ノワール 意味。 ブラン・エ・ノワールとは?琥珀の女王のお店や作り方を大公開!

ノワールの意味とは

ノワール 意味

ノワール文学(小説)とは ノワール文学(小説)の定義には諸説あり、とてもひとくちに説明できるものではありません。 そもそも「ノワール」という言葉は、フランス語で『黒』を意味する「Noir」に由来しています。 そのため古くは日本語で「暗黒小説」と訳されていましたが、現在では「ノワール小説」という呼称が一般的です。 これから詳しく述べていきますが、ノワール文学の源流は1920年代にアメリカで隆盛を誇った ハードボイルド小説に端を発しています。 つまり、広く捉えるならば、ハードボイルド小説もノワール文学に含まれると考えることができます。 ハードボイルド小説とは 「ハードボイルド」という言葉は一般に広く認知されているため、ミステリ小説に馴染みのない方でも少なからず耳にしたことがあるものと思いますが、ハードボイルド小説もまたその定義を巡ってさまざまな議論が交わされてきました。 呼称の由来にも諸説ありますが、ハードボイルド(Hard-boiled)とは 「手強い」「非情な」を意味する英語の俗語表現(教養として扱われない言葉や表現)です。 そしてそのような特徴(「手強い」「非情な」特徴)を備えた主人公の生きざまを描いた作品群を指して、「ハードボイルド小説」と称するようになったという説が有力です。 さらにハードボイルド小説の定義は、 物語と 文体のふたつに大別することができます。 物語としてのハードボイルド小説 物語としてのハードボイルドは、アメリカの推理小説家 ダシール・ハメット(Samuel Dashiell Hammett)から始まりました。 そして1927年に同誌上で初の長編小説「血の収穫(Red Harvest)」を発表しました。 1900~1950年頃にアメリカで広く流通していた大衆娯楽雑誌の総称。 粗悪なパルプ紙を使用していたことからそう呼ばれた。 ハードボイルドだけでなくホラーやSFなど、さまざまなジャンル小説の発展を大きく促した。 代表的なものに、ウィアード・テイルズ、アメイジング・ストーリーズ、ダイム・ディテクティヴなどがある。 ハメットの後に続くようにして現れた ・ジェイムズ・M・ケイン(James Mallahan Cain) ・レイモンド・チャンドラー(Raymond Chandler) ・ロス・マクドナルド(Ross Macdonald) ・ミッキー・スピレイン(Mickey Spillane) などの人気作家の手によって、ハードボイルド小説はミステリのサブジャンルとしての地位を確かなものとしました。 特に、チャンドラーが生みだした「フィリップ・マーロウ」というキャラクターは、シャーロック・ホームズに次ぐ世界で二番目に有名な私立探偵として、わたしたちが抱くハードボイルド像の確立に大きく寄与しました。 彼の文体は後進のハードボイルド作家たちに大きな影響を与え 、ヘミングウェイが発明した文体こそがハードボイルドであると評価されるに至っています。 ハードボイルド小説とノワール文学(小説)の相違点 ハードボイルド小説とノワール文学(小説)は多くの共通項があると同時に、さまざまな点で異なっていることもまた事実です。 筆者の考えるハードボイルドとノワールの最大の相違点は、「主人公に感情移入ができるか否か」です。 いや、 主人公が強固な意志の持ち主であるか否かと言い換えた方がわかりやすいかもしれません。 ハードボイルド小説の主人公は、過酷な現実に直面しても感情に流されず、己の信念を貫くために命懸けで抗います。 一方、ノワール文学の主人公の多くは、 意志の弱さゆえにどこまでも転落し、破滅へとひた走ります。 わたしたち人間は、理性と本能の狭間で絶えず葛藤しながら日々を生きています。 生存本能に打ち克つほどの強い意志の持ち主が、わたしたちの中にどれだけいるでしょうか。 ハードボイルド小説はそういう意味で一種の ファンタジーであると言えますが、ノワール文学は残酷なまでに 自然主義的です。

次の

noir(ノワール)の意味は「黒」?色に関するフランス語の単語

ノワール 意味

もくじ• 「黒」はフランス語でnoir(ノワール) noir(ノワール)はフランス語で「黒い」という意味の形容詞です。 日本では「ノワール」の他に「ノアール」とカタカナ表記されることも多いです。 男性名詞を修飾するときは noir(ノワール)、女性名詞を修飾するときは noire(ノワール)と少し形が変わります。 発音はどちらの場合も全く同じですね。 「黒」という名詞で使いたいときは、男性名詞として le noir(ルノワール)を用いることができます。 ちなみに、印象派で有名なフランスの画家ルノワールのスペルは(Pierre-Auguste)Renoirであり、le noirとはつづりが異なるので注意しましょう。 黒のニュアンスを表したい場合もありますよね。 「漆黒」は noir de jais(ノワール ドゥ ジェ)と表現します。 これは定型表現です。 また、同じような黒のニュアンスで noir profond(ノワール プロフォン)とも言うことができます。 profondは「深い」「深みのある」という意味で、noir profondは直訳すると「深い黒」になります。 黒を意味するnoir(ノワール)に関するフランス語 それでは、noir(ノワール)に関するフランス語の単語や表現をいくつか見ていきましょう。 黒板 街角の案内板やカフェのメニューなど、フランスでは至るところで黒板を見る機会があります。 「黒板」はフランス語で、 tableau noir(タブロー ノワール) と言います。 tableau(タブロー)は「板状のもの」を表します。 ピノ・ノワール フランスと言えばワインですが、赤ワインのブドウの品種に有名な「ピノ・ノワール」がありますね。 フランス語のスペルでは、 pinot noir(ピノ ノワール)となります。 発音はカタカナ表記の通りで通じます。 ブラックチョコレート 「ブラックチョコレート」はフランス語で、 chocolat noir(ショコラ ノワール) と言います。 日本でも、ちょっとおしゃれなチョコの名前になっていたりしますよね。 紅茶 紅茶の場合は、日本語と色の発想が異なります。 直訳すると「黒いお茶」という意味です。 日本的な感覚だと「茶色」を意味するbrun(ブラン)や「赤」を意味するrouge(ルージュ)を使いたくなりそうな表現ですね。 「紅茶」と伝えたい際は「黒」で表現するということに注意しましょう。 ブラックジョーク 「ブラックジョーク」「ブラックユーモア」はフランス語で、 humour noir(ユムール ノワール) と言います。 humour(ユムール)は英語の「ユーモア」ですね。 ブラックホール 「ブラックホール」はフランス語で、 trou noir(トル ノワール) と言います。 trou(トル)は「穴」を意味します。 闇 noir(ノワール)は「黒」という意味ですが、文脈によっては「闇の」という意味を表します。 また、カナダのケベック州では「闇」という意味で noirceur(ノワルスール)という単語を用います。 標準フランス語では「黒さ」を表します。 ノワール(noir)の意味を理解して使いこなそう フランス語の会話において、発音上はノワール(noirもnoireもスペルは異なっても発音は同じ)とだけ覚えておけば「黒い」という表現はマスターしたも同然。 黒は日常生活の中でもかなりの頻度で登場する色なので、ぜひ身につけたいですね。 その他の色に関する単語や表現は以下の記事でまとめています。 気になる方はこちらも見てみてください。

次の

「ノワール」の意味と使い方|シャノワーヌ/ピノノワール/チョコ

ノワール 意味

ノワールの意味とは 「ノワール映画を見る」 映画やゲーム、小説などで使われるカタカナ語です。 一般会話では英語の方を言います。 ということで、これはフランス語で「noir」です。 <ノワールの意味> これは、 「黒・ブラックな」 という意味です。 もちろんただの黒色という意味でも使われるのですが、 「黒・ブラック」という 「不正・裏」という意味でも使われます。 ノワール映画というのは、裏の世界や犯罪者の世界などを描く映画となります。 派手ではなく、暗い作品となります。 黒という言葉は意味が多いです。 「白黒つける」という使い方であれば、正しいか正しくないかを決めるという意味です。 「あいつは黒だ」であれば、「あいつは犯人だ」というような意味です。 日本語に限らず、外国語においても黒にはそんな意味があります。 人間が持つ暗闇のイメージなのだろう。 上手く利用したいものです。 <ノワールの使い方> ・ノワール作品のキャストを紹介する。 ・裏の世界を描くノワール小説。 ・彼はあのノワールドラマを欠かさず見る。 以上、ノワールの意味でした。 -- 前: 次:.

次の