関連 キーワード。 ブログキーワードの選定方法とキーワードプランナーの使い方

関連キーワードとサジェストキーワードとは?SEO対策での使い方

関連 キーワード

入力の手間も省けて便利な機能だよね! このキーワード候補は、どうやって決められているの? ムーさん サジェストキーワードで表示されるキーワード候補は、過去に検索したキーワードや、使用している端末・地域などによって違いがあります。 他のユーザーが検索している人気のキーワードや、最新のキーワードもキーワード候補として表示されますが、実際に検索ボリュームが多いものだけが表示されているわけではありません。 Googleは検索候補の仕組みを以下のように説明しています。 入力中のキーワード。 過去に行った関連する検索• 他のユーザーが検索しているキーワード(「人気の話題」 を含む)。 「人気の話題」はご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化します。 「人気の話題」とユーザーの検索履歴は関連していません。 サジェストキーワードは、ユーザーの需要が全て反映されているわけではありませんが、参考になるキーワードもたくさんあります。 サジェストキーワードで見つけたキーワードは、キーワードプランナーで検索ボリュームを確認して、実際に需要があるキーワードかどうか確認しましょう。 「ダイエット 産後 おすすめ」 「ヘアースタイル 30代 丸顔 セミロング」 「アメリカンショートヘア 里親 東京」 こんな感じで、複数のキーワードを組み合わせて、より具体的に知りたい情報を検索すると思います。 記事を書くときにも、取り入れる情報が幅広い単一キーワードよりも、的を絞った複合キーワードのほうが、 伝えることが明確になり、まとまりのある記事を書くことができるようになります。 また、広く浅い情報よりも、的を絞った具体的な情報のほうが、ユーザーにも支持されやすくなります。 単一キーワードで上位表示されるのは難しい 単一キーワードは検索需要は多くなりますが、当然ながら競合相手も多くなります。 キーワード数が増えると検索需要は減りますが、その分、競合相手は減っていきます。 関連キーワード・複合キーワード検索ツール ここからは、『キーワード』を決めるときに欠かせない、『関連キーワード』を取得できるツールをご紹介します。 ご紹介するツールは3つ• goodkeyword• 関連キーワード取得ツール• OMUSUBI 全て無料で使えますので、キーワード選定のさいには有効活用してください。 goodkeyword goodkeywordはGoogle・Bing・NAVER・Amazon・楽天市場・Yahoo! ショッピング・YouTubeなどの、サジェストキーワードが検索できます。 取得したキーワードの検索ボリュームもグラフ表示されます。 ざっくりではありますが検索需要を把握できるため、キーワード選定に役立ちます。 調べたキーワードを、まとめてコピーすることもがきます。 キーワードプランナーにコピーするときに便利です。 関連キーワードと検索ボリュームを簡単に確認することができるため、ブログ初心者さんにおすすめなツールです。

次の

Bingの関連キーワード・サジェストを削除する方法とは

関連 キーワード

無料体験が受けられるプログラミングスクール• 関連キーワード取得ツール利用のメリット 「関連キーワード取得ツールなんて使わなくても、 関連ワードなんて大体予想できるよね」 という方もいるとは思うんですが、 僕は使用をおすすめします。 なぜなら、検索ユーザーがどんな疑問を抱えているのかを、瞬時に把握でき、 記事内容の構成を考えやすくなるからです。 書き手側は読み手側の知らない事が分からなかったりするものですから、 「みんなが知りたい事ってこれね」という感じで、検索意図を理解してあげましょう。 さらに、seo対策で大切とされる網羅性、つまり様々な疑問に対し、その答えを1ページにまとめる作業がしやすくなります。 実際に検索されているサジェストワードを大量に取得し、ユーザーの検索意図を理解できるのだから、使わない手はないですよね。 あとは、 その疑問を一つ一つ解決してあげるだけです。 結果として、コンテンツ内容の充実に繋がります。 関連キーワード取得ツール一覧 ここからは 10の関連ワード取得ツールを紹介していきます。 それぞれのツールごとに、どんな感じに結果を取得できるのかを 画像を使って説明していきます。 サジェスト キーワード一括DL ツール 使いやすさ キーワード取得量 速さ 「キーワードを一括取得してエクセルファイルで保存したい」方におすすめです。 このツールのすごいところは、 サジェストキーワードの抽出量とそれを 一つのcsvにまとめてダウンロードできることです。 Googleのサジェストキーワードだけでなく、ヤフーサジェスト・ビングサジェスト・アマゾンサジェスト・ユーチューブサジェストも用意されているため、様々な方面から関連ワードを調査する事が可能です。 抽出できる量もかなり多く、 あいうえお順に並んでいるため、数の多さのわりには、 見やすくなっています。 また、出てきたキーワードをクリックすると、 そのワードのサジェストも表示されるので、より詳しく調査することが可能です。 Ubersuggest 使いやすさ キーワード取得量 速さ Ubersuggestは 関連キーワードに加えて、月間検索ボリューム、CPC、SEO難易度を一括表示してくれます。 キーワード一覧を エクセルファイルに出力したり、 クリップボードにコピーする事も可能です。 トップ10にランクインしているWEBページの分析までしてくれるので、競合を知る事にも利用できます。 まず、取得したい関連キーワードを入力して検索すると、以下のようにざっくりとした情報を表示してくれます。 月間検索ボリュームの推移をグラフ表示してくれます。 そして、 関連キーワードの候補を表示。 「キーワード候補を全てみる」をクリックすると、一覧表示されます。 正直、無料の関連キーワード取得ツールの中では最強じゃないかと思っています。 「余計な情報はいらないから、関連キーワードだけ取得してほしい」という人を除いて、全ての人におすすめするツールですね。 goodkeyword 使いやすさ キーワード取得量 速さ 「関連キーワードとその検索ボリュームをざっくりと知りたい」方におすすめです。 Google、Bing、Yahoo! 、NAVER、Amazon、楽天市場、Yahoo! ショッピング、Wikipedia、YouTubeの関連ワード、サジェストキーワードを取得することができます。 表示されたキーワードを一括でコピー可能なので、キーワードプランナーで検索ボリュームを調査する際に便利です。 また、 取得したキーワードの検索ボリュームをグラフで表示してくれます。 細かく調べたい時はキーワードプランナーを使ったほうがいいですが、「ざっくりと知りたい」って時もありますから、そんな時に役立ちます。

次の

関連キーワード・複合キーワード・サジェストキーワードは何が違うの?検索上位を目指すなら複合キーワードで記事を書こう

関連 キーワード

検索結果の上位表示争いが激化した結果、単にターゲットキーワードを詰め込んだだけのWebサイトは評価されなくなってきました。 現在の検索エンジンは「コンテンツ内容の深さ」を重視しているため、意味のないキーワードの羅列はスパムとして排除されかねません。 そこで注目したいのが「関連キーワード」の活用です。 ここでは、関連キーワードの基礎知識と重要性、適切なワードを探すツールについて紹介します。 こちらもオススメ• 関連キーワードとは? 関連キーワードは、「現在、検索しているキーワード」と関連性が高いとされるキーワードのことを指します。 例えば「東京都」をキーワードに検索した場合、「東京都 地図」、「東京都 23区」「東京都 市」「東京 面積」などが関連キーワードとして検出されます。 そのほかにも「都庁」「〇区」「人口」といった「一緒に検索されやすい語句」が関連キーワードとなります。 Yahoo! の場合は、画面の上下に「虫眼鏡のマーク」に続いて関連キーワードが表示されます。 そのほか、ブラウザや検索エンジンのオートコンプリートによる表示でも関連キーワードを確認することができます。 関連キーワードとなるのは、実際に検索される機会が多い(出現率の多い)ワードです。 ユーザが検索する際に絞り込みやすいように、文字入力を補完する役割も担っています。 SEOにも役立つ! 関連キーワードの仕組みと重要性 関連キーワードは、検索者が「キーワードと一緒に入力する頻度の高いワード」です。 ただし、GoogleとYahoo! では表示される仕組みが異なっているため、多少の違いが出てきます。 Googleの関連キーワードは、「Webページ上にある出現頻度の高いワード」を関連キーワードとして表示しているようです。 それに対してYahoo! の関連キーワードは、「一定の期間内に頻繁に使われているワード」を関連キーワードとして位置付けているようです。 Webサイトの評価を考えた場合、単純に「ターゲットキーワードの数」を増やすだけでSEO効果を上げることはできません。 むしろ、同じキーワードをしつこく配置しただけでは、スパム扱いされてしまうおそれがあります。 かつては、「ターゲットキーワード数の多さ」による有効性がある程度は認められていましたが、現在はキーワードだけを詰め込んでも評価されにくい時代になっています。 検索結果の上位に進出するためには、ユーザが求めている「質の高いコンテンツ」を制作することが重要となります。 ターゲットキーワードに関連するキーワードでコンテンツを構成していけば、ユーザが知りたい内容が豊富にそろったWebサイトであると判断されます。 つまり、「関連キーワード」を適切に活用することが、検索結果の上位進出につながるのです。 関連キーワードはどうやって調べる? では、ターゲットキーワードに関連するワードはどのように調べればよいのでしょうか? 関連キーワードを手軽に調べる方法としては、以下のようなものが挙げられます。 オートコンプリート機能を利用する• )を確認する• 専用ツールを利用する 実際にGoogleやYahoo! で検索して表示される関連キーワードを確認する方法もありますが、もっと効率よく有効性の高い関連キーワードを調べたいのであれば、専用ツールを利用するのがおすすめです。 よく知られているツールとしては、「関連キーワード取得ツール」や「Googleサジェストツール」のほか、Google AdWordsの利用者向けに提供されている「キーワードプランナー」などがあります。 関連キーワード検索ツールの紹介 参考までに、代表的な関連キーワード検索ツールをいくつか紹介しておきましょう。 気になった方は、関連キーワードを探すときに利用してみてください。 関連キーワード取得ツール(提供:株式会社シンクラフト) 「Googleサジェスト」、「教えて!goo」、「Yahoo! 知恵袋」をサポートしているツール。 キーワードが一覧表示され、一般ユーザがどのようなワードに興味を持っているかを、ひと目で確認できます。 KOUHO. JP(提供:アイスタイル株式会社) 「Amazonサジェスト」、「楽天サジェスト」、「Bingサジェスト」、「はてな連想語」、「Twitter共起語」をサポートしているツール。 ショッピングやSNSといった場面で、ユーザに密接したキーワードを確認できるため、今後のトレンド予測にも役立ちます。 販売のような業種によって使い分けられるのが便利です。 またGoogleトレンドの動向もあわせて見ることができます。 まとめ:効果の高い関連キーワードをちりばめてSEO強化につなげる ページビュー(PV)を増やすには、検索結果の上位表示を目指さなければなりません。 ターゲットキーワードにのみ頼る方法は、SEOの観点から見て「絶対」とはいえなくなっています。 現在の検索エンジンは「コンテンツの内容の優劣」を見極めて検索結果に反映させています。 ユーザが求めているコンテンツとして評価されるためには、関連キーワードを効果的に活用していく必要があります。 ターゲットキーワードを補完するワードの発見が、Webサイトの閲覧数を上昇させてくれるはずです。 こちらもオススメ•

次の