アトミック ハート ミスチル。 Atomic Heart

Amazon Music

アトミック ハート ミスチル

ゆーすけ式、せどり・転売狙い目商品の紹介です。 Children(ミスチル) Mr. Childrenは4人組のロック・ポップバンドです。 ・桜井和寿 … ボーカル ・田原健一 … ギター ・中川敬輔 … ベース ・鈴木英哉 … ドラム もともとは「THE WALLS」というバンド名でしたが、1988年に現在の「Mr. Children」へ改名、1992年にミニアルバム「Everything」でメジャーデビューを果たしました。 その後は現在では非常に珍しいミリオンヒットを連発。 特に「Tomorrow never knows」と「名もなき詩」に至っては、現在では考えられないダブルミリオン(200万枚以上)を突破するなど、1990年代から現在にかけて非常に強い人気を誇っており、新譜発表やLIVEツアーも頻繁に行っています。 そんなMr. Childrenですが、デビュー後初期のCDが幾つかプレミア化しており、かなりの価格で取引されているようです。 そこで今回はMr. Childrenのせどり・転売狙い目プレミアCDについて紹介してみたいと思います。 Children/Everything 初回プレス盤 <収録曲> 1. ロード・アイ・ミス・ユー 2. Shining Moon 3. 君がいた夏 4. 風 ~The wind knows how I feel~ 5. ためいきの日曜日 6. 友達のままで 7. Childrenのメジャーデビューミニアルバム「Everything」の初回プレス盤。 通常版とは異なり、レーベル面がメタリック塗装されています。 その取引相場は ・新品:100,000円 ・中古:13,000円 ~ 15,000円 となっています。 特に新品に至っては、過去10年間、ヤフオクで1回しか取引されていないほどの希少性を見せており、かなりのプレミア価格が付いていますね。 また中古の方は新品ほどではないにせよ、発売当時と比べて5倍近くもプレミア化しています。 新品はまず出品されないとは思いますが、中古は10,000円未満で出品されていることも時々ありますので、そのような出品は特に狙い目です。 Children/KIND OF LOVE 初回限定盤 <収録曲> 1. 虹の彼方へ 2. All by myself 3. BLUE 4. 抱きしめたい 5. グッバイ・マイ・グルーミーデイズ 6. Distance 7. 車の中でかくれてキスをしよう 8. 思春期の夏 ~君との恋が今も牧場に~ 9. 星になれたら 10. ティーンエイジ・ドリーム I~II 11. いつの日にか二人で <ヤフオク新品取引相場> <ヤフオク中古取引相場> 1992年12月1日に発売された、Mr. Childrenの2ndアルバムで、フルアルバムとしてはMr. Children初のCDとなります。 初回限定盤は紙製のスリーブケースに入っています。 その取引相場は ・新品:100,000円 ~ 160,000円 ・中古:15,000円 ~ 20,000円 と、1stアルバムの「Everything」よりも高値で取引されているようです。 過去の取引の頻度を見る限り、回転率はそこまで良くありませんが、現在はかなり相場が下がっているようですので、売り切るまでに長時間かかっても良いのであれば、かなり狙い目の1枚と言えると思います。 Children/Versus 初回限定盤 <収録曲> 1. Another Mind 2. メインストリートに行こう 3. and I close to you 4. Replay 5. マーマレード・キッス 6. 蜃気楼 7. 逃亡者 8. LOVE 9. さよならは夢の中へ 10. my life <ヤフオク新品取引相場> <ヤフオク中古取引相場> 1993年9月1日に発売された、Mr. Childrenの3rdアルバムです。 初回限定盤はケースがシースルー、ジャケットは3D仕様となっています。 その取引相場は ・新品:30,000円以上 ・中古:10,000円 ~ 12,000円 と、これまで紹介してきた「Everything」「KIND OF LOVE」と比べれば控えめなものの、それでも十分と言っていいほどのプレミア化を見せていますね。 「KIND OF LOVE」と同様、「Versus」も回転率はそこまで良くありませんが、現在はかなり相場が下がっているようですので、売り切るまでに長時間かかっても良いのであれば、かなり狙い目の1枚と言えると思います。 Children/Atomic Heart 初回限定盤 <収録曲> 1. Printing 2. Dance Dance Dance 3. ラヴ コネクション 4. innocent world 5. クラスメイト 6. CROSS ROAD 7. ジェラシー 8. Asia エイジア 9. Rain 10. 雨のち晴れ 11. Round About ~孤独の肖像~ 12. Over <ヤフオク新品取引相場> <ヤフオク中古取引相場> 1994年9月1日に発売された、Mr. Childrenの4thアルバムで、クリアブルーの美しいケースが非常に特徴的です。 その取引相場は ・新品:60,000円以上 ・中古:5,000円 ~ 9,000円 ほどとなっています。 と言っても、中古に関しては現在まったくプレミア化しておらず、軒並み定価以下になってしまっていますので、中古は仕入れないように注意してください。 その代わり、新品がかなりプレミア化しているみたいですね。 「Atomic Heart」に限らず、初回限定盤の新品はあまり出品されない傾向にありますが、もし安く仕入れできればほぼ確定で利益が出ると思いますので、時々チェックしてみても良いかと思います。 Children/君がいた夏 初回限定盤 <収録曲> 1. 君がいた夏 2. グッバイ・マイ・グルーミーデイズ 3. 君がいた夏 Instrumental Version <ヤフオク取引相場> 1992年8月21日に発売されたMr. Childrenの1stシングルで、今は懐かしの8cmシングルCDです。 初回限定盤には小冊子が付属しており、その影響でかなりプレミア化を見せているようですね。 その取引相場は ・中古:10,000円 ~ 17,000円 となっており、発売当時の10倍以上の相場が付いています。 ただし、初回限定盤であっても小冊子が付属していなければ全くプレミア化しませんので、仕入れる際は小冊子の有無を必ず確認するようにしてください。 Children 考察 恐らく日本で知らない人はいないほど、Mr. Childrenの人気は絶対的なものとなっています。 つまり、多少の上下はあったとしても、人気が衰えることはまず無く、プレミア音楽CDの相場も維持しやすいと言っていいと思います。 また、Mr. Childrenの初回限定盤CDはセットで出品されていることも時々ありますので、そのようなセット出品はかなり狙い目です。 なぜなら、各CD1枚1枚の価格を計算すると、相場よりもかなり安い価格で仕入れできることが殆どだからです。 そのようなセット物出品こそ、稼ぐための絶好のチャンスですので、もし見かけたらぜひ狙ってみてください。 プレミア音楽CD・DVDを狙った「せどり・転売」ノウハウを無料公開中。 そして今なら「狙い目の仕入れ情報」も無料配信中です! 今回ご紹介した「 プレミア価格の付いた音楽CD・DVD」を狙った、せどり・転売のノウハウ。 ・あなたの好きなアーティストで、 ・少ない資金で、 ・家から外に1歩も出ること無く仕入れでき、 ・参入者が増えれば増えるほど稼ぎやすくなる。 プレミア音楽CD・DVDだからこそ可能な、そんな「せどり・転売」のノウハウを、今なら私のメールマガジンで 絶賛無料公開中です。 そして今なら、 「このCD・DVDを狙えば間違いない」 という、狙い目商品の情報も漏れなく無料配信しています。 メールマガジンの購読はいつでも解除できますので、まずはお試しでも構いません。 興味があればぜひ登録してみてください。

次の

ATOMIC HEART

アトミック ハート ミスチル

「アトミック・ハート」は、当時それほど有名でなかったミスチルが「CROSS ROAD」と「イノセント・ワールド」の爆発的ヒットで一躍世間の注目を浴びるようになった中で発売されました。 つまり、「ミスチルってどんなバンドなんだろう?」みたいな期待感が渦巻く中での発売だったわけです。 それだけに、世間の意表を(良い意味で)裏切るような楽曲の数々は、まさに衝撃を持って受け入れられました。 「雨のち晴れ」なんて、ロックバンドにあるまじき歌詞ですよね。 ちなみに質問文には曲名が書いてないのですが、これって「DanceDanceDance」のことでしょうか?田原君のギターをサンプリングしたイントロ、間奏のナカケーのベースソロとかは確かに格好良いですよね。 でも、個人的に一番衝撃だったのはラストの「OVER」です。 この曲のサビは、桜井さんがKANさんのヒット曲「言えずのI LOVE YOU」をオマージュして作ってるのですが、そんな事知らなかった自分(KANファンです)はとにかく「似てる-!」と驚いたもんです・・・。 それをあんな素敵な曲にしてしまう桜井さんの才能も素晴らしいです! 私もKANさんのファンです!! 「Over」を聴いたときは衝撃よりは、怒りましたね。 「なんだコイツは!! 」って。 その後、Overの仮タイトルが「2ビートでKAN」と知り、「なんだ!? 確信犯か!! 」と思い、対談してる雑誌を見て、「なんだ。 公認か!! 」と、思いました。 今では大好きな曲です。 「アトミック~」は、とにかく流行りましたね。 私の周りは、みんな持ってます。 桜井さんのソングライティングの才能には惚れ惚れしました。 プロデュースが小林武史さんということもあり、少しサザンっぽいアレンジがありますが、それはミスチルが意識したのではなくて、サザンが小林さんの描くサウンドに大きく反映していたからでしょうね。 私は「Bolero」以降の楽曲殆ど聴いていませんが、アトミック~は思い出と思い入れが深い素晴らしいアルバムです!! 長文失礼致しました!!

次の

download.bandwagon.ioenで簡単な曲

アトミック ハート ミスチル

週間1位(2週連続・通算3週、)• 1994年度年間3位(オリコン)• 1995年度年間6位(オリコン)• 1996年度年間171位(オリコン)• オリコン歴代アルバムランキング12位• 3ミリオン()• 第41回ベストアルバム大賞受賞作品 アルバム 年表 () Atomic Heart (1994年) () 『Atomic Heart』収録の 目次• 概要 [ ]• 前作『』から1年ぶりのアルバム。 は本作から方向性が恋愛路線から精神論へと変化してきたことを指摘している。 も、アルバム・タイトルについて訊かれた際に「 今までのの詞にあったロマンティックでセンチメンタルな部分をどこかで排除したような詞を書いてみようというのがあって。 科学的な目というと大げさかもしれないけど、たとえば人を愛する気持ちというのはどういうことなんだろうとか、(中略)全体の切ない気持ちというよりも、局部局部に視点を持っていって考えていて」と語っている。 はブルーバックに白文字で「Mr. Children・Atomic Heart」と小さく表記されているだけである。 初回限定盤はブルーのプラスチックスリーブに水色のカラーCDケースが収納されている仕様となっており、歌詞カードの表紙は何も表記のない水色のみである。 初めてが収録された作品であり、本作以降Mr. Childrenの全作品で公式に、インストゥルメンタルは斜体文字で表記されている。 Childrenのアルバムでは最もシングルカットされた曲(カップリング曲やリミックスバージョンを含む)とに収録された曲が多い作品である。 5thシングル「」のカップリング曲「my confidence song」は未収録となった。 チャート成績 [ ] 累計343. 0万枚を売り上げ(調べ)、のCD作品では最高の売上を記録している。 また、発売当時のアルバムで歴代最高売上を記録した(それまでは1992年発売の「」が歴代1位であった)。 さらに、日本国内における男性アーティストのオリジナルアルバムで歴代最高の売上を記録している。 なお、オリコンチャートで初動売上が100万枚を突破せずに累積売上が300万枚を突破したオリジナルアルバムは本作のみである。 収録曲 [ ]• Printing [0:24] プリンターがプリントをしている音で構成されている。 桜井は、「 これは「Dance Dance Dance」と繋がっているイメージがあるんです。 「Dance Dance Dance」が詞も音も両方の面で情報量満載の曲で。 今この世の中にある情報とか欲望がびっしり詰まっている曲なんで、それを表す意味でコンピューターのプリンターの音を使っているんです」と語っている。 ライブにおいても、次曲である「Dance Dance Dance」の前に流れることが多い。 Dance Dance Dance [4:57]• 作曲:桜井和寿・小林武史 仮タイトルは「 ひよこの武道館」「 ひよこのトンネル探検」「 ひよこのトンネル探検・魔界編」。 ライブ定番曲である。 後に『』『』にも収録された。 ベスト・アルバム発売に伴い行われたライブツアー『POPSAURUS』では、本作収録の「innocent world」、「Round About 〜孤独の肖像〜」と共に、、の両セットリストに入っている楽曲。 ラヴ コネクション [4:57]• 後に6thシングル「」のカップリング曲としてシングルカットされ、ベスト・アルバム『LAND IN ASIA』にも収録された。 このアルバムの中では最も後に出来た曲。 を意識して作った曲で、「ライブで盛り上がれる曲を作ろう」というコンセプトで制作された。 が製作され、こちらもローリング・ストーンズの「」を意識したつくりになっている。 このミュージック・ビデオは映像作品に未収録であったため視聴するのが困難であったが、より公式チャンネルで視聴可能となった。 [5:45]• 作曲:桜井和寿 5thシングル。 クラスメイト [5:27]• 後に7thシングル「」のカップリング曲としてシングルカットされ、ベスト・アルバム『LAND IN ASIA』にも収録された。 既に彼氏がいる昔のクラスメイトと関係を持ってしまう、という曲。 と同時期に作られた楽曲である。 [4:33]• 作曲:桜井和寿 4thシングル。 ジェラシー [6:41]• 作曲:桜井和寿・小林武史 のような手法を取り入れた実験的な曲で、人はなぜ人を愛するのかということ、自然、地球愛、DNA、という壮大なテーマの歌詞となっている。 Asia エイジア [5:22]• 作曲: 仮タイトルは「 アジアン・ジェン」。 タイトル通りについて歌った曲。 数少ない鈴木が作曲した楽曲であり、デモテープは桜井ではなく鈴木の声で録音されていた。 歌詞カードの17行目から19行目に誤りがある(実際には歌われていない)。 デモテープに入っていたストリングスの音色が東洋的だったため、このような歌詞になったという。 Rain [0:20] 雨の降る音が録音されているインストゥルメンタル。 雨のち晴れ [5:33]• 作曲:桜井和寿・小林武史 仮タイトルは「 環七での危険な遭遇」。 締め切りに追われていた桜井が、鈴木のキャラクターを思い浮かべ気楽に書いた曲。 当初は鈴木がボーカルを取る予定だったが、愛着が湧き、桜井がボーカルを取ることになった。 この曲のリミックスバージョンが8thシングル「」のカップリング曲として収録され、オリジナルバージョンは後にベスト・アルバム『LAND IN ASIA』『Mr. Children 1992-1995』にも収録された。 Round About 〜孤独の肖像〜 [5:25]• 田沼とはMr. Childrenの初代のこと。 本作で最もテンポが速い曲。 歌詞は桜井が深夜のを歩いてる際に目撃した光景をきっかけに書かれている。 当初はアコギ1本の弾き語り風の曲にする予定だったが、刺激的な言葉には説得力がないということで、このアレンジに変更された。 後にベスト・アルバム『LAND IN ASIA』にも収録された。 Over [4:43]• 作曲:桜井和寿 仮タイトルは「 2beatでカン」(もともとのリズムが2ビート、メロディは的なものを意識したことから)。 失恋ソングであり、曲名には「ここで終わりにする」と「ここを越えていく」の二つの意味が掛けられている。 後にベスト・アルバム『Mr. Children 1992-1995』にも収録された。 に開催されたファンクラブ限定ツアー『Mr. 36thシングル「」ではとして桜井による語りと演奏を交えたバージョンが収録されている。 参加ミュージシャン [ ]• :Bouzouki, Electric Guitar• TOMOKO:Chorus• 高安錬太郎:Computer Programming• 角谷仁宣:Computer Programming• 松本賢:Computer Programming ライブ映像作品 [ ] シングル曲については各作品の項目を参照 Dance Dance Dance 作品名 備考 作品 ラヴ コネクション 作品名 備考 作品 クラスメイト 作品名 備考 ドキュメンタリー・ビデオ作品 ジェラシー 作品名 備考 作品 Asia エイジア 作品名 備考 作品 雨のち晴れ 作品名 備考 作品 Round About 〜孤独の肖像〜 作品名 備考 作品 Over 作品名 備考 特典映像、弾き語りで演奏された 脚注 [ ]• ベストアルバムでは『』()、『』()などがある。 Children in 370 DAYS』。 他に、両セットリストで演奏された楽曲は、14thシングル「」、16thシングル「」と、3rdアルバム『』収録曲である「LOVE」がそれにあたる。 『』ライナーノーツ• 映画「Mr. Children REFLECTION」 劇場公開パンフレット 外部リンク [ ]•

次の