほぐすことで変化を感じられるかもしれません。 それでは、股関節をほぐすとどんな変化が表れやすいのでしょう? 股関節を柔らかくするメリット 股関節を柔らかくするとどんなメリットがあるのでしょう? 怪我をしにくくなる 股関節の動きが悪くなった場合、これを他の部位でカバーしようとすることで、膝や腰など関連する部位への負担が増します。 これによって、例えば股関節の可動域が影響するねじる動きをした場合などに腰や臀部を痛めてしまったり、日常的に膝が痛むなどの原因になってしまったりといった影響が出るのです。 姿勢がよくなる 股関節が硬い状態は骨盤にも影響を及ぼし、あらゆるゆがみを生じやすくなります。 股関節から修正し歪みが改善されることで、伸びにくくなっていた膝が伸びたり、足の長さが整ったりすることで、姿勢が美しく見えるようになります。 腰痛、肩こりの改善 股関節の動きに制限があったことで腰痛や肩こりを引き起こしていた場合は股関節をほぐしてあげることで腰まわりの筋肉もほぐれやすくなります。 むくみや冷え改善 股関節周辺にはリンパが集中していますので、硬くなった股関節をほぐしてあげることでリンパの流れや血流がよくなり、老廃物を流しやすく、体が温まりやすくなります。 肥満や老化の防止 リンパの流れや血流がよくなることで代謝が上がり、肌が整ったり、疲労回復が早くなったり、痩せやすくなったりと若々しい体を保ちやすくなります。 それでは、どのようにして股関節を柔らかくしたらいいのでしょう? 股関節を柔らかくする方法3つ 先述したとおり、股関節を柔らかくするためには、股関節まわりだけほぐすよりも関連部位を一緒にほぐしてあげることが大切です。 普段から股関節の硬さが気になっている方、運動不足の方こそ、まずは以下の方法を試してからを取ってみましょう。 太ももの外側をほぐす 股関節や膝を動かしてポキポキと音が鳴ったり、動きが悪かったりと違和感がある方は、太ももの外側が固まっているかもしれません。 この筋肉は股関節と膝の動きに関係しているため、この筋肉が固まると股関節や膝の動きも悪くなります。 【やり方】 膝の外側のくぼみから股関節にかけて指で押しながらマッサージしましょう。 太ももの外側をほぐすマッサージ 2. 太ももの裏側と腰をストレッチする 股関節を柔らかくしたかったり、腰痛が出ていたりするときには、太ももの裏側をストレッチするのもお勧め。 股関節に意識を向けながら正しく動かしてあげることで、太ももの裏側がしっかり伸び、腰もゆるみやすくなります。 【やり方】 右足を前に出して、左足を後ろに引きます。 右手で右側の股関節を触りながら、右膝を伸ばして前屈します。 反対側も同様に行います。 太ももの裏側と腰をストレッチ 3. みぞおちを揉む 骨盤がゆがみ、股関節に影響が出ている人の多くはお腹の筋肉(腹直筋)が固まっています。 この筋肉は様々な筋肉と繋がっていますが、骨盤の底にある骨盤底筋群とも繋がっているため、お腹が固まると骨盤まわりも固まってしまい、股関節にも影響が及びます。 猫背と反り腰の方は特に固まっていますので、ほぐしてあげましょう。 【やり方】 おへそから指4本分上のみぞおち部分を掴んでは揉み、横にずらしてお腹を満遍なく揉んでいきます。 痛みが強い部分は丁寧に揉みましょう。 みぞおちを揉む さて、関連部位をほぐしてあげたところで、初心者でもOKな股関節にアプローチするヨガ動画を見ながら動いてみましょう。 初心者の方は、できる範囲で無理なくを取っていくようにしましょう。 股関節を柔らかくするヨガ動画.

次の

股関節を柔らかくする方法!簡単に壁で?名医のTHE太鼓判!

股関節柔らかく メリット

このページの目次• 股関節が担っている役割とは 股関節とは、人間の体の中で最も大きな関節で、両足の付け根にあり、 骨盤と大腿骨の継ぎ目の関節です。 股関節は立ったり、歩いたり、しゃがんだり、走ったりというような、日常の基本動作を担っている非常に重要な関節です。 股関節は球関節なので非常に自由度が高いのが特徴ですが、その分いったん傷めてしまうと、日常生活に大きな支障が出てしまいます。 体重を支える役割 股関節は人間の体重を支える役割があり、体を動かしたときの重さも負荷として股関節にかかります。 体を動かす役割 股関節は人間の日常動作に必要な部分を動かす役割があります。 立つこと、歩くこと、走ること、しゃがむことなど、日常生活で何気なく行っていることには、股関節が大きな役割を果たしています。 股関節を固くしている原因とは デスクワークで 同じ姿勢で過ごしていたり、 姿勢が悪い状態で過ごしていると骨格バランスが悪くなって骨盤が歪み、股関節が硬くなってしまいます。 その他にも加齢により、 筋肉が衰えてしまい柔軟性が減っていってしまうことも原因です。 股関節を柔らかくするメリット 股関節を柔らかくすると、女性に嬉しいこのようなメリットがあります。 下半身痩せ• 血行が良くなる• リンパの流れが良くなる• 怪我予防• 姿勢が良くなる• O脚やX脚などを改善し美脚になれる• ヒップアップ効果がある• 腰痛・膝痛の予防改善 血行やリンパの流れが良くなることで、代謝もアップしてホルモンバランスも整ってきます。 多くの女性が悩んでいる 「下半身太り 」 にも大きな効果があります。 股関節が硬く可動域が狭いと、筋肉も硬くなってしまい下半身に脂肪がつきやすく、老廃物もたまりやすくなります。 股関節が硬い状態は、どんどん脂肪を蓄えやすい状態にありますから、柔らかくすることが 下半身太りを解消する第一歩になります。 下半身太りと同じくらい悩んでいる女性が多いのがO脚ですが、O脚の原因は骨盤や股関節のゆがみが大きいのです。 股関節が硬い状態というのは、可動域が狭いということになりますので、その状態でO脚を改善しようとしても、効果を感じることはほとんどできません。 効果を感じないどころか、悪化してしまう可能性まであります。 ですから O脚を改善したいなら、まずは股関節を柔らかくするのが近道です。 それだけではなく、股関節が柔らかくなることで血行が良くなる為、女性の多くが悩んでいるいる 冷えやお尻のたるみにも効果があります。 股関節の可動域や歪みが改善されると代謝が良くなり痩せやすい体へと変わっていきます。 広告 硬い股関節の影響 日常生活の中で、股関節の固さを実感して弊害を感じているという方は少ないですが、股関節が固いと体にこのような悪影響があります。 変な歩き方の癖がつき、O脚やX脚になる• 膝が変形する• 猫背になりやすい• 太りやすい• 怪我をしやすい• 足がむくみやすい• 下半身の血流が悪くなる• 体全体にゆがみが生じやすい• 腰痛・膝痛• 疲れやすくなる 股関節が硬いと、健康面にも美容面にも大きな影響があることがわかりますね。 股関節が硬いと血流やリンパの流れが悪くなり、 老廃物がうまく排出されずにたまってしまうため、むくみも出やすく、代謝も悪くなってしまうため 太りやすく痩せにくい体になってしまいます。 血行が悪いためリンパの流れも悪くなり、冷えの原因の一つとなり生理痛や便秘の影響も出ます。 また体全体にゆがみが出てしまうことで、ポッコリおなかの原因にもなり脂肪がつきやすくなります。 ストレッチ方法 股関節を柔らかくするには、ストレッチを行うのが一般的です。 股関節を柔らかくするためのストレッチにはいろいろなものがありますので、自分に合うストレッチを実践しましょう。 体が温まっている時がやりやすいのでお風呂上りにやる習慣をつけましょう。 股関節ストレッチ 1• 床に背筋を伸ばして骨盤を立てて座り、両足を限界まで開く• 背筋を伸ばした状態で息を吐きながら体を前に倒し30秒キープする 開脚ストレッチですね。 猫背にならないように背筋をしっかり伸ばして行うのがポイントです。 足は痛くない程度に開いて、体が柔らかくなったら徐々に開く幅を増やしましょう。 中々足が開かない人は壁を利用してやるのもいいですよ。 床でやるよりも重力が手伝ってくれて大きく開けるようになります。 もしそれでも足を開くのが難しいという場合は膝を曲げて体を前に倒すやり方もOKです。 その代わり背筋は真っすぐ伸ばした状態をキープしましょう。 膝を曲げた状態だと骨盤から前屈が出来るので股関節の筋肉がきちんと伸びるんです。 また、片足だけ伸ばす片足前屈も一緒に行うとより効果があります。 この時は膝は曲げずにしっかりと伸ばして太もも裏が伸びているのを感じながら行いましょう。 股関節ストレッチ 5• 両足を伸ばして仰向けになる。 片足を浮かせて、右回り左回りにそれぞれ10回足全体を回す• 反対側も同じように行います 足の根元から動かすのがポイントです。 このストレッチは美脚効果もあります。 毎日5分のストレッチが下半身をスリムに 股関節を柔らかくするためには、毎日の少しずつの積み重ねが大切です。 どのストレッチも勢いでやるものではなく、筋肉が伸びているのを感じながらゆっくりとした動作で行いましょう。 無理にやると痛めてしまって逆効果になります。 痛みを感じたら途中でも休憩するなど無理に続けることは絶対に止めましょう。 硬くなってしまった筋肉も毎日の積み重ねで柔らかくなりますので、回数は少なくても構いません。 自分に合った股関節ストレッチを見つけて、 毎日5分実践しましょう。 股関節の近く、鼠径部にはリンパ節があり、下半身からの老廃物がここに集められます。 リンパ節がうまく機能しないと下半身全体のむくみにもつながります。 下半身をスリムにするためには、脂肪だけでなくむくみも厳禁です。 股関節ストレッチで股関節を柔らかくし、スリムな下半身を手に入れましょう。

次の

柔らかい股関節のメリットと、股関節をほぐす超・簡単エクササイズ

股関節柔らかく メリット

よく言われているのが、お風呂上がりで血行のよくなった状態でのストレッチ。 1日5~10分を続けるだけで、1か月ぐらいやれば180度開くってこともできると思います。 ちょっと痛いぐらいのところで、少し停止させてそれを何回か繰り返す。 体が冷えているときに無理に伸ばそうとすると怪我の原因になりますので、ご注意を。 疲労回復が早い。 怪我もしにくい。 【補足】 スクワットもやるなら、なおさら、柔軟性を上げていたほうがメリットはあると思います。 筋肉がある=固いではないですからね。 トップアスリートの人の筋肉は、筋肉モリモリでも実際触ってみると非常にやわらかいってききます。 運動をする競技によっては、つけすぎはよくないという話もききます。 例えば、野球選手の場合、胸の筋肉はつけすぎるとバッティングの邪魔になるということです。 O脚については、股関節のみならず足全体の柔軟性を上げるといいと思います。 脚周りには沢山の種類の筋肉がついてますが、一部が伸びにくいがゆえにそのバランスが崩れている状態。 特別な事情がない限りは矯正できると思います。 (ようはこの部分が身体が固い人と比べると柔軟性がある人のほうが疲れにくいって訳ですね。 ) 逆にデメリットでわかりやすいのは、肩こりですよね。 筋肉が固まって柔軟性が落ちている状態。 人には可動域があります。 筋が痛い状態ならまだまだ、柔らかくなります。 骨と骨がぶつかる様な痛みなら、数年かかると思います。 ちなみに、私は180度開き、そのまま後ろに回せます。 何かやる時に、開脚をする決め事をするといいかもしれません。 例えば、メールを打つ時は開脚をするとか?お風呂あがりにやるのも効果的です。 決め事を作って細々とやるのも効果的です。 メリットは… 仕事を選ぶ選択肢が増えたり… 怪我が減ったり… 免疫力が高くなる? あまり実感した事がなく申し訳ありません。 スクワットですが、バレエの2番や4番でやると、美しい筋肉が付きます。 説明しにくいのですが、横開脚の時に、足を外転 小指がわに倒す させながらやると、おお脚は治って来ます。 ただ、先天的なおお脚は治しにくいです。 例えば、ひざ下の骨が湾曲してるとか….

次の