チーフ 英語。 名刺肩書き・役職の英語での表記方法ㅣご利用ご案内

キャビンアテンダント/客室乗務員の英語・英会話: 役職

チーフ 英語

ここでは主な役職に関するCA用語をいくつか紹介します。 *あくまでも業界用語なので必ずしも英語本来の意味や使い方と同じではないことをご了承ください。 コックピットだけでなく、キャビンも含めてすべてを統括します。 PICは「指揮権をもつパイロット」ということ。 機長と副操縦士は外見で見分けがつきます。 制服であるブレザーの袖章やワイシャツの肩章に入る金モールが、機長は4本、副操縦士は3本と決まっているのです。 客室乗務員の仕事についてですが、その役割は「保安要員」「サービス要員」「セールス要員」の3つに大きく分けることができます。 日本語では航空会社によって「先任客室乗務員」や「主客室乗務員」と呼んでいます。 ちなみに、チーフパーサーやパーサーは名札の上にバッチをつけています。 GSとCAの連係がスムーズに行われて初めて飛行機は定刻通りに出発することができます。 なお、国内の航空会社では、GSを細かく分けた KIと KDという呼び方を頻繁に使います。 KIは国際線のグランドスタッフ、KDは国内線のグランドスタッフを指します。 この"K"は空港、"I"は International, "D"は Domesticの頭文字ということなので、KIとKDは日本語と英語を組み合わせた不思議な呼称です。

次の

英語表記の仕方(肩書き・役職の英語表記) デザイン名刺.net

チーフ 英語

<目次>• 総務部:General Affairs Department• 人事部:Personnel Department• 開発部:Development Department• 技術部:Engineering Department• 製造部:Manufacturing Department• 資材部:Procurement Department• 輸出部:Export Department• 広報部:Public Relations Department• 宣伝部:Advertising Department• 企画部(室):Planning Department office• 販売促進部:Sales Promotion Department• 秘書室:Secretary Section Secretariat• 社長室:Office of the President• 購買(仕入)部:Purchasing Department 役職名・肩書きの英語表記一覧……「室長」や「主査」はどう言うの? 役職名・肩書きは、組織の規模や企業形態によって表現が異なります。 「係長」と「主任」など、英語では区別がないケースもあり、こうした時は日本の肩書きよりも実際の仕事内容で判断する方が良いでしょう。 取締役会長:chairperson• 取締役副会長:vice chairperson• 取締役社長:president representative of directors• 取締役・役員:director s• 専務取締役:senior managing director• 常務取締役:managing director• 監査役:auditor• 相談役(顧問):senior adviser• 部長・本部長:general manager chief of a department• 副部長:assistant manager• 次長:deputy general manager• 課長:manager section chief• 参事:associate director chief of a section• 副参事:deputy associate director chief of a section• 主幹:senior manager• 主査:assistant section chief• 課長代理:acting chief of a section• 係長(主任):chief clerk section chief• 工場長:factory manager plant superintendent• PR担当:communications manager• 秘書(幹事):secretary• 支店長:general manager branch manager• 最高経営責任者(CEO):Chief Executive Officer• 最高執行役員(COO):Chief Operating Officer• 社外取締役:outside director• 執行役員:corporate officer• 最高技術責任者(CTO):Chief Technology Officer• 最高情報責任者(CIO):Chief Information Officer• その他、名刺に記載されることが多い関連語の英語表記一覧• 取締役会(議):the board of directors executive meeting meeting of directors• 組織図:organization al chart• 医学博士:M. Doctor of Medicine• 哲学博士:Ph.

次の

英語表記の仕方(肩書き・役職の英語表記) デザイン名刺.net

チーフ 英語

チーフマネージャーの役職はマネージャーに比べて上の立場になるのが一般的です。 チーフとは長やリーダーを指す言葉なので、マネージャーの長という意味で捉えることができます。 日本では、単にチーフと呼ぶ場合もありますが、会社によっては、チーフはマネージャーの下の地位のことで、チーフマネージャーを指す言葉ではないのが通例です。 チーフマネージャーは現場の全てを統括するリーダー チーフマネージャーの役職は、マネージャーよりも上の立場で統括する仕事です。 マネージャーはマネジメントする現場の管理者という意味なので、現場の全てを統括するリーダーがチーフマネージャーとなります。 具体的には会社のマネジメントが成功するかをチェックし、利益を上げるための算段をすることが仕事になります。 チーフマネージャーの役職は国や会社によって立場が違う チーフマネージャーの役職は国や会社で意味合いが全く異なります。 ヨーロッパでは一般的にはチーフマネージャーは、マネージャーよりも上の立場で統括責任者となります。 しかし日本ではチーフマネージャーというよりは、チーフとしてのニュアンスが強くなります。 チーフはチーフマネージャーではなく、現場のリーダーとしての意味合いが強くなります。 会社によってはサブマネージャーとしての意味合いが強い チーフマネージャーとしての役職は、日本でも上の役職の意味合いとしても使われることがあります。 しかし会社によっては、チーフマネージャーはサブマネージャーとしての意味合いも強いのが特徴です。 日本ではチーフマネージャーは部長や統括責任者と同等と考えると、店長の下に統括責任者という役職が設けられている会社が多いようです。 つまり統括責任者の下がマネージャーとなり、チーフマネージャーはサブマネージャーとしての意味合いが強くなるので、マネージャーよりも下の地位になる会社もあるのです。 マネージャーがする仕事を行っている会社もある チーフマネージャーの役職があっても、ほとんどマネージャーと同じ扱いとなっている会社も多いです。 仕事内容は統括責任者としての仕事が中心でも、マネージャーを統括するのではなく、現場を統括することが多いからです。 本来マネージャーがやる現場の統括をするので、チーフマネージャーは名ばかりの役職となることが多いのです。 チーフマネージャーはただの呼称の場合もある チーフマネージャーとマネージャーの役職としての地位は、現場では同等と考えている会社もあります。 マネージャー複数人いれば、呼称の違いをつける為にチーフ、サブ、補佐などの言葉を用いて区別するケースもあります。 本来チーフは、リーダーという意味で使われますが、ただ呼称としてチーフマネージャーと呼ばれます。 権限と職名には大きな差が生まれることがあります。 ただマネージャーとチーフマネージャーの違いはなく、ただの呼称の違いとなります。 チーフマネージャーの役職は会社や国によって違うが店長の直下に位置する立場であるのが一般的 チーフマネージャーは役職としては一般的にはマネージャーと店長の間に位置します。 マネージャーを統括する役職ですが、会社によってその待遇は全く違うようです。 もしもチーフマネージャーがいれば、その会社の構成を、会話を通して聞き出すのも大切になります。 初めに聞いておけば安心できますし、失礼をすることもなくなるでしょう。 あくまでも会社によって待遇が違うことを認識しておくのをおすすめします。

次の