ちりめん じゃこ。 ちりめんじゃこ

ちりめんじゃこのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

ちりめん じゃこ

「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」ってどう違うの? お客様からのお問合せで多いのが「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違いについてです。 しらすとちりめんじゃこの違いについてはインターネットでも色々な所で議論されていますが、 「同じだ!」という意見もあれば、「違う!」という意見もあり、ちりめんじゃこ・しらす好きにとっては永遠の課題のようです。 こちらのページでは専門店&釜元ならではの視点で、この問題について少しご紹介させていただきます。 呼び名の違いは「乾燥度」の違いから? 「しらす」と「ちりめんじゃこ」、どちらも共通しているのは、「鰯の稚魚を使った食材」であるということ。 鰯は主に片口鰯(カタクチイワシ)を使用しますが、季節により真鰯(マイワシ)や潤目鰯(ウルメイワシ)なども使用されます。 呼び名の違いは乾燥度の違いから、「しらす(しらす干し)」や「ちりめんじゃこ」と呼び分けられています。 呼び方は地方によって様々。 高知では全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 高知では「しらす」も「ちりめんじゃこ」も全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 乾燥度に限らず、乾燥度が軟らかめの品も硬めの品も全て「ちりめんじゃこ」と総称して呼びます。 「高知では」と付けたのには理由がありまして、「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の呼び方は地方によって違うんです。 全国各地にお住まいの当店常連のお客様にアンケートをお願いしてみましたところ、 地方によって「しらす」と「ちりめんじゃこ」の使い分けは様々ですが、主に東日本で使われることの多い表現のようです。 乾燥度の低いものを「しらす」、高いものを「ちりめんじゃこ」、大きさも組み合わさって呼び名が変わる地方もあるようで、 さらに「いりこ」まで加わる地方もあるようです。 地方によってこれだけ呼び方が変わると、意見が分かれてしまうのも頷けます。 東京では「釜揚げしらす」でも、高知では「釜揚げちりめん」。 高知では全く区別せず、全て「ちりめんじゃこ」と統一して呼びますので、関東などで言う「釜揚げしらす」も高知で言うと「釜揚げちりめん」となります。 同じように、「しらす干し」も高知で言うと「ちりめんじゃこ」「おじゃこ」という表現になります。 そのため高知では「しらす(しらす干し)」という名前を目にしたり、耳にすることは滅多にありません。 例えば下の写真をご覧ください。 高知ではどちらも「ちりめんじゃこ」とひとくくりにされますが、関東地方などでは左の品を「しらす」、右の品を「ちりめんじゃこ」と使い分けます。 ちなみに地元高知のお客様は、「釜揚げしらす」などの軟らかめのものを「ちりめん」、ある程度乾燥したものを「ちりめんじゃこ」または「おじゃこ」と呼び分けています。 やわらかさ、かたさは様々。 各ページの干し具合表をご覧ください。 ちりめんじゃこ(しらす)の乾燥度については、写真だけでは判断が難しいと思いますので、当店ホームページでは目安として、干し具合を五段階に分けた表を各ちりめんじゃこページに設置しています。 高知県外での一般的な「しらす(しらす干し)」、「ちりめんじゃこ」などの呼び方で大まかに説明すると以下のようになります。 【例:釜揚げしらす】 【しらす】 【しらす〜しらす干し】 【ちりめんじゃこ】 【ちりめんじゃこ】 【ちりめんじゃこ】 ただ、これも地方によって変わってきます。 大まかな分け方ですので、各ページの写真と合わせてご覧ください。 土佐ちりめんじゃこの美味しさの秘訣とは? 県外のお客様からは、「高知のちりめんじゃこはモチモチとした食感と薄塩加減が良い」と好評です。 例えば商品一覧にあります「上干ちりめん」という名前を見ると、いかにも「カラカラに乾いている」というイメージを持たれるかもしれませんが、高知ではカチカチに乾ききった品よりも程よく歯応えの楽しめる、モチモチ食感のちりめんじゃこが好まれるため、カラカラになるほど干さず、適度に乾いた乾燥具合に仕上げます。 「海老入りちりめんじゃこ」 ちなみに上干に関わらず、これは当店のどのちりめんじゃこにも言えることです。 絶妙な天日干しで最大限に引き出された旨味と歯応えが楽しめるモチモチ食感、それに素材を邪魔しない薄塩加減、これらが土佐のちりめんじゃこの美味しさの秘訣なんです。 「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違い。 地方によって、その土地土地で呼び方が違うため明確な答えは出ませんが、どちらも美味しい日本の誇る食べ物には変わりありませんよね。

次の

ちりめんじゃこ

ちりめん じゃこ

1年を通して手に入る「ちりめんじゃこ」は、常備しておくと便利な食材です。 ご飯にのせたり、卵焼きに混ぜたり、炒め物にも使えて、しかも栄養満点で食べやすいのがメリット。 今回はそのちりめんじゃこの栄養・冷凍・冷蔵保存方法、そしてレシピついてご紹介します。 ちりめんじゃこの基礎知識 ここではちりめんじゃこの基礎知識についてお伝えします。 栄養や効果、旬などを参考にしてください。 ちりめんじゃこの旬 ちりめんじゃこは一年を通して購入することができますが、旬は3月下旬から5月の春の季節になります。 生のしらすを一度茹でて乾かしたものが「しらす」で、より長く乾燥させたものを「ちりめんじゃこ」と呼ぶのが一般的です。 しらす干しは水分量が約7割、ちりめんじゃこは水分量が約5割以下。 ちりめんじゃこの栄養 ちりめんじゃこは丸ごと食べられる食材で、牛乳の約4倍のカルシウムが含まれています。 またDHAが含まれており、脳を元気にし、認知症予防や老化防止効果があり健康には欠かせない食材。 EPAも豊富で、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにし血流もよくなると言われています。 ちりめんじゃこはどのくらい日持ちする?賞味期限は1週間! ちりめんじゃこの賞味期限は1週間です。 買ったその日に使い切るものと、冷凍保存するものと分けましょう。 ちりめんじゃこの保存方法 ちりめんじゃこに適した保存法を、冷蔵・冷凍に分けてお伝えします。 最後までちりめんじゃこを使い切る方法を試してみてください。 ちりめんじゃこの冷蔵保存方法 ちりめんじゃこのパックの封を開けていない場合はそのまま冷蔵室で保存しましょう。 開封後はジッパー付き保存袋や保存容器に入れて空気に触れないようにすることが大切です。 保存袋に入れる時はしっかりと空気を抜き、平らにしましょう。 消費期限の目安:1ヶ月 ちりめんじゃこの解凍方法 冷凍しているちりめんじゃこは、そのまま調理することが可能。 ピラフなどの加熱料理で、すぐに火が通るので美味しく仕上がります。 ちりめんじゃこ保存の注意点 ちりめんじゃこを保存する場合に注意して欲しいのは「冷凍焼け」です。 ジッパー付き保存バックに入れたら、空気をしっかりと抜いてから冷凍保存しましょう。 ワンポイントアドバイス 未開封であればパックのまま冷凍することも可能です。 ちりめんじゃこは冷凍しても身がくっつかず、パラパラのまま凍るので料理に使いやすいので便利。 ちりめんのチーズせんべい カルシウムたっぷりの子供のおやつ 【材料】4人分 調理時間10分 ご飯 140g ちりめんじゃこ 15g 青のり 5g オリーブオイル 大さじ1. まとめ ちりめんじゃこの冷蔵・冷凍の保存方法とレシピを紹介しました。 上手に保存すれば長持ちして、さまざまな料理に使えて便利です。 ちりめんじゃこを最後までしっかり使い切るために、できるところから始めてみましょう。

次の

ちりめんじゃこ

ちりめん じゃこ

「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」ってどう違うの? お客様からのお問合せで多いのが「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違いについてです。 しらすとちりめんじゃこの違いについてはインターネットでも色々な所で議論されていますが、 「同じだ!」という意見もあれば、「違う!」という意見もあり、ちりめんじゃこ・しらす好きにとっては永遠の課題のようです。 こちらのページでは専門店&釜元ならではの視点で、この問題について少しご紹介させていただきます。 呼び名の違いは「乾燥度」の違いから? 「しらす」と「ちりめんじゃこ」、どちらも共通しているのは、「鰯の稚魚を使った食材」であるということ。 鰯は主に片口鰯(カタクチイワシ)を使用しますが、季節により真鰯(マイワシ)や潤目鰯(ウルメイワシ)なども使用されます。 呼び名の違いは乾燥度の違いから、「しらす(しらす干し)」や「ちりめんじゃこ」と呼び分けられています。 呼び方は地方によって様々。 高知では全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 高知では「しらす」も「ちりめんじゃこ」も全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 乾燥度に限らず、乾燥度が軟らかめの品も硬めの品も全て「ちりめんじゃこ」と総称して呼びます。 「高知では」と付けたのには理由がありまして、「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の呼び方は地方によって違うんです。 全国各地にお住まいの当店常連のお客様にアンケートをお願いしてみましたところ、 地方によって「しらす」と「ちりめんじゃこ」の使い分けは様々ですが、主に東日本で使われることの多い表現のようです。 乾燥度の低いものを「しらす」、高いものを「ちりめんじゃこ」、大きさも組み合わさって呼び名が変わる地方もあるようで、 さらに「いりこ」まで加わる地方もあるようです。 地方によってこれだけ呼び方が変わると、意見が分かれてしまうのも頷けます。 東京では「釜揚げしらす」でも、高知では「釜揚げちりめん」。 高知では全く区別せず、全て「ちりめんじゃこ」と統一して呼びますので、関東などで言う「釜揚げしらす」も高知で言うと「釜揚げちりめん」となります。 同じように、「しらす干し」も高知で言うと「ちりめんじゃこ」「おじゃこ」という表現になります。 そのため高知では「しらす(しらす干し)」という名前を目にしたり、耳にすることは滅多にありません。 例えば下の写真をご覧ください。 高知ではどちらも「ちりめんじゃこ」とひとくくりにされますが、関東地方などでは左の品を「しらす」、右の品を「ちりめんじゃこ」と使い分けます。 ちなみに地元高知のお客様は、「釜揚げしらす」などの軟らかめのものを「ちりめん」、ある程度乾燥したものを「ちりめんじゃこ」または「おじゃこ」と呼び分けています。 やわらかさ、かたさは様々。 各ページの干し具合表をご覧ください。 ちりめんじゃこ(しらす)の乾燥度については、写真だけでは判断が難しいと思いますので、当店ホームページでは目安として、干し具合を五段階に分けた表を各ちりめんじゃこページに設置しています。 高知県外での一般的な「しらす(しらす干し)」、「ちりめんじゃこ」などの呼び方で大まかに説明すると以下のようになります。 【例:釜揚げしらす】 【しらす】 【しらす〜しらす干し】 【ちりめんじゃこ】 【ちりめんじゃこ】 【ちりめんじゃこ】 ただ、これも地方によって変わってきます。 大まかな分け方ですので、各ページの写真と合わせてご覧ください。 土佐ちりめんじゃこの美味しさの秘訣とは? 県外のお客様からは、「高知のちりめんじゃこはモチモチとした食感と薄塩加減が良い」と好評です。 例えば商品一覧にあります「上干ちりめん」という名前を見ると、いかにも「カラカラに乾いている」というイメージを持たれるかもしれませんが、高知ではカチカチに乾ききった品よりも程よく歯応えの楽しめる、モチモチ食感のちりめんじゃこが好まれるため、カラカラになるほど干さず、適度に乾いた乾燥具合に仕上げます。 「海老入りちりめんじゃこ」 ちなみに上干に関わらず、これは当店のどのちりめんじゃこにも言えることです。 絶妙な天日干しで最大限に引き出された旨味と歯応えが楽しめるモチモチ食感、それに素材を邪魔しない薄塩加減、これらが土佐のちりめんじゃこの美味しさの秘訣なんです。 「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違い。 地方によって、その土地土地で呼び方が違うため明確な答えは出ませんが、どちらも美味しい日本の誇る食べ物には変わりありませんよね。

次の