ブルー グリーン アルジー。 ブルーグリーンアルジーの期待される効果

Holistic Life Design

ブルー グリーン アルジー

もくじ• ブルーグリーンアルジーって何? ブルーグリーンアルジーをご存知じゃない方に説明をしますね。 ご存知の方は飛ばしてください。 ブルーグリーンアルジーは、アメリカ合衆国のオレゴン州南部にある、海抜約1,000mにある 「アッパー・クラマス湖」だけで生息している藍藻の事です。 アッパー・クラマス湖は年間300日が晴天と言われ、太陽が降り注ぐ湖は栄養に富んでいます。 またアッパー・クラマス湖の周辺は自然保護区に指定されていて、きれいな環境の中栄養が豊富な湖でブルーグリーンアルジーは自生しています。 ブルーグリーンアルジーは肌荒れやアトピーにどう良い? ブルーグリーンアルジーが肌荒れにいと聞いていたのでどのように良いのかお聞きしたところ、肌荒れだけでなく、様々な症状に良いとのこと。 体に起こる様々な不調の原因は「 炎症」にあるんだそう。 アトピーも皮膚の炎症と言われていますが、その他に起こる不調も炎症が元になっているんだそう。 そう言えば、以前HANAオーガニックの林田さんも「シミの原因は微弱炎症」だとおっしゃっていたのを思い出しました。 ニキビや肌荒れも炎症が原因 炎症には「急性炎症」「自然炎症」「慢性炎症」の3つがあり、慢性炎症が様々な病気を引き起こしてしまうんだそう。 急性炎症とは 急性炎症とは、外部からのウィルスや菌が体の中に侵入して起こる防御反応で、一時的に免疫機能が強く反応している状態。 体は自分の状態をもとに戻そうとして、熱、かゆみ、痛み、腫れなどを起こします。 花粉症や風邪の時の症状です。 自然炎症とは ミトコンドリアによるエネルギー生成の過程で活性酸素が発生し、それが原因起こる慢性炎症。 自然炎症とは、細菌やウィルスによって引き起こす炎症とは別に、非感染の状態で起こる炎症。 慢性炎症の元になる炎症です。 慢性炎症とは 慢性炎症の原因は生活の中にたくさんあります。 ・ストレス ・過度の飲酒 ・タバコ ・食べ過ぎ ・肥満 ・腸内環境が悪い ・運動不足 ・老化 など これらが原因で、持続的に軽い炎症が起こります。 問題は自覚症状がないという事。 継続的に軽い炎症が続くことで内臓機能が低下し、体が元に戻そうとしても戻らなくなってしまうんだそうです。 ブルーグリーンアルジーの強力な抗炎症作用 ブルーグリーンアルジーの学名は「Aphanizomenon Flos Aquae(アファニゾメノン・フロス・アクア)」といい、「 AFA」と呼ばれています。 AFAには天然の青色色素である「 フィコシアニン」という特殊な成分が含まれています。 このフィコシアニンが近年の研究で、強力な抗酸化作用、抗炎症作用が認められているんだそう。 ブルーグリーンアルジーのクロロフィルの含有量 クロロフィルとは葉緑素のこと。 クロロフィルは血液のヘモグロビンと分子構造が似ていて、体の中に入るとヘモグロビンと結合し、体の中に入ってくる有害ミネラルなどの排出を促すんだそう。 その他にも体内に溜まった有害物質の排出、炎症作用、整腸作用なども認められています。 クロレラやスピルリナにもクロロフィルは含まれていますが、ブルーグリーンアルジーはそれ以上に含まれているそう。 ブルーグリーンアルジーの栄養価 ブルーグリーンアルジーはフィコシアニンやクロロフィルだけが特徴ではありません。 その栄養の高さも忘れてはいけません。 ブルーグリーンアルジーは65種類以上の栄養成分を含んでいます。 ビオチン、葉酸など、女性に不足しがちなビタミンも含まれ、神経伝達物質を構成するコリンも含まれています。 ブルーグリーンアルジーの特徴はこれらの栄養素の吸収が高いところにもあります。 細胞壁が柔らかいためとても吸収しやすく、98%以上が取り入れることができるんだそうです。 これらを見て分かるように、栄養のバランスが非常に良く吸収率が高く、さらに抗炎症、抗酸化、デトックスなどの作用も強力なブルーグリーンアルジーは、健康や美容に欠かせないかもしれません。 肌荒れやアトピーにも良いと言う理由も分かりますよね。 ブルーグリーンアルジーはこんな方にお勧め ・生活習慣病の予防 ・血糖値レベルを安定させたい ・貧血予防 ・美肌・美白・肌荒れ・アトピー性皮膚炎 ・極度なストレス ・感情の起伏が激しい(イライラ・悲しくなる・無感動) ・ストレス過多、極度な疲労 ・虚弱体質、体力の衰え ・老廃物を排出したい ・便秘や胃腸トラブル、消化力を強化したい ・集中力がない(やる気がでない) ・髪のダメージ・痛み・艶がない、薄毛 ・栄養不足 ・体臭・口臭 ・運動後の疲労回復 など ブルーグリーンアルジーの飲み方 ブルーグリーンアルジーには、粉末タイプとカプセルタイプがあり、自分が飲みやすい方で構わないと思います。 代謝や吸収を効率的良くするには、朝晩などの空腹時に分けて飲むのも良いんだそう。 粉末タイプは水に溶かして飲みますが、お菓子の色付けなど、様々な楽しみ方ができるそうです。 ブルーグリーンアルジーサプリ 最近はブルーグリーンアルジーの粉末やカプセルなど、気軽に摂れるものが増えています。 ドクターズチョイス アルジー100 ドクターズチョイスのブルーグリーンアルジーは、カプセルタイプです。

次の

世界が認めた、神秘の藻。105種類の栄養素を理想的なバランスで含む完全食「ブルーグリーンアルジー」とは?!

ブルー グリーン アルジー

「AFAブルーグリーンアルジー シャスタ」はアメリカ合衆国のオレゴン州南部にある、「アッパークラマス湖」に自生している「天然の藍藻類」である「ブルーグリーンアルジー」のサプリメントです。 ブルーグリーンアルジーは、35億年前に地球上に最初に誕生した天然の藍藻類とされ、地球上のすべての生物の起源であると同時に、35億年間の地球環境の激変に耐えて生き残ってきた驚くべき生命体と言われています。 アッパークラマス湖の南部には、北米ネイティブアメリカンの聖地であり北米屈指のパワースポット「マウント・シャスタ」がそびえ、湖の周辺は自然保護地域でもあり、オレゴン州政府はこの地域での工場や住宅の建設を禁じているため、手つかずの大自然がそのまま残っている、とても美しい場所です。 ブルーグリーンアルジーの学術名は「Aphanizomenon Flos-Aqua」(ギリシャ語)と言い、「水中の見えざる花」という意味です。 この頭文字を取って「AFA」とも呼ばれています。 加工は日本国内の工場で、着色料や保存料、香料などの添加物は加えず、高温での加熱工程もなく製造されています。 84kcal たんぱく質 669mg 炭水化物 158mg 脂質 59mg ビタミン・ミネラル 50mg 脂質 オメガ3ポリ不飽和脂肪酸 9. 0mg オメガ6ポリ不飽和脂肪酸 2. 0mg モノ不飽和脂肪酸 4. 9mg 飽和脂肪酸 15. 88mg フィコシアニン 38. 3mg アミノ酸 必須アミノ酸 バリン 31. 3mg ロイシン 47. 2mg イソロイシン 28. 6mg スレオニン 33. 7mg トリプトファン 8. 6mg ヒスチジン 9. 0mg フェニルアラニン 23. 4mg メチオニン 10. 3mg リジン 30. 6mg アスパラギン 76. 0mg その他のアミノ酸 アルギニン 47. 0mg アラニン 42. 9mg グリシン 27. 6mg グルタミン酸 69. 6mg シスチン 4. 1mg セリン 26. 6mg チロシン 20. 6mg プロリン 20. 1mg ミネラル カルシウム 6. 66mg 鉄 0. 316mg マグネシウム 2. 13mg マンガン 22. 87mg カリウム 12. 2mg ナトリウム 1. 81mg 亜鉛 3.

次の

download.bandwagon.io: 【AFAブルーグリーンアルジー】 シャスタ タブレットタイプ 60g 300粒: 食品・飲料・お酒

ブルー グリーン アルジー

ブルーグリーンアルジーの効果・効能• 栄養バランス調整、健康状態改善効果• 免疫補強作用• 抗ウイルス作用• ADHD(注意欠陥、多動性障害)改善作用• コレステロール低減作用 ブルーグリーンアルジーの偉力(詳細は下記を確認下さい)• ブルーグリーンアルジーの特長/免疫補強・栄養バランス改善• ブルーグリーンアルジーは、免疫細胞の活動を刺激・促進する効果を持つ• ブルーグリーンアルジーは、「スーパーフード」と称される• ADHD(注意欠陥、多動性障害)改善作用が確認されている• ブルーグリーンアルジーは、35億年前に誕生し、あらゆる動植物の起源とされ、含まれている栄養バランスが人体組成に近いとされる ブルーグリーンアルジーは、学名を、Aphanizomenon Flos Aquae(アファニゾメノン・フロス・アクア)といい、学名の頭文字をとって、「AFA」とも呼ばれる藍藻ハーブです。 ギリシャ語で、「目に見えない水の中の花」という意味を持ちます。 ブルーグリーンアルジーは、35億年前に地球上に最初に誕生した生物(藍藻)で、あらゆる動植物の起源と言われています。 人間の体内に必要とされる栄養素の多くを含有し、その数は89種類(50種のミネラル、13種のビタミン、20種の必須アミノ酸、4種の脂肪酸、2種の色素)にも及びます。 また、そのバランスは人体に必要とされる理想値に近いとされています。 藍藻類の中でもブルーグリーンアルジーは光合成能力がずば抜けており、地球上で最大級に葉緑素に富む生物です。 また、ブルーグリーンアルジーの細胞は、構造が動物細胞に近いとされており、細胞膜が薄く消化しやすいため、栄養素を人間の体内に効率良く吸収させることができます。 その吸収率は95%以上で、他の藍藻類を大きく上回る数値です。 ブルーグリーンアルジーは藍藻類の1つですが、ブルーグリーンアルジーと呼ばれる種が生息しているのは、米国オレゴン州のアッパー・クラマス湖だけです。 アッパー・クラマス湖は、アメリカ合衆国のオレゴン州南部にある、カスケード山脈の東に位置する、海抜約1,000mにある大きくて浅い淡水湖で、世界最古の湖のひとつとされています。 この地は、世界七大聖山のひとつ、北米屈指のパワースポット「マウント・シャスタ」の麓でもあります。 クラマス湖は、カスケード山脈の火山地帯の中央部に位置し、隣接するクレータ湖から、火山地帯特有のミネラル豊富な水が地下水となってクラマス湖に流れ込んできます。 また、クラマス湖は太平洋に流れ込んでいるため、その水は淀むことなく常に流れており、湖水には常に新鮮な酸素が供給されています。 そして、年間約300日が晴天とされる恵まれた天候の中、地球上でもっとも光合成能力の強いブルーグリーンアルジーは、その体内にたくさんの栄養素を詰め込んでいきます。 ブルーグリーンアルジーは、やクロレラと同じ藻類に属していますが、その成り立ちや組成は大きく異なります。 栄養成分量の豊富さ、人間の身体への消化吸収率の点等、あらゆる点において、ブルーグリーンアルジーに軍配が上がると言えるでしょう。 その理由の1つ目は、生息環境にあります。 スピルリナとクロレラの多くは、人工池にて培養されることが多く、栄養成分の量・質の両面において、課題が残ります。 一方、天然の栄養分が常に豊富に供給され続けているクラマス湖に自生するブルーグリーンアルジーは、栄養成分の量・質共に、世界最高級の藍藻ハーブと言えるでしょう。 2つ目の理由は、細胞膜の薄さにあります。 ブルーグリーンアルジーは、とクロレラと比べると、非常に薄い細胞膜を持っており、人間の体内で消化吸収されやすい構造になっています。 一方、特にクロレラは、細胞壁が非常に硬く、人工的に細胞壁を破壊等しなければなかなか吸収されません。 そのため、クロレラ製品を摂取しても、その多くは体内に吸収されないため、緑便(緑色の便)が出ることがあります。 3つ目の理由は、栄養成分のバランスにあります。 ブルーグリーンアルジーの栄養成分バランスは、人間の体内の栄養成分バランスに近く、無駄なく吸収された栄養素は、効率良く体内で利用されていきます。 ブルーグリーンアルジーは、サプリメントとしてはまだまだ日本では馴染みのない成分のため、それほど選ぶのに苦労はしないでしょう。 むしろ、きちんとオーガニック認証を受けて品質が保証されている商品を選ぶのが良いでしょう。 また、並行輸入製品は、価格メリットはあるかもしれませんが、日本で許可されていない成分が含まれていたり、欧米人向けにカプセルサイズが大きすぎたり、安定的に手に入らない等のデメリットがあります。 できれば、きちんど日本法人を通して正規輸入された製品を選ぶのが、賢い選択だと言えそうです。 (0120-33-9799)• (味覚障害、前立腺肥大)• / (血液サラサラ、血流改善)• / (完全栄養食品、ポーレン)• (ビタミンC、美肌)• (抗糖化、リラックス効果)• (骨粗しょう症対策)• (燃焼力向上)• / (リウマチ、自己免疫疾患)• / (膀胱炎、前立腺炎、腎盂腎炎、尿道炎、排尿トラブル)• (関節痛緩和)• // (神経障害、リウマチ)• (抗酸化作用、細胞活性化)• // (静脈瘤(むくみ)、静脈炎)• (プリプリ素肌、関節の健康)• (便秘、腸内毒素排出)• / (冷え性対策、体ポカポカ)• / (鬱(うつ)対策)• (体内浄化、解毒)• / (偏頭痛(片頭痛)緩和)• / (アレルギー性鼻炎 花粉症 )• // (前立腺肥大)• / (不眠症、鎮静効果)• (眼精疲労、アントシアニン)• (更年期の症状緩和)• / (栄養バランス調整、免疫強化)• (抗菌作用、抗炎症作用)• (ダイエット、食欲調整)• (精力増進、美容、疲労回復)• /// (肝機能障害、シリマリン)• (栄養バランス)• (老化防止、生活習慣病予防)• / (更年期障害、イソフラボン)• (下肢静脈瘤、浮腫(むくみ)).

次の