ユニチカ 株価低迷。 3103 ユニチカ(株)|詳細データ|今買えばいい注目株.com

株価値上がり率トップから第7位 マスク連想で繊維株が独占: J

ユニチカ 株価低迷

ふだんは目立たない繊維株がにわかに注目されている。 メキシコ発の新型豚インフルエンザが世界的に猛威を振るっている中で、関連する医薬品株とともに、繊維株は「マスク」への使用急増を連想させるからだ。 個人投資家の物色も少なくないようで、日清紡ホールディングスやダイワボウ、シキボウ、富士紡ホールディングスといった、かつての名門企業の株価が軒並み上昇中だ。 トップは北日本紡績、値上がり率は73. 株価値上がり率のトップから第7位までを、なんと繊維株が独占した。 トップは北日本紡績(大証2部)株で、値上がり率は前日(4月28日)比73. 次いで、オーベクス(東証2部)同71. オーミケンシ(東証1部)50. 繊維セクターは軒並みストップ高、年初来高値を記録した。 ふだんはまったくといって目立たない、低位株の代名詞のような繊維株だが、豚インフルエンザの流行が株価を押し上げた。 かつての基幹産業だった繊維業もいまは低迷。 日清紡HDや東洋紡、ユニチカといった大手の名門企業は「脱センイ」を掲げていて、肌着や衣料、生活や健康用品からフィルムや電子部品、不動産・レジャーなどの「多角化」経営に乗り出している。 その一環として医療用品、医薬品への進出も盛んになってきた。 とはいえ、いま注目されているのは「マスク」。 そこに使われる繊維の需要を見越しての「買い」だ。 「もとの株価が低いので買いやすいこともあるだろうが、(繊維セクターで)こんなことはめったにない」(中堅証券のアナリスト)という。 「マスク」に関係なくても買われている 新型の豚インフルエンザに大流行の兆しががあるなかで、「マスク」の需要は大いに見込まれる。 若い女性をターゲットに発売したピンクのマスクにシールを飾れる「デコりマスク」で業績を伸ばした、マスク製造の川本産業(東証2部)の株価も前日比10円高の480円。 豚インフルエンザ報道の第一報があった4月24日と比べると、わずか3営業日で130円も上昇した。 しかし、前出の証券アナリストは「ここ数日は『紡績』の名前だけで買われている。 手元資金が短期的に流れ込んでいるにすぎない」と、一過性の動きとみている。 日本はインフルエンザが流行する冬を越したばかりで、マスク需要は落ちる季節に入っている。 ある繊維大手も、「ちょうど品薄になるタイミングでの新型インフルエンザなので、特需ではないかと余計に注目された」と推察している。 大阪に本社を構え、東証1部・大証1部に上場するトーア紡コーポレーションの4月30日の株価は前日比30円高の91円。 「ストップ高だったので、株主から何か発表したのかといった内容の問い合わせが殺到した」(総務部)という。 「マスクは需要が限られていることもあって、伸びる商品とは言いがたいですね。 いまは『マスク=繊維』というだけで急騰しているだけなので…」と、胸中は少し複雑なようだ。

次の

株価値上がり率トップから第7位 マスク連想で繊維株が独占: J

ユニチカ 株価低迷

大企業が次々に経営難に陥り、 倒産危機が相次いでいる時代。 自分の会社の倒産の危険度が どれくらいなのかは知っておきたいものです。 そこで今回は、倒産の危険度が高い企業の ランキングを少し見ていきましょう。 倒産危険度ランキング こちらは週刊ダイヤモンドで発表されていた、 倒産の危険度が高いランキング100社です。 上場企業を対象に資金繰りや今までの利益、 負債、総資産における売り上げの状況を数値化して、 倒産の危険度をランキングにしています。 倒産危険度ランキング TOP1~100 1. ジアース 2. インスパイアー 3. コネクトホールディングス 4. ワールド・ロジ 5. YAMATO 6. イー・キャッシュ 7. ゲイトウェイホールデングス 8. プリンシバル・コーポレーション 9. アクロディア 10. インデックス 11. セレブリックス 12. アイフラッグ 13. 石井表記 14. ディー・ディー・エス 15. T&Cホールデカグス 16. インスペック 17. fonfun 18. USEN 19. 原弘産 20. 北川精機 21. ユニバーサルソリューションシステムズ 22. 東京カソード研究所 23. ランド 24. 東京機械製作所 25. 価値開発 26. 日本風力開発 27. 高橋カーテンウォール工業 28. アテクト 29. 常磐興産 30. ホロン 31. 東京建物 32. ロイヤルホテル 33. 新日本科学 34. 東京電力 35. 倉元製作所 36. 日本エスコン 37. アスコット 38. パルステック工業 39. SUMCO 40. エスボア 41. 燦キャピタルマネージメント 42. 明治海運 43. 神戸電鉄 44. 常和ホールデングス 45. ジェイクシード 46. ファンドクリエーショングループ 47. 東北電力 48. ランドビジネス 49. 細田工務店 50. アーバンライフ 51. ファーストエスコ 52. 新日本無線 53. 共栄タンカー 54. アビックヤマダ 55. スガイ化学工業 56. TASAKI 57. テラプローブ 58. ケネディクス 59. セブンシーズホールディングス 60. 山田債権回収管理総合事務所 61. 九州電力 62. メガネスーパー 63. アルパック 64. 平和不動産 65. マルマエ 66. 新潟交通 67. サムティ 68. ニューテック 69. NTT都市開発 70. 南海電気鉄道 71. ワイズマン 72. 住友不動産 73. 鴨川グランドホテル 74. エスケーエレクトロニクス 75. 関西電力 76. 五洋インデックス 77. 東京ドーム 78. ルネサスエレクトロニクス 79. 東急不動産 80. 雪国まいたけ 81. 飯野海運 82. 大東貿易 83. J-POWER 84. 東亜石油 85. 日本板硝子 86. 両毛システムズ 87. グリーンランドリゾート 88. JCLバイオアッセイ 89. アパマンショップホールデングス 90. 中山製鋼所 91. 北海道電力 92. 京都ホテル 93. 日本製罐 94. ニプロ 95. 田中化学研究所 96. オーミケンシ 97. 京阪神ビルディング 98. 野村不動産ホールディングス 99. 光ハイツ・ヴェラス 100. 大企業でもリストラが進行していく!? 日本経済はこれから衰退期に入っていきますので、 今後は、中小企業に限らず大企業でも潰れてしまったり 大きなリストラ策を敢行するということが増えてくると予想されます。 シャープなどが有名ですが、今まで日本を代表する企業だったとしても、 数年ほどの大幅赤字で倒産の危機を迎えることも現実に起こりえます。 関連記事: ただ、こうした中でも 「自分の会社は大丈夫」だと思っている人は意外と多いです。 JALが経営破綻した際の話を聞いたことがあるのですが、 内部の人間は会社が破たんする直前までは、 まさか自分の会社が潰れるわけがないと思って、 危機感すら感じていなかったそうです。 そして、いざ破綻して、自分がリストラされたときに、 初めて自分の直面している危機的な状況に焦り始めて 途方に暮れてしまうといったが起きたようです。 こうしたことは、今の日本社会では決して他人ごとではなく、 「自分だけは大丈夫」と会社の安全神話を信じていると 近い将来に経済的に不幸な目に合うことはかなり高いでしょう。 ですので、今の内から将来の自分のために しっかりと万が一の準備を備えていくことが 非常に大切になってきます。 今現在、僕はこうした社会の先を見すえて 行動したい人のためのメルマガを配信しています。 詳しくはこちらをご覧さい。

次の

【JT】日本たばこ産業(2914)の株価下落の理由と今後の展望

ユニチカ 株価低迷

ユニチカ が3月27日大引け後 16:00 に業績修正を発表。 3億円の黒字 に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期 下期 の連結最終損益も従来予想の15. 1億円の赤字 前年同期は13. 5億円の黒字 に減額し、一転して赤字計算になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】 国内における暖冬の影響、インバウンド市場の低迷及びグローバル市場での競合激化等により、とりわけ、繊維事業、不織布事業の収益が低調であることに加え、昨年1月の宇治事業所火災影響もあり、売上高、利益ともに減少する見込みです。 さらに、シンジケートローン組成にともなう金融費用等の発生が見込まれることから、上記1.のとおり修正しました。 予想欄「-」は会社側が未発表。 ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。 ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。 ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。 ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム TDnet において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL 企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語 に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。 なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

次の