ひさ ひと さま 首。 悠仁さまの首の傷 : Tangerine7's Blog

【悲報】悠仁さま、黒歴史をさらされてしまう…←天皇家ってだけで可哀想

ひさ ひと さま 首

net 「愛子さまの英語力は雅子さま譲りで、大変流暢に話されるそうです。 御所の中では、トレーニングのため、両陛下と外国語で話されることもあるといいます。 御所に海外からの賓客が訪れる時は英語でご挨拶されるだけでなく、通訳なしで会話も交わされるほどだそうです。 」 「国語の実力も相当なものです。 初等科の頃から読書がお好きで、深夜0時を回っても本を読み続け、陛下が苦笑されながら早く寝るように促されたこともあったそうです。 中等科の卒業文集には『世界の平和を願って』という作文を掲載。 その聡明な文章に、読んだ人からは感嘆の声が上がりました」 「愛子さまは、初等科4年生の時に管弦楽部に入られて以来、チェロを続けられ、その腕前は相当なものだそうです。 毎年行われる『3年生を送る会』では劇の伴奏のアレンジを愛子さまが担当されることも。 ほかの生徒のアイディアや意見を上手に取り入れながら、リーダー役をこなされているそうです」 「自由行動の時間、愛子さまは班の案内係でした。 多くの場所を回れるように無駄のない順番で先導され、ご友人からとても頼りにされたそうです。 ほかの班の生徒から、冗談半分に『私もトシ(愛子さまの愛称)の班がよかった』という声が上がるほどだったそうです」.

次の

悠仁さまの首の傷 : Tangerine7's Blog

ひさ ひと さま 首

「1月9日、東京地裁で『お茶の水女子大学附属中学校』に通う、秋篠宮家の長男・の机に刃物が置かれた事件についての初公判が行われました。 「果物ナイフ2本を槍になるよう先端にくくりつけた棒を、悠仁さまの机に置いて立ち去りました。 事件発生当時、悠仁さまは体育の授業で教室に不在だったので大事には至りませんでしたが、長谷川被告が誰にも気づかれることなく、教室まで行き着いたことで学校側の警備にゆるみがあったと問題視されたのです」(同・全国紙社会部記者) 検察側は懲役1年6か月を求刑したのだが、被告の罪状はいずれも微罪であり、懲役刑になったとしても執行猶予がつく可能性が高いという。 未来の天皇陛下を狙った衝撃的な犯行に、紀子さまもそうとうご心痛だったそう。 「事件後に学校側が事情を説明する保護者会が開かれましたが、紀子さまはいまだ不安が拭えておられません。 その危機感からなのか、悠仁さまの英語の家庭教師を新たに務める予定だった、某有名大学の教授の就任が事件後に見送られることになったそうです。 おそらく、新しい家庭教師を悠仁さまに近づけることに抵抗感がおありだったのでしょう」(秋篠宮家関係者) 大切な皇位継承者を預かる紀子さまのご心労は想像に難くないが、そもそも、皇族として初めて『お茶の水女子』に入学されたことについては、当初から疑問視されていた。 「『お茶の水女子大学』の研究者だった紀子さまは当時、悠仁さまを同大学の附属幼稚園に入られたのです。 しかし、それ以前までは皇族が通う学校といえば『学習院』が慣例でした。 ですから、初めて皇族を受け入れることになった『お茶の水女子』の警備体制に、不安を持つ関係者も少なくなかったのです」(宮内庁関係者) 宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、学習院のメリットについて次のように話す。 「『お茶の水女子』は、高校から女子校になるため、悠仁さまは必ず高校受験をしなくてはなりません。 外部サイト.

次の

悠仁様は発達障害で顔つきが変わった?絵や運動会の噂とは

ひさ ひと さま 首

「1月9日、東京地裁で『お茶の水女子大学附属中学校』に通う、秋篠宮家の長男・の机に刃物が置かれた事件についての初公判が行われました。 「果物ナイフ2本を槍になるよう先端にくくりつけた棒を、悠仁さまの机に置いて立ち去りました。 事件発生当時、悠仁さまは体育の授業で教室に不在だったので大事には至りませんでしたが、長谷川被告が誰にも気づかれることなく、教室まで行き着いたことで学校側の警備にゆるみがあったと問題視されたのです」(同・全国紙社会部記者) 検察側は懲役1年6か月を求刑したのだが、被告の罪状はいずれも微罪であり、懲役刑になったとしても執行猶予がつく可能性が高いという。 未来の天皇陛下を狙った衝撃的な犯行に、紀子さまもそうとうご心痛だったそう。 「事件後に学校側が事情を説明する保護者会が開かれましたが、紀子さまはいまだ不安が拭えておられません。 その危機感からなのか、悠仁さまの英語の家庭教師を新たに務める予定だった、某有名大学の教授の就任が事件後に見送られることになったそうです。 おそらく、新しい家庭教師を悠仁さまに近づけることに抵抗感がおありだったのでしょう」(秋篠宮家関係者) 大切な皇位継承者を預かる紀子さまのご心労は想像に難くないが、そもそも、皇族として初めて『お茶の水女子』に入学されたことについては、当初から疑問視されていた。 「『お茶の水女子大学』の研究者だった紀子さまは当時、悠仁さまを同大学の附属幼稚園に入られたのです。 しかし、それ以前までは皇族が通う学校といえば『学習院』が慣例でした。 ですから、初めて皇族を受け入れることになった『お茶の水女子』の警備体制に、不安を持つ関係者も少なくなかったのです」(宮内庁関係者) 宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、学習院のメリットについて次のように話す。 「『お茶の水女子』は、高校から女子校になるため、悠仁さまは必ず高校受験をしなくてはなりません。 外部サイト.

次の