海老蔵タイムス。 ワントゥーテン、地域創生と日本文化のアップデートを目的とした「ジャパネスクプロジェクト」の新事業を発表、 市川海老蔵がエグゼクティブアドバイザーに就任|ワントゥーテンのプレスリリース

初春歌舞伎公演|新橋演舞場|歌舞伎美人

海老蔵タイムス

歌舞伎俳優の市川海老蔵が19日、東京・マロニエゲート銀座2にオープンする『UNIQLO TOKYO』のオープニングセレモニーに登場した。 海老蔵は「『UNIQLO TOKYO』が本日オープンできますこと、本当におめでたいことと思います」と祝福した。 一足早く店内も見て回った。 同店の魅力について「さまざまなキャラクターがTシャツになっていたり、いろいろなデザイナーとコラボレーションした作品がいっぱいあったり、大人も子どもも楽しめるような場所」とアピール。 「また今度、息子と娘を連れて遊ばせて頂きたいなと思う次第でございます」と笑顔を見せ、勸玄くんと麗禾ちゃんを連れての来店を予告した。 同店は1階から4階までの4フロア。 寝具なども扱う。 ユニクロのグローバル旗艦店は全国4店舗。 徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。 このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。 また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。 徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。 記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。

次の

海老蔵「これからも人生を共に力を合わせて 歩んでいきたい」:ダメなものは駄目。酒でも飲んで忘れたい・・・。

海老蔵タイムス

米軍キャンプ・ハンセンで15日、新たに36人の新型コロナウイルスの感染が確認された。 在沖米軍関係者の感染者は5施設で計136人に達し、この5日間だけで116人に上る。 基地内での感染拡大に歯止めがかからず、米軍を除く県内の累計感染者148人を上回るのは時間の問題のように見える。 基地内での感染者急増の影響は、当然ながら、小さな島の中でフェンスを隔てて隣り合うように暮らす基地外の生活圏にも及ぶ。 沖縄タイムスの調べでは、本島内の11市町村の小中学校で、基地従業員や軍関係者の子どもが少なくとも75人欠席した。 米軍から要請されたり、保護者が自主的に自粛したりしたという。 基地関係者の家族というだけで学習権が奪われ、偏見やいじめで不利益を受けないよう行政には十分な目配りを求めたい。 PCR検査の問題も見過ごせない。 米軍関係者が米国から直接、在日米軍基地に入国する際、無症状者のPCR検査が義務付けられていない。 日米地位協定の規定で、日本の国内法が適用されず、検査対象は熱やせきなどの症状がある人にとどまる。 一方、羽田空港など民間空港で入国する際は、日本の検疫に従って米軍関係者も含めて全員がPCR検査の対象となる。 基地内での感染拡大という事態を鑑みれば、基地経由の入国者全員のPCR検査受診に向けて日米両政府は動くべきではないか。 政府は予定通り実施する構えだ。 感染予防策と経済社会活動の両立が要諦であることは、第1波で経験した休業要請や外出自粛を踏まえ、理解できる。 ただ、基地内感染が広がる沖縄にとって、首都圏から大勢の観光客が訪れることに不安感は否めない。 「Go To トラベル」には、全国の知事から異論が相次ぐ。 東京都の小池百合子知事は15日、都外への不要不急の外出は控えるよう呼び掛け、支援事業の時期や方法の再考を求めた。 大阪府の吉村洋文知事は「近隣県など小さい単位から始め、感染の様子を見ながら全国に広げていくべきだ」とくぎを刺す。 今は慎重さが求められる。 事業の予算を地方に委ね、時期をずらし、それぞれの地域の実情に合わせた手法を政府は検討してはどうか。 仮に基地内の感染状況を県の4段階の警戒指標に当てはめれば、「第3段階」に相当し、3日後には緊急事態宣言を出すことになる。 そうなれば、県をまたぐ移動の自粛を要請する局面が訪れる。 米軍は警戒指標の対象外だが、状況的にはそれほど危機的だと言える。 県の専門家会議の知見を得つつ、客観的なデータに基づいた知事のメッセージを発信した方がいい。

次の

市川海老蔵、16歳の頃の写真に反響「美少年!」「勸玄くんにそっくり」「若いーーー!」

海老蔵タイムス

事件の経緯 [ ]• 2010年11月25日• 午前5時5分から55分頃 、海老蔵はの飲食店(バー)で暴走族グループ・関東連合元リーダーの と同席中にトラブルに巻き込まれ、石元が連れてきた当時26歳の用心棒の男から暴行を受け、左頬を陥没骨折、さらに前歯の損傷、鼻の腫れなど顔面全体に大ケガを負った。 自宅に帰宅後、午前7時20分頃、自宅から妻のが通報。 その後、救急車でに搬送された。 同日夜に、父が記者会見を行った。 2010年 - は海老蔵に暴行を加えた男の逮捕状を取った。 また同日に海老蔵が顔面整復手術を受けた。 2010年 - 海老蔵が記者会見を行う。 この席上で無期限の出演自粛が発表された。 2010年 - 13日ぶりに海老蔵が自宅に帰宅。 その後、妻の麻央も帰宅し麻央は自宅前に集まっている報道陣を通し謝罪した。 2010年 - の男が逮捕、午後9時頃に身柄がに移された。 2010年 - にあるで予定されていた、石元側の記者会見が、「取材申し込みが殺到して会場の混乱が避けられない」との判断で中止された。 2010年 - 海老蔵が再度記者会見を開き、当事件のが成立したことを発表した。 - においてに対する第1回が開かれた。 2011年 - 被告人がされる。 2011年 - 被告人に対し、1年4月の。 2011年4月 - 被告人が3月末に取り下げと報じられる。 詳細 [ ] 2010年、海老蔵は午後11時ごろから歌舞伎役者の仲間らと飲食していた。 その後日付が変わった25日明け方に知人たちと別れて独りで飲んでいたところ、石元ら数人とトラブルになり、殴られたとみられる。 海老蔵は、「で知り合った仲間と飲んでいて、その後酔いつぶれた人を介抱していたらいきなり殴られた」としているが、その後の報道などで、をに注いで飲ませようとしたり、髪を引っ張る、頭を叩くなどの行為に及んだとする証言が浮上していた。 また、海老蔵が「俺は(または「平成の助六」)だ」などと暴言を吐いていたというもあったが、海老蔵本人は否定している。 加害者側は「海老蔵が石元にした頭突きに対応した」とを主張した。 は「被害者の行動が犯行を誘引したことも否定できない」と海老蔵の落ち度を認めたが、「状況から(被害者による)頭突きを認めることは困難」とした上で「仮に頭突きされたためだったとしても、被害者がさらに攻撃を加えようとした事実はない」として過剰防衛を否定した。 さらに暴行の程度については、「被害者に相当量の出血があり、意識不明に陥った場合は窒息死する可能性もある、危険な犯行だった」と認定した。 ケガの程度 [ ] 海老蔵のケガは左陥没骨折、前歯の損傷、左目、鼻、顔全体の腫れなど顔面の大けが。 その後が出るなどしている。 その後、会見に臨んだ際、整復の痕はほとんど見られなかったが、骨が5つに割れしびれがあると語り、左目はしていた。 会見では自身の症状について、「前頭部左側頭部、左粉砕陥没骨折。 それによるの知覚障害と、左眼球打撲による。 2本の前歯の骨折。 打撲による血尿などの全身多発外傷で全治2カ月と診断されました」と話した。 吉祥寺セントラルクリニックの院長は新聞社の取材に対し、入院中のテレビ画像を見て、「ベンチを持ち上げたり、本を読んだりする一連の動きから脳の損傷がなかったようです。 顔面へのダメージがそんなにひどくなかったのではないでしょうか」と分析し 、また、退院後の記者会見を見て、「万全を期すため、、などと連動し、難易度の高い口内からメスを入れたようだ」と指摘している。 事件の影響 [ ]• で行われる予定だった、吉例は降板となりとが代役を務めた。 2011年1月3日から公演される『初春花形歌舞伎』は「身体的に大丈夫だから興行ができるとはいかなくなってきた」と休演を示唆していたが 、記者会見後、側から正式に公演は中止と発表された。 代替公演として「特別公演」が発表された。 2010年12月11日に()で放送される予定だった特別番組『絶景かな! 海老蔵 名古屋で荒ぶる』は放送中止となった (代替番組として『傑作選』()が放送された。 海老蔵が出演していたのCM、のCM放送は中止・打ち切りとなり、のCMも映像が削除され、降板となった。 マスコミ報道 [ ] 事件に関わったメンバーの先輩にあたる関東連合元幹部の「工藤明男」(仮名。 後に本名「」を公開)は、自著『』において、この事件を取り巻いた関東連合のメディア戦略に言及している。 「今回の事件は、もとはと言えば海老蔵の態度や振る舞いにも問題があったのだから、こちら側も対抗して海老蔵の素行の悪さを訴えようということになった。 」 p. 156• 「事件現場となった飲食店の店長に、日頃の海老蔵の評判の悪さや事件当日の本人の振る舞いなどを暴露させた。 店長は多い時で1日に5本の収録をこなすこともあった。 」(同) さらに同書は、マスコミを使った海老蔵に対するのプロモーションは関東連合OBで音楽プロデューサー・元のが取り仕切っていたと記している。 101 出典 [ ] 以下の出典において、記事名に被疑者の実名が使われている場合、該当箇所を伏字とする• NEWSポストセブン 2010年12月26日. 2016年5月21日閲覧。 [ ]. 毎日新聞. 2011年2月18日. [ ]• 毎日新聞. 2010年12月2日. の2010年12月4日時点におけるアーカイブ。 共同通信. 2012年9月8日. 朝日新聞 日刊スポーツ. 2010年11月27日. の2010年11月30日時点におけるアーカイブ。 沖縄タイムス. 2010年11月25日. の2010年11月29日時点におけるアーカイブ。 スポニチアネックス. 2010年11月25日. の2010年11月29日時点におけるアーカイブ。 サンケイスポーツ. 2010年11月30日. の2010年12月3日時点におけるアーカイブ。 中日スポーツ. 2010年11月30日. の2010年12月1日時点におけるアーカイブ。 スポニチアネックス. 2010年12月7日. の2010年12月8日時点におけるアーカイブ。 中日スポーツ. 2010年12月9日. の2010年12月10日時点におけるアーカイブ。 毎日新聞. 2010年12月11日東京朝刊. の2010年12月13日時点におけるアーカイブ。 サンケイスポーツ. 2010年12月16日. の2010年12月18日時点におけるアーカイブ。 スポーツ報知. の2010年12月30日時点におけるアーカイブ。 2010年12月29日閲覧。 共同通信. 2011年2月18日. 2014年5月9日閲覧。 日刊スポーツ. 2011年2月22日. 2014年5月9日閲覧。 産経新聞. 2011年3月14日. の2011年5月24日時点におけるアーカイブ。 2011年3月25日閲覧。 産経新聞. 2011年4月10日. の2011年4月13日時点におけるアーカイブ。 2012年12月26日閲覧。 サンケイスポーツ. 2010年12月1日. の2010年12月3日時点におけるアーカイブ。 産経新聞. 2010年12月6日. の2011年1月19日時点におけるアーカイブ。 デイリースポーツ. 2010年12月8日. の2010年12月10日時点におけるアーカイブ。 ZAKZAK. 2010年11月27日. 2010年12月8日閲覧。 日刊スポーツ. 2010年12月3日. 2010年12月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2010年12月8日. の2010年12月11日時点におけるアーカイブ。 2010年12月8日閲覧。 まんたんウェブ. 2010年12月8日. の2010年12月10日時点におけるアーカイブ。 2011年3月25日閲覧。 スポニチアネックス. 2010年12月3日. の2010年12月4日時点におけるアーカイブ。 2010年12月8日閲覧。 サンケイスポーツ. 2010年12月8日. の2010年12月12日時点におけるアーカイブ。 2010年12月8日閲覧。 毎日新聞. 2010年11月27日. [ ]• スポニチアネックス. 2010年12月4日. の2010年12月6日時点におけるアーカイブ。 2010年12月8日閲覧。 朝日新聞 日刊スポーツ. 2010年12月10日. の2010年12月13日時点におけるアーカイブ。 - 日刊スポーツ、2010年12月7日• 日刊スポーツ. 2010年12月4日.

次の