体調 に は くれぐれも。 「くれぐれも」は目上の人にも使える!正しい使い方と同義語との違い

体調が悪い人に言うのはNG「ご自愛ください」の正しい使い方

体調 に は くれぐれも

「ご自愛ください」とは「お体を大事にしてください」という意味です。 特に目上のひとに使うことが多いです。 「どうぞ」を付けることでよりお相手への敬意が高まります。 上司への気遣いで使いたい「どうぞご自愛くださいませ」の具体例• 1寒暖差の激しい季節になりましたが、どうぞご自愛くださいませ。 2残暑の厳しい季節ですが、どうぞご自愛くださいませ。 3ご多忙の折りでございますが、どうぞご自愛くださいませ。 よく用いられる「ご自愛ください」ですが、実はお相手が既に入院している場合は使うことはできません。 うっかり間違うと非常識なひとだと思われてしまいます。 既に入院している場合は、「くれぐれもお大事になさってください」がシンプルな表現かつ気遣いを感じることができます。 その理由は、仕事のプレッシャーをお相手に与えることのない優しい言い回しだからです。 いくら仕事が忙しいからと言って、プレッシャーを与えてしまうような言い方ではパワハラ先輩として敬遠されてしまいます。 部下への気遣いで使いたい「気にせずゆっくり休んでください」の具体例• 1今は体調を治すことに専念して、気にせずゆっくり休んでください。 2仕事のことは気にせずゆっくり休んでください。 3ここは私に任せて、気にせずゆっくり休んでください。 普段仕事で厳しい先輩であっても、体調を気遣い優しく自然な言葉選びができる先輩だと、部下としてはメンタル的にとても楽になるものです。 体調不良の部下への適切な気遣いにより先輩としての株も上がり、部下育成のひとつとしても役立つことになります。 今後の仕事の流れもいい方向に行くきっかけともなります。 その理由は、同僚だからこそできるフォローがあるからです。 同僚というのは、学生時代の友達とは異なった意味合いを持つものです。 仕事上のライバルでもあり、協力者でもあるので同じ立場として気遣うことが大事です。 同僚への気遣いで使いたい「私にできることがあれば言ってください」の具体例• 1仕事大変そうだし、私にできることがあれば言ってください。 2この前助けてもらったし、私にできることがあれば言ってください。 例えば、仕事上ライバルだったとしても体調が悪いときは助けることができます。 助けられた方は「恩に着る」と思い、今後お互い競争することがあっても正々堂々と向かい合うことができます。 友達とは違う関係性だからこそできる優しさでもあります。 お互いの成長を確認し合える素敵な同僚を築いていくべきです。 いくら仲が良い取引先でもビジネス関係であることは忘れてはいけません。 さらに「くれぐれも」を付けることで最上級の気遣いとなります。 特に取引先とは会社を代表しての関係とも言えます。 言葉選びには注意が必要です。 取引先への気遣いで使いたい「くれぐれもお大事になさってください」の具体例• 1体調を崩されたと伺いました。 くれぐれもお大事になさってください。 2急ぎではありませんので、快復なさいましたらご連絡ください。 くれぐれもお大事になさってください。 同時に取引先へは、普段お世話になっていることを具体的に示すことも大事です。 例えば、「日頃から迅速な対応に感謝しております」などです。 そして1日も早い快復を願う旨をプラスすることで、今後の関係性も大事にしていることが伝わります。 決して、体調回復を急かすような言い回しだけはしてはいけません。 意味としては上司に対して気遣いで使いたい「どうぞご自愛くださいませ」と同じです。 ただ、親類との距離関係にもよりますが、上司に対してより少し砕けた言い回し方が言いやすさが増します。 長年会っていない親類へは、この「お体に気をつけて」の意味をもつ言葉で十分です。 対して、例えば住んでいる場所も近く比較的会っている親類には心配していることを伝えた上で、お見舞いを兼ねて会いにいきたい旨も伝えてみると良いです。 親類とのそれまでの距離感を保つことを意識することが、大事なポイントです。 普段仲が良く、件名などわざわざ付けない間柄でも体調を気遣うときは件名は付けるべきです。 その理由は、普段と違う思いがあることを伝えるためです。 心配していることをお相手に伝えることが大事です。 友達への気遣いで使いたい件名の具体例• 1「調子はいかがですか」• 2「体は大丈夫ですか」 友達に気遣いの気持ちを伝えたいときは、敢えて丁寧な言葉を使うのも良いです。 普段通りの砕けたものの言い方でも心配している気持ちは伝わるけれど、丁寧な言葉を使うことでより真剣さも増します。 改まった件名があるメールを受け取るお相手も、体調不良の心配してくれている内容だとすぐ分かることも良いです。 ケガや体調不良の具合にもよりますが、事実を伝えることで何があったのかをメールで説明しないといけないお相手の負担を軽減することができます。 友達への気遣いで使いたい「知っている事実」を伝える具体例• 1「入院したらしいね。 経過はどうですか」• 2「体調不良らしいね。 大丈夫ですか」 ここで注意したいのは、仮にお相手の病状など詳しく知っていたとしても深くは追及しないことです。 なぜなら体調不良やケガの具合はあくまでデリケートな問題だからです。 苦しい思いをしているのはお相手だからこそ控えるべきです。 その後の経過をいい方向に向かっていると仮定して言葉を選ぶとより効果的です。 快復とは病気などが治る直接な意味合いを持ちます。 同義語で回復は、体調回復などもとの体調に戻るという意味合いで使われます。 どちらでも心配する気持ちに変わりはないのですが、快復の方が治るという思いが強く感じます。 友達への気遣いで使いたい励ます具体例• 1「早く元気になってね」• 2「元気になったら快気祝いをしましょう」• 3「また会えるのを楽しみにしてるね」 具体例を見ての通り、励ますと言っても友達関係なのでフランクな表現でも失礼はありません。 むしろ、励ます時ほどいつも通りの関係性で伝えた方がお相手も嬉しいはずです。 特に、「早く元気になって会いたい」と少し急かすぐらいの方が嬉しい気持ちにもなります。 気遣いを受けた側は、仲のいい友達ほど返事を返さないと、と焦らせてしまうことが多いです。 しかし、体調不良で辛い思いをしているお相手にはゆっくりしてほしいものです。 メールなどすぐに返信ができる状況でも返信は不要と伝えましょう。 友達への気遣いで使いたい返信は不要の具体例• 1調子悪いときにごめんね。 返信は不要です。 2また元気になったら、メールくださいね。 ここで注意したいのは、返事が不要であることを恩着せがましく伝えないこと。 例えば、「しんどいだろうから、今は返信いいよ」など、一見お相手を気遣っているようでも受けた側は返信しないと、と無言の圧力がかかることも多々あります。 しかし返信が来る場合もあります。 その場合は、こちらもすぐ返信しておきましょう。 「お大事に」とは早く体調が良くなることを願う気持ちになります。 丁寧に表現すると「お体を大切になさってください」ですが、友達への伝え方ですと「お大事に」と簡単な言い回しで大丈夫です。 「ね」を付けることで距離感も近づきます。 友達への気遣いで使いたい労わる具体例• 1「あんまり無理しないようにね」• 2「ゆっくり休んでね」 とっさに出てしまう「気を付けてね」もどんな状況でも当てはまるため、言いやすい言葉でもあります。 どれも友達に早く体調を回復してほしいという願いが込められているので、心配度は高く伝わります。 お付き合いしている者同士、少なからずお互いの行動なども把握できているはずです。 仕事や学業に頑張っている姿も知っていることから、「無理したのかな」と心配されると嬉しいものですね。 彼氏・彼女への気遣いで使いたい「あまり無理しないで」似た具体例• 1「最近忙しかったから、頑張りすぎないようにね」• 2「心配だから、あまり無理しすぎないでね」 「あまり無理しないでね」とは「頑張って」の言い換えとも言えます。 難しいところではありますが注意したいのは、頑張っていることを否定するように言わないことです。 頑張っていることを認めた上で、「無理しすぎないでね」と、優しく伝えることが大事です。 「頑張って」と言い過ぎる人へは、ちょうどいい言い方ですね。 体調を気遣いつつ、助けたいという気持ちが伝わる言い方です。 お付き合いが長い関係なら、もっと具体的に聞くのもお勧めです。 彼氏・彼女への気遣いで使いたい「できること」具体例• 1「よかったら風邪薬持っていこうか」• 2「おなかすいてないかな。 なにかいるかな」 このように、体調が悪いときに何をしてほしいか具体的に聞くとお相手も答えやすいです。 ただ、まだ付き合いが浅い関係だと「してほしいこと」を聞くだけに留まることをお勧めします。 お相手から要望があれば、答えてあげれば良いです。 あんまりこちらから一方的に聞きすぎると、逆効果になるので注意が必要です。 これも、お付き合いが長めの関係が言いやすいです。 まだ付き合いが浅いうちに言い出すには勇気が必要です。 しかし、絆を深めたいひとにはひとつの手段として挑戦してみるのもお勧めです。 彼氏・彼女への気遣いで使いたい「よかったらお見舞いに行こうか」具体例• 1「すごく心配だから、お見舞いに行ってもいいかな」• 2「迷惑じゃなければ、お見舞いいこうか」 お見舞いに行きたい気持ちを伝えることも、彼氏・彼女への気遣いとも言えます。 ただ、お相手が本当につらい状態だと今は会いたくないと思うこともあるかもしれません。 そんな時は、無理強いしないことが鉄則です。 ひつこく言うことで「重い存在」になってしまうことは絶対に避けたいことです。 会っていないときでもお互い頑張っていることを認め合うのはとても大事なことです。 体調不良のときこそ、認められていると感じることで「頑張ろう」と前向きに思うことができます。 彼氏・彼女への気遣いで使いたい「いつも頑張っているからだね」似た具体例• 1「毎日、本当にお疲れさま。 疲れてないかな」• 2「いつも遅くまで大変だね。 えらいね」 特に男性は、彼女に毎日の頑張り具合を認めてほしい、わかってほしいと強く願っています。 癒しを求めているのがよくわかりますね。 頑張っている女性も同じく感じていますが、男性の方が言葉に対して敏感で気持ちが落ち着く生き物でもあります。 思いやりを持って伝えることで、より効果的です。 体調不良だったり、仕事で忙しくて疲れていたりと現代人は多忙です。 そんな時、前向きな言葉で励まされると誰しも嬉しく感じます。 「元気になったら」という、プラス表現で今を頑張ろうとやる気も出ます。 彼氏・彼女への気遣いで使いたい「前向きな言葉」似た具体例• 1「もうちょっとでお休みだね」• 2「お休みはゆっくり過ごそうね」 「どこか遊びにいこう」と前向きに誘うのも嬉しいものですが、疲れている体を一緒に休めようと気遣ってくれるのもまた嬉しいことです。 自分のことを心配してくれているのが伝わることが、何よりも大事なことです。 体調を気遣う言葉・メールのポイント・注意点は? 体調を気遣うメールのポイント【お相手に丁寧な言葉を使う】 体調を気遣うメールのポイントとしては、お相手に丁寧な言葉を使うことです。 ビジネスシーンではごく当たり前のことですが、丁寧な言葉で気遣われると心配している気持ちも伝わりやすくなり好意的な印象となります。 関連記事として、敬語からタメ口のコツを紹介しております。 ぜひ参考になさってください。 体調を気遣う言葉の注意点【心配するあまり内情に踏み込みすぎない】 体調を気遣う言葉の注意点としては、心配するあまり内情に踏み込みすぎないことです。 内情を知っていた方が、より親切にできると勘違いしてしまうので注意が必要です。 本来、気遣いというのはある程度の距離を保ちながらするものです。 特にビジネスシーンではさらに1歩置く方が無難です。 体調を気遣うメールの注意点【お相手に返信を求めない】 体調を気遣うメールの注意点は、お相手に返信を求めないことです。 これは、ビジネスシーンでも私生活でも当てはまることです。 そして、返信を求めない旨もきちんと伝えることが大事です。 例えば、「ご返信は不要です。 どうぞお体に気を付けてくださいませ」だと丁寧な印象で返信は不要と伝えることができます。 知ってすぐ送るのも良いですが、送る時間帯など考慮する必要もあります。 早朝や深夜は避けるべきです。 心配のあまり言葉がおろそかになってもいけません。 まずいつから体調不良なのか、いつから入院したのか、ビジネスシーンだと出社状況の確認をする必要があります。 例えば、そこから1日経ったから落ち着いているかなと予想することも気遣いへと繋がります。 体調を気遣う言葉「お体に気を付けて」を相手によって変えよう 私生活でもビジネスシーンでも使えるお相手を気遣う言葉や文章をご紹介しました。 言われて嬉しいことを基準にするともっと分かりやすいですね。 ビジネスシーンでは、言葉選びも大変ですが上記のことを覚えていけば恥をかかずに済みます。 気遣う言葉を使って、より良い人間関係を築きましょう。

次の

体調を気遣う言葉20選|メール・ビジネスシーンでの文章や体調不良の返信も

体調 に は くれぐれも

敬語・マナー 2019. 21 体調を気遣うメールの例文18選!取引先や上司からのメールに対する適切な返信も 体調を気遣うメールを送るシーンはビジネスにおいて少なくないものです。 そういった相手に心が込められたメールを送ることで、その後の相手との関係性が変わってくることも少なくありません。 ここでは相手を心配するメールの例文を注意点を分かりやすく紹介します。 「寒さ厳しい季節で雪もちらつきますが、健康に気をつけてお過ごしください。 」といった形で使うことが可能です。 「軽傷とはいえ医者から完治が告げられるまでしっかり休んでください。 くれぐれもお大事になさってください。 」といった形で使うことができます。 相手が健康ではないことが分かっている時に気遣いを伝えるフレーズとなります。 「またお会いできるのを心待ちにしております。 夏の暑さが厳しい季節とはなりますが、くれぐれもご自愛ください。 」といった形で使います。 健康であることが分かっている人に、健康に気をつけて過ごして欲しい時に使うフレーズです。 「最近お会いすることもめっきり少なくなりましたがお変わりありませんか。 」といった形で使います。 相手を気遣い、相手の様子を知りたいという気持ちが強い時に使うフレーズです。 「最近笑顔が少ないですが、大丈夫ですか。 私でできることなら何でもしますので言ってくださいね。 」といった形で、先輩の細かな変化を気にしつつメールを送ると、先輩にとってすごく嬉しい気遣いのメールになります。 気を遣う先輩に対しては「先月の目標達成、おめでとうございます。 私も先輩を見習って目標を達成したいと思っています。 体調はお変わりありませんか。 また色々と教えてください。 」といった形で、相手を褒めつつメールします。 親しい上司に対して体調を気遣うメールを送る場合には「最近お忙しそうですが、しっかり休まれてますか。 休む時はしっかり休んでご無理はなさらないでくださいね。 」といった形になります。 仲のいい上司であれば、例文くらいの敬語表現でメールを作成した方が気持ちが通じやすくなります。 堅苦しくなり過ぎないのがポイントです。 普段あまり接しない上司に対しては「ご活躍は日頃からお伺いしております。 ご多忙かと存じますがくれぐれもご自愛ください。 」といった形になります。 ビジネスでは基本的に上司に対してこのくらいの表現を使うのが理想です。 相手が親しい取引先の人の場合には「最近お会いすることも少なくなりましたがお元気でしょうか」といった形で送ります。 相手が健康であろう場合には「お元気でしょうか」でもいいのですが、もしも相手に健康上の不安があるような状況では「だいぶ肌寒い時期になりましたが、お変わりないでしょうか。 」などといった形で、相手が元気でない場合に回答しやすいような配慮をし、メールを送るようにします。 疎遠になっている取引先の人に送る場合には「お久しぶりです。 日々春を感じる今日この頃ではございますが、いかがお過ごしでしょうか。 」といった形でメールを送ります。 会社の代表として取引先にメールする場合には「拝啓」からスタートし「桜が綺麗な季節となりましたがいかがお過ごしでしょうか」といった形で、できる限りフォーマルな形式で送るようにします。 遅刻してきた場合には「くれぐれも無理はしないでください。 お手伝いできることがあれば言ってください。 」といった形になります。 上司であればより丁寧な言い回しを使うことになりますが、基本はこのような文章になります。 また、早退する場合には「くれぐれもお大事になさってください。 仕事のことは心配しないでゆっくり休んでください。 」といった言い回しがベースになります。 何か言いたいことがあるとしても、後日に伝える気遣いも必要です。 こういう時に気遣いのない会社は、退職率や従業員満足度が低くなる傾向にあります。 休みが長くなっている場合には「体調はお変わりないでしょうか。 お会いできない日が続いているので心配しています。 」といった形になります。 こういった送り方をすると、相手も現状を報告しやすくなります。 入院している場合には「調子はいかがでしょうか。 病院での生活は窮屈かもしれませんが、今は回復に専念なさってください。 一日も早くお会いできるのを楽しみしております。 お大事になさってください。 」といった形になります。 入院している場合には基本的に文章の締めは「お大事になさってください」という言い回しにします。 回復しているのが見て取れるような状況であっても休み中にはこのフレーズで締めるのが基本です。 具合が悪いと言っていなくても体調の悪さが見て取れるような相手には「最近顔色が優れないようですがくれぐれもご無理はなさらないでください。 健康第一です。 私に何かできることがあればお申し付けください。 」といった形になります。 体調が悪い相手には「ご無理をなさらないでください」という形で声をかけると、相手に気持ちが伝わるメールになります。 ビジネスでは「ご無理をなさらないでください」という言い回しを覚えておきましょう。 風邪等の軽症ですぐに復帰できる場合の返信は「お気遣いありがとうございます。 明日には会社に復帰できるかと思います。 ご迷惑をかけた分しっかり頑張ります。 」といった形で返すと相手の印象が良くなります。 相手に対して体調がいつ回復しそうなのかその目処を伝え、さらに回復後の意気込みも伝えることで、良い返信メールになります。 ただし風邪とはいってもインフルエンザ等の感染症で長く休む場合には謝罪の意思が強く、体調によっては家でできることはします、といった内容のメールを送ると相手への気遣いが伝わります。 手術を伴うような、相手から健康状態を心配されるような状況では「お気遣いいただきありがとうございます。 1ヶ月程入院は必要ですが、しっかり復帰できるように治療に専念したいと思います。 」といった形で送ります。 重症で健康状態に不安がある中で「何かできることがあればおっしゃってください」などと送ると相手に気を遣わせることになりますので、このくらいに留めて返信し、返信の通り治療に専念するのがベストです。 このような状況では、相手の配慮に甘えてしっかり治療に専念し、返信もそのような状況に感謝したものにしましょう。 お変わりありませんかと聞かれた時は、自分が健康なのかそうでないのかで返事が変わってきます。 健康な場合には「はい、元気でやっております。 」などと笑顔で答えつつ「〇〇様もお変わりはないですか」と聞き返しましょう。 また、健康状態に不安がある状況ならば「最近ぎっくり腰をやってしまいまして、腰に気をつけて生活しています。 」といった形でダイレクトに近況を伝えたり「何とかやってます」といった形で、元気ではないけれども体調が悪いこともダイレクトに言わない返信が好まれます。 状況や相手に合わせて返信するようにしましょう。 体調を気遣うメールはせっかく心が込められた内容であっても、敬語の使い方が間違っているとそのメールが伝える相手をいたわる気持ちが半減してしまいます。 そのため、ビジネスマナーに沿った敬語について日々勉強が必要です。 体調を気遣うメールをはじめとして、ビジネスで間違った敬語でメールを送ってしまうと、メールに込められた気持ちが伝わらないだけでなく、ビジネスの素養まで疑われてしまうこともあります。 そうならないためにも敬語を勉強しつつ、メールを送る際には間違った敬語を使わないようにチェックして送るようにしましょう。 ちなみに下記の関連記事は、相手をいたわる際に使う敬語表現についてまとめたおすすめの記事です。 ここで紹介した内容に加えて、下記記事で紹介されている敬語の注意点をしっかり押さえておくことで、相手をいたわる際にビジネスマナーに沿った敬語を使えるようになりますので、是非参考にしてください。 「お大事に」「ご自愛ください」などといった短いフレーズと最低限の挨拶だけで終わらせてしまうようなメールは、いかにも社交辞令で送っているというニュアンスのメールになってしまうケースが少なくありません。 そのため体調を気遣うメールを送る際には、相手に合わせて早く治って欲しいという気持ちや、相手に健康であって欲しいという気持ちがしっかり込められた文章を送る必要があります。 仲がいいと冗談で「入院してた方が休めていいんじゃないですか」などと送ってしまうこともあるかもしれませんが、これはビジネスでは止めた方が賢明です。 何故なら当人同士が良くてもそれを見た周囲が怒る可能性もあるからです。 体調を気遣うメールの表現をマスターしてビジネスを有利に進めよう! 体調を気遣うメールはビジネスだから送るのではなく、1人の人間として、1人の友人として相手を心から心配する気持ちを込めて送るものです。 まずは相手に対して気持ちを伝えることを重視しつつ、ビジネスにふさわしい表現を使えば相手をいたわる気持ちは必ず伝わります。 良いコミュニケーションが取れる人は良いビジネスチャンスに恵まれます。 ここで紹介した体調を気遣うメールの注意点や例文があなたのビジネスのお役に立てば嬉しいです!.

次の

「くれぐれも」とは?目上に人に使うと失礼?意味や漢字・類語・英語表現・「ご自愛」や「よろしく」を使った例文も紹介

体調 に は くれぐれも

仕事をする上で当たり前のようにビジネスマナーはきちんとしておきたいものです。 目上の方には特に失礼のないよう正しい敬語や心遣いが出来るようにしておくべきです。 「くれぐれもご自愛ください」の言葉の意味は冒頭で説明した通り相手方の健康を願う意味を持った言葉です。 忙しい上司や先輩へ心遣い、大切なお客様など、目上の方へ失礼のないように伝えることがベストです。 「くれぐれもご自愛ください」の言葉を使うタイミングですが、体調が崩れやすい季節の変わり目や、忙しく休む暇もない姿を知ったときなどとなります。 またすでに体調を崩して病気をしている状態のときに「くれぐれもご自愛ください」という言葉は適してはいません。 くれぐれもご自愛くださいの使い方|注意点1 「くれぐれもご自愛ください」という言葉の使い方でよくある間違いがあります。 1療養中の方へ伝える。 2「お体ご自愛ください」と伝える。 この二点は言葉の意味として伝え方として間違った日本語です。 しかし「ご自愛」の意味は「体調を崩さないように」という意味をもっています。 それゆえ、すでに体の調子を崩している人に伝える言葉としては、間違った使い方となるのです。 療養中の方への言葉は「お大事にされてください。 」や「一日も早い回復を願っています。 」という言葉に変え、元気や健康を願うお見舞いの言葉を伝えることができるようにしておきましょう。 くれぐれもご自愛くださいの使い方|注意点2 「くれぐれもご自愛ください」と伝えるシーンは体調を崩しやすい時期やその人の多忙な姿を見受けた時などです。 「お忙しそうですが、お休みの日などありますか?くれぐれもご自愛ください。 」と「~くれぐれもご自愛ください」と前置きを置いて伝えるようにするといいでしょう。 冬~春にかけての「くれぐれもご自愛ください」の伝え方は「最近、気温差が激しいですね。 くれぐれもご自愛ください。 」「寒かったり暖かかったりしますね。 くれぐれもご自愛ください。 」「春になってくると花粉が辛いですよね。 くれぐれもご自愛ください。 」など花粉症の方へも気をつけてくださいねという意味で使うこともできます。 また夏~秋、冬にかけての「くれぐれもご自愛ください。 」の伝え方ですが、「寒くなってくるので、くれぐれもご自愛ください。 」とその季節の体調を崩しやすい時期にあった言葉を選んで、言葉の最後の締めくくりに使えるようにしましょう。 「くれぐれもご自愛くださいね」の使い方 「くれぐれもご自愛ください。 」と目上の人に使うと失礼に当たるのではないかと、不安に思う人もいるようですが問題ありません。 目上の人に関わらず「くれぐれもご自愛ください。 」と言葉をかけることは老若男女問わず使用していい言葉です。 しかし、相手方との距離感や互いの立場、そしてその時のシーンなどに合わせ使えるように気をつけておかなければなりません。 あまり多様してみたり、挨拶代わりのように使用してしまうと胡散臭く感じられてしまう場合もあるので注意が必要です。 また「くれぐれも」と言葉をそえている場合は特に「自愛」を強調している表現にあります。 季節や時期もですが、相手の環境や状況などをきちんと見て使うようにしましょう。 年賀状は新年初めの大切な挨拶状です。 きちんとした言葉で気持ちを伝えたいものです。 「くれぐれもご自愛ください。 」と伝えるにふさわしい挨拶状でもあります。 いくつか例文を紹介していきます。 昨年は大変お世話になりました。 今年も宜しくお願い致します。 寒い日が続いてまいりますので、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 昨年はお世話になりました。 今年度も宜しくお願い致します。 ご家族の皆様とのご多幸をお祈りいたしております。 まだまだ寒さの厳しい季節です。 くれぐれもご自愛されてくださいね。 」 と、新年の挨拶の後に「くれぐれもご自愛ください」と言葉を添える形で使うといいでしょう。 くれぐれもご自愛ください|先輩への年賀状の使い方 職場の先輩への年賀状での「くれぐれもご自愛ください」の使い方を紹介します。 身近な存在にあったとしても、親しき仲でこそきちんと挨拶状などでの言葉を送ることができると、信頼度も増していきます。 「謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年は格別のご厚情いただき心より感謝しております。 本年度もご指導ご助言のほどよろしくお願い申し上げます。 寒い日が続きます。 くれぐれもご自愛ください。 」 「新年。 明けましておめでとうございます。 昨年はご多忙にも関わらずご厚情いただき感謝しております。 本年もご助言いただくことがあると思いますがご指導のほどよろしくお願いいたします。 まだまだ寒さが厳しい日が続いております。 くれぐれもご自愛ください。 」 くれぐれもご自愛ください|ご無沙汰している方 あまり顔を合わせることのできない仕事上での目上の上司や、お客様への「くれぐれもご自愛ください」の年賀状での使い方を紹介します。 顔を合わせることが少なくなってしまいながら、お世話になっている目上の方には失礼のないように、年賀状を送れるようしておきましょう。 書き方としては、まずは「ご無沙汰」していることの「挨拶」を忘れないようにすることです。 そして「くれぐれもご自愛ください」と健康を気遣っている言葉を伝えるように書いていきましょう。 「明けましておめでとうございます。 ご無沙汰しておりますがお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。 厳寒の折、風邪など召されませんようくれぐれもご自愛ください。 」 「謹賀新年。 ずいぶんお会いすることができずにおりますが、お元気でいらっしゃいますでしょうか?ご多用と存じますのでくれぐれもご自愛くださいませ。 」と労いの言葉を入れてもいいでしょう。 七月に入ると梅雨明けの報道が各地ではじまり、夏が本格的に始まります。 また暑中お見舞いを送りはじめる月となります。 忙しいサラリーマンにとって外回りは炎天下の中厳しい時期ともなってきます。 「暑中お見舞い申し上げます。 夏空が眩しく感じられるころとなりました。 猛暑の折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」「暑さも本格的となりビールが美味しい季節になりました。 炎暑しのぎがたい時でもありますので、くれぐれもご自愛くださいませ。 」 続いて八月の例文の紹介です。 残暑見舞いを送る月です。 送る時期としては立秋を過ぎた頃となります。 8月7日頃ですが、毎年日にちが変わるので注意してください。 「残暑お見舞い申し上げます。 クーラーが大活躍する今日この頃。 いかがお過ごしでしょうか。 夏バテなどなさいませぬようくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」 くれぐれもご自愛ください|秋の暦編 11月になると冬に向けての寒さも増し、さまざまな感染症も流行りだします。 また12月は師走となり年末に向けビジネスマンはもちろんのこと、人々それぞれが慌ただしい月でもあります。 仕事の忙しさも増し、忘年会や新年に向けての業務に大忙し、「くれぐれもご自愛ください」と伝えたいときです。 まずは11月の例文の紹介です。 「朝夕と冷え込みが際立ち寒さへ向かう季節がやってまいりました。 近づく冬を元気に過ごすことができますよう、くれぐれもご自愛ください」「 寒さに向かう折柄風邪など召されておりませんでしょうか?一層の冷え込みへと向かう季節です。 くれぐれもご自愛くださいね。 」 続いて12月の例文です。 「師も走り回るほどの忙しいとき。 いかがお過ごしでしょうか。 ご多忙とは存じますがくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」「師走を向かえ気ぜわしい日々かと存じます。 くれぐれもご自愛くださいませ。

次の