宴会 飲み放題。 ≪宴会格安プラン≫温泉宿で飲み放題付き・宴会付きの宿泊パック

飲み放題、なぜ店も客も得?一杯の原価はたった150円?店は損しない数字のカラクリ

宴会 飲み放題

宴会格安プランの決定版! JRセットプランも格安で! 会議を温泉地で行う際などにもご利用いただいております。 *夜食処の休業日やお品切れ等により、別の物にて対応させていただく場合がございます。 カラオケの台数に限りがございます。 宿泊日によりご利用いただけない場合がございます。 一部ご利用いただけない施設または有料の施設がございます詳しくは各宿欄をご覧ください。 各宿欄記載の2次会会場営業時間をご確認の上、宴会開始時間をご指定下さい。 詳しくは各宿欄をご覧ください。 発着駅の一部変更等も可能です、ご相談ください。 乗降駅については券面表示の駅に限り有効です。 (ただし、券面上に途中下車が指定されている場合は、その駅に限り可能 となります。 なおなお途中下車する際は有人改札をお通り下さい。 片道小田急・片道JRはご利用いただけません。

次の

飲み放題付 ランチ特集 [一休.comレストラン]

宴会 飲み放題

「Thinkstock」より まず最初に、「 飲み放題の場合、客は平均で1人何杯くらい飲めるものなのか?」の分析から。 私が東京・新宿で14年間経営していたダイニングバー(20坪30席)での宴会飲み放題データでは、「平均1人当たり4. 5杯」になっています。 2時間飲み放題、滞在2. 5時間で、1杯あたりのボリュームは次のとおりです。 ・中生:420ccグラスで実質容量(泡除くと)350cc ・ グラスワイン:150cc ・地酒:150cc ・焼酎:ロックベース90cc ・カクテルやハイボール:スピリッツやウイスキーを45cc使用 ちゃんとした商品をちゃんとした容量で提供していましたので、これより少量で提供しているお店は、もうちょっと提供杯数は増えると思われます。 ちなみに、これらのドリンクに含まれるアルコールは、次の通りです。 14年間のデータでは、すべての宴会の飲み放題が、3. 5杯~5. 5杯の中でおさまりました。 個別に観察していると8杯以上飲む方が稀にいますが、例外なので目立っているだけで、平均値をとると4~5杯/人といったところに落ち着くことでしょう。 1杯当たりのコストはいくら? さらにもうひとつのデータとして、私は10年くらい前から毎月20~30人参加の「1人1本持込ワイン会」「1人1本持込日本酒会」を主催しています。 ワインや日本酒好きな方々が1人1本持ち寄ってのお酒の会ですから「お酒好き」が集まります。 そのような会で3時間飲んで、「ちょっとだけ」お酒は残ります。 1人1本持ち寄りですから、1人ボトル1本弱飲んでいることになります。 750ccのワインボトルの場合、150ccで割ると5杯分です。 それがちょっと残るということは、1人当たり平均すると4. 5~5杯くらい飲んでいることになります。 ちなみに一般的なお店で提供されるグラスワインのボリュームは、お店や銘柄やグラスによって変わりますが、90cc~150ccの間で提供されていることが多いと思われます。

次の

宴会コースのご案内

宴会 飲み放題

飲食店の宴会に欠かせないのが飲み放題です。 多くのお店では、宴会コースとのセット売りが大半です。 料理プランでは差別化できていても、飲み放題の内容はどのお店も似たようなものが多いでしょう。 今回は、飲み放題メニューでの差別化戦略を考えたいと思います。 1 ドリンクの原価把握 一番原価がかかるのがビールです。 樽の仕入れ値や洗浄回数にもよりますが、概ね1杯150円~200円というところです。 カクテル類で1杯100円前後、一般的な焼酎では1杯50円前後、日本酒では150円前後といった金額です。 原価が高いとイメージされる ワインもピンキリですが、安いもので1杯60円くらいから揃えることができます。 2 一人あたり平均注文杯数 私のご支援先での平均をとると一人あたり4.4杯(90分)という数字がでてきています。 女性グループでは、カクテルやサワーが中心となり、男性グループではビールとカクテル、サワー、焼酎がよくでています。 3 客層や業態でドリンクニーズは大きく変わる ビールを一切飲まず、ワインやカクテルばかり注文するグループ、ビールしか飲まないグループ、ビールと焼酎ばかり飲むグループ・・飲み放題の原価算出が一番難しいのがこのドリンクニーズの差があるからです。 4 飲み放題の原価の実際 ある3店舗(和風居酒屋、イタリアン)での1ヶ月平均の一人あたり飲み放題の原価 (炭酸、氷は原価に含めず) 和風居酒屋A 690円(一人あたり平均杯数 4.9杯 飲み放題種類 18種類) イタリアンB 590円(一人あたり平均杯数 4.4杯 飲み放題種類 30種類) イタリアンC 540円(一人あたり平均杯数 4.2杯 飲み放題種類 22種類) 3店ともに1500円の飲み放題プランですが、原価は500円~700円に収まる結果となりました。 33%~46%の原価率に収まっていることになります。 5 稼げる飲み放題メニューとは お客様の利用動機やニーズに合わせた、きめ細かい飲み放題サービスが支持を集めます。 これらも、宴会の幹事様へのアピールポイントになるはずです。

次の