ポケモンgo 研究用。 GOバトルリーグ用ポケモン厳選、ズルズキンブレークポイント編

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第1弾

ポケモンgo 研究用

まずは、ラッキーからハピナスへ進化完了。 PL40までの強化は膨大な「ほしのすな」と「ポケモンのアメ」を消費するため、 キラポケの砂消費半額は助かる。 ボーマンダ(FFF)MAX強化(PL40) 続いて、コミュニティ・デイで、特別なわざ げきりんを覚えたボーマンダをMAX強化する。 また、悩ましい点に技のレガシー化があり、 進化させた方が正解なのか、特別なわざを待ってから進化させた方が正解なのか、 文字通り、丁か半かの、進化 博打 ばくち状態となっている。 ラムパルド(FFF)MAX強化(PL40) アドベンチャーウィークが始まり、それまで激レア 且 かつ、 強ポケだったトリデプス (スーパーリーグのトップメタ)や、ラムパルド (岩タイプ最強アタッカー)が、 高難易度フィールドリサーチとはいえ、一気にバラまかれる事態となった。 ズガイドスは、 岩タイプ最強アタッカーであるラムパルドに進化する。 せっかくなので、早速、進化、及びMAX強化したいと思う。 しかし、CP3000を超えたところで、「ズガイドスのアメ」が尽きてしまった。 MAX強化までは、アメが88個ほど足りない。 とはいえ、アドベンチャーウィーク期間中なら、アメ確保は容易いため、 フィールドリサーチをコツコツこなせば、アメは自然と集まるだろう。 「ズガイドスのアメ」を求め、コツコツとフィールドリサーチをこなしていたが、 ご覧の通り、アドベンチャーウィーク中に、東京は梅雨入り。 小雨程度なら決行する予定だったが、 次第に雨は強くなり、アメ集めどころではなくなって、そのまま続行不可能に。 悪天候下でアメ集めに無茶をするのは、身の危険や社会への迷惑になりかねない。 こんな時は、大人しく中華振り子で残りのアメを稼ぐしかない。 相棒ポケモンを、ミノムッチからラムパルドに変更し、振り子スタート。 「ズガイドスのアメ」ノルマ達成&MAX強化完了。 これで、カイリューやボーマンダ、レックウザなどの ドラゴン& ひこう 勢 ぜいを最速処理できる。 このマンムーはコミュデイ限定の特別なわざ げんしのちからを覚えているため、 こおりアタッカーとして使うには、 サードアタックの解放も要する。 サードアタック解放後は、わざマシンで じならしを ゆきなだれに変更し、完了。 ディアルガ(FFE)MAX強化(PL40) 本日ラストは、ディアルガのMAX強化。 耐性が優れているため、幅広くオールマイティーに使えるポケモン。 どうせ、色違い商法で、いずれ色違いディアルガが登場する。 強化用のアメの不足分は、ふしぎなアメをぶち込む。 伝説ポケモンは、相棒で稼ぐのは非効率なため、不足分は、ふしぎなアメ一択である。 ディアルガのMAX強化完了。 ドサイドン(FFE)MAX強化(PL40) サイホーンが比較的、雑魚ポケモンの部類で、アメ集めや厳選がしやすいが、 ドサイドンまで育てると非常に種族値が高くなり、技構成も優秀なため、 ジムやレイドのアタッカーとして使える。 いわ統一にしても、 じめん統一にしても、 強力なライバル【 いわ統一 (バンギラスやラムパルド)、 じめん統一 (グラードン)】が既に存在するため、若干、劣化版感は否めないが、 ライバルに比べるとレア度が下がるため、厳選や育成コストで差別化できる。 二重弱点持ちのため、対策されると脆いが、ジム置き要員としても使える。 ファイヤーには つばさでうつが追加され、特別なわざである ゴッドバード持ちのファイヤーであれば、 飛行統一が可能となった。 これにより、 ほのお統一でも、 ひこう統一でも、トップクラスのアタッカーとなった。 ゴッドバード持ちのファイヤーをBOX内から掘り出し、「ふしぎなアメ」を投入してMAX強化。 更に「ふしぎなアメ」を投下し、サードアタック解放。 カイリキー(FFF)MAX強化(PL40) カイリキーは、優秀なジムアタッカーのため、何体作っても困らない。 筆者も、MAX強化カイリキーを、既に十分な数、作成済みであったが、 強化系のフィールドリサーチを拾った時は、とりあえずカイリキーを強化してタスクを処理していた。 今回、MAX強化に至ったため報告。 伝説系はサードアタックの解放コストが高額のため、ライトユーザーなどが使うには、少し敷居が高くなってしまうのが難点。 PL40まで強化する必要があるため、マリルリなどと同様、スーパーリーグ用としては、育成コストが高め。 マッスグマは、 シャドークローの強化と、多彩なゲージ技で、スーパーリーグ界では、ダークホース的な位置づけにいる。 わざの解放コストは、メルメタルとは打って変わって「ほしのすな:10,000」という格安で解放できる。 ただし、最大CPは低いため、スーパーリーグ用に育てる場合、PL40まで強化する必要がある。 個体値によって前後はあるが、最大CPが低いため、ほぼMAX強化が必要となる。 技解放も合わせ、この時点では、まだまだアメが貴重なため、量産の難しいポケモンだった。 とはいえ、幻のポケモンのため、育成コストは高め。 また、トレードも禁止されているため、厳選難易度も高く、ある程度の妥協は必要。 と、いうのも、タマゴ孵化やレイド産の個体は、PL20固定 (天候ブースト時はPL25)のため、 その時点で、トゲキッスまで進化させると自動的にCP1500を超えてしまう。 CP1500以下に抑えるには、野生湧きしたPL17以下のトゲチックを入手する他ないのだが、 トゲチックは野生湧き超激レア種で、当然、ポケモンの巣も存在しない。 絶望的だと思われたスーパーリーグでのトゲチック使用だが、 ナイアン (Niantic, Inc. )からの 計 はからいなのか、 横浜イベント(2019)でトゲチックが (サプライズで)定期湧き対象となり、 厳選が可能となった。 メタグロスが攻撃型なのに対し、ドータクンは防御型のため、スーパーリーグに最適。 じならしはあまり性能がよくないが、 じめん技は使い勝手がよい。 はがねとしても使いたい場合は、 じならしを切って ラスターカノン。 5) 環境が移り変わっても、結局マリルリに回帰する。 スーパーリーグ界の覇者、マリルリ。 スーパーリーグを掌握するためには、マリルリ厳選を避けては通れない。 良い個体を拾ったら、スタメンを刷新して行く。 マリルリをスーパーリーグで使うためには、 ほぼMAX強化が必要なため、量産する場合、砂の出費が手痛い。

次の

【ポケモンGO】ポケモン育成(MAX強化)定例報告【プレイ日誌】

ポケモンgo 研究用

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もポケモン交換をしているかな? お兄さんはスーパーリーグで使うポケモン用に「 下げフレ」と友達になったところだよ。 冷静に考えても我ながらすさまじいエネルギーだよね!! 年が明けたら42歳になります! それはさておき、そのはみんな読んでくれただろうか? これまで2回に渡り10種類のポケモンをご紹介してきたが、今回はその第3弾! 『 スーパーリーグ用に育てたいポケモン11~15篇』をお届けするぞ。 自らトレーナーバトル用のグラフを作成し、昼夜PVPの研究に励むAさん。 最近では「1日300匹ペースで捕まえてます(笑)」と話していたが、お兄さんは怖くて全く笑えなかったことはここだけの話にしておいて欲しい。 それはどうでもいいとして、今回Aさんが紹介してくれた5匹は、スーパーリーグ用に育てたい「 みずタイプ対策ポケモン」となっている。 これまで何度か触れてきたが、いまスーパーリーグはみずタイプの全盛期。 マリルリ・カメックス・ラグラージ……などなど、みずタイプが猛威を振るっている。 鬼いわく「誰と戦っても3体のうち1体はみずタイプが入っていますね」とのことだから、 みずタイプ対策なくして勝利は掴めない。 今回ご紹介する5体は、そのみずタイプを蹴散らせるポケモンたちだから、ぜひ何種類かは育てておきたいところだ。 では、以下をご覧あれ。 トロピウス 「地域限定のトロピウスはかなり強力です。 スペシャルアタックはリーフブレードとつばめがえしが基本です。 ノーマルアタックは、はっぱカッターとエアスラッシュのどちらか迷うところですが,ガチ勢は両方持ってます。 問題は厳選が難しいとことですが、ガチ勢は両方のわざで育成している印象です。 誰にでも育てられるわけではありませんが、 持っている人は絶対に育てるべきポケモンであることは間違いありません」 フシギバナ 「フシギバナはみずタイプ対策の定番です。 スペシャルアタックは超強力なくさわざ・ハードプラントと、どくわざのヘドロ爆弾を覚えさせましょう。 ノーマルアタックはゲージが溜まりやすい つるのムチが基本です。 御三家は育成コストが安いところも非常に魅力的ですので、ぜひ育てておきたいところです」 メガニウム 「メガニウムはスーパーリーグでハイパーリーグでもTOP10に入るほどステータスが優秀です。 逆にハードプラントを覚えさせておかないと、PVPでの活躍は厳しいかもしれません。 レジスチル時代の注目株と言っていいでしょう。 御三家なので育成コストも安いため、特にPVP初心者にはオススメです」 ジュカイン 「打たれ弱いためにやや使いづらく、評価の分かれるジュカインですが、それでもハードプラントを覚えられるのは魅力的です。 しつこいようですが御三家は育成コストが安いので、育てておいて損はないでしょう。 ジュカインはみずタイプ対策としても使えますが、ノーマルアタックを れんぞくぎりにしておくとデオキシス、ブラッキー対策としても使えます。 上級者向きのポケモンかもしれませんが、とりあえずハードプラントは覚えさせておきましょう」 ドククラゲ 「みずタイプ全般ではないんですが、ドククラゲは マリルリ対策としてほぼ完璧な性能のポケモンです。 スペシャルアタックの回転が遅いのが難点ですが、それでもタイマンならマリルリに負けることはありません。 ただし、弱点のでんき、じめん、エスパーには気をつけてください。 相手の防御力を下げるアシッドボムが打てるのもいいですね。 ただ、スペシャルアタックが多才なだけに、何を選ぶか悩ましいところはあります。 くさが弱点ではないので、くさポケモン相手に有利に立ち回れますが、やはりスペシャルアタックの発動が遅いのがネックですね」 お気付きの方も多いと思うが、これから「フシギダネ」「メガニウム」「ジュカイン」にハードプラントを覚えさたいなら、 12月のコミュニティ・デイが最大のチャンスだ。 もし良個体値がいなければ巣に出かける覚悟もしておこう。 ハードプラントを覚えているか否かで、強さが全く違ってくるぞ。 また、その他にもみずタイプ対策ポケモンを教えてもらったのだが、それはまた別の機会にご紹介したい。 先述のようにスーパーリーグは みずタイプのポケモンが猛威を振るっている。 みずタイプを制する者がバトルを制す……かどうかはわからないが、 対策は絶対にしておきたい。 とにもかくにも、聞けば聞くほど奥深いトレーナーバトルの世界。 近日中に第4弾も公開予定だから、そちらもぜひ楽しみにお楽しみいただきたい。 よっしゃ、とりあえずフシギダネとチコリータ捕まえに巣に行ってくるわ! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の

GOバトルリーグ用ポケモン厳選、ズルズキンブレークポイント編

ポケモンgo 研究用

【ポケモンGO】バトルリーグ用個体値厳選について 皆さん、本日のビードルコミュニティディお疲れ様でした。 しかし、PLが低い個体のため強化+解放で砂15万ほど必要な計算になっています。 そこで質問なのですが、皆さんは砂を12万も多く使ってでもSCP1位の個体を育てますか。 以上です、よろしくお願いします。 コミュニティデイお疲れ様でした。 結論から言うと砂を余計に使う必要はないと思います。 スピアーってそもそもバトルリーグで強いポケモンなんでしょうか? 草タイプに有利ではあるものの、マリルリにはシールド次第では負けてしまい、個体数を増やしているマッギョやチルタリスに圧倒されてしまいます。 低コストでそれなりの個体が作れるのならまずそちらで試してみるのが良いと思います。 またscp1位と37位は順位だけで見るとそこそこの差があると思いますが、そのscp自体の数値で比べるとほとんど変わりません。 これは自分の主観です シュミレータ上では勝てたのに実際に37位の個体を使って負けてしまったくらいの状況が起きない限り低コストで作れる方で良いのではないでしょうか。 しかし、スピアーに限ってはscp順位が高くなければ、より厳選されたレジスチルに勝つことができない、と言う場合があるため高ければ高いほど損はないです。 scp3位の個体が全てのレジスチルに勝つことができる。 自分は7位の個体を確保しましたが砂を節約するために70位で妥協しました。 笑 遊びでしか使う予定がなく、砂に余裕がないのなら妥協することをお勧めします。

次の