東京 うまかっちゃん。 Amazon

名駅近くのマックスバリュ太閤店でうまかっちゃんを購入しました。

東京 うまかっちゃん

九州人が上京すると「東京にない!」と驚く食品があります。 それがインスタントラーメン(袋麺)の「うまかっちゃん」。 あんなに美味しいのになんで東京に来ないんだ!と疑問が浮かんだため、商品担当者にその疑問を投げかけると共に「うまかっちゃん」の上京を懇願したいと思います。 草むしりをする日々から生まれたとんこつラーメン「うまかっちゃん」 九州人が好むラーメンといえば、とんこつラーメン。 そんな九州人の好みにマッチするのが、とんこつ風味のスープが特徴のインスタントラーメン「うまかっちゃん」です。 「うまかっちゃん」は九州でトップシェアを誇る袋麺ですが、販売元のハウス食品によると当初はしょうゆ味などの袋麺を販売していたため、九州での売上は苦戦していたそうです。 不安定な生産計画から、工場が稼働しない日は、工場の環境整備や草むしりなどをして過ごす日々。 九州市場からの撤退も検討されるなか、「九州のラーメンとは何なのか」を考えた結果、とんこつスープに辿り着き、1979年9月に「うまかっちゃん」が誕生しました。 ・「うまかっちゃん」 ・「濃厚新味」 ・「博多からし高菜風味」 ・「久留米風コクとんこつ」 ・「熊本 香ばしにんにく風味」 ・「黒豚とんこつ 鹿児島焦がしねぎ風味」 なお40周年を記念して、2020年2月までの期間限定で「うまかっちゃん<濃い味>復刻版」が発売されています。 「うまかっちゃん」は東京進出しないのですか? 「うまかっちゃん」の販売エリアは九州・沖縄県 および山口県。 一部商品は近畿エリアでも売られています。 なぜ東京で販売していないんでしょうか? 商品企画担当の桑原さんに東京進出を懇願したところ「東京進出は、考えておりません」とのこと。 残念ながら、東京進出は考えていないそうですが、ここで朗報です。 ハウス食品の公式通販サイト「ハウスダイレクト」でなら「うまかっちゃん」シリーズの一部商品をご購入できます。 最新情報をご確認の上、ご購入ください。

次の

うまかっちゃんは東京には売ってないの?東京関東のどこで買える?販売店を紹介します

東京 うまかっちゃん

人によって違う、うまかっちゃんの作り方 うまかっちゃんの美味しい作り方ですが、結論から。 人それぞれだと思います。 ネットで検索してみると、水は少な目で、かつ茹で時間も短め、というのがありました。 茹で時間は短めなのは自分も同じですが、水の量は規定通りが良いと思います。 水の量は550㏄です。 一般的な袋ラーメンの水の量は、だいたい500㏄ぐらいです。 うまかっちゃんの水の量はそれよりも若干多いです。 味が濃いのが好きなら水を少な目にしたほうがいいのかもしれません。 私はスープがひたひたになっているのが好きなので規定通りにします。 もし濃いめが好きなら、顆粒出汁などを追加するのがスマートだと思います。 水の量を少なくするのは個人的にお勧めしません。 いつも土鍋でうまかっちゃんを作っていますが、その点にこだわりはありません。 ふつうに雪平鍋でも問題ないです。 というか土鍋は、麺が伸びるのが早いかもしれません。 熱々です。 鍋で調理してどんぶりに盛って、というのが面倒なので土鍋を使っているに過ぎません。 鍋で調理して鍋のままで食べるのもアリだと思います。 肝心のうまかっちゃんの作り方ですが、土鍋に水を550㏄入れて、コンロの火を付けます。 沸騰直前に麺をいれます。 邪道かもしれませんが、そのほうが食べやすいので。 麺の形がほぐれたら火を止めます。 スープの素と調味液を入れ、軽く混ぜる。 これで完成です。 注意点としては、水が沸騰してから麺を入れると、食べているときに麺が伸びてしまいます。 沸騰直前に麺を入れるとちょうど良い感じになります。 逆に沸騰するかなり前に麺をいれるとやはり伸びやすいです。 茹で時間ですが、測ったことはありませんが、とにかく箸を麺にいれて、麺が離れたらOKです。 うまかっちゃんの麺は、これ、絶対に固い、というぐらいが丁度良いです。 最初の一口は固くて、芯が残っている感じですが、食べているうちに丁度良くなります。 たとえばマルタイ屋台ラーメンとかは、しっかりと茹でないと食べられたものじゃないけど、うまかっちゃんは固いままでOKです。 うまかっちゃんは麺が伸びるとマズいです。 うまかっちゃんは色々と種類がありますがノーマルが1番だと思います。 トッピングについては、何も入れないのが、確実かと思います。 卵や野菜類を入れると、茹で時間が微妙に変わってしまって、失敗する可能性が高くなります。 追加の具材を投入するなどのアレンジはプレーンに慣れてからが良いです。 もし、追加で具材を追加するなら、もやし、またはざく切りしたキャベツが合うと思います。 個人的に美味しいと思う、うまかっちゃんの作り方 水は規定通り550㏄。 沸騰直前に麺を入れる。 茹で時間は極端に短く。 麺がほぐれたらOK。 スープの素と調味液は火を止めた後に入れる。 余分なものは何も入れないのが良い。 あくまで主観的な「うまかっちゃんの美味しい作り方」でした。

次の

【楽天市場】ハウス食品 うまかっちゃん(5食入)

東京 うまかっちゃん

うまかっちゃんの販売地域は、「西日本ローカル」です。 製造しているハウス食品のホームページに発売地域が記載されています。 これによると、うまかっちゃんの 販売地域は近畿、中四国、九州、沖縄県とあります。 関連: この記事の目次• うまかっちゃんの販売地域 うまかっちゃんの販売地域は、九州・沖縄・山口で全種類が販売されています。 とは言え、流通が発達した現代では、全国に展開している大手のスーパーやアンテナショップもあるので、江戸時代の鎖国のような完全に地域限定での販売は難しいと思います。 他の地域でうまかっちゃんを買えるところを調べました。 関東・東京での販売は? 関東・東京では『ドン・キホーテに行ったら置いてあった』という声を見かけます。 但し、秋葉のドンキでは『一蘭は置いてあったけど、うまかっちゃんはなかった』という声もあったので、店舗にもよります。 また、新橋にある福岡のアンテナショップ「ザ・博多」にも置いてあるようです。 楽天市場はこちら Amazonはこちら ネット以外だと、近くにドンキや福岡のアンテナショップがあれば探してみてください。 マルタイの棒ラーメンなんかもあったりします。 関連: 名古屋・愛知での販売は? 私の知人で、愛知に住んでいる友人が一人はうまかっちゃんを知っていて、もう一人は知りませんでしたw Twitterなどで調べると、やはり愛知や名古屋で『うまかっちゃんが置いてない!』という声を見かけます。 ただ、やはりドン・キホーテや福岡のアンテナショップ、そして一部のイオンで置いてあるという声も見かけました。 印象としては、愛知まで行くと、置いてあるスーパーはかなり少ないようです。 九州・福岡からみて東に行くほどうまかっちゃんの勢力が弱まるのは間違いないですねw 関連: 沖縄での販売は? この記事を書くまで知らなかったのですが、 沖縄でもうまかっちゃんは普通に買えるみたいです。 うまかっちゃんは「九州・山口・沖縄限定」で販売・流通しているのは間違いないようです。 うまかっちゃんの九州限定・西日本限定の味まとめ 現在、うまかっちゃんは以下の7種類の味が発売中となっています。 うまかっちゃんの種類• オリジナル• 濃厚新味• 博多 からし高菜風味• 熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味• 黒豚とんこつ 鹿児島焦がしねぎ風味• 久留米風とんこつ• 鶏だしとんこつ 詳しくはでも紹介しています。 このうち、販売地域が「九州・沖縄・山口」でしか買えないものと、もう少しエリアを拡大した「西日本限定」の2種類のエリアに分かれています。 九州・沖縄・山口限定で発売されている味• 熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味• 黒豚とんこつ 鹿児島焦がしねぎ風味• 久留米風とんこつ• 鶏だしとんこつ 西日本限定で発売されている味• うまかっちゃん オリジナル• うまかっちゃん 濃厚新味• 博多 からし高菜風味 この3つの定番とも言える味は、西日本 近畿、中四国、九州、沖縄 で販売されています。 うまかっちゃん 濃厚新味の違い は2018年8月6日に新発売された新商品です^^ 現在発売されているうまかっちゃんの中で、濃厚新味だけは麺の細さや茹で時間など うまかっちゃんの発売以来、初めて刷新されました。 東京・関東の人はご存知の人がひょっとしたら少ないかもしれませんが、味だけでなく、麺やスープ、パッケージまで刷新されています。 主な違いは以下の通りです。 項目 従来 濃厚新味 茹で時間 3分間 90秒 麺の細さ 1. 4mm 1. 2mm 麺が細くなり、茹で時間も短めの固め、スープは濃厚と近年博多で人気の味に近づけたようです。 福岡県内ではわりと簡単に手に入りますが、通常のうまかっちゃんと比べると、取り扱いがやや少ないです・・。 おそらく、 販売地域であっても 他県ではもっとお目にかかる機会は少ないと思います。 通販だと、Amazonのほか、楽天市場とYahooショッピングに「うまかっちゃん濃厚新味」の取扱いがあるショップがありました。 うまかっちゃんの全国的な知名度 九州民『うまかっちゃんが全国発売されていないなんて信じられない!』 関東民『うまかっちゃん・・何それ??』 九州などの地域では絶大な知名度を誇るのに、関東ではほとんど知られていない。 この両者の真逆の感覚を味わうのに、ちょうど良いテストがあります。 うまかっちゃん• うまいっしょ あなたはどちらをご存知ですか? 『うまいっしょ?何それ?!』 と思ったあなたは九州の方ですね。 逆に、東京や関東では「うまいっしょ」の方が馴染みがあります。 「うまかっちゃん」の関東・東京での知名度は、九州における「うまいっしょ」の知名度とほぼ同等です。 ちなみに、うまいっしょも、うまかっちゃんと同じく「ハウス食品」の即席インスタント麺です。 『うまいっしょ?!聞いたことない!』 と思うその感覚こそが、東京や関東の人にとっての「うまかっちゃん?何それ?」の状態なのです。 名前が似てて紛らわしいですがw 私は関東出身なので、うまいっしょをよく食べていました。 推しの強めな商品名のとおり、美味しかった記憶があります。 懐かしい。 とは言え、東京の10代、20代の若い方はどちらも知らないかな・・。 うまいっしょを知りたい方はこちら。 まとめ うまかっちゃんは関東・東京では見つけるのが難しく、ネット通販以外ではうまかっちゃんは幻の存在と言ってもいいです。 九州だと置いてあるのが当たり前のように思えますが、他の地域だと手軽にこの美味しさを味わう事ができません。 その有難みを感じながら美味しく頂きましょう^^ 楽天市場はこちら Amazonはこちら Yahoo! ショッピングはこちら.

次の