キャベツ レシピ 人気 メイン。 メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ10選|野菜不足解消レシピも

野菜メインの人気レシピ50選!子供のお箸もすすむ栄養たっぷりヘルシー料理♪

キャベツ レシピ 人気 メイン

- 2019年 3月月17日午前4時42分PDT 豚肉と春キャベツを使った人気のレシピに香味だれをプラスして、おつまみにもなる簡単レシピの完成です。 アスパラも加えて彩りの良いサラダのように食べられます。 簡単に出来て満足度の高いおかずです。 お子さんにはネギは辛いかもしれないので、加減して下さい。 ・キャベツは一口大のざく切りに、アスパラは軸側の硬い部分の筋、ハカマを取り、3〜4cmの斜め切りにします。 生姜はスライスにします。 ・肉は一口大に切り、塩・こしょう 分量外 で下味をつけます。 キッチンばさみで切って、ポリ袋に入れてやると簡単です。 キャベツを茹で、しんなりしてきたらザルに上げ、続けてアスパラを湯で根が少しやわらかくなるくらいまで茹で、同様にザルにあげます。 白炒り胡麻をかけても美味しく仕上がります。 キャベツの簡単レシピ《洋食系メイン》 ベーコン入り焼きキャベツ - 2018年12月月2日午前3時22分PST パスタの主食にキャベツをメインおかずに合わせた色鮮やかなテーブルシーン。 ひき肉や玉ねぎを使って作るロールキャベツをトマト缶を使って煮込んだアレンジレシピ。 オーブンで焼いて簡単に出来て、おつまみにもなる美味しいキャベツ料理です。 芯の部分は葉と厚みが同じになるように削ぎます。 フライパンごとオーブンに入れて、ハンバーグ機能で焼きます。 トマト煮込みロールキャベツ - 2018年 8月月13日午後6時41分PDT キャベツが欠かせない焼きそばに、アボガドと卵黄を加えたアレンジレシピです。 簡単に出来て人気の焼きそばに一工夫加えて満足感もアップ。 一人ランチにもピッタリな美味しい料理です。 ・豚肉は食べやいサイズに切って塩、こしょうを少々ふって下味をつけます。 麺をフライパンに戻し、A材料を混ぜて麺にかけ、具をほぐしながら絡めます。 最後に青のり紅しょうがを添えて完成です。 目玉焼きのせ焼きそば - 2017年11月月20日午後5時01分PST 細かく切ったキャベツを使ったサラダの一種である、コールスロー。 キャベツがメインのレシピに、玉ねぎと人参も加えて彩りもアップしています。 酢の味が効いて夏でもさっぱりと食べられる副菜レシピです。 酢と塩はお好みで増減して下さい。 【レシピ付き】即席コールスローサラダ - 2018年12月月24日午後4時39分PST 調理時間は約10分でできる簡単キャベツレシピ。 コンソメスープの素を使った手軽さもポイントのスープを、朝ごはんのサイドメニューとして添えてバランスの良い仕上がりに。 ・キャベツは一口大に、玉ねぎはスライスし、黄パプリカは小さめの角切りにします。 溶けてきたところでツナ、キャベツ、玉ねぎ、黄パプリカを入れ、蓋をずらして置き、5分ほど弱火にかけます。 キャベツの簡単レシピ《鍋料理》 もつ鍋• 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

キャベツのレシピ35選!つくれぽ1000以上だけ!人気1位は?大量消費にもおすすめ!メインや簡単サラダなど

キャベツ レシピ 人気 メイン

和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ1つ目は大根ステーキです。 11月から2月ごろの旬の大根はみずみずしいですね。 煮ることの多い大根をステーキで食するのもおいしくいただけます。 おでんの大根も最高ですが、ステーキにして食べる大根もまた違った楽しみもあります。 ネギを散らして和食にするのも良いですが、チーズをたっぷりかけても合うので大根嫌いの方でも苦手克服できますよ。 大根ステーキおろしポン酢 2人分 材料• 大根 6cm• だし汁 400ml• ごま油 大さじ1• ポン酢 大さじ2• 青じそ 2枚 大根ステーキおろしポン酢• 1大根は皮をむいて3等分に切り、1個はおろしておく• 2大根の残り2つは両面に隠し包丁を入れて耐熱容器に入れ、だし汁を入れふんわりラップをし、600wのレンジで10分加熱する• 4ポン酢を加えてさらに絡める• 5お皿に乗せ、焼いた大根の上に大葉とおろし大根をのせポン酢をかける 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ2つ目は玉ねぎ丸ごとスープです。 保存もしやすい玉ねぎは料理には欠かせない食材です。 薄くスライスしてサラダしたり、みじん切りにしてハンバーグにも欠かせない玉ねぎです。 今回は玉ねぎを丸ごと一個使った料理を紹介します。 血液さらさら効果もあり、かぜやインフルエンザに効果的な玉ねぎをおいしく食べましょう。 お好みでチーズやトマトを入れてもおいしく仕上がります。 レンジで簡単玉ねぎ丸ごとスープ 1人分 材料• 玉ねぎ 1個• 塩コショウ 適量• 水 150cc• ベーコン 2枚 レンジで簡単玉ねぎ丸ごとスープ• 1玉ねぎの皮をむき上下を切り落とし、ばらばらにならない程度に切り込みを入れる• 2ベーコンを食べやすい大きさに切る• 3容器に入れ玉ねぎに塩コショウをする• 4分量の水半分をコンソメを入れて軽くラップをする• 6レンジから取り出し、残りの水とベーコンを入れてラップをかけ再び600Wのレンジで3分から5分ほど加熱する 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ3つ目はにんじんしりしりですが、サブ食材で活躍が多いにんじんです。 にんじんしりしりは1本丸々にんじんを使った料理です。 シンプルににんじんだけを使ったにんじんしりしりを紹介していますが、卵やシーチキンを加えて作れアレンジも豊富です。 にんじんしりしり 材料• にんじん 1本• ごま油 大さじ1• 白ゴマ 適量 にんじんしりしり 作り方• 1にんじんを千切りにする• 2油をひかず冷たいフライパンに千切りをしたにんじんを入れる• 4水分がなくなってきたら、ごま油を回しいれ白ゴマを振る 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ4つ目はかぼちゃの煮物です。 「お袋の味」でも上位にいるかぼちゃの煮物です。 多めにつくってかぼちゃのコロッケや、かぼちゃのグラタンへのアレンジもできます。 ビタミンが豊富に含まれているかぼちゃは、美肌効果にもつながります。 食物繊維も豊富なので腸内環境もきれいにしてくれ、かぼちゃの皮や種にも栄養はたっぷり含まれています。 彼氏が彼女に作って欲しい料理に煮物が上位にあります。 関連記事を紹介しますので参考にしてくださいね。 簡単カボチャの煮物• 砂糖 大さじ2から3• 塩 4から5つまみ 簡単カボチャの煮物 作り方• 1かぼちゃはひと口大に切る• 2鍋にかぼちゃと砂糖、塩を入れ全体にからめる• 3半日ほど放置したらかぼちゃから水が出てくる• 4水分がでたら鍋に蓋をして弱火で煮る 洋食・中華メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ1つ目は野菜餃子です。 普段口にする餃子もいいですが、野菜をたっぷり使った餃子の作り方を紹介します。 ツナ缶を使うので節約料理にもなります。 玉ねぎ 1個• ツナ缶 1缶• 塩コショウ 少々• 餃子の皮 40枚• サラダ油 大さじ2• 水 100㏄ キャベツandツナ 野菜餃子 作り方• 1キャベツ、玉ねぎをみじん切りにする• 3少し冷めてから皮に包む• 4油を敷いてフライパンに並べて焼く• 5水を加えて蓋をし、水気がなくなったら蓋をとり焼き目が付くまで焼く 洋食・中華メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ2つ目は野菜たっぷりミネストローネです。 野菜を刻んで入れるだけで簡単にできる料理です。 入れる野菜は何でも合うので好みの野菜を入れオリジナルのミネストローネを作ってみましょう。 ベーコンをソーセージや鶏肉に変えてもおいしいですよ。 野菜たっぷり!ミネストローネ• セロリ 1本• じゃがいも 1個• ベーコン 100g• にんにく 2片• 水 800㏄• プチトマト 12個• 塩 小さじ1 野菜たっぷり!ミネストローネ• 1野菜は全て5mm角に切る• 2ベーコンは1cm幅に切る• 3鍋にオリーブオイルとにんにくをいれ香りが出たらベーコンを入れて炒める• 4じゃがいもとプチトマト以外の野菜と水を入れる• 5鍋が沸騰したらじゃがいもを入れる• 紹介するのは肉無しなのでお肉が苦手な人も食べることのできるロールキャベツです。 残ったポテトサラダに多めのチーズをいれてもいいですね。 肉なしロールキャベツ 6個分 材料• キャベツ 6枚• じゃがいも 小3個• 卵 2個• ベーコン 6枚• マヨネーズ お好みで• 塩コショウ 少々• コンソメ 1個• プロセスチーズ 1個• 水 200ml 肉なしロールキャベツ 作り方• 1キャベツは破れないようにはがし、2~3分茹でて厚みが均等になるように芯の部分を包丁で削ぎ切り 水気を拭いておく• 2ゆで卵を作る• 3ジャガイモは、軟らかくなるまで茹でる• 4ゆで卵と一緒にマッシュし塩コショウをする• 7巻き終わりを爪楊枝でとめる• ビールのアテにぴったりのチヂミです。 つけだれで辛さを調整できるので、子供から大人までおいしくいただけますね。 ニラ入りチヂミ 2人分 材料• にんじん 適量• ごま油 適量• しょう油・酢 各大さじ1• ラー油 少々 ニラ入りチヂミ 作り方• 1玉ねぎは薄切り、ニラは3cm幅に切り、にんじんは千切りをする• 4中火で焼き色が付いたら裏返して蓋をし数分焼く• 5つけだれを混ぜ合わせておく• 6蓋をとり両面かりっと焼けばできあがり 副菜にぴったりの野菜のおかずは「鉄分不足解消・ブロッコリーの胡麻和え」です。 ブロッコリーは栄養素の固まりでビタミンCが豊富です。 ゴマはホルモンバランスを整えてくれます。 アンチエイジングや便秘解消に効果が高いブロッコリーを積極的に食べましょう! ブロッコリーの胡麻和え 材料• ブロッコリー 1株• すりごま 大さじ3• 砂糖 大さじ3• しょう油 大さじ2 ブロッコリーの胡麻和え 作り方• 1ブロッコリーを適当な大きさに切り、水気を切らずに耐熱容器に入れる• 2ラップをして600Wのレンジで1分半。 足りない場合は20~30秒ずつ様子を見て加熱する• 3ボウルにすりごま、砂糖、しょう油をいれさっと混ぜる• 野菜を多めに摂取することで、体の中からきれいになりますね。 お肉や油っこい物もおいしいですが、野菜不足を感じたならば是非紹介した料理にチャレンジして野菜不足を補いましょう!.

次の

キャベツのレシピ35選!つくれぽ1000以上だけ!人気1位は?大量消費にもおすすめ!メインや簡単サラダなど

キャベツ レシピ 人気 メイン

和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ1つ目は大根ステーキです。 11月から2月ごろの旬の大根はみずみずしいですね。 煮ることの多い大根をステーキで食するのもおいしくいただけます。 おでんの大根も最高ですが、ステーキにして食べる大根もまた違った楽しみもあります。 ネギを散らして和食にするのも良いですが、チーズをたっぷりかけても合うので大根嫌いの方でも苦手克服できますよ。 大根ステーキおろしポン酢 2人分 材料• 大根 6cm• だし汁 400ml• ごま油 大さじ1• ポン酢 大さじ2• 青じそ 2枚 大根ステーキおろしポン酢• 1大根は皮をむいて3等分に切り、1個はおろしておく• 2大根の残り2つは両面に隠し包丁を入れて耐熱容器に入れ、だし汁を入れふんわりラップをし、600wのレンジで10分加熱する• 4ポン酢を加えてさらに絡める• 5お皿に乗せ、焼いた大根の上に大葉とおろし大根をのせポン酢をかける 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ2つ目は玉ねぎ丸ごとスープです。 保存もしやすい玉ねぎは料理には欠かせない食材です。 薄くスライスしてサラダしたり、みじん切りにしてハンバーグにも欠かせない玉ねぎです。 今回は玉ねぎを丸ごと一個使った料理を紹介します。 血液さらさら効果もあり、かぜやインフルエンザに効果的な玉ねぎをおいしく食べましょう。 お好みでチーズやトマトを入れてもおいしく仕上がります。 レンジで簡単玉ねぎ丸ごとスープ 1人分 材料• 玉ねぎ 1個• 塩コショウ 適量• 水 150cc• ベーコン 2枚 レンジで簡単玉ねぎ丸ごとスープ• 1玉ねぎの皮をむき上下を切り落とし、ばらばらにならない程度に切り込みを入れる• 2ベーコンを食べやすい大きさに切る• 3容器に入れ玉ねぎに塩コショウをする• 4分量の水半分をコンソメを入れて軽くラップをする• 6レンジから取り出し、残りの水とベーコンを入れてラップをかけ再び600Wのレンジで3分から5分ほど加熱する 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ3つ目はにんじんしりしりですが、サブ食材で活躍が多いにんじんです。 にんじんしりしりは1本丸々にんじんを使った料理です。 シンプルににんじんだけを使ったにんじんしりしりを紹介していますが、卵やシーチキンを加えて作れアレンジも豊富です。 にんじんしりしり 材料• にんじん 1本• ごま油 大さじ1• 白ゴマ 適量 にんじんしりしり 作り方• 1にんじんを千切りにする• 2油をひかず冷たいフライパンに千切りをしたにんじんを入れる• 4水分がなくなってきたら、ごま油を回しいれ白ゴマを振る 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ4つ目はかぼちゃの煮物です。 「お袋の味」でも上位にいるかぼちゃの煮物です。 多めにつくってかぼちゃのコロッケや、かぼちゃのグラタンへのアレンジもできます。 ビタミンが豊富に含まれているかぼちゃは、美肌効果にもつながります。 食物繊維も豊富なので腸内環境もきれいにしてくれ、かぼちゃの皮や種にも栄養はたっぷり含まれています。 彼氏が彼女に作って欲しい料理に煮物が上位にあります。 関連記事を紹介しますので参考にしてくださいね。 簡単カボチャの煮物• 砂糖 大さじ2から3• 塩 4から5つまみ 簡単カボチャの煮物 作り方• 1かぼちゃはひと口大に切る• 2鍋にかぼちゃと砂糖、塩を入れ全体にからめる• 3半日ほど放置したらかぼちゃから水が出てくる• 4水分がでたら鍋に蓋をして弱火で煮る 洋食・中華メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ1つ目は野菜餃子です。 普段口にする餃子もいいですが、野菜をたっぷり使った餃子の作り方を紹介します。 ツナ缶を使うので節約料理にもなります。 玉ねぎ 1個• ツナ缶 1缶• 塩コショウ 少々• 餃子の皮 40枚• サラダ油 大さじ2• 水 100㏄ キャベツandツナ 野菜餃子 作り方• 1キャベツ、玉ねぎをみじん切りにする• 3少し冷めてから皮に包む• 4油を敷いてフライパンに並べて焼く• 5水を加えて蓋をし、水気がなくなったら蓋をとり焼き目が付くまで焼く 洋食・中華メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ2つ目は野菜たっぷりミネストローネです。 野菜を刻んで入れるだけで簡単にできる料理です。 入れる野菜は何でも合うので好みの野菜を入れオリジナルのミネストローネを作ってみましょう。 ベーコンをソーセージや鶏肉に変えてもおいしいですよ。 野菜たっぷり!ミネストローネ• セロリ 1本• じゃがいも 1個• ベーコン 100g• にんにく 2片• 水 800㏄• プチトマト 12個• 塩 小さじ1 野菜たっぷり!ミネストローネ• 1野菜は全て5mm角に切る• 2ベーコンは1cm幅に切る• 3鍋にオリーブオイルとにんにくをいれ香りが出たらベーコンを入れて炒める• 4じゃがいもとプチトマト以外の野菜と水を入れる• 5鍋が沸騰したらじゃがいもを入れる• 紹介するのは肉無しなのでお肉が苦手な人も食べることのできるロールキャベツです。 残ったポテトサラダに多めのチーズをいれてもいいですね。 肉なしロールキャベツ 6個分 材料• キャベツ 6枚• じゃがいも 小3個• 卵 2個• ベーコン 6枚• マヨネーズ お好みで• 塩コショウ 少々• コンソメ 1個• プロセスチーズ 1個• 水 200ml 肉なしロールキャベツ 作り方• 1キャベツは破れないようにはがし、2~3分茹でて厚みが均等になるように芯の部分を包丁で削ぎ切り 水気を拭いておく• 2ゆで卵を作る• 3ジャガイモは、軟らかくなるまで茹でる• 4ゆで卵と一緒にマッシュし塩コショウをする• 7巻き終わりを爪楊枝でとめる• ビールのアテにぴったりのチヂミです。 つけだれで辛さを調整できるので、子供から大人までおいしくいただけますね。 ニラ入りチヂミ 2人分 材料• にんじん 適量• ごま油 適量• しょう油・酢 各大さじ1• ラー油 少々 ニラ入りチヂミ 作り方• 1玉ねぎは薄切り、ニラは3cm幅に切り、にんじんは千切りをする• 4中火で焼き色が付いたら裏返して蓋をし数分焼く• 5つけだれを混ぜ合わせておく• 6蓋をとり両面かりっと焼けばできあがり 副菜にぴったりの野菜のおかずは「鉄分不足解消・ブロッコリーの胡麻和え」です。 ブロッコリーは栄養素の固まりでビタミンCが豊富です。 ゴマはホルモンバランスを整えてくれます。 アンチエイジングや便秘解消に効果が高いブロッコリーを積極的に食べましょう! ブロッコリーの胡麻和え 材料• ブロッコリー 1株• すりごま 大さじ3• 砂糖 大さじ3• しょう油 大さじ2 ブロッコリーの胡麻和え 作り方• 1ブロッコリーを適当な大きさに切り、水気を切らずに耐熱容器に入れる• 2ラップをして600Wのレンジで1分半。 足りない場合は20~30秒ずつ様子を見て加熱する• 3ボウルにすりごま、砂糖、しょう油をいれさっと混ぜる• 野菜を多めに摂取することで、体の中からきれいになりますね。 お肉や油っこい物もおいしいですが、野菜不足を感じたならば是非紹介した料理にチャレンジして野菜不足を補いましょう!.

次の