アシレーヌ 対戦。 アシレーヌ/対戦

アシレーヌの育成論(先発反撃型アタッカー) ポケモン第7世代育成論

アシレーヌ 対戦

弱点3・耐性6・無効1と非常に優秀な補完を誇り、攻撃面でも両タイプを半減にできるポケモンは限られる。 加えて、メガシンカや禁止級伝説、群れを除けばタイプ中最高値となる特攻を持つ。 物理アタッカーの・特殊アタッカーの アシレーヌ・高耐久のと同複合での役割の違いも万全であり、相互に差別化を意識する必要はない。 とりわけアシレーヌはその攻撃範囲と高い火力が魅力であり、サイクル戦におけるダメージレースにも寄与しやすい。 専用技「うたかたのアリア」、およびその専用Zワザ「わだつみのシンフォニア」はアシレーヌの大きな個性。 前者は命中安定かつみがわり貫通の音技であり、やといった対処の難しいポケモンを自然に抑制できる。 また、そのZワザ化により得られる後者はZハイドロポンプを超える凄まじい威力を持ち、安易な受け出しを許さず、サイクルにおける役割破壊に最適である。 これらの性質が評価を高めており、シーズン4以降は使用率上位にもランクインするようになった。 抜き性能のと受け性能のに対し、崩し性能のアシレーヌといった具合に、それぞれの特長をしっかりと捉え、最適なパーティを決めていきたいところ。 一方、重火力アタッカーとして撃ち合いを任せるとなると、物理耐久の低さが明確な欠点となる。 H252振り程度では特化のすてみタックルで落ちてしまう具合で、その他物理のサブウェポンであっさり吹き飛ばされてしまうことも。 相手からしてもアシレーヌに行動機会を与えることは避けたいため、強力な物理アタッカーで釘付けにされがちである。 やへの遂行を意識するなら多少Bに割くことも視野に。 のように何度も受け出すことを考えず、いかに自身の行動機会を確保するかという観点での攻撃的な調整が勧められる。 他方でこの弱点を逆手に取ったきあいのタスキ型も個体数を増やしており、流動的なメタゲームの推移が感じ取れるところ。 USUMにてこごえるかぜをレベルアップで習得。 ポケモンバンクにて隠れ特性のうるおいボイスが解禁された。 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 特性考察 げきりゅう 特防が高く、弱点も特殊寄りなので発動圏内で戦うことも十分可能。 補正がかかった状態の火力は目を見張るものがある。 うるおいボイス 隠れ特性。 音技をすべて水タイプとして扱うことができる。 シングルでは相手のやけどを治さずに済む程度のメリットしかないが、ほろびのうた・りんしょう・ハイパーボイスを水技にすることができるためダブルバトルで真価を発揮する。 ほろびのうたは・・で無効化できるようになり、りんしょうは貴重な鋼等倍りんしょうアタッカーとなる。 ハイパーボイスは命中安定、みがわり貫通、味方を巻き込まない全体水技として使うことができる。 スキン系特性とは別物であり、威力の上昇はなく、変化技含めノーマル以外のタイプの音技 チャームボイスなど も全て水タイプに変わる。 技考察 攻撃技 タイプ 威力 命中 効果 解説 ハイドロポンプ 水 110 165 80 - タイプ一致技。 高威力・命中不安。 うたかたのアリア 水 90 135 100 火傷回復 タイプ一致技。 命中安定かつみがわり貫通。 ダブルでは周囲全体攻撃。 専用Zワザ「わだつみのシンフォニア」の発動に必要。 ハイドロカノン 水 150 225 90 使用後1ターン反動 最高火力。 ミズZ採用時に。 威力は控えめだが追加効果が優秀。 ハイパーボイス 無 90 100 音技 うるおいボイスでタイプ一致技になる。 ダブルでは相手全体攻撃。 水技とあわせて全18タイプに等倍以上。 一致技と半減範囲が被る。 ドラゴンに対しては4倍狙い。 めざめるパワー - 60 100 - 対の炎、対・の電気など。 トドメやきあいのタスキ潰しに。 変化技 タイプ 命中 解説 みがわり 無 - 補助技対策や、の発動に。 アンコール 無 100 妨害技。 遅いので使いづらい。 ワンダールーム 超 - 特殊受けを許さない手段の一つ。 また、自身の元々の耐久転換も。 遅いので使いづらい。 ほろびのうた 無 - 耐久型やバトンタッチ対策。 まもる・みがわり貫通かつ必中。 により、、を滅ぼさない。 あまえる 妖 100 物理アタッカーを弱体化。 つぶらなひとみ 妖 100 先制で物理アタッカーを弱体化できる。 あまえるとは一長一短。 リフレクター 超 - 味方の物理耐久を強化。 Zワザ考察 Zワザ 元にする技 威力 解説 わだつみのシンフォニア うたかたのアリア 195 292 専用Zワザ。 音技ではなくなる。 スーパーアクアトルネード ハイドロポンプ 185 277 通常時の火力重視。 ハイドロカノン 200 300 最高火力。 通常時は反動が痛いが、瞬間火力は高い。 ラブリースターインパクト ムーンフォース 175 262 C特化で無振りをマルチスケイル込みで高乱1。 マジカルシャイン 160 240 ダブル用。 全体攻撃と単体攻撃のスイッチ。 レイジングジオフリーズ ふぶき 185 必中。 れいとうビーム 175 C特化でH振りを確1。 マキシマムサイブレイカー サイコキネシス 175 C特化でH振りを高乱1。 むげんあんやへのいざない シャドーボール 160 C特化でH振りを確1。 ブルームシャインエクストラ エナジーボール 175 C特化でH振りを高乱1。 ちょすい来たら終わるのでげきりゅうでも良い。 対アシレーヌ 注意すべき点 水タイプ最高峰の特攻。 一致技に加え、各種サブウェポンや先制技、補助技も完備。 アンコールやほろびのうた、みがわり貫通の音技により、耐久型では受けにくい。 耐性も優秀。 特防が高いので、特殊技では一致弱点を突いても倒しきれないことも。 対策方法 積み技に乏しく、火力補強は小回りの効かないこだわりメガネや一度きりのZクリスタル頼り。 並程度の物理耐久と鈍足も欠点。

次の

【ポケモン剣盾】食べ残しアシレーヌの育成論とおすすめパーティ

アシレーヌ 対戦

潤いボイスじゃなくてウォータースキンで良かった気がするんだけど• アシレーヌとトリトドン面白いぞ• ほろびのうたが呼び水でノーカンになる• アシレーヌが爆音波覚えればめっちゃ強い• 夢御三家は半分回復実が強い!!• 潤いボイスアシレーヌは眠るいびきが強いかも• 相手のやけどを治さなくてすむから… 適当• ばくおんぱアシレーヌ解禁してくれ• 騒ぐアシレは読めた• メガゲンクレセドランですか…• 14:56 MOTTY「騒ぎたいんですよ」• メス潤いボイスめざ炎アシレーヌ作るの時間かかったわw• 最後のお相手の最高の笑顔が大草原不可避• アシレーヌに爆音波はよ• ハイボだと相手の火傷を治さないから 震え• シングルにおける潤いボイス騒ぐアシレーヌはカバルドンのあくびループを切り抜けるのに有効なのだとか。 ハイパーボイスとねっとうを組みあわせるとやけどが治らない。 こおってもねっとうで脱出できる差別化くらいかな思いつくの。 1400代なんだw• こめいち• つまんな• 最後の対戦は見ている視聴者も凍った• メガネ騒ぐアシレーヌは考えたけどって感じだよね、• そして誰もいなくなった• ランドロス、トルネロス、ボルトロスを使って下さい!• ハイボは身代わり貫通• 皆さん、黒い霧コオリZジュナイパーってどう思いますか?• 最後の試合運負け動画として100点だった• ポリ2のめざめるパワー地面で何回でヒードラン倒せますか?• タイプ一致眠るいびきくらいしか分かんない泣• 最後の試合は笑ったw• 結論:げきりゅうの方が強い• 恩返しアシレーヌでラッキー破壊しましょう!• トノラグファントムか相手、、• スカイスキンと違って1. 2倍に聞いた感じならないのかな?まあだからシングルでは弱いってことだと思うんだけど• クレセが強いだけみたいなんなってるやん• うるいおいボイスって結局なんだったんだっけ すっとぼけ• ゲッコウガ「静かにしてくれます?」• 運の無さで動画の面白さ爆上げしてくスタイル、まじで草はえる• ビビヨン覚えてる?• アシレーヌのめざぱは何ですか?• 〇〇スキンみたいな仕様(1. 2倍とか)にすればよかったのにな• この動画でアシレさわいでなくね?笑• ノーマルZ持たせればノーマル技も打てるようになるから使えそう• めざファうっても氷とけないの?• わー特殊ばっかりだぁー• 意地っ張りメガハッサム努力値振りどうすればいいですか?• アシレに爆音波はよw• ハイパーボイスは身代わり貫通という強みがある• スカーフかトリルかなんかで先制でガッサの前で騒ぐとか…あと味方に鬼火搭載沢山入れといてハイボとか。 泡沫はやけど治し効果あるから…• お前にゲンガナンスなんか無理だよあゆみん• 久しぶりのうぽってぃー!受験終わったからこれからはMOTTYの動画見れる!• 今日は3戦目はこごえるせかいでの対戦でしたね• シラクサの潤いエコーの方が強いな。 それと差別化って点でもシラクサの方が出来てる• ウルトラダッシュアタックになるなら一つの技で二つの範囲を取れるノーマルZハイパーボイスとかありじゃない?• さわぐ使わねーのかよ• めざ炎ですか?.

次の

アシレーヌ/対戦

アシレーヌ 対戦

アシレーヌの育成論 アシレーヌの育成論はこのようになります。 性格:ひかえめ or れいせい• 特性:げきりゅう• 持ち物:こだわりメガネ、しんぴのしずく、いのちのたま、とつげきチョッキなど• 努力値:HC252 A4• そのため、 素早さの上がる『おくびょう』よりも特攻の上がる『ひかえめ』がおすすめです! また、トリル下での運用を考えている場合や『アクアジェット』の火力を少しでも盛りたいといったケースでは、攻撃ではなく素早さに下降補正のかかる『れいせい』も候補となります。 特性は『げきりゅう』がおすすめ! アシレーヌの特性は通常特性の『げきりゅう』と夢特性の『うるおいボイス』の2種類が存在します。 結論から言うと、シングル勢は『げきりゅう』一択となります。 『うるおいボイス』はスキン系の特性のような火力アップ効果はないため、ダブルバトルで味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』を水タイプで撃ちたいケースでのみ採用される特性となります。 『うるおいボイス』はダイマックスとも相性が悪いので、基本的には『げきりゅう』を選ぶのが良いでしょう。 持ち物は火力を伸ばすものがおすすめ! アシレーヌは火力を押しつけていくポケモンであるため、『いのちのたま』や『こだわりメガネ』などの火力アップ系の持ち物がおすすめです。 『アクアジェット』を採用する場合には、HPを消耗せずに火力アップの期待できる『しんぴのしずく』や撃ち合いに強くなれる『とつげきチョッキ』なども候補となります 努力値はHCベースで! アシレーヌは素早さよりも耐久を活かした戦い方を得意とするので、HCベースの配分が基本となります。 必要に応じて低い防御を補強したり、素早さの調整をすると良いでしょう。 おすすめの技 アシレーヌのおすすめの技を紹介します。 ハイドロカノン・ハイドロポンプ ダイマックスエースとして運用したいケースでは、水技は威力の高い『ハイドロポンプ』や『ハイドロカノン』を選ぶと良いでしょう。 通常時には使いづらい『ハイドロカノン』を採用する場合は、ダイマックス前提の形にするのが望ましいです。 うたかたのアリア・ねっとう・ハイパーボイス・みずのちかい 積極的にダイマックスをさせない構築であるなら、水技は『うたかたのアリア』や『ねっとう』などの使いやすいものを採用すると良いでしょう。 ダブルバトルならコンビネーションわざを狙える『みずのちかい』や味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』も候補となります。 意外かもしれませんが、『だくりゅう』は覚えることができません。 ムーンフォース・マジカルシャイン・ドレインキッス フェアリー技はシングルなら『ムーンフォース』ほぼ一択となります。 ダブルで全体技を求めている場合には『マジカルシャイン』、瞑想型などで攻撃しながら回復したいようなケースでは稀に『ドレインキッス』が採用されることもあります。 れいとうビーム・ふぶき・こごえるかぜ アシレーヌの苦手な草タイプを意識したい構築では、氷技も候補となります。 ダイマックス前提なら『ふぶき』、命中安定で使いやすい『れいとうビーム』、素早さを落としながら攻撃できる『こごえるかぜ』から好きなものを選ぶと良いでしょう。 『ダイアイス』で襷を潰せるのも魅力です。 エナジーボール 草打点が欲しい方は『エナジーボール』も覚えるので採用するといいかもしれません。 アクアジェット 先制技が欲しい方は『アクアジェット』も採用すると良いでしょう! アシレーヌ自体が遅いポケモンであることもそうですが、攻撃種族値も74とそこまで低くはなくタイプ一致で撃てるのもあって、役に立つ場面は多いはずです。 めいそう アシレーヌは『めいそう』と相性が良く、一度でも積めればダイマックスで一気に制圧できるほどの火力を手に入れることができます。 アシレーヌの弱点である電気、草、毒はいずれも特殊技が主体であるため、瞑想を積むことで弱点を突かれても倒されにくくなるのも強みと言えるでしょう。 ちなみに、7世代以前の作品では『めいそう』を覚えることができません まもる ダブルでは『まもる』があると動きやすくなります。 ほろびのうた 扱いの難しい技ではありますが、『ほろびのうた』も便利な技です。 ダブルでは相手より先に2体処理した後にカウントダウンを押し付けるのが強力ですし、シングルでも耐久系の積みポケモンなどを流せたりと便利です。 アシレーヌの対策 アシレーヌは種族値が高くタイプも優秀なので対策は少し難しいです。 物理アタッカーで戦う アシレーヌは特殊相手には強いですが、防御の種族値が低いため物理を相手にするのは苦手です。 高い攻撃を誇る物理アタッカーであればアシレーヌに有利を取れるでしょう。 上から一撃で倒していけるパッチラゴンや行動保証のついているミミッキュなどがおすすめです。

次の