こどもちゃれんじ すてっぷ。 こどもちゃれんじプラス<すてっぷ>

こどもちゃれんじ・すてっぷの体験ワーク|4歳児とやってみました|ちょこダイアリー

こどもちゃれんじ すてっぷ

月々の受講料が安くて人気の『こどもちゃれんじ』。 しかし、安いと言っても年間2万円以上かかりますから、 「意味がない」「必要ない」 と感じるような教材なら、受講したくありませんよね?• 実際のところ、 『こどもちゃれんじ』の効果&必要性はどうなのか?• 受講して 後悔 することはないのか? 今回は『Baby ベビー 』『ぷち』『ぽけっと』『ほっぷ』『すてっぷ』に関する 実体験の口コミを一緒に見ていきましょう。 感想には個人差がありますし、サービス内容等の変更もあるかもしれません。 大切な情報等については、『こどもちゃれんじ』公式HPで再確認をお願い致します。 『こどもちゃれんじ Baby ベビー 』は効果より利便性 我が家は『Baby ベビー 』を受講しませんでした。 理由は「 不要だったから」。 と言うのも、ベビーでは、生後8ヶ月から主に玩具 エデュトイ と絵本、保護者向けの冊子が届くのですが、 「おもちゃ、出産祝いでもらい過ぎ…もう要らない」 ということで「物を増やしたくなかったから」です。 なので、 玩具がさほど手元なければ、おそらく受講していました。 こどもちゃれんじのエデュトイは、 厳しい安全性検査を通った玩具なので、 何でも口に入れたがる0歳児でも安心。 しかも、 0歳児がいかにも喜びそうな玩具で、確実に遊んでくれそうではあります。 …今更ですが、『 でるでるキューブ&くるくるキューブ』は欲しかった!と。 赤ちゃんのティッシュ遊びは「あるある」ですが、ティッシュを引っ張り出し始めた時に、サッ!とこの玩具に差し替えられたら…もしかして、ティッシュを何箱か救えたかも?。 あと、 保護者向けの冊子が、内容も育児雑誌並みにしっかりしている上、 小さく・薄く、寝かしつけや授乳をしている合間にも読めるのも、個人的にはかなり魅力。 スマホよりも疲れませんしね。 これは、Babyだけでなく、こどもちゃれんじ全般で同じ。 『こどもちゃれんじ ぷち』=効果あり! 娘は『ぷち』から現在まで、こどもちゃれんじを受講中。 『ぷち』から、 知育要素が本格的に盛り込まれた教材になっていたので、受講を決心しました。 特に、『なりきりキッチンセット』は 「水がもったいない」「火は危ない」 など、 音声でマナー教育をしてくれる玩具。 子供って、水が大好きですし、大人が何かやっているとすぐに手を出したがりますよね? なので、ムダな水遊びや料理中の不意な行動にに、「イライラ」「ハラハラ」させられることも多かったのですが、 「もったいない」 「危ない!」 という概念を理解してくれたので、 「イライラ」「ハラハラ」場面での注意がしやすくなりました。 結果として、 「マナー&基本知育は、ぷち任せ!」 というほど、こどもちゃれんじが我が家の教育の中心に。 本当に、やってよかった!と今でも感じています。 『こどもちゃれんじ ぽけっと』は、さらに知育&マナーUP 一言で言うなら、 『ぽけっと』は素晴らしかったです。 好評価の大きな要因は、 音声タッチペン『はてなんだくん』。 『はてなんだくん』と関連教材の一部 絵本の音声を聞けたりするだけでなく、レジと合体して「お店やさんごっこ」ができたり、「レストランごっこ」ができたりと大活躍。 「ピッ!と触ると、いろんな言葉や音が聴ける」というだけでも、子供のテンションは上がります。 テンションが上がるので、 何度も遊びたがり、学習内容を吸収してくれました。 『はてなんだくん』は、 平仮名の読みの学習に特に力を発揮してくれて、2、3歳にはピッタリの知育玩具だったと思います。 また、翌年の幼稚園入園を控え、公共ルールやお友達との関わり方など、マナー教育も一層大切になってくる年頃。 そういった内容も、毎号しっかりおさえられており、我が家は引き続き、 「マナー&基本知育は、ぽけっと任せ!」 と、なりました。 『こどもちゃれんじ ほっぷ』も効果的 だが、ワークが物足りない? 幼稚園入園と共に、こどもちゃれんじも『ほっぷ』へ。 現在も受講中。 『ほっぷ』は; 保育園進級コース 既に保育園に通っている子供向け 3年保育コース 新たに幼稚園に入園する子供向け 2年保育コース もう1年ご家庭で過ごす子供向け と分かれていて、我が家は『3年保育コース』を受講。 各々の環境に合わせ、絵本の内容が多少異なります。 ほっぷのエデュトイも質が良く、4月号の『ちゃれんじえんごっこセット』は、かなり遊び甲斐がありました。 『かずのドーナツやさん』も数字やカテゴリー分けの概念を学ぶ核として大活躍。 1〜10まで数えながらドーナツを揚げ、お客さんの要望通りの種類と数をノリノリで販売していました。 ひらがなパソコン&カード これまで 『はてなんだくん』で読みを学んだ平仮名を、実際に アウトプットして身につけられる教材です。 毎月、『ひらがなパソコン』と合わせて使うカードが届き、 DVDではしまじろうやみみりんも遊んでいるので、我が子も鼻息荒め&前のめりで遊んでいます…しまじろうパワーは偉大ですね。 いつも手元に置いておき、 「ありがとう」「後でね」 など、私がちょっとしたメッセージを伝える時に使っていたら、時々、娘もマネをしてメッセージを打ち込んでくれるようになりました。 シメシメです。 笑 ということで、エデュトイは相変わらず素晴らしいのですが、少なくとも我が家の場合、 「…ワークが少な過ぎるかな?」 というのが悩みのタネ。 絵本とは別冊になっている ワークブックは、届いて2〜3日で終わってしまいます。 個人差もあるでしょうが、合計で平均1〜1. 5時間ほどで終わってしまう内容です。 他の習い事をしているお子さんにはちょうど良いのでしょうが、 「こどもちゃれんじを中心に知育をしよう!」 というご家庭には、 我が家同様に 少し物足りないかもしれません。 内容が良い。 こどもちゃれんじのついでに申し込めて・取り組めて手軽。 本屋やネットで絵本や教材を探さなくて良いので楽。 量が少ない リズムダンス、知育プラス、など。 作りが簡素 読み聞かせ、リズムダンス 画像。 子供が興味を示さなかった。 という声が目につきました。 読み聞かせの絵本であれば、表紙が薄めで簡素めの作りとの口コミがあるので;• となるでしょう ただ、ベネッセのような信頼できる企業の配本サービスとして「月額税込535円」は破格ですよね…。 市販教材の中では、 『 学研の幼児ワーク』シリーズがオススメ。 ひらがなやカタカナ、工作、数字、知恵など、種類が豊富な上、 どれも700 円前後で買えます。 ページ数も多いので、 コスパとしては『こどもちゃれんじ プラス』より上。 イラストも可愛く、子供が興味を示す工夫が随所に見られますよ。 ただ、子供によって相性はあるでしょうから、 まとめ買いせずに、1〜2冊から試してみるのが良いでしょう。 しまじろうと一緒に英語を学ぶスタイルなので、しまじろう好きの子供はハマる可能性があります。 簡単な英単語・表現を 良い発音で身につけられると評判で、幼児期の英語学習としては合格点かな?と思います。 お届けは、2ヶ月に1回、だいたい10日過ぎ 15日より前。 「こどもちゃれんじの教材、一通り終わったなぁ」 という頃に届くのが、実は、何よりものポイント。 手元の『こどもちゃれんじ』の教材で一通り遊び慣れた頃に新しいDVDや玩具が届くのは、子供にとって嬉しいですし、ワークが終わってしまった手持ち無沙汰の解消にもなります。 『こどもちゃれんじ すてっぷ』は『思考力特化コース』で開始 我が家では来年受講になる『すてっぷ』は、3コースに分かれています。 すてっぷで 一番の目玉教材『ひらがななぞりん』は全コースに付いてくるため、 少なくとも4月号は『思考力特化コース』がお得では? と感じたからです。 コースの変更はWEBで簡単。 手数料もゼロ。 『サイエンスプラス』も魅力的ですが、年換算で同じ料金なのに年6回お届けだと、少し物足りないかな?ということで落選。 知育プラスは、学研やくもんの市販教材でも代わりになりそうですが、 「ベネッセの教材も試した上で、一番子供に合うものを選びたい」 と考えています。 なので、8月頃までにはひらがなは終わらせておいたりなど、これまでの学習を完成させることに集中して、あまり難易度は上げない方が良いかな?とも考えています。 『すてっぷ』『じゃんぷ』は「やめどき」も意識して続ける これまで受講の 後悔は少しもありませんが、ワークの量が少ないのだけが 『ほっぷ』から感じている小さな不満。 なので、 『すてっぷ』『じゃんぷ』は、「やめどき」も頭の隅に意識しながら、代わりとなり得る教材もお試しを続けます。 「エデュトイが効かなくなってきた…」 と感じることがあったら、その時が一番、方向転換のタイミングでしょう。 ただ、せっかく慣れているベネッセの学習手法。 『じゃんぷ』まで終わらせられば、大きな間違いはない気もしているので、このまま続けられると良いなぁ…とも感じています。 まとめ 以上が、我が家の『こどもちゃれんじ』の実体験レポート。 求める効果にも寄るでしょうが、知育やマナー教育においては 「一定の効果がある!」 と思います。 内容も簡単で、量も多過ぎない『こどもちゃれんじ』。 また、 子供にとっては「毎月のお楽しみ」のようで、DVDの『次号等のお知らせコーナー』を見ては「早く欲しいねー」と言う姿に、 「2,000円分くらい、毎月プレゼントを買ってあげても良いか」 という気持ちも生まれました。 退会は、電話1本で簡単。 勧誘や引き止めもないそうです。 一括払いでも返金処理に応じてくれる 毎月払い換算での残金を返してくれる し、辞めたい時に辞められるので、子供が楽しんでいる内は続けたいな…と思います。

次の

こどもちゃれんじ「すてっぷ」の教材をまとめてみたよ。

こどもちゃれんじ すてっぷ

教材、DVDと連動した内容になっています。 11月号から始まっている 身近な不思議について考える探求シリーズ。 第4回の2月は「ばねの不思議」です。 また、12月からスタートした カタカナの読みプログラムと すてっぷ時計プログラムは、今回が3回目。 楽しみにしていた とけいマスターが届きました。 とけいマスターと、「 こどもちゃれんじ すてっぷ通信 2月号」。 カタカナの読みプログラムとすてっぷ時計プログラム、身近な不思議発見シリーズについて、保護者向けに進め方のアドバイスが載っていました。 登録キャンペーンで今回先行して届いた べんきょうスタートセット! ワークを「べんきょうどうぐボックス」に入れ、「じぶんのつくえシート」を広げれば、自分の勉強スペースが出来上がります。 ワークを置くところ、えんぴつや消しゴムを置くところ、(4月号で届く)「かきじゅんしらべるマスター」を置くところがそれぞれ示されています。 1月と2月分が収録されたDVD(1月に届いているもの) ちぇぶちゃんお気に入りのキッズワークとパワーアップワーク。 パワーアップワークは表紙が迷路になっています。 来年4月から始まる こどもちゃれんじ じゃんぷ(年長用)では• 総合コース(基礎)• 総合コース(基礎・応用)• 思考力特化コース …と、新しく3つのコースが始まります。 わが家では、総合コース(基礎・応用)を受講予定ですが、「こどもちゃれんじじゃんぷ たいけんセット」を見ると、年長さん向けのプログラムも期待できそうです。 今ひらがなの書きが楽しくなりつつあるちぇぶちゃんにとって、これはなかなかよさそうです。 ちぇぶちゃんも文字を書くことが楽しくなってきたようです。 娘がこれまで使っている英語教材のまとめはこちら。 bokipapa.

次の

こどもちゃれんじの口コミ一覧!※ぷち・ぽけっと・ほっぷ・すてっぷ・English。

こどもちゃれんじ すてっぷ

こんにちは! 今日は風が強く、気温のわりに肌寒いです。 どちらにしようか、とても迷いました。 まず特徴を説明したいと思います。 簡単に説明すると、 総合コースは、 絵本あり DVDあり(2ヶ月に一度送られてきます) エデュトイあり キッズワークあり の基本的なコースです。 思考力特化コースは、 絵本、DVD、エデュトイがなく、 キッズワークに追加で、 思考力ぐんぐんワーク、 考える遊び、 添削課題(年3回) があります。 どちらにしようか悩みます。 気持ちは、思考力特化コースにかたむきつつ、 エデュトイがなくても、興味がもてるか、 ワーク類を毎月こなせるか、 といったとことが気になりました。 決め手は、次のような具合です。 ただ、キッズワークと思考力ぐんぐんワークのボリュームがそれなりにあるので、 昨年受講していたキッズワークプラスのオプションはやめることにしました。 昨日のブログにも書いたように、 4月号は3便に分かれてきたので、 第1便はエデュトイが入っておらず、ワークだけだったのですが、 キッズワークファイルにワークをつめて、長男はルンルンでした! 我が家はワークをやる習慣がある程度できているので、 思考力特化コースにしましたが、 これからはじめて、ワークをやる習慣をつけたい、 エデュトイや絵本、DVDで、楽しみながら興味を持って欲しい!という場合には、 総合コースのほうが良いかもしれません。 ちなみに、などは考えていないです! 思考力特化コースのボリュームや4月号を受講しての感想はまた書きたいと思います! caocaokosodate.

次の