保育士 転職 40代。 40代50代の保育士は就職・転職できる?【未経験・無資格から】

【完全版】40代の保育士転職は難しい?体力面は?未経験求人の実情!

保育士 転職 40代

今回の記事の目次• 売り手市場=どんな年代でも簡単転職? そうした意味では、保育士目線に立つと、資格(保育士資格)さえ持っていれば職場選びは比較的容易ともいえます。 また、潜在保育士と言って、保育士資格だけ保持し、今まで保育業務の経験がない方でも、歓迎してくれる園も多いでしょう。 例えば子育てがひと段落した女性で保育士資格を持つ方ならば、社会的な情勢をふまえ、職場復帰するなら保育士をしようか…と考えている方も少なくないでしょう。 しかし、幾ら引く手あまたとは言っても、十分に気をつけておかねばならないのは、一般に保育士は激務と言われる仕事であることです。 特に40代頃を境に、様々な部分で支障が多く出やすくなる仕事でもあります。 今回は、特に40代以降の保育士の方に向けて、よりよい職場選びを行うための考え方等について徹底解説いたします。 パートを狙う? それとも正社員? まず、40代の方が保育士として新しい職場を探すとき、パートか正社員のどちらが有利なのでしょうか。 これは、正直なところ一概にどちらが良いとは言い切れません。 ただし、正社員よりはパートの方がやや充足している傾向にはあるので、パートを希望される方のほうが若干求人(それも、自分にとってより良い求人)は見つけにくいかもしれません。 多くの園では、早番だと7時出勤、遅番は8時過ぎまで業務を行わなけらばならず、この時間帯を回避するパートの方は多いです。 それゆえに、早番・遅番に勤務できるパート人材は大変貴重なのです。 特に40代の方であれば、子育てもひと段落し、時間の融通が利く方が多いでしょうから、パートとして働きたいのであれば、ぜひ早番・遅番(どちらかでも)の勤務を検討するのが良いでしょう。 職場によっては体力面を不安視される? 次に、40代の保育士の方が留意するポイントしては、「体力面」の不安が挙げられます。 保育士は見かけとは裏腹に、非常に体力を要する仕事なのです。 子どもたちを抱っこしたり、遊び相手になったりと、エネルギーあふれる乳幼児の世話をするということはもちろんですが、園内の飾りつけ作業や給食の用意など、とかく力仕事が多いのです。 その点におて、40代の方はどうしても20~30代の方と比べると体力が落ちている面も多いので、園によってはそれを理由に40代の方の採用を渋るというケースあるようです。 ただし、そうした面もアピール次第でいくらでも克服可能です。 既に保育士としてのキャリアがある方であれば、そうした力仕事のほかに、例えば書類作成などの事務作業に慣れている方も多いでしょうし、何より40代の保育士は保護者に与える信頼感も20~30代より大きく優ります。 そのように、自ら培ってきた能力や、年齢を武器としたアピールが採用面接などで十分にできれば、体力的なマイナスは決して大いきなものではなくなるのです。 場合によっては、自身のキャリアを活かして、主任や園長候補など、即座に役職を狙うことも十分に可能なのです。 未経験でスタートする場合の注意点は? 一方、40代の方でも、保育士としての業務が初めてという方はどのような点に注意すればよいでしょうか。 先に述べた通り、日本には潜在保育士といって、資格だけ所有し保育業務に関わったことがない方が非常に多くいます。 しかし、保育士不足という社会的な背景をふまえ、初めて保育士としての仕事にチャレンジしようという方も徐々に増えてきます。 30代ぐらいの方であれば、体力面も含め、それほど問題ないでしょうから、あまり心配になる必要はないでしょう。 ただし40代の方で未経験の場合、力仕事はもとより、未知の業務を新たに習得するという点で大きな苦労を伴う可能性は少なからずあります。 その点は十分に心構えをしておく方がよいでしょう。 ただ、40代で特に女性の方であれば、保育士業務の経験はなくとも、ご自身の子育て経験がある方は多いと思われます。 もちろん自分の子と他の子の世話という点では大きく違うことも多々ありますが、幼い子どもに接し、育てたという経験は、保育士の仕事において大きな武器となります。 40代の方であれば、そのように自身の子育て経験を存分に活かすことで、スムーズな業務の習得も可能になるでしょう。 また、保育園によっては、新たに勤務される方に先輩保育士が半年間なり1年間なり、サポートにつく場合も多々あります。 そうした体制がきちんと敷かれていれば、例え40代未経験、かつ子育てもしたことがないという方でも、誠実に仕事の習得に励めば、問題はないでしょう。

次の

40代保育士が転職できる正社員求人はある?給料はいくら?

保育士 転職 40代

保育士の資格を持っている人の転職 転職理由を明確にすることから始める 共働き世帯が増えていることから、保育士が人手不足になっていることは確かです。 他の仕事に比べて、仕事に就きやすい条件が整っています。 それでも、40代の保育士は、20代や30代よりも転職が難しいことは事実です。 なぜ難しいかというと、受け入れる側が構えてしまうからです。 20代、30代ならば、簡単に受け入れるのですが、40代になると、「なぜこの人は40代で転職するのだろうか?」と疑問を持たれるのです。 それに、40代となると、体力の衰えも少し心配です。 採用側には、本当に気に入った人材しか取りたくないな、という気持ちがあるはずです。 そのため、40代の保育士が転職をする場合、転職理由を明確に説明できるようにしておくことから始める必要があります。 保育士として長年働いてきて転職を考える場合 あなたが保育士として長年働いてきたのであれば、これまでどんな考え方でどういう仕事をしてきたのか、実績をまとめておくことが大切です。 その上で、今までの職場より、 「保育理念が適合する職場」で働きたいとか、 「園長など管理者として重要な仕事を任せてくれる職場」で働きたいなど、転職すべき理由を明確に説明できるようにしておくことが大切です。 例え本音が、つぎのような事情であったとしても、マイナス理由だけを前面に掲げての転職は、避けたほうが無難です。 収入が低く、生活が苦しいから• 職場内の人間関係が上手くいっていないから• 保護者との関係が上手くいっていないから• 体力が落ちてきて仕事がつらいから 大義名分を掲げて、前向きな転職理由を主張するべきです。 採用する側は、プラス志向で明るい人材を求めているからです。 主婦として家庭で過ごしていて復職を考える場合 保育士の資格は持っているのだが、2~3年働いた後に、結婚して退職し、ずっと主婦として家庭で過ごしていたが、40代になり、子育ても一段落したので、保育士に復職したいという人が増えています。 このような人は、いきなり正社員でフルタイムで働くよりも、派遣保育士やパートタイマー保育士で慣らし運転をしたほうがよいでしょう。 そして、大切なことは、その後のキャリアプランを明確にすることです。 例えば、1年間はパートタイマーで短時間勤務をしたいが、その後は正社員として働きたいなどです。 採用側に対して、自身のキャリアプランを明確に提示して、それが実現しやすい保育園を選んだと主張するのがよいでしょう。 保育士未経験の人の転職 40代だけれど、保育士未経験という人が保育士に転職することは可能なのでしょうか。 結論から言うと、十分に可能です。 ただし、保育士は国家資格の取得が義務付けられていますので、資格取得をする必要があります。 最近では、40代で保育士資格を取る人も増えています。 によると、40代(女性)が保育士資格を取得した方法は下記の通りとなっています。 専門(専修)学校の保育士養成課程:14.8%• 短期大学の保育士養成課程:20.4%• 大学の保育士養成課程:3.1%• その他養成施設の保育士養成課程:5.1%• 保育士試験:56.5% ちなみに、20代女性の場合は、大学の保育士養成課程が39.9%と最も多く、保育士試験はわずかに13.6%となっています。 40代女性では、保育士試験に合格して資格取得する人が過半数と最も多いことが特徴です。 ちなみに、保育士試験は、短大か大卒ならば学部に関係なく受験資格があります。 保育試験の勉強方法は、職業訓練校、通信教育、独学のいずれかとなります。 保育士試験は科目ごとの合格が認められているので、ある程度時間をかけて資格を取ることが可能です。 保育士未経験者が資格を取得して保育士への転職を目指す場合は、自身の『子育て経験』を元にして、 「子育てをサポートする仕事に意義を感じて保育士を目指した」など主張するとよいでしょう。 40代未経験で子育て経験もない方が保育士に転職するのは、かなりハードルが高いと思いますが、 「子育てサポートで社会貢献したい」など熱く主張するのがよいでしょう。 保育士の転職の探し方 40代で保育士に転職するといっても、いろいろな動機の人がいます。 先に述べたように、長年、保育士の仕事を継続してきて、園長などのポストと高収入を求めて転職したい人。 退職後に家庭の主婦をしていて、子育てが終わったから、パートか派遣社員を足掛かりに働きたい人。 40代になって保育士の資格を取って、初めて保育士として働きたい人。 このように動機や希望は様々です。 でも、安心して下さい。 40代保育士の求人のほうも多様性に富んでいます。 園長クラスのポジションもあれば、派遣やパートの保育士の募集もあります。 問題は、自分の希望と求人が上手くマッチングするかどうかです。 正直なところ、自分一人で希望に適した転職先を見つけるのは、かなり困難です。 40代保育士をサポートしてくれる転職エージェント 希望に合った転職先を見つけるためには、転職エージェントに依頼するのが現実的です。 そこで、おすすめしたい転職エージェントをご紹介したいと思います。 保育専門求人サイト「保育畑」.

次の

※コロナ禍で40代は転職できない?|転職鉄板ガイド

保育士 転職 40代

保育士の資格を持っている人の転職 転職理由を明確にすることから始める 共働き世帯が増えていることから、保育士が人手不足になっていることは確かです。 他の仕事に比べて、仕事に就きやすい条件が整っています。 それでも、40代の保育士は、20代や30代よりも転職が難しいことは事実です。 なぜ難しいかというと、受け入れる側が構えてしまうからです。 20代、30代ならば、簡単に受け入れるのですが、40代になると、「なぜこの人は40代で転職するのだろうか?」と疑問を持たれるのです。 それに、40代となると、体力の衰えも少し心配です。 採用側には、本当に気に入った人材しか取りたくないな、という気持ちがあるはずです。 そのため、40代の保育士が転職をする場合、転職理由を明確に説明できるようにしておくことから始める必要があります。 保育士として長年働いてきて転職を考える場合 あなたが保育士として長年働いてきたのであれば、これまでどんな考え方でどういう仕事をしてきたのか、実績をまとめておくことが大切です。 その上で、今までの職場より、 「保育理念が適合する職場」で働きたいとか、 「園長など管理者として重要な仕事を任せてくれる職場」で働きたいなど、転職すべき理由を明確に説明できるようにしておくことが大切です。 例え本音が、つぎのような事情であったとしても、マイナス理由だけを前面に掲げての転職は、避けたほうが無難です。 収入が低く、生活が苦しいから• 職場内の人間関係が上手くいっていないから• 保護者との関係が上手くいっていないから• 体力が落ちてきて仕事がつらいから 大義名分を掲げて、前向きな転職理由を主張するべきです。 採用する側は、プラス志向で明るい人材を求めているからです。 主婦として家庭で過ごしていて復職を考える場合 保育士の資格は持っているのだが、2~3年働いた後に、結婚して退職し、ずっと主婦として家庭で過ごしていたが、40代になり、子育ても一段落したので、保育士に復職したいという人が増えています。 このような人は、いきなり正社員でフルタイムで働くよりも、派遣保育士やパートタイマー保育士で慣らし運転をしたほうがよいでしょう。 そして、大切なことは、その後のキャリアプランを明確にすることです。 例えば、1年間はパートタイマーで短時間勤務をしたいが、その後は正社員として働きたいなどです。 採用側に対して、自身のキャリアプランを明確に提示して、それが実現しやすい保育園を選んだと主張するのがよいでしょう。 保育士未経験の人の転職 40代だけれど、保育士未経験という人が保育士に転職することは可能なのでしょうか。 結論から言うと、十分に可能です。 ただし、保育士は国家資格の取得が義務付けられていますので、資格取得をする必要があります。 最近では、40代で保育士資格を取る人も増えています。 によると、40代(女性)が保育士資格を取得した方法は下記の通りとなっています。 専門(専修)学校の保育士養成課程:14.8%• 短期大学の保育士養成課程:20.4%• 大学の保育士養成課程:3.1%• その他養成施設の保育士養成課程:5.1%• 保育士試験:56.5% ちなみに、20代女性の場合は、大学の保育士養成課程が39.9%と最も多く、保育士試験はわずかに13.6%となっています。 40代女性では、保育士試験に合格して資格取得する人が過半数と最も多いことが特徴です。 ちなみに、保育士試験は、短大か大卒ならば学部に関係なく受験資格があります。 保育試験の勉強方法は、職業訓練校、通信教育、独学のいずれかとなります。 保育士試験は科目ごとの合格が認められているので、ある程度時間をかけて資格を取ることが可能です。 保育士未経験者が資格を取得して保育士への転職を目指す場合は、自身の『子育て経験』を元にして、 「子育てをサポートする仕事に意義を感じて保育士を目指した」など主張するとよいでしょう。 40代未経験で子育て経験もない方が保育士に転職するのは、かなりハードルが高いと思いますが、 「子育てサポートで社会貢献したい」など熱く主張するのがよいでしょう。 保育士の転職の探し方 40代で保育士に転職するといっても、いろいろな動機の人がいます。 先に述べたように、長年、保育士の仕事を継続してきて、園長などのポストと高収入を求めて転職したい人。 退職後に家庭の主婦をしていて、子育てが終わったから、パートか派遣社員を足掛かりに働きたい人。 40代になって保育士の資格を取って、初めて保育士として働きたい人。 このように動機や希望は様々です。 でも、安心して下さい。 40代保育士の求人のほうも多様性に富んでいます。 園長クラスのポジションもあれば、派遣やパートの保育士の募集もあります。 問題は、自分の希望と求人が上手くマッチングするかどうかです。 正直なところ、自分一人で希望に適した転職先を見つけるのは、かなり困難です。 40代保育士をサポートしてくれる転職エージェント 希望に合った転職先を見つけるためには、転職エージェントに依頼するのが現実的です。 そこで、おすすめしたい転職エージェントをご紹介したいと思います。 保育専門求人サイト「保育畑」.

次の