顎 吹き出物。 マスクで口元と顎に吹き出物が増えた!原因と対策は?

顎(あご)にニキビができやすいのはなぜ?原因と予防対策|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

顎 吹き出物

顎(あご)にニキビができやすい理由 大人のニキビは生活習慣の乱れ、精神的・身体的なストレス、間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が関係することにより、起こりやすくなります。 また、肌が新しく生まれ変わる「肌のターンオーバー」のサイクルが乱れたり、角層がうるおいを保つことで外的刺激から肌を守っている「肌のバリア機能」が低下したりすることで、肌は不安定になり、大人のニキビができやすい肌になってしまいます。 さらに、顎に特有のニキビができやすい理由として、以下のようなことがあります。 皮脂が多いのに乾燥しやすい 顎は顔のなかでも皮脂を分泌する皮脂腺が多く存在している一方、汗腺が少ないという特徴があります。 汗をかいて角層にうるおいを与えることができないこともあり、顎は乾燥しやすくなっています。 そして、その乾燥をカバーするためにより多くの皮脂を分泌することから、毛穴づまりを起こしやすいのです。 さまざまな刺激を受けやすい 頬杖をつく、口もとを覆う、マフラーやマスクを付ける・・・など、顎は手指で触れる機会が多い部位です。 男性の場合は、毎日髭剃りをする必要もあります。 そのため手指や衣類、カミソリなどを介して雑菌が肌に侵入し、炎症やニキビを引き起こす可能性があります。 顎のあたりは、紫外線から帽子や日傘で守りにくいのも特徴的です。 紫外線を浴びると肌は炎症や乾燥を起こし、肌を守るために角層を厚くするため、毛穴づまりを起こしやすくなります。 顎のニキビを予防する方法は? 顎のニキビを防ぐには、日頃から角層のうるおいと油分をバランスよく保つことが大切です。 ここでは毎日のスキンケア方法や、生活習慣のポイントをご紹介します。 洗顔はやさしく丁寧に 洗顔で清潔な肌を保つことはニキビケアにとって重要です。 しかし、皮脂を落としたいあまり、ゴシゴシ摩擦したり、1日に何度も洗顔したりするのは控えましょう。 洗顔は石けんや洗顔料をたっぷりと泡立て、泡をクッションにしてやさしく行いましょう。 髪の生え際や顎に洗顔料が残らないよう、ぬるめのお湯で丁寧にすすぎ、清潔なタオルで水気を拭き取ります。 保湿スキンケア すでにご紹介したとおり顎は乾燥しやすい部位なので、洗顔や入浴後はすみやかに保湿を行いましょう。 低刺激で油分の少ないスキンケア化粧品を選び、適量を清潔な手のひらでつけていきます。 肌を引き締める収れん化粧水や、「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記された製品を使うのもよいでしょう。 なお、顎にできたニキビを自ら爪やピンセットでつぶすと、化膿したり、ニキビの跡が残ったりするので気をつけましょう。 紫外線対策 スキンケアの最後に、日焼け止めで紫外線対策を行いましょう。 日焼け止めの中でも低刺激で肌へののびがよく、ニキビ肌や敏感肌でも使えるもの、石けんで簡単に落とせるものがおすすめです。 「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」と書かれたものを試してみてください。 睡眠をしっかりとる 夜ふかしや睡眠不足が続くと、ホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなります。 また、睡眠は肌のターンオーバーを整え、肌をすこやかに生まれ変わらせるためにも重要です。 深く質のよい睡眠をとるためにも、毎日決まった時間に自然と眠りにつけるよう工夫しましょう。 人は体温が下がるときに眠りに入りやすい性質があるので、ベッドに入る1~2時間前にお風呂に入り、体温を上げておくのがよいでしょう。 寝る直前の飲食や、ブルーライトを発するパソコン・スマートフォンの使用は控えましょう。 夕方からは照明を間接照明に切り替える、ゆったりとした音楽やアロマでリラックスするなどの工夫もおすすめです。 栄養バランスよく食べる 1日3回のバランスのよい食事で、内側からニキビができにくい肌をつくっていくことも大切です。 皮脂を増やすおそれのある動物性脂肪や糖質の多い食べ物・飲み物を避け、すこやかな肌をつくる良質なタンパク質や、肌の代謝を促すビタミン・ミネラル、便秘の改善に役立つ食物繊維などを意識して摂るようにしましょう。 上記のほかにも、ストレスを上手に発散する、適度な運動を心がける、禁煙するなどの工夫も大切です。 顎を触るクセなどがあれば改めるとともに、肌に触れる衣類や寝具・タオルは、常に清潔なものを選びましょう。 しつこい顎のニキビは治療薬で治そう! 顎のニキビを気にするあまり、指で触ったりかいたりしていると、雑菌によってニキビがさらに悪化したり、炎症を起こして痛みを伴うことがあります。 そんなときは、殺菌成分を配合したニキビ治療薬で早めに治しましょう。 IHADA(イハダ)のアクネキュアクリームは、コメドの生成を抑える抗炎症成分と、アクネ菌に効く殺菌成分のW効果処方。 油分少なめ、なめらかにのびて肌に負担をかけないジェルクリームタイプで、上からメイクをしてもよれにくいのも特徴です。

次の

女医が教える【吹き出物】の原因。今度こそ治したい!

顎 吹き出物

「 角層 」とは〜肌の一番表面にあり、肌を刺激から守るバリア機能と保湿機能の2つの役割をもっています。 肌の最も外側に位置しているので、摩擦や乾燥、間違った洗顔などで受ける外からの影響が大きくなります。 マスク内の蒸れ(湿度)は雑菌が繁殖しやすい環境。 夏場はさらに蒸れて雑菌が繁殖してしまいます。 さらに、マスクを外すと今まで蒸れていたのが一気に蒸発し、余計に乾燥が進む。 乾燥によってバリア機能を低下させます。 しかもマスクの摩擦により角層の状態が悪化してさらにバリア機能を低下させます。 乾燥と摩擦でバリア機能がとても低下しているので、雑菌の影響を受けやすくなってしまいます。 また、こすれにより角層が厚くなり、毛穴の入り口が詰まって皮脂が溜まり白ニキビが発生。 白ニキビの炎症が進めば赤ニキビ、黄ニキビとなり、他にも赤みや痒み、湿疹などができ、 ゆらぎまくるお肌は大変なことになってしまいます。 その状態で翌日もマスクをつけ続けるため、悪化状態は治りにくく慢性化してしまいます。 吹き出物や肌荒れを防ぐには? 肌のお手入れを丁寧に 日頃のお手入れでは、洗顔はなるべく摩擦を減らす必要があります。 たっぷりの泡で丁寧に。 クレンジングではオイルタイプで摩擦を減らしましょう。 丁寧な保湿をし肌本来のバリア機能を高めていきましょう。 毎日の生活習慣を改善させる• 食事は1日3回、バランスがとれた内容になるよう心がける。 食べる時間も毎日決まった時間になるよう心がける。 睡眠は、遅くとも24時には寝るよう心がけ毎日就寝時間、起床時間を規則正しくなるよう心がける。 7時間以上睡眠時間がとれるのが理想です。 マスクとお肌の摩擦を減らし清潔に保つ• 出来るだけ肌に負担の少ない素材のマスクを選ぶ。 使い捨てマスクは肌への負担が割と大きいのです。 自分にあったサイズのマスクを使う。 小さすぎると摩擦が増えます。 できれば1日に2〜3回くらい3時間おきに交換し清潔に保ちましょう。 できてしまった吹き出物・肌荒れどうすればいい?• 患部を触らない、つぶさない• 寝具を清潔に保つ• 布団や衣類が患部に当たらないようにする• 優しく洗う• 清潔にし保湿をしっかりする• なるべく化粧をしない おわりに 【マスクで吹き出物・肌荒れが起こるのはなぜ?】 ・摩擦による刺激でバリア機能低下 ・マスクをとると湿気が一気に蒸発し、乾燥がすすみバリア機能低下 ・蒸れで雑菌が繁殖!バリア機能が弱っている所に繁殖し、肌機能が負けてしまう この悪循環と毎日マスクが欠かせないため全然治らない!! 私も口の周りに吹き出物が増えて困っております。 しかも帰宅してマスクをはずすとつい気になり触ってしまい、全然治りません。 マスクは貴重なため1日に何度も交換できませんし、とりあえず手軽に始められそうな柔らかいガーゼを3時間おきに交換すること、洗顔では摩擦を出来るだけ減らし優しく丁寧に、そして化粧水も優しく丁寧にしっかり保湿していきたいと思います。 簡単に出来ることから始めていきましょう。

次の

ニキビ 顎(あご)30代女子の吹き出物!その原因と効果的な治し方とは?

顎 吹き出物

あごの吹き出物ができる場合は、「卵・チーズ・豆類」のとり過ぎが原因と考えられます。 これら陽性の脂は下の方に溜まりやすく、生殖器や膀胱に負担をかけている現れだといわれています。 チーズは発酵食品ですから一見体に良いイメージがありますが、伝統的にチーズをよく食べる地域というのは、北の乾燥している国々です。 湿気の多い日本に住む私たちには、味噌や醤油、納豆、漬け物など違うタイプの発酵食品の方が向いているのです。 納豆も発酵食品で体に良いものですが、大豆にも脂があるため、食べ過ぎは肌トラブルの原因になります。 あごに吹き出物ができた場合は「卵・チーズ・豆類」をとり過ぎたととらえ、しばらく控えるようにしましょう。 最近、胃腸が疲れていないでしょうか? 脂っこい食事やお酒の飲み過ぎ、偏食…。 こういった食生活の乱れは、胃腸に負担をかけます。 すると、あご・口周りにニキビが出やすい状態に。 東洋医学では、こうした現象は胃腸の働きが低下することで消化機能がダウンし、栄養を腸でしっかり吸収することができなくなるためと考えます。 体が栄養不足になると肌のターンオーバーがうまくいかず、皮膚の生まれ変わりサイクルが乱れます。 結果、顎ニキビや肌の不調に繋がります。 つまり、過剰なダイエットや栄養に無頓着な食事も、栄養不足になりがちなため要注意です。 さらに、消化不良によって老廃物が腸内にたまると、有害物質が発生します。 それらは血液に溶け出して全身を巡って皮膚から排出されるため、ホコリや皮脂と混ざって毛穴をつまらせ、ニキビの原因になるとの説もあります。 ニキビができると、「きちんと皮脂よごれが落とせていないんだ!」とばかりに洗顔の回数を増やす人もいるのではないでしょうか。 また洗浄力の強い石鹸や洗顔フォームで、しっかり落とそうとしているかも。 確かに、肌によごれが残っていると毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因になります。 ですが、強い洗浄力やくりかえされる洗顔で皮脂を取りすぎることもまた、ニキビを招きます。 皮脂分泌はゾーンによって量が異なり、あごは皮脂分泌が少ない部分です。 そのため、Tゾーンの皮脂などにピントを合わせて落とそうとすると、皮脂を取りすぎてしまい乾燥が進んでしまうのです。 すると皮膚は皮脂をどんどん分泌して潤いを保とうとするのですが、その結果顎ニキビが発生することに…。 また、拭き取り式のクレンジングや洗顔も、ゴシゴシ摩擦によって肌の負担が増してしまうことがあります。 何度もこすらなくてもいいよう、拭き取る前に蒸しタオルで毛穴を開くなどの工夫をするといいでしょう。 皮脂分泌量の変化が起きる原因のひとつが、ホルモンバランスの変化です。 男性ホルモンの分泌が増すと皮脂分泌が多くなりますし、角質が厚くなることで毛穴がふさがりがちにもなります。 反対に女性ホルモンのバランスが崩れると、肌が乾燥することから、体は懸命に皮脂を分泌して皮膚を潤わせようとしてしまいます。 そして、ホルモンバランスを乱してしまう大きな理由が、ストレスなのです。 他にも、ストレスによって自律神経が乱れると交感神経が優位になるため、男性ホルモンの分泌を増してしまいます。 さらに体が冷えやすくなり、血流が滞りがちになります。 するとターンオーバーによる皮膚の再生がうまく行われず、顎ニキビのできやすい状態に。 女性は生理前後など女性ホルモンのバランスが崩れがちな時期もありますから、せめてストレスをあまり感じずに暮らせるようにできれば、顎ニキビ予防につながります。 顎ニキビに効く成分が入っている漢方と、ニキビ治療に効果的といわれるその作用としては、以下のようなものがあります。 ・桃核承気湯(とうかくじょうきとう) 血液の流れを良くして、ホルモンバランスや便通を整える。 ・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう) 熱を冷まして解毒し腫れを鎮める。 ・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう) 炎症を鎮めて発散させる。 ・十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) 化膿や腫れを鎮める。 ・加味逍遙散(かみしょうようさん) 新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促す。 ホルモンバランスを整える働きも。 ・桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん) 血液の流れを良くして肌状態を良くする。 ・温経湯(うんけいとう) 冷えを解消して血行を良くする。 ・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 女性ホルモンのバランスを整え血行を良くする。 これらは、体力や免疫力の程度やニキビ以外の症状などによって、向き不向きがあります。 漢方医や漢方薬局の診断・薦めによって選ぶといいでしょう。 ニキビ「跡」をキレイにするための治療は、残念ながら保険が適用されません。 そのため、美容皮膚科やクリニックなどで自費治療を受けることになります。 ニキビ跡にも段階があり、それぞれ治療法や期間も異なります。 [治療法は?] ビタミンCに代表される抗酸化成分を取り入れたり、ターンオーバーを正常化させることも大切。 [治療法は?] ハイドロキノンでメラニン生成を抑える方法がありますが、肌の乾燥や痛みといった副作用も。 比較的安全な方法としては、保水と保湿でターンオーバー周期を整える方法があります。 [治療法は?] レーザー治療が一般的。 肌表面を削って凹凸を滑らかにする方法と、細胞を刺激して皮膚の再生を促す方法があります。 そのほか針で意図的に皮膚に細かな傷をつけてコラーゲンを増やすこともあります。 [治療法は?] 皮膚を萎縮させる作用のあるステロイドを塗ったり貼ったり、注射をすることで改善していきます。 また圧迫することで凹凸を緩和する方法も。 かゆい顎ニキビ…触るのはNG? ニキビ自体がかゆいケースや乾燥で肌がかゆいケースなど、ニキビがかゆい原因はいくつかあります。 まず、「皮膚の乾燥」の場合は、乾燥した肌は角質層のバリア機能が低下しているため、少しの刺激でもかゆみが生まれやすくなります。 また、手で触ることなどでニキビに雑菌が付着し、繁殖することで炎症が悪化して神経を刺激するため、かゆみに悩まされることになります。 乾燥でバリア機能が低下していると雑菌などが繁殖しやすい肌環境になっていますから、注意しなければなりません。 髪の毛やマスク、寝具などが触れていないか気をつけてみましょう。 そのほかアレルギー体質の場合は、アレルゲンが原因で、かゆみを発生させる「ヒスタミン」という物質の過剰分泌によってニキビがかゆくなることも。 炎症を悪化させることもあるので、十分な注意が必要です。 それ以外にも、東洋医学の考えによると、熱がこもることでかゆみが出るともいわれています。 ニキビはその進行の程度によって、このように分けることができます。 ・白ニキビ 角栓によって毛穴に皮脂が溜まりつつある状態で、痛みや炎症はない。 ・黒ニキビ 毛穴に溜まった皮脂が酸化して黒くなった状態。 まだ痛みや炎症はない。 ・赤ニキビ 黒ニキビがさらに悪化して、炎症を起こして赤く腫れた状態。 アクネ菌が皮脂を餌に増殖している。 放置するとニキビ跡が残る場合も。 ・黄ニキビ 炎症が悪化して膿が黄色くなった状態。 つぶすと跡が残る率が高い。 ・紫ニキビ 膿と血が溜まった、ニキビの最終段階。 高い確率で跡が残るため、丁寧な治療が必要。 赤ニキビ以降の重症ニキビの多くは、しこりニキビです。 そのほか、ニキビと間違われやすいものに「粉瘤(ふんりゅう)」があります。 これは良性の腫瘍の一種で、垢などの老廃物が「嚢胞(のうほう)」という袋状のスペースに溜まってしまったものです。 「開口部」といわれる穴が皮膚表面に開いているのが特徴。 固まって黒くなった老廃物で塞がれていることが多く、黒い点のように見えますが、これがニキビと見分けるポイントになります。 袋状のしこりが指でつまめたら粉瘤、つまめないならしこりニキビと考えていいでしょう。 絶対にしてはいけないのが、潰すこと。 しこりニキビは表面に芯が見えるものも見えないものも、皮膚がかなり傷ついている状態です。 特に芯が奥深くにある場合は、潰して芯を出そうと無理をすると、より一層皮膚組織を傷つけ損傷させてしまいます。 するとニキビ跡が残る確率が非常に高くなってしまうのです。 基本は触らず刺激せず、自然治癒を待ちましょう。 低刺激の洗顔フォームなどを使って皮膚を清潔に保ち、外部刺激から守ってやることが一番です。 そして炎症を抑えるニキビ薬などを適切に使うことも、完治を早めます。 薬を用いる場合は説明書をよく読み、用量や用法を守って正しく使用してください。 また後半でお話ししますが、皮膚科で診断を受け適切な処置を受けることが最も安全な方法でしょう。 生理前のこのホルモンバランスの変化は、避けられないものです。 ですが、日頃の生活に少し気をつけるだけで、このハイリスク期間を上手に乗り切れるかもしれません。 いつも使っているクレンジングや化粧水などが合わなく感じる人も多いでしょう。 バリア機能の低下するこの時期は、いつも以上にお肌に優しいアイテムを使って、しっかり保湿をすることが大切。 皮脂分泌を抑えるビタミン類を意識的に取るようにしましょう。 女性ホルモンの分泌は睡眠と深く関わりがあるといわれているので、夜更かしは控え、リラックスしてゆっくり眠るように心がけましょう。 ニキビ対策として取りたい食べ物リストを参考に、体を中から温めることで血流の改善に努めるといいですね。 悪化してしまったニキビを跡をなるべく残さないように治療するには、皮膚科にかかるのが一番です。 医師にニキビの状態を正しく判断してもらうことで、市販薬よりも効果のある薬を処方してもらえたり、医療機関でしか行えない治療法を試すことができたり。 具体的に皮膚科や美容皮膚科で行われる治療法には、以下のようなものがあります。

次の