君の隣にいる時間が好きなんだ。 君が僕で、僕が君で:「隣にいるのは一体誰?」美女と一夜を共にしたはずの商社マンを襲った悲劇(1/3)[東京カレンダー]

ROYALcomfort 君に好きと伝えよう 歌詞&動画視聴

君の隣にいる時間が好きなんだ

僕はやっぱり『隣』の君に恋をしているんだろう。 一葉 ある高校の受験日。 僕は風邪を引いていた。 それでも、そんなもので僕の人生は崩されたくない。 だから向かったのだけど……きつすぎる。 水筒も忘れてしまって……。 そんな時だった。 隣の人が、『大丈夫ですか?』と声をかけてくれた。 お茶を飲ませてくれた。 それに、僕の体調を気遣ってくれたり。 たったこれだけの時間で、これだけの会話で…… 『君』の外見の可愛さを 『君』の優しい親切さを 『君』の小さな微笑みを 僕は……『好き』になってしまったんだ。 そして、僕は決めた。 もし、僕と君がこの高校に合格していたのなら……この『初恋』に挑戦しよう。 これは、僕が君に惚れさせて付き合うというような、そんな物語。 ……いや、『隣』の君に『好きだ』と言って、君とふたりで笑い合いたい。 ……そんな物語なのだろう。

次の

ROYALcomfort 君に好きと伝えよう 歌詞

君の隣にいる時間が好きなんだ

[][] 隣に好きな人がいる幸せ。 こんばんは。 MA/NK/AIカンパニー、冬/組所属、月/岡/紬です。 バイトと稽古の毎日で充実はしてるんだけど、やっぱりなんだか物足りなくて。 一緒に笑ったり、悩んだり、好きだよって言い合って、同じ歩幅で歩んでいける人が隣にいてくれたら幸せだなぁって最近すごく感じ始めたのでこの場所をお借りしました。 …えっと、最初に俺の事を書いておくね。 好きになったら気持ちが溢れ過ぎて、好きって沢山言いたくなる、というか。 毎日好きな人の事を考えちゃうんだよね。 長く付き合ってても「ありがとう」「ごめんね」はちゃんと言える間柄でいたいし、意見の食い違いがあってもしっかりと話し合いたい。 投げ出しちゃうと解決出来るものも出来ないしね。 あと、甘えるよりも甘やかすのが好きだから、恋人に対しては甘くなりがち。 独占欲はそれなりにあるけど、友達や家族との時間も大切にして欲しいから束縛はしないし、されるのも苦手かな。 募集する身で申し訳ないんだけど、少しだけ条件を出させて貰うね。 プチが苦手な場合は初回の時に教えて貰えると嬉しいです。 …あ、半と完で部屋を分けてやり取り、っていうのも面白いかも。 なにか設定を決めたりして。 そこはまた擦り合わせ出来たらいいな。 提供は少なくて申し訳ないんだけど俺と咲/也くん。 募集は花持ち全劇団員。 扱いやすい姿で来て貰えたら。 その日あった出来事だとか嬉しかった事、楽しかった事とか君の事を沢山教えて欲しい。 しんどい時や辛い事があった時も、話せる事だったら話して欲しいなって思ってる。 頼りないかもしれないけど、俺はずっと君の味方だから。 …あはは、なんて、クサいかな。 ここまで長々と書いちゃったけど、最後まで読んでくれてありがとう。 それじゃあ、君に出逢える事を願って。 まだ巡り会えてないので上げさせて貰いますね。

次の

作品歌詞:君が隣にいるから言える「愛してる」 / 作詞 Jun / うたまっぷ自作歌詞投稿

君の隣にいる時間が好きなんだ

この世に『奇跡』というものがあるのならそれは何になるのだろうか?人によっては『奇跡』の価値は違うのかもしれない。 でも、俺にとってはこれは『奇跡』だと思っている。 自分の過去に再度見れることが出来るがが過去を変えて今を良くするものではない。 俺は仕事から帰り、家でゆっくりと本を読んでる最中に疲れが溜まっていた所為か途中で寝落ちしてしまった。 そして、夢を見た、あの頃の夢を。 そして、あの頃の夢を見たのは久しぶりでここ最近は見ることなかった。 あの頃とは自分が一番幸せだったと思っていた頃のことで、あの頃は本当に自分の思うことが上手くやれていた。 まるで怖いものなんてなかったようなそんな感覚に近いと思う。 ここで思うのは幸せとは一体なんだろか? それは十人十色で幸せの形は一つではないと俺は思っている。 大事な人のそばにいられる幸せ、好きなこと全力でしている幸せや食べたり寝たりする幸せなど色々とあるはずだ。 他人がそうでなくても自分が幸せと思えるのならそれいいのだ。 幸せは自分がどう思うかで決まるものだと。 それまでの自分は、毎日をごく普通に過ごしていただけで一体何が幸せなんだろうと。 幸せなんてないって思っていた時期でもある。 小、中と暗黒期を迎えていたものあり人との接し方に多少なり難を感じていていた。 高校には何とか入ることは出来たが大丈夫かと不安でしかなかった。 でも、中退だけはしたくなかった。 理由は色々とあるがそれは物語の中で明かされるので今は言わないことにしよう。 だから、高校なんて人生のおいての単なる通過点にしか思ってなかった。 高校さえ卒業していれば就職にはさほど問題がないからだ。 当然、大学なんて興味すら無いから当時の俺は就職すらどうでも良かったかもしれない。 それくらいに俺は人生というものに愛想を尽かしていた。 そんな時に俺は君に出会ったんだ。 それは本当にふとした出会いで壮大な草原で君に会った。 そんな感じがした。 だけど、君と出会って最初は何も感じなかったのにある日を境に今までの景色がモノトーン色だったのが段々と華やかに、色づいたみたいに明るく映るようになった。 気づいたら彩る世界が出来上がっていた。 君といる時間が増えるごとに君への思いも強くなっていった。 そんな君が俺の彼女になってくれるなんて思ってもなくて片思いで終わるのではないかと。 君の隣にいれることがなによりの幸せだと感じたから。 そして、君が俺の彼女になってくれた時から俺のすべてが一変するなんてって思ってすらなかった。 すべてが良い方向にしか進まなかったのが不思議で仕方なかった。 きっと幸せ過ぎて、悪かった・運がないってことすらも気にもしていなかったのだろう。 それくらい『恋は盲目』が似合うくらいの状態だった。 俺はその頃は自分が自分ではないような感覚になっていた。 きっと周りもそう思っていたんだろう、一挙一動する度に驚かれてた。 ずっと彼女の隣に居続けるためにはどうしたらいいのか?彼女に相応しい人間にならなければならないと。 今までは自分を変える、変わるなんてありえないと思って過ごしていたと思う。 その所為か俺の変わりように俺に関わった人達は大層驚いていたのが今でも手に取るように思い出せる。 それだけ、自分がダメな人間だったって気づいた瞬間でダメ人間だった俺をまともな俺にしてくれたことは本当に感謝しかない。 君は、してくれたとも思っていないだろうな。 どんな時でも『それは貴方が努力したからなんだから』って何度も言っていた。 それは、努力をしなければ君のそばにいる資格が無くなってしまうから。 君は、俺に誰かがそばにいてくれることの素晴らしさを教えてくれた人だった。 そして、それが強さになることも同時に教えてくれた。 こんなにまで自分のこと理解してくる人は今まで家族以外はいなかったから。 何も言わなくても分かるとまではいかなくても大体のことはお互いに理解をしていたと思う。 君さえいれば何もいらないって初めて思えて、この先もずっと君と一緒に隣を歩いていけると思って信じてやまなかった。 だけど、君はもう俺もそばにはいない。 いないと知った時、俺は自分の足でこれから先歩いて行けるのか不安というか目の前が濃霧に覆われている感じに思えた。 でも、それは仕方のないこと。 ようやく抜けたと思ったら次は真っ白な風景だった。 だけど、それは絶望ではなく次に進むための下書きのようなもののように思えて、ここに俺の新しい道を書いて進めと。 書いた道を『走り抜け』と。 君はいなくなってしまったけどその代わりに俺に新しく生きる道と初めて叶えたい夢をくれたような気がする。 本当に叶えたかったことは叶えることは出来なくなってしまったけど。 直接教えてくれたわけではないけどきっと上から俺の落ち込んでる顔を見て居ても立っても居られないと思って見えない何かが起きたんだと思う。 多分、『もう、しょうがないんだから』って言ってると思う。 しかも笑いながら。 結局、俺は君に頼りきりでほとんど恩返しをしていない。 俺は、たまに君のことを思い出すことがあり今でもいい思い出になっているし、今思えば色々と迷惑かけたこともあった。 いいことも悪いことも全てが思い出となって溢れ出し時折涙まで出る時があるがそれだけ君は俺にとって特別な存在だった。 俺は、あの頃は本当に幸せだったって今でも実感している。 でも、過去は過去。 たとえあの頃に戻れたとしてもきっと行き着く場所は変わらない。 夢で過去に戻っても君が戻ってくる訳じゃないから。 変えてはいけない。 過去があるから未来がある、未来はやり方次第では輝かしい未来だって可能なのだ。 それを俺らは一時的にではあるが知っているから。 きっとこの夢はそのことを思い出させる為に久しぶりに見せてくれたのかもしれないな。 この夢を見た理由なんて一つしかなかった。 それは、与えてくれた夢に寄り道をしているからだろう。 あの時、叶えるって誓ったのに。 だから、この夢を見させられているんだと。 『もう一度前を見ろ!』と言うように。 『逃げるな、前へ進め』と叱咤されるように。 それに気づかされるのはこの夢が覚めた時だろう。 なら、今一度この夢を見て振り返ろうと思う。 あの時、誓ったことを思い出すために。 濃霧を抜け、真っ白な風景に色と道をしっかり彩りよく描くために、そして俺が前だけを向いて歩く。 それが彼女の願いだから。 この物語は、自分が幸せだったあの頃と寝落ちする前に読んでいた本と自分がそうしかったのが少しだけ混ざり合った不思議な物語。 さぁ、行こう。

次の