モバイル waon。 WAONはGooglepay(グーグルペイ)でも使えます ポイントも貯まります

モバイルJMB WAON(JMB WAONカード)

モバイル waon

イオンカードを発行する• クロネコメンバーズWAONカードを発行する• モバイルWAONとして作成する• 早速、それぞれの方法について、解説を加えていきましょう。 WAONを無料で発行するならイオンカードがダントツのお得さ! 「 電子マネーの機能だけじゃ物足りない!」 「 できるだけ節約効果を高めたい!」 このように思われる方は、イオンカードを発行するのがおすすめ。 WAONも付帯しており、クレジットカードからのチャージも簡単に行なえます。 WAON付帯のイオンカードを発行する流れは下記となっています。 クロネコヤマト『』にアクセスする• 『 クロネコメンバーズに新規登録する』のバナーをタップする• 必要な情報を入力する AmazonもしくはYahoo! に登録している情報を引用可能• 仮登録完了のメールが届く• 仮登録完了のメールに記載されているURLにアクセスし、パスワードを入力する• 本登録完了• メンバーズカードが送付される ただし、Webからの申し込みの場合は カードが届くまでに2〜3週間を要することには注意が必要です。 できるだけ素早くカードを発行したい方は、直接ヤマト運輸の営業所に向かうと良いでしょう。 ヤマト運輸の職員の方を尋ねれば、電子マネーWAONを付帯させたメンバーズカードの作成方法を教えてくれますよ。 ただし、クロネコメンバーズWAONはクレジットカードからのチャージなどができないなど、 機能が制限されているのであまりおすすめできません。 モバイルWAONとして作成する 「 リアルカードとして持ちたくはない!」 「 その場でサクッと手続きを終えたい!」 このように思われている方におすすめなのがモバイルWAONです。 レジでスマホをかざすだけで会計ができる• いつでもどこでもクレジットカードでチャージができる• 残高やポイント数が一目で確認できる また、万が一スマホを紛失してしまったとしても、残高の移行およびWAONの再発行手続きができることもポイントと言えます。 「 これだ!」と思われた方はぜひ、上記の流れで手続きを進めてみてくださいね。 イオン銀行『』にアクセスする• 『 今すぐお申込み』のバナーをタップする• 必要な情報を入力して送信する• 残念ながら前述のイオンカードのようなオイシイ入会キャンペーンはないのですが、キャッシュカードやJCBデビット、電子マネーWAONの機能全てを1枚のカードで使えるのはありがたいですね。 WAONカードの配布場所・購入場所 ここまでは無料でWAONカードを入手する方法についてお伝えしてきましたが、ここでは WAONの配布場所・購入場所という観点から解説を進めていきたいと思います。 「 イオン系列以外のリアル店舗でもWAONカードは発行できるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、WAONカードを購入できる場所は何も、イオン系列のサービスカウンターだけではありません。 以下、具体的にどのような場所でWAONカードが配布されているかを見ていきましょう。 WAONカードを購入できる主な加盟店 WAONカードを購入できる主な加盟店は以下の通りです。 イオン• ミニストップ• カスミ• 近畿日本ツーリスト• クラブツーリズム• クロネコヤマト 無料で発行可能• オリジン• 中華東秀 これらのWAONカードは、提携加盟店ならではのデザインが施された1枚です。 「 購入手数料がかかったとしても、お気に入りの加盟店のデザインカードが欲しい!」 という方にはおすすめと言えるでしょう。 どんなデザインか気になる方はぜひ、『 公式ホームページ』でチェックしてみてくださいね。 WAONを無料で発行するならイオンカードがダントツでおすすめ! 基本還元率 通常:0. 最大15,000円相当の入会キャンペーン 2020年2月29日申し込み分まで• 電子マネーWAONの機能が付帯• 毎月5日・15日・25日はお客様ワクワクデー WAONの利用でWAONポイント2倍• 毎月10日はありが10デー イオングループでポイント5倍• 毎月10日はときめきWポイントデー イオングループ以外の加盟店でポイント2倍• 55歳以上の方は、毎月10日はG. いつでもイオンシネマの映画料金が300円オフ 毎月20日・30日は700円オフ• ときめきポイントTOWNの経由でネット通販が最大21倍• 18,000円もあれば、ちょっとした贅沢ができたり、兼ねてから欲しかったものが購入できてしまうこともあるでしょう。 年会費無料のイオンカードの数ある特典の中で、お客様感謝デーを活用しただけでもこれだけの節約効果が生まれます。 ぜひ、お客様感謝デーだけでなく、その他の特典も最大限に活用し、どんどん節約効果を高めていってくださいね。 \今なら最大15,000円相当がもらえる!/ WAONへのチャージでもポイントを貯めるならイオンカードセレクト一択! 基本還元率 通常:0. 最大15,000円相当の入会キャンペーン 2020年2月29日申し込み分まで• WAONへのオートチャージで ポイント2重取り• 電子マネーWAONの機能が付帯• 毎月5日・15日・25日はお客様ワクワクデー WAONの利用でWAONポイント2倍• 毎月10日はありが10デー イオングループでポイント5倍• 毎月10日はときめきWポイントデー イオングループ以外の加盟店でポイント2倍• 55歳以上の方は、毎月10日はG. いつでもイオンシネマの映画料金が300円オフ 毎月20日・30日は700円オフ• ときめきポイントTOWNの経由でネット通販が最大21倍• 年間最大50万円までのショッピングセーフティ保険が付帯 WAONへのオートチャージでポイント2重取り イオンカードには数多くの種類がありますが、その中でもWAONへのオートチャージでポイント付与が得られるのはイオンカードセレクトのみです。 電子マネーWAONは無料で作ることができる• WAONカードはイオン系列のサービスカウンターの他、一部の加盟店でも入手できる• WAONを無料で発行したいなら断トツイオンカードがおすすめ• WAONへのチャージでもポイントを貯めたいならイオンカードセレクト一択 WAONカードを無料で作成したいのであれば、年会費無料のイオンカード以上におすすめの方法はありません。 また、せっかくWAONを活用するのであれば、 少しでも節約効果を上げるために、イオンカードセレクトをチョイスしない理由はないでしょう。 ぜひあなたも、ここで紹介した情報を存分に駆使していただき、イオンカードやイオンカードセレクトでガンガン電子マネーWAONを活用してみてくださいね。

次の

WAONはGooglepay(グーグルペイ)でも使えます ポイントも貯まります

モバイル waon

近頃はキャッシュレス化が一般化し、スマホを使った支払いも増えてきました。 そんな電子マネーWAONですが、スマホで使えるモバイルWAONというサービスがあるのをご存知でしょうか。 モバイルWAONとは?特徴とオススメポイント イオンを良く利用する方なら、カードタイプのWAONを知っているという方は多いですよね。 モバイルWAONも、カードタイプのWAONと同じように使えて、スマホさえあればお買い物ができる便利な機能です。 ここでは、モバイルWAONについて、特徴とおすすめポイントをご紹介します。 モバイルWAONはおサイフケータイで使える電子マネー モバイルWAONは、おサイフケータイ(Android端末)で利用できる電子マネーWAONのこと。 お財布を取り出さなくても、スマホさえあれば買い物ができる便利な機能です。 つまり、イオンへ買い物に出かけるためにイオンカードやWAONカードを持っていく必要がないんです。 「カード忘れたから、ポイントが貯められない〜!」と言うもったいないことも無くなりますね。 iPhoneでは利用できない モバイルWAONは、おサイフケータイ対応のスマホで利用できる電子マネー。 そのため、 残念ながらiPhoneではモバイルWAONを利用できません。 そう、iPhoneさんはおサイフケータイ使えないのだけが不便なんよねー。 今モバイルWAON使ってるから、それをカードの方にしないといかん。 — 紅海 fsfant iPhoneでもApple Payという決済機能があるのですが、Apple Payに対応している電子マネーは「Suica」のみです。 モバイルWAONを使うには、おサイフケータイに対応しているスマホ(Android端末)を用意しましょう。 WAONカードとモバイルWAONの違い モバイルWAONは、カードタイプのWAONと一体何が違うのでしょうか。 表にしてまとめてみました。 特徴 WAONカード モバイルWAON 発行手数料 300円 無料 ポイント 200円で1ポイント 200円で1ポイント 年会費 無料 無料 チャージ 所定の場所 どこででも出来る 残高確認 所定の場所 どこででも出来る ポイントの付き方や年会費が無料なところは同じですが、発行手数料がかからないというのは嬉しいですね! そして最大のメリットは「 チャージと残高確認がWAONチャージャーやイオン銀行ATMを利用しなくてもスマホでできる」と言う点です。 — tokutomo tokutomo6 モバイルWAONはWAONポイントかマイル(JMBマイル)のどちらかの選択が出来る モバイルWAONには2つの種類があり、自身の好みに合わせてどちらかを選択することができます。 この2つのモバイルWAONの大きな違いは、モバイルWAONではWAONポイントが貯まり、モバイルJMB WAONではマイルを貯められるとういうこと。 どちらも200円で1ポイント貯まるので還元率は同じですが、貯まるポイントがWAONポイントかマイルどちらかになります。 貯めたいポイントに合わせて選びましょう。 モバイルWAONに登録する方法と使い方 モバイルWAONを利用するには、まずはスマホにアプリをダウンロードし、登録する必要があります。 ここではモバイルWAONの登録方法と使い方を説明します。 おサイフケータイ対応スマホとアプリをインストールする まずはおサイフケータイ対応のスマホにモバイルWAONアプリをダウンロードしましょう。 利用者情報をすべて入力すれば、モバイルWAONの利用開始手続きは完了です。 レジで端末をタッチするだけで支払い完了! 登録が完了し、お金をチャージすれば、すぐにモバイルWAONを使うことができます。 使い方はとても簡単で、カードタイプのWAONと同じように、レジでWAONで支払うと伝え、電子マネーWAONを選び、おサイフケータイをカードリーダーにタッチするだけでOK! モバイルWAONにチャージする方法 モバイルWAONを使うには、あらかじめお金をチャージしておく必要があります。 お金がチャージされていなければ、支払いをすることができません。 チャージはクレジットカード・現金どちらでも可能 モバイルWAONは、クレジットカード、現金どちらからでもチャージすることが可能です。 お好みでチャージ方法を選べますが、実はチャージの仕方によってはちょっと便利だったりお得になることもあります。 それぞれのチャージ方法について詳しくご紹介します。 モバイルWAONに直接チャージできる場所とチャージ元一覧 モバイルWAONは、現金やクレジットカードから直接チャージすることができます。 以下が直接チャージできる場所と、入金に使えるチャージ元の一覧になります。 チャージできる場所 入金元 店舗レジ イオン ファミリーマート ミニストップ ローソン 現金 イオン銀行ATM 現金 クレジットカード イオン銀行口座 WAONステーション クレジットカード WAONチャージャー 現金 クレジットカード チャージする場所によって、現金・クレジットカード・銀行口座、それぞれの入金元からチャージすることができます。 アプリ内でクレジットカードを使ってチャージする方法 WAONで支払いたいけど、チャージするのを忘れていた…!なんてうっかりすることもありますよね。 アプリを使えば、お店に足を運ばなくても、どこででもチャージすることが出来るので、チャージし忘れることがありません。 アプリ内でチャージするには、クレジットカードを登録する必要があります。 チャージに対応しているクレジットカード一覧 アプリからチャージする場合、チャージに対応しているクレジットカードである必要があります。 チャージに対応しているのは、WAONが一体型になっているイオン系のクレジットカードしか対応していません。 チャージに対応しているクレジットカードの一覧はこちらです。 イオンカード WAON一体型• TOSHIBA STORE CARD• イオンカードセレクト• コスモ・ザ・カード・オーパス• イオンカード 各種• イオンルネサンスカード• イオンTHRU WAYカード WAON一体型• ベネッセ・イオンカード WAON一体型• イオンサンデーカード• ツルハカード• イオンETCカード• KOBE SANNOMIYAカード• イオンSuicaカード• セプコカード• イオンスマートペイカード リボ専用カード• イオンカード ミニオンズ• イオンsaQwaカード• イオンカード TGCデザイン• イオンカード Kitaca• イオン首都高カード WAON一体型• イオン E-NEXCO pass カード WAON一体型• イオンSUGOCAカード• イオン NEXCO中日本カード WAON一体型• 荘内銀行イオンカード• 鳥取銀行イオンカード• 三重銀行イオンカード• 福島銀行イオンカード• 名城イオンカード• 三菱商事石油・イオンカード• イオンカードセレクト ミニオンズ• KASUMIカード• イオンカード SKE48• クレジットカード登録で便利なオートチャージ設定ができる クレジットカードから毎回チャージするのはちょっと面倒・・・という方もいますよね。 もちろんこまめにその都度チャージしたり、ちょっと多めにチャージしておくこともできるのですが、実はチャージ金額には上限があります。 初期設定で2万、設定を変えれば最大5万までチャージできるのですが、普段からイオンをよく使う方にはオートチャージがおすすめです。 なぜオススメなのかと言うと、それは ポイントの二重取りができるからです。 では詳しく解説します。 お得にチャージするならポイント二重取りできるイオンカードセレクト オートチャージは、残高が一定額以下になった時に、自動的にクレジットカードからチャージしてくれる便利な機能。 残高不足やチャージを気にすることなく、お買い物ができる便利なサービスであると同時に、オートチャージ時にWAONポイントが付与されるので、 「電子マネーWAONでの支払い時」+「オートチャージ時」 の両方ともポイント付与が行われます。 この二重取りはとてもお得で、実質1. 5%還元ですからね。 なお、オートチャージを利用するには、イオン銀行キャッシュカード機能が付帯している「」でしかできません。 他のイオンカードでは、オートチャージを設定しても、WAONポイントは還元されません。 イオンカードセレクトには他にも様々なメリットがあるので、「イオンカードを持っていない方」や「イオンカードを持っているけどさらにお得に活用したい方」も次のキジをチェックしてくださいね。 モバイルWAONのよくある疑問 ではここでモバイルWAONのよくある質問をいくつか紹介しますね。 どんな時に便利なの? モバイルWAONが便利なのは、イオンカードやWAONカードなどを持ち歩く必要がないということ。 例えばちょっとしたお買い物の時に、財布を取り出さなくても、スマホ一つでお買い物することができます。 モバイルWAONに一番お得なクレジットカードは? 先ほど紹介した通り、モバイルWAONを使うにあたって1番お得なのはイオンカードセレクトです。 イオンカードセレクトは、オートチャージ設定でWAONポイントを貯めることができます。 チャージしてもポイントが貯まり、お買い物をしてもポイントが貯まるという、ポイントの二重取りが出来るのがイオンカードセレクトです。 スマートフォンを機種変更するとどうなるの? スマートフォンを機種変更しても、モバイルWAONの移行をすれば、新しいスマートフォンでも引き続きモバイルWAONを使うことが出来ます。 機種変更しても、引き継ぎさえしておけばモバイルWAONに溜まった残高やポイントは残るので、安心してくださいね。 まとめ モバイルWAONはイオンをよく利用する方なら、取り入れて損はないサービスです。 電子決済って最初はちょっとどんな風に使っていいのか不安だと思いますが、使い慣れてくると本当に便利なものです。 オートチャージでWAONポイントが貯まる、イオンカードセレクトを利用して、お得にお買い物を楽しみましょう。

次の

WAONカードよりお得なモバイルWAONのメリットと使い方

モバイル waon

Androidスマホで使える決済アプリの「Googlepay グーグルペイ 」が日本での提供も開始されました。 日本においては、6種類の電子マネーが、グーグルペイで使うことができます。 WAON ワオン• nanaco ナナコ• 楽天Edy 楽天エディ• Suica スイカ• QUICPay クイックペイ• iD アイディ です。 このページでは、グーグルペイでのWAONの使い方についてや、グーグルペイでWAON使うことのメリット・デメリットなどについて、ご紹介していきたいと思います。 ご存知の方も多いと思いますが、従来から モバイルWAON、および、 モバイルJMB WAONは提供されています。 それに加えて、グーグルペイでもモバイルWAONが使えるようになった、ということです。 従来のモバイルWAONと同様に、グーグルペイWAONも、 登録手数料や年会費はかかりません。 無料です。 従来のモバイルWAON同様に、グーグルペイWAONも、「Google Play」でアプリをダウンロードして、すぐにでも使えるようになります。 もちろん、WAON利用分には、グーグルペイでのWAONも、 「200円ごとに1ポイント 1円相当 」が貯まります。 既に、従来のモバイルWAONを利用している人などは、従来の モバイルWAONと、グーグルペイでのWAONを、併用で使うこともできます。 グーグルペイでWAONを使い始めるからと言って、従来のモバイルWAONを削除する必要はありません。 私は、個人的な考え方ですが、従来のモバイルWAONを利用しているのでしたら、グーグルペイでWAONを使う必要はないかな、と思わないでもないです。 WAON以外の電子マネーも使っていて、利用している複数の電子マネーをグーグルペイで管理したい、という場合はメリットがあるのかもしれませんが。 下記でご紹介していきますが、従来のモバイルWAONで使えている機能、例えば、アプリ内でのポイントチャージですが、グーグルペイWAONの場合は、貯まったポイントをWAONへチャージする場合、WAONステーションで行わなければならないのでちょっと面倒さがあったりするのです。 そういう点なども比較検討して、従来のモバイルWAONを使うか、グーグルペイでWAONを使うか、あるいは併用で使うかを、お決めになるのがよいと思います。 WAONの公式サイト内のグーグルペイWAONの紹介ページでも、 「WAONをもっと便利に使うならモバイルWAONで!」と記載しているくらいですので。 個人的には、やはり、ポイントがらみでの利用部分が、グーグルペイWAONはWAONステーションでの手続きとなるので、その辺が面倒と言えば面倒です。 WAONステーションを利用するにはイオンの店舗へ行く必要がありますし、WAONステーションに人が並んでいる場合があったりします。 そういうことを考えると、従来のモバイルWAONだと、アプリ上で、サクッとポイントチャージができてしまうのは便利手よいと思います。 Google Payアプリを起動し「使ってみる」をタップ• 「WAON」を選択し、「同意する」をタップ• 「WAONのパスワード」を入力し、「アカウントを作成」をタップ• Google Payアプリを起動し「支払い」をタップ• 「お支払い方法」をタップ• 「電子マネー」をタップ• 「WAON」を選択し、「同意する」をタップ• 「WAONのパスワード」を入力し、「アカウントを作成」をタップ• Google Payアプリを起動し「支払い」をタップ• 「お支払い方法」をタップ• 「電子マネー」をタップ• グーグルペイWAONのクレジットチャージについて グーグルペイのWAONも、従来のモバイルWAON同様に、イオンマークのついたクレジットカードからのチャージが可能となっています。 イオンマークのついたクレジットカード以外からはチャージできませんのでご注意ください。 イオンマークのついたクレジットカードとは、イオングループのカード会社である、イオンクレジットサービスが発行するクレジットカードです。 イオンクレジットサービスが発行するクレジットカードは、54種類ほどあります。 例えば、• なぜなら、数あるイオンマークのついたクレジットカードの中で、 唯一、WAONチャージでポイントが貯まるカードだからです。 「イオンカードセレクト」からのオートチャージ設定をすると、 毎月のオートチャージ総額にたいして 「200円ごとに1ポイント 1円相当 」の ときめきポイントが貯まるのです。 しかし、 グーグルペイWAONの場合は、今のところ、 都度のチャージとなっています。 したがいまして、グーグルペイへ「イオンカードセレクト」を登録して、WAONへチャージすることはできるのですが、オートチャージ設定することはできないのです。 オートチャージされた場合のみポイント付与となっていますので、都度チャージとなるグーグルペイWAONの場合はポイントを貯めることはできないのです。 この点を考えても、従来のモバイルWAONを使うか、従来のモバイルWAONとグーグルペイWAONを併用するのが良いと思います。 ちなみに、グーグルペイWAONでのクレジットカードチャージの方法は以下となります。 Google Payアプリを起動• 「チャージ」を選択• チャージ完了 グーグルペイWAONの現金チャージについて イオングループ店舗お店のレジで「WAONチャージお願いします」などと、チャージしたい旨を伝え、 チャージ金額を伝えて、その金額を支払います。 レジ前に置いてある端末へスマートフォンをかざします。 チャージ金額は1,000円単位です。 1回につき最大49,000円まで可能です。 チャージできるお店は、イオングループのイオン、マックスバリュ、ダイエー、ミニストップなどはもちろんのこと、 イオングループ外のローソンやファミリーマート、ツルハドラッグ、ウエルシアなどでもできます。 【おすすめ記事】 イオンカードの即日発行 イオンカードは即日発行 即時発行カード できます。 ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。 詳しくは、こちらの イオンカードはアップルペイ登録OK イオンカードはアップルペイへ登録できます。 「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。 アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。 詳しくは、こちらの WAONで税金を支払ってポイント獲得 WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。 WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。 詳しくは、こちらの イオンカードは複数枚 2枚・3枚 持ちOK! イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。 例えば、「イオンカード WAON一体型 」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。 ポイントも合算することができます。 詳しくは、こちらの.

次の